出産祝い 現金 封筒。 現金?プレゼント?友人に贈る出産祝いの予算相場や選び方

現金書留の送付方法 画像で分かりやすく説明する書き方と送り方

出産祝い 現金 封筒

出産祝いの書き方 熨斗紙・のし袋 見本 水引きは紅白の蝶結びのものを選びます。 [表書き] 「御祝」「御出産御祝」 「祝御出産」「御出産祝」など [下段] 姓または氏名(フルネーム)を書きます。 [夫婦連名の場合] 夫婦の場合の書き方は中心に夫の氏名を書き、妻の名を左に書きます。 出資したメンバーの氏名を書いた紙を袋の中に入れます。 [封筒タイプの袋やカジュアルな祝儀袋] のし袋ではちょっと堅苦しいと思う方用に、かわいいデザインの出産祝いの祝儀袋も販売されています。 中にはキャラクター付きのものや、赤ちゃんのイラスト付きのものもあります。 また、メッセージを書き込めるカードがついているものもあります。 出産祝いの中袋の書き方1 中袋の表側の書き方 見本 中袋がついているタイプののし袋があります。 金額を記入する欄が枠線などで印刷されているタイプでは枠線の中に金額を書きます。 横書きであればアラビア数字(1,2,3…)で構いません。 それ以外は中袋の表面に見本画像のように金額を書きます。 縦型の封筒の場合には金額も漢数字を使って縦書きにします。 右の見本画像では「一」を旧字体の「壱」にしましたが無理に難しい字を書く必要はありません。 ちなみに「金五千円也」などのように円のあとに「也(読み方=なり)」をつける必要はないとされます。 (はみだし知識…也は帳簿や証書などにおいて、それ以下の端数がないことを表すために使います。 「金五千円也」は、百、十、一の単位の端数がないことを示す形です。 ) 正式には外側の袋と同じ筆記具を使って書くのがマナーですが、書くエリアが小さい場合には黒インクのペンやボールペンを使いましょう。

次の

出産祝いの金額はいくらにすべき?相場はどれくらい?

出産祝い 現金 封筒

スポンサーリンク 現金書留の送付方法 現金書留の送付方法は簡単です。 まず、郵便局の窓口へ行って、現金書留の封筒を購入しましょう。 現金書留の封筒はサイズが2種類。 大と小があります。 のし袋で比較。 こちらが小で こちらが大です。 こんなサイズ感です。 大体は小サイズで事足りるかと思います。 現金をそのまま入れるのであれば、迷うことなく小サイズでOK。 結婚祝いや出産祝いなどの各種お祝い事で現金を送りたい場合、水引きのついたのし袋ごと入れるのも可能です。 結構水引きの立派なのし袋でも、小サイズに余裕で入ります。 封筒に入るサイズならお手紙やメッセージカード、物品も入れられるそうなので、入れる物の大きさに応じて封筒のサイズを選んでくださいね。 自分で選ぶのに迷わなくても、郵便局員さんに贈りたい物を見せると、それに合ったサイズの封筒を出してくれるはずです。 封筒は小サイズも大サイズも同じく21円。 まずはこの21円を窓口で支払います。 するとこのような複写になった紙を、一緒にいただけます。 これは「書留・特定記録郵便物等受領証」。 万が一現金を紛失したり、何らかのトラブルがあったとき、損害賠償の請求に必要になるものです。 こちらにも記入して、現金を入れ封をした現金書留の封筒と一緒に、窓口へ持って行きます。 現金書留の封筒の書き方 現金書留の封筒の書き方は、これもシンプルにお届け先と依頼人本人の住所氏名を書くだけです。 郵便局の規模によるかもしれませんが、ほとんどの場合、郵便局内に書くスペースがあるかと思います。 そこにペンや、封をするための「のり」なども置いてありました。 現金書留の封筒と、「書留・特定記録郵便物等受領証」を用意。 「お届け先」の欄に、送る相手の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入します。 「ご依頼主」の欄に、送る本人の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入します。 そして「書留・特定記録郵便物等受領証」にも記入しましょう。 太枠の部分、(ご依頼主のご住所・お名前)のところに、送る方の住所と名前を。 お届け先のお名前のところに、受け取る方の名前を書いてください。 スポンサーリンク 太枠外になりますが、「申出損害要償額」という欄に、入れた金額を記入します。 全部書いたら、現金書留の封筒の中に現金を入れます。 のし袋に入れている場合、のし袋ごと入れてください。 袋は二重になっています。 内側の白い部分に入れましょう。 封の仕方が、現金書留の封筒の裏面に書いてあります。 でも実際やると分かりにくかったので、これも説明しますね。 現金書留の封筒の裏面です。 まず、口の下にめくれるようになった「下ふた」があるので、それをこのように倒します。 お金を入れた部分の白い中ふたを、下に折ります。 のりで封をしてください。 そしたら倒していた下ふたを、その上に被せます。 これものりで貼りつけましょう。 中ふた、下ふたとのりできちんと封をしたら、最後に上ふたを折ります。 のりでしっかり封をして…… ちょっと見にくいかもしれませんが、封をすると、点線で円が書かれているのが見えます。 円は3か所。 両端と中央にあります。 そこには割印を押します。 封をした口と、封筒本体が同一のものだと証明するためです。 ただその円の中に、ご自分の印鑑・はんこを押すだけですが、持ってきていなくても大丈夫です。 署名・サインでもOK。 苗字のみを円の中に、3か所すべてに書いてくださいね。 現金書留と「書留・特定記録郵便物等受領証」を揃えて、郵便局の窓口へ持って行きます。 現金書留の料金計算 現金書留の料金計算は、その重さにより異なります。 郵便局の窓口に現金書留と「書留・特定記録郵便物等受領証」を持って行ったら、そこで局員の方が料金を出してくださいます。 ちょっと凝った水引きののし袋に入れた出産祝いを送ったときは、562円でした。 内訳は.

