糸 こんにゃく アク 抜き。 こんにゃくのアク抜きはなぜ必要?

こんにゃくのあく抜きはなぜ必要なの?あく抜き不要はそのままで大丈夫なの

糸 こんにゃく アク 抜き

どちらもこんにゃく芋からつくられます。 こんにゃく芋をすりつぶしたもの、又は、こんにゃく芋を乾燥させて粉状にしたもの(こんにゃく精粉)を水に溶かし、凝固剤として水酸化カルシウムを加え、袋や型に入れて熱をかけて固めたものがこんにゃくです。 しらたきは、こんにゃくと同じように、凝固剤の水酸化カルシウムを加えた後、シャワーの出口のようなところからお湯の中に細長く出し、流して固めたものがしらたきです。 こんにゃく芋はアクが強く、素手で触るとかぶれることもあります。 その為、じゃがいも・里芋などのようにゆでたり、ふかしたりするだけでは食べることができません。 こんにゃくの白と黒の違いは? 作り方は同じですが、黒こんにゃくは海藻粉末が混ぜてあります。 昔のこんにゃくは生芋こんにゃくでしたから、芋の皮や芋のアクで茶色〜灰色のような黒っぽい色をしていました。 こんにゃく精粉だけでつくると白こんにゃくになるため、こんにゃくらしく見せるために海藻を入れていると言われています。 こんにゃくがスポンジのようにスカスカで固い・・・ しらたきが細く固くてはるさめのよう・・・。 どうして? 料理したら固くて食べられなかった・・・こんなときは、一度凍ってしまったものかもしれません。 冷蔵庫でも、冷気の吹き出し口や吹き溜まりは温度が低くなります。 水分が少ない食材と違って凍りやすく、部分的に冷えて凍り、庫内の位置変更や冷蔵庫の開閉によって再び解凍することがあります。 一度凍ってしまうと水分が抜け、解凍してもこんにゃくは固くごわごわした食感になり、しらたきは細く縮んで固くなってしまいます。 逆に、この変化を使って作られる「凍み(しみ)こんにゃく」という料理もあります。 「凍り(こおり)こんにゃく」とも呼ばれています。

次の

こんにゃく・しらたきについて

糸 こんにゃく アク 抜き

A ベストアンサー こんにゃくによります。 こんにゃくの多くは加工の際に水酸化カルシウムを使うので独特の臭みがあります。 運動場に白い線を引くときに使うものに近いものが入っていますので塩もみしたり下ゆでしてやってそれを抜くんです。 こういったものを使っていないもしくは使っていても少ししか使っていないものの場合はゆでrだけでも問題なかったり何もしなくてもよかったりします。 それと、その後でどういった味付けを視するかによっても違ってきます。 残留物が多いと生臭い感じがしたりいやなにおいや味がしたりします。 そういったときに味国に込んだら気にはならなくなったりしますのでその手順を省いていることがあります。 しかし味が濃いので隠れているだけで決して消えているわけではないので出来れば完璧に下ごしらえした方がいいでしょう。 下ゆでしても塩で門でも本来の味わいは消えませんのでどういったものかわからないこんにゃくの場合はしてやった方がいいかと思います。 その方が失敗なくおいしいものが