個体値ランクチェッカー。 【GOバトルリーグ】ゴーストの個体値について

【ポケモンGO】育成支援ツール

個体値ランクチェッカー

ポケモンを調べてもらう機能 この機能はポケモン詳細画面から「ポケモンを調べてもらう」をタップすることで、そのポケモンの強さを各チームリーダー(博士の助手)が評価してくれるというものです。 ちなみに、各チームのポケモンに対する総合的な最高評価と最低評価の言葉は次の通り。 赤チームリーダー・キャンデラ 最高:「言うことなしね。 とっても頼もしいわ!」 最低:「バトル向きではないけど、わたしは好きよ。 」 青チームリーダー・ブランシェ 最高:「驚異的で、芸術的だ。 」 最低:「なかなか活躍が難しそうだ。 」 黄チームリーダー・スパーク 最高:「トップレベルだぜ!」 最低:「イマイチ、といったところだな。 」 目安は個体値の総合が80%以上だと最高評価で50%以下だと最低評価と考えておけばよいでしょう。 また、個体値の各要素である「攻撃力」「防御力」「体力」の中で一番高い数値に関しては個別で評価してくるので各チームリーダーの言葉を注意して見てみましょうね。 評価内容を個体値チェッカーの判定と比べてみよう それでは、個体値チェッカーと「ポケモンを調べてもらう」機能の比較を青チームリーダーの評価をベースに行ってみます。 言葉での大まかな評価に対して個体値チェカーで判定した数値と比較してその内容を見てみましょう。 gatten. me 判定の内容を調べてみるポケモンはこちら。 イーブイ・シャワーズ• ブーバー• ストライク まずは イーブイで比べてみましょう。 非常に良い個体値です。 」 「特筆すべきは、こうげき の高さ。 」 「測定できないほどだな、すばらしいよ。 」 「きみのイーブイは記録に残っているかぎり、最小のようだ。 驚異的。 」 このシャワーズに進化させたイーブイは最高評価のようです。 個別に高い部分を評価してくれるのは便利。 サイズについても評価しています。 次に ブーバー。 まずまずの個体値です。 」 「特筆すべきは、こうげき の高さ。 」 「きみのブーバーは平均より大きい」 まずまずの個体値の個体にはまずまず納得の評価。 この評価機能、やはり個体値の目安を調べるには便利。 そして ストライクで比較。 個体値は低め。 」 「特筆すべきは、ぼうぎょの高さ。 」 「この点において、まずまずと言える。 」 とにかく最低評価の個体は個別で高い数値があるようでもバトルでの活躍や育成には不向きでしょうね。 この判断にも「ポケモンを調べてもらう」機能は役立ちそうです。 オススメのポケモン厳選方法 この「ポケモンを調べてもらう」機能を個体値チェッカーの判定と照らし合せてみたところ、厳選するポケモンの大まかな振分けには十分に役立つことがわかりました。 そこで、個人的には次の方法で集中して進化・強化するポケモンを厳選して行こうと考えています。 まず「ポケモンを調べてもらう」で最高評価のポケモンは育成候補として名前を付けて区別しておく。 区別した最高評価のポケモンを個体値チェッカーで正確な数値を調べ「わざ」なども考慮して問題なければ集中して進化・強化していく。 この方法で最上の個体を持ったポケモンの厳選が今までより簡単に行えるようになると思いますよ。 つまり、個体値チェッカーを使う前段階の振分けに超便利。 まとめ さすが追加機能の「ポケモンを調べてもらう」はポケモンを厳選するには助かる機能ですね。 以前と同じように集中して育成するポケモンの厳選には個体値チェッカーは必要ですが、事前に振り分けてアメに交換するポケモンを選別するには非常に便利な機能。 引き続き今後のアップデートにも期待!.

次の

【GOバトルリーグ】ゴーストの個体値について

個体値ランクチェッカー

どのポケモンとして使いたいかをまずは選択しよう。 フシギバナとして予め選択することで、 フシギバナに進化するポケモンも含めて一括でチェックすることが可能になっている。 スクリーンショットをアップロード 上の画像のように、 個体値のグラフの写っている無加工のスクリーンショットをアップロードしよう。 それ以外の画像の場合、正しい結果を測定することができないので注意。 測定できない画像例 個体値を測定したいポケモンの画像は、画像の色合いなどの変更、サイズ変更などを含めて 加工をしないでアップロードしてください。 スクリーンショット以外の画像 トリミングされた画像 個体値グラフの写っていない画像 3. 個体値のランクを確認 スクリーンショット後に個体値ランクをそれぞれ確認しよう。 ポケモンを強化する 使用したい個体値ランクのポケモンをゲーム内で強化して対戦で使おう!強化をする際には必ずルールで決められているCPが超えないように注意が必要だ。 進化前のポケモンについて 個体値ランクが高くても、進化後にCPが超えてしまい特定のルールで使用できなくなる場合があります。 進化後CPチェッカーを使って越えないことを確認するか、個体値ランクチェッカーの下に表示されている強化レベルを確認するなどを推奨します。 追加機能などについても意見募集中! こんな機能がほしいなどの意見を募集中!どのような機能がほしいかを記載してください。 育成支援ツールとも組み合わせられる 個体値ランクチェッカーで、個体値のランクを計測したあとに、育成ツールを使用することができる。 個体値ランクチェッカーで計測してから、育成ツールを使うのもおすすめだ。

次の

‎「自動個体値チェッカー for ポケモンGO」をApp Storeで

個体値ランクチェッカー

先月末、突然のアップデートによりゴーストのレガシー技 昔は覚えたけどアップデートやらで覚えなくなった技 「」が解禁され、GOの高ランク帯でゴーストが猛威を奮っています。 地獄 元々を覚えたゴーストを所持していた側としては正直複雑ですが、ゴーストのについて多くの質問を頂いていて、一々答えるのも面倒なのでまとめて記事にすることにしました。 万一問題があればご連絡下さい。 早速見ていきましょう〜〜 1. へのシャドークローのダメージが「5」になる個体 SCPランクを重視すると、シャドークローのダメージは大抵「4」ですが、そのを超えた個体。 (攻撃力164. 940超) 連打で2枚貼り合うと勝てる。 HP低かったら負けるかも。 全て確認した訳ではないので、念のため各自お持ちの個体で確認はしてください。 全て計算した訳ではないですが、のあわの被ダメージは大抵「8」であるため、HPの実数値は96以上にしておきたい。 以下2020. 09追記 96は8nなので「96以上」ではなく、「96より高く」ですね。 ですね。 失礼しました。 以上追記 もちろん高ければ高いほどグッド。 この2623通りの中での優劣の付け方は、HP実数値順。 へのシャドークローのダメージが「7」になる個体 1. より更に少し攻撃実数値を上げると、へのダメージが1上がるそうなので、せっかくだしそこまで攻撃に振ってしまおうとなった個体。 (攻撃力169. 206超) 超えてもシャドパン連打では勝てないのはご愛嬌。 この個体の意図は「に勝てないけど、相手のにかける負荷を最大化しよう」です。 攻撃特化 みたいで好みじゃない。 HP実数値下がるし。 今回は鮮度重視で手抜きです。 努力はしましたが、読み難い文章と感じられたなら申し訳ありませんでした。 他にも良さげな調整先があれば是非DMでコッソリ教えてください。 ド変態調整が飛んでくること期待しています。 皆さんも良きゴーストライフを。 それでは ykcisor.

次の