童磨 しのぶ。 鬼滅の刃しのぶ最後吸収で死亡?童磨に食べられるの弱い?

胡蝶しのぶの死は本当?童磨に毒を盛るために?!【鬼滅の刃】

童磨 しのぶ

童磨としのぶの関係*ネタバレあり 胡蝶しのぶは鬼殺隊最高位である柱の1人です。 彼女が鬼殺隊に入った理由は姉のカナエの仇討ちをするためでした。 そしてカナエを殺したのは上弦の鬼の1人である童磨です。 カナエと童磨が戦った場面はあまり明らかになっていませんが、童磨は女を食べる事に執着していた鬼であり、カナエは柱であったため殺されたのではないかと思います。 しのぶの姉が死亡。 童磨の台詞はこれ 姉が殺された時しのぶはどんな鬼に殺されたのか教えてもらいました。 「にこにこと屈託なく笑い、穏やかに優しく喋る。 その鬼の使う武器は鋭い対の扇」 そして、しのぶは童磨と対面した時、すぐにそれが姉を殺した鬼だと分かりました。 しのぶは毒を使う戦い方をするので童磨にもそうして戦いましたがすぐに解毒されてしまい、全く攻撃が効きませんでした。 しのぶを食べる童磨 息も出来ないくらいボロボロになり結局、童磨に殺されて食べられてしまいます。 しかし、しのぶはただ死んだわけではなく自分の後を継ぐ、継子であるカナヲに童磨の殺し方を教えていました。 童磨を殺す条件としてまず自分は死ななければならないと考えていたのです。 まず自分の体を隅々まで鬼の苦手とする藤の花の毒が回っている状態にしました。 その毒の量は致死量の七百倍で女を食うことに執着している童磨なら間違いなく自分を食べるだろうとしのぶは予測していました。 しかしそれでも殺す事が出来ないと考えていたので、毒が効いた童磨の頸を斬ってもらうようにカナヲに頼んでいました。 そして、カナヲは片目を失明する事になりましたが、仲間と協力して童磨の頸を斬りカナエとしのぶの仇討ちをする事に成功したのです。 しのぶは最初鬼と仲良くしたいと言っていました。 しかし実の姉を鬼である童磨に殺されたしのぶは多分そんな事を思っているはずもく、それは姉の思いだったという事は最初の方で明らかになっています。 死ぬ間際でさえ鬼に同情していた姉の「鬼と仲良くしたい」という思いをしのぶは全力で叶えようとしていたのだと思います。 姉の告白 しかし、鬼は嘘ばかりつくのでもう疲れてしまったとも言っていました。 当然だと思います。 鬼と仲良くしたいという思いを持っていた姉は最期、鬼によって殺されてしまったのですから。 強さが柱3人分にも匹敵すると言われる鬼を自分の命が犠牲になると分かっていても最期まで立ち向かい続ける場面は本当にかっこよかったです。 栄養のある女を食べ続けた童磨は上弦の鬼の中でも強く、ほっておけば多くの人を殺して食べていたでしょう。 そんな鬼を倒したしのぶは間違いなく人々の英雄だと思います。

次の

鬼滅の刃143話ネタバレ!胡蝶しのぶの死!?童磨の壁厚し!|まさかの結末!