次の

出産祝い「のし袋」の基本マナー|書き方や入れ方、ふさわしい水引の選び方は?

出産祝い 現金 封筒

会社の上司や先輩に出産祝いを贈る場合は、5,000円〜1万5,000円が相場と言われています。 <個人で贈る場合の自分の立場別の相場> 20代・一般社員の場合:5,000円〜1万円 30代・係長などの場合:5,000円〜1万円 40代・部長クラス以上:1万円〜1万5,000円 出産祝いの相場は贈る相手との関係性も重要。 よくご飯に連れて行ってもらう、とてもお世話になっている先輩や上司の場合は、1万円程度が良いと言われています。 また、会社の上司や先輩に贈る場合、連名で贈ることもあるかと思います。 グループで贈る場合は、1人あたり3,000円〜5,000円程度。 グループ全体の総額で1万円を超える金額のものを贈りましょう。 相手が遠方に住んでいる場合は中々都合がつかないので、郵送している方が多いようです。 現金を郵送する際は、現金書留以外では送れないので注意しましょう。 現金書留の封筒は、郵便局で購入できます。 現金書留は郵便局の窓口でしか送れません。 ですので、自分でポストに投函しないように注意してください。 封筒に押印する箇所があるので、印鑑を持って行ってください。 印鑑を忘れた場合は、自筆でサインすれば大丈夫なようですが、面倒な方は印鑑を持参しましょう。 現金書留の封筒の中に、ご祝儀袋ごと入れましょう。 この際、現金だけを送るよりも、一言メッセージをつけると気持ちも伝わってよいとされています。 メッセージは簡単なもので十分です。 「ご出産おめでとうございます。 落ち着いたら会えることを楽しみにしています。 」 や、 「少額ですが赤ちゃんのために使ってください。 」 など相手の事を気遣った文章にするように心がけましょう。 普段中々会えない相手から届く暖かいメッセージは、結構嬉しかったりしますよね。 個人の名前を書く場合は、水引の結び目中央の真下に名前を書きましょう。 連名の場合、夫婦かグループかで書き方は変わります。 夫婦連名で出す場合は、旦那さんはフルネームで中央に書き、左横に奥さんの下の名前だけを書いてください。 名字を2回書く必要はありません。 グループの連名の場合は、3名までならフルネームを全員分書きましょう。 名前を書く順番は、友人同士ならあいうえお順、職場でなら役職が上の人から書くようにしてください。 このときの名前の書き方も、上で紹介した順番で記載してください。

次の