バイキング 視聴率 2020。 グッディ打ち切り理由は?バイキング延長になぜ?の声続出!世間の反応は不満だらけ?|Asiversal

坂上忍『バイキング』の視聴率失速でもネットバッシングの被害者気取り?

バイキング 視聴率 2020

グッディ終了の理由は視聴率低迷のため? まず考えられるのは視聴率の低迷です。 グッディは番組開始以降、同時間帯に放送されている、日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」やTBS系「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」と 視聴率争いを繰り広げてきたと言います。 安藤優子キャスター(61)と俳優の高橋克実(59)らがメインキャスターを務める「グッディ!」は15年3月にスタート。 日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」、TBS系「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」とし烈な視聴率争いを繰り広げてきた。 引用: その結果、ここ最近では視聴率5%近くを獲得していたようです。 メインキャスターの2人の やさしい語り口調や雰囲気が視聴者の心を掴み、視聴率にも貢献していたようですね。 ドラマの再放送は嬉しいけど、 バイキングの放送時間が長くなるのは苦痛。 むしろ『グッディ!』の方が番組の雰囲気が柔らかいので 終わって欲しくない。 しかし、グッディは放送開始直後は思うように視聴率が伸びなかった時期もありました。 2015年の 放送開始からわずか4ヶ月後には打ち切り説があったほどです。 その頃の視聴率はわずか 1%台。 これでは打ち切り説が出ても仕方ありません。 最近の視聴率も決して悪い数字ではなさそうですが、 その他の要素と複合的に考えた結果の番組終了の判断なのでしょう。 では、視聴率以外の番組終了の要因は何なんでしょうか? グッディ終了の理由は製作費の削減説 視聴率以外で考えられるのは 製作費です。 過去にグッディは他局のワイドショースタッフからこんなことを言われています。 他局のワイドショースタッフは「とにかくウチの番組と経費の使い方が違う。 『グッディ』の予算は、ウチの倍はあるかも。 ウチはインターネットの簡易中継だけど、あちらは中継車を持ってきている。 視聴者に届けられる映像の画質が違う。 羨ましいことばかりですよ」と語る。 引用: それほど製作費をかけている番組と言えますね。 ここまで製作費をかけているのにも関わらず、視聴率もめちゃくちゃ伸びるわけでもない。 そうなってくると苦しいですよね。 グッディ終了の理由は出演者に問題説 グッディの出演者はメインキャスターに 安藤優子キャスター(61)と俳優の高橋克実さん(59)。 コメンテーターに トレンディエンジェル・斎藤司さん(41)と、 カンニング・竹山隆範さん(49)といった面々が名を連ねています。 この方々個人個人に何か問題があったというわけではありません。 それよりは、先ほどの製作費の削減の話に繋がってきますが、その 出演料に問題があったのではないでしょうか。 安藤優子キャスターや俳優の高橋克実さんと言えば大ベテラン。 トレエン斎藤さんやカンニング竹山さんも中堅どころですが、番組に引っ張りだこの人物です。 これほどのメンバーをキャスティングするとなると、その出演料はかなりかさばり、 製作費を圧迫していた可能性が考えられます。 グッディ終了の理由を総括すると… これらの説をまとめると、 視聴率も思うように伸びず、出演者の出演料を含めた製作費も高いため、番組終了に踏み切ったということになりそうです。 加えて、ここ最近の世情の影響から 広告収入が落ち込んでいることも理由の1つと考えられます。 【まとめ】グッディ終了の理由はなぜ?視聴率低迷や製作費削減説?出演者に問題? 今回は 「グッディ終了の理由はなぜ?視聴率低迷や製作費削減説?出演者に問題?」と題してまとめていきました。 番組が終わってしまうのは寂しいですが、生存戦略なので仕方ないですね。 今後は『バイキング』のパワーアップに期待したいと思います。 最後までお読みいただきありがとうございます!.

次の

バイキングの打ち切りはいつ?理由は視聴率か?後番組を予想!