童磨 しのぶ

鬼が嫌がる藤の花から精製した特殊な毒を持ち、その毒は不死に近い人喰い鬼の数少ない弱点でもあります。 胡蝶しのぶは非力であり、柱の中で唯一鬼の首を切ることができません。 しかし、自ら精製した毒で鬼を殺すことができます。 そんな胡蝶しのぶの容姿は、かなりのレベルの美人。 >> 胡蝶しのぶが死亡! そんな人気キャラの胡蝶しのぶは、 戦いの最中になくなってしまいます。 非常に美しい容姿を持つ人気キャラクターだっただけにとても残念ですね。 胡蝶しのぶが亡くなってしまう場面は、ジャンプ本誌鬼滅の刃143話〜145話にて見ることができます。 毒の効かない。 最後の力を振り絞り童磨の首を引く姿勢からの突き上げで、 串刺しにして童磨の首ごと天井に突きさすしのぶ。 首を突かれ、天井にくし刺しにされているのにも関わらず童磨の表情は笑っています。 そして毒は首からもらっても効かないことが判明。 そんな現状に、胡蝶しのぶは恨み言を心の中でさけびながら転落していくのでした… 胡蝶しのぶが死亡した最期の言葉は? 流石は上弦の二である童磨。 童磨は、首を貫かれ天井にくし刺しにされたのにも関わらず、「えらい!」と一転してしのぶを誉め賛辞を述べ始めます。 しかしその内容は、しのぶを小馬鹿にしたような内容の連続。 そして、童磨はしのぶに言い残すことがあるかい?と聞きます。 胡蝶しのぶの最期の言葉は童磨に対する 「地獄に堕ちろ」 胡蝶しのぶが最期の言葉を投げかけたとほぼ同時に、栗花落カナヲが駆けつけます。 しかし時すでに遅し。 童磨の抱擁により、しのぶの骨の砕け散る大きな音がこだまします。 こと切れたかのように刀を落としてしまったしのぶをまだ熱い抱擁から離さない童磨に吸収させない為に斬りかかるカナヲでしたが、 カナヲの努力も虚しくしのぶは童磨に吸収され亡くなりました。 >> 胡蝶しのぶが死亡した最期は何巻? 胡蝶しのぶが死亡した最後のシーンは、 鬼滅の刃の単行本コミックで17巻になります。 できれば、お得に無料で見る方法があればなぁ。。 と思いませんか? 実は鬼滅の刃の単行本コミック 17巻を無料で見る方法があるのです! U-NEXTって最近CMしてるよね。 なんでU-NEXTで鬼滅の刃を無料で見れるんじゃい? なぜU-NEXTで鬼滅の刃を無料で見ることができるかというと、 U-NEXTは登録から31日間が無料トライアル期間になっていて、さらには登録時に600円相当のポイントが付与されるから。 つまり、 U-NEXTに登録して付与された600ポイントで鬼滅の刃17巻を読み、31日以内の無料期間内に解約してしまえば、一切お金がかかることなくタダで鬼滅の刃17巻を読むことが可能なんです。 しかもアニメの鬼滅の刃は見放題作品になっているため、登録してから31日以内は完全に無料で楽しむことが可能です。 つまり、U-NEXTは登録してから31日以内であれば 鬼滅の刃の単行本1冊+アニメ鬼滅の刃見放題を楽しんでも、完全に無料なんです。 胡蝶しのぶは死亡しても吸収されることで毒を盛る 胡蝶しのぶの死後、 純粋な剣の腕前では胡蝶しのぶ以上ともなっていたカナヲと童磨は戦います。 しかし、上弦の二である、童磨に対して苦戦。 童磨はカナヲの強みが「視力」であることを見切ると、視力を狙い撃ちしてカナヲから刀を奪う事に成功します。 回避困難な「散り蓮華」で弄り殺しにする直前、伊之助が乱入してきました。 伊之助の奇襲によりカナヲの刀を取り返されてしまいますが、今までに出会ったことのないタイプの剣士である伊之助に興味を抱いた童磨は手加減しつつ伊之助の仮面を奪うと、その顔に見覚えを感じます。 その顔はかつて人間であった頃、殺した母子の殺しそこねた子供。 その子供こそが伊之助だったのです。 伊之助こんなに可愛いんだよ幼少期からこんなに可愛いんだよほんと天使だよね弟にしたいほんとお母さんも美人だし童磨許さん 好きだけど — 😈れいか😈 reika12171010 童磨は話終えると、時間がなくなってきたとして「結晶ノ御子」に2人の相手を任せその場を去ろうとします。 童磨は胡蝶しのぶを吸収することで死亡した だが、 部屋を出ようと扉に手をかける刹那、童磨の体がドロドロに崩れ始めました。 しのぶは1年かけて藤の花の毒を服用し続けることで自らの体を毒の塊とし、あえて自ら喰われることで大量の毒を盛るという壮絶な罠を張っていたのです。 自らの死が止められないと悟ると、童磨は あっさりと自身の死を受け入れました。 自らが死に向かっていく中でも恐怖も後悔も沸かず、おのれの死を実感しながらも「結局自分にとって自身も含めた人の感情は他人事でしかなかった」と改めて認識。 しかし死の間際に自身が殺したはずの胡蝶しのぶと再会し、カナヲ達への思いを語る際の顔を見た事で 生まれて初めて自身の感情が昂ぶっていることに驚愕します。 初めて感じた感覚に「これが恋というやつかなぁ」と興奮しつつ、こんな感情が存在するのだから天国も地獄もあるのかもしれない、と思い直し、かなりのハイテンション。 吸収された後の一言が衝撃的 ハイテンションになった童磨は、再開した胡蝶しのぶに 「俺と一緒に地獄へ行かない?」と口説くも、 「とっととくたばれ糞野郎」と笑顔で突っぱねられます。 残った肉体も伊之助に踏み潰され童磨は完全に死亡しました。 しのぶさん、もしかしたら生きてるかもという希望は完全に絶たれてしまいましたが、姉の敵である童磨の散り際に言い放った最期の言葉は素敵です。 — ぶてふ manei1104 可愛い顔して「とっととくたばれ糞野郎」というセリフが、とても刺さっている方が多くいらっしゃいましたね!.

次の

鬼滅の刃しのぶ復活生きてる?姉両親とくたばれ童磨の恋!

童磨 しのぶ

童磨とは、『』に登場する人喰いである。 の次席"上弦の弐"としてそのを奮う。 概要 の直下 "上弦の弐"に位する強者。 では万世極楽教というのとして振る舞っている。 そして、の、胡カナエに致命傷与えて殺した男である。 童磨の持って生まれた賦の才は良きにつけ悪しきにつけ彼の活動を支える、もとい拡大させてきた。 容姿 の意を基にしたに血が垂れた様な、ベルトで締められたのを着た優男。 血がかぶったような模様をした橡色の長に、色の瞳をしており左に「上弦」右に「弐」のが書かれている。 死に際の胡カナエく「頭から血をかぶったようなだった」「と屈託なく笑う 穏やかに優しく喋る」とのこと。 作中ではほとんどの場面でである。 鬼として 二十歳でとなりその後年以上を生きている。 にしてはしく、をはっきりすことができ、更に時代とべて性格も変化していない。 言い換えると、時代から化け物じみた性格を有していたと言える。 「の皆とになるのがの務め」というが、その内実はを喰って自分と一つになることで怯えもなく永遠の生きられるという狂気じみたもの。 「は有益」と考え、今後の戦いのために技を出し切らせて殺そうとするなど向上心も一定程度ある模様。 初登場は話「何度生まれ変わっても 前編 」。 夫の話で、彼ら二人をになるように誘っていた。 「どうしたどうした 可哀想に は優しいから放っておけないぜ」 「命というのはものだ 大切にしなければ」と言っておきながら、往来でで肩から女の死体をさかさまに担ぎ、には女の首を以てその死体を食いながら登場。 その異様さを見せつけた。 この時点では"上弦の陸"であったが、後に「の血戦」によって"上弦の弐"となったようである。 他の上弦に対しては親しげに話しかけているが、基本的にの口調であり、止めのかからない狂気に加え、行動も駄にれれしく絡んでいる。 驚くべきは、自分より上位のやにすら変わらない言動で接しており、そのため惨及び他の上弦からは嫌われている。 特に、童磨以前に化したにもかかわらず童磨の下位に位置させられているは、「よりも強くならなくてはいけない」こともあって童磨を心底嫌っている。 一方で、童磨のほうはを「一番の友人」と評している。 前述のとおり、"上弦の陸"夫をになるよう勧誘したのもこいつ。 になってから年以上にってを食らい続けて得た強さは相当の物。 の一撃を受け顔面を半分削られても、「前よりも少し強くなったかな?」と飄々とした態度を崩さない。 「はらに勝てまいが」「わざと避けなかった」などのから、後からになったにも関わらずそのは鍛錬を続けてきたを追い越して歴然と差をつけている模様。 なお、本人く探知探索は不得意とのこと。 には、両手に持った色での模様が描かれた対の扇を使用する。 この扇は血術の起点となるほか、それ自体の切れ味が極めて鋭く、が切られてから数後に気づくほどである。 また、氷を元にした彼の血気術は隊が基本とする呼吸を抑える術の他、近接、遠、対、分身を作り出すなど多。 身体も、気づかちにカナヲの日輪を奪い、之助の面を取るほどに優れている。 の用意したすら即座に耐性がつくどころか、致死量の倍のをぶち込まれても死なずに再生を試みる適応も驚異。 更にカナヲが「」に、之助が「肌」に優れていることに気づき、それに合わせた技を出す秀でた洞察と対応を持つ。 15年前に会った之助の、琴葉を之助の容貌からしたり、とその羽織から胡カナエの呼吸、技をすなど記憶も高い。 カナヲには「にべたら今まで倒してきたはだ」と独されている。 総じて、らしい狂気を振り乱し、柱すら圧倒する極めて高いを有した、"上弦の弐"に相応しい大敵と言える。 血鬼術 二つの扇を起点として、冷気や氷を操る血術を用いて戦う。 その様相はを連想させるものが多く、更に彼の帽と合わせて考えると恐らくは八寒を元としている。 その技は多で幅広い威や範囲がある。 