バイキング 視聴率 2020

愛犬と散歩する坂上 『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)が秋の改編で打ち切られるという報道が、さまざまな憶測を呼んでいる。 「『グッディ』は最近では、視聴率でライバルの『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)を上回ることもあるくらい好調でした。 先日まで局内で出回っていた改編予定のリストに『グッディ』はなかった。 突然の決定だったようです」(フジテレビ関係者) では、なぜ打ち切りの憂き目にあったのか。 「実は『グッディ』ではなく、『バイキング』(フジテレビ系)の方に問題があったんです」とは、制作会社関係者。 『バイキング』MCの坂上忍さん(53才)に対する、フジテレビ上層部からの最後通告の意味合いがあるのです」 『バイキング』は視聴率も盤石、『グッディ』の打ち切りを受け、10月から放送時間が1時間拡大される。 社内評価も高そうだが、実情は違うようだ。 「ここ数年、放送内容に対してフジテレビ上層部から物言いがつけられているんです。 フジサンケイグループの方向性としては保守的で政権寄りのスタンスを取ることが多い。 しかし、『バイキング』は積極的に政権批判を繰り返してきた。 これに対し、『バラエティー番組が政権批判とは何事だ!』『一方的かつ行きすぎている』と、局内で批判が集中していました」(前出・フジテレビ関係者) 『バイキング』は『笑っていいとも!』の終了後に始まった名残で、バラエティー班が制作を担当しているが、坂上の意向で、最近は政治や芸能など時事ネタを扱うトーク番組になっている。 「ゲスト、扱う内容、方向性を決めるのは坂上さん。 その結果、局内に広がる批判の声をはねのけて、政権批判的な内容が目立っていったのです」(前出・フジテレビ関係者)•

次の

グッディ打ち切りの理由は?視聴率・評判・安藤優子の今後についても

バイキング 視聴率 2020

アンガールズ・田中卓志が趣味の紅茶を楽しんだり、MCの坂上忍が愛犬と戯れたりと、意外な素顔を披露しており、コロナ禍で心が沈みがちな中で、SNSでは「ほっこりする」「癒やされる」といった声があがっている。 「情報番組の色が強いバラエティとして、自粛されている中で番組を見ていただいている皆さんに、何か参考になることができないか、ということで始めました」と狙いを語る石塚GP。 また、「新型コロナウイルスの感染が広がる中で、スタジオの出演者の数を減らさざるを得ない状況となり、今は専門家や論客系の方を主にキャスティングしているんですが、『バイキング』はレギュラー陣に人気タレントがそろっていることが強み。 その皆さんをこの状況で生かす方法がないかというスタッフの思いもあって、このような形になっています」と明かす。 ネタは、主にタレント側が「自分だったらこんなことができる」と提案するものを選んでいるため、本当に楽しんでいる様子が伝わってくる。 基本的に自撮りや家族による撮影を依頼しているため、画質や画角に難はありながらも、よりプライベート感が味わえる。 SNSの反応と同様に、「VTRが面白いので、スタジオの空気がすごく良いんです」といい、「特に、田中さんの紅茶は反響が良くて2回放送しましたが、実は他にネタがないんじゃないかという疑惑があるので、3回目も紅茶になる可能性は高いのではないでしょうか 笑 」と予測した。 エンディングでの『直撃LIVE グッディ! 』の安藤優子&高橋克実とのクロストークでも、笑いを交えた肩肘張らないやり取りが行われる。 これについて、両番組のスタッフから演出上の指示はしていないそう。 』とアピールしながらのやり取りで笑いが生まれてるんだと思います。 一方で、安藤さんから時々『坂上さん、どう思いますか? 』と突然想定外の厳しい質問がくるときもあるので、坂上さんは毎回勝負だと思って、あのクロストークに臨んでいるのを感じますね」。 また、4月24日の放送では、番組の出演者たちが医療従事者へ感謝の拍手を送る「フライデーオベーション」を実施し、こちらにも「とても感動した」「涙が出た」「バイキングでこの運動を知りました」など反響があった。 この実施の経緯を聞くと、「坂上さんから『こういうことができないかなあ』というお話があって、バイキング出演者の方に協力をお願いしました」とのこと。 局に来ている出演者のほかにも、自宅にいるタレントにカメラを渡したり、撮影した映像を送ってもらうなどして、総勢22人分のメッセージ映像を1週間かけて集め、KANの「愛は勝つ」に乗せて放送。 「意義のある試みだと思いますので、また新しく撮って流したいと思います」といい、きょう8日の放送でも実施する予定だ。 「本当にめちゃくちゃ勉強されているんですよ。 新型コロナウイルスの前からそうなんですが、恥ずかしながら、ちょっと前までずっと報道・情報番組畑だった僕もかなわないな、と思います。 情報量だけでなく、感じ取り方が視聴者目線であることが一貫しているんですよね」と、その姿勢に驚く。 コロナ禍にある中で、河井案里議員の公選法違反事件や、検事長の定年延長問題といった話題にも注目しているという。 「坂上さんは『新型コロナウイルス以外の大事なニュースも、忘れないようにしたいな』と常々言っていますね。 予めご了承ください。 関連記事•

次の