その上術の全てに冷気がわれており、これを吸い込むと肺のがする。 単純だが、呼吸によって身体強化を行う殺隊には非常に有効な術である。 粉凍り(こなり)• 葉氷(はすはり)• 蔓(つる)• 枯園垂り(かれづり)• 凍て曇(いてぐもり)• 寒の(かんれつのしら)• ざれ(ざれ)• 散り(ちり)• 結晶ノ御子(けっしょう)• 氷・睡(むひょう・すいれんぼさつ) 万世極楽教 彼の生まれは万世極楽教というをつくったの。 生まれ色の瞳、橡のが特別なであるとして、親からのが聞ける子と扱われ、からは崇められていた。 彼自身は幼いころから非常に賢かったために導いてほしいというたちの話に合わせていた一方で、彼自身は一度ものなど聞いたことがなかったため、「もも存在しない」「死んだらになるだけ」という、物義の考えを持つようになる。 そして彼はたちを「頭が悪いとつらいよね」と思い、「な人をしあわせにしてあげたい あげたい」「そのためには生まれてきたんだ」という考えを持つようになる。 童磨がになった後は、を食って自分と共に永遠の存在となることで救済する「善行」をしている。 本人く「これ程人に尽くし世の中に貢献して」きたらしい。 先代のであった童磨のも次々との女に手を出していたらしく、問題だらけのと言える。 一方で、之助の、琴葉の例で見られるようにこの団体は駆け込み寺の機も持っていたらしい。 のでは自分が属するからの離脱は法の埒外に置かれることを意味していた。 以降であってもその傾向は強く残っており、特にのにはど権はく、を追い出されたには、にでも身をやつすほかなかった。 そのような時代で、そういったも含めた弱者の保護を行う場所は、保護される弱者にとっては「」であったといえる。 加えて、この団体がに至るまで破綻せずされていたあたり、彼がになるまでは、たちの身の上話をきくことでたちを救っていたようである。 精神性 童磨の特筆すべきはその精性である。 一言でいえば。 カナヲく「嬉しいことも楽しいことも苦しいこともつらいことも本当はっぽで何にもない」。 だが、一般的なと違い、利己義的な言動や虚言も見られない。 ただひたすらに他者への共感がなく、更には自分の死すらもあっさりと受け入れるほどに本人の感情もない。 童磨の中にはせいぜい、僅かな快不快があるだけであり、その行動は童磨にとって「適切な」言動を的に相手に返しているのみである。 その精性ゆえに、彼はがの女に次々と手を出し、それに対しが半狂乱になってめった刺しにしたのち、した後も、「を汚さないでほしい」「換気しなきゃ」としか思えなかった。 にも拘わらず、生まれ持った知性と、になった後のの才によって、彼はその地位へと着くこととなってしまった。 童磨にとって(と彼は感じていないが)は、彼の内面を見ようとするものがいなかったことに。 生まれたときから見たによって両親にとして利用され、その知性によってからに崇められ、になってからは地位とでに奉仕している。 彼自身は他人からめられた言動を取り続けているだけで、彼なりに「善行」を行い「助けよう」としているだけである。 救済をめた他ののを喰っているのと較して、ただ保護される場所をめた琴葉を(綺麗なものを傍に置きたいと思ったとしても)喰うつもりはなかったと言ってるあたりも一考に値する。 一方で、童磨を深く知ろうとし、いは彼に与えようとするものがいなかったのもまたである。 このあたり、彼の地位にこだわりそれを狙っていたを一番の友人といい、のであるとして命を懸けて殺そうとするほど童磨に執着していたに今際の際にした理由であるとも考えられる。 関連動画 関連静画 関連コミュニティ・チャンネル 関連リンク• 関連項目• 胡カナエ• カナヲ• 「 今はもういが脈打つような気さえする」「 これがというやつかなぁ ねちゃん」 「 本当に存在したんだんな感覚が」「 もしかするとやもあるのかな?」 「 ねぇ ちゃん ねぇ」「 と一緒にへ行かない?」 「 とっととくたばれ 」.

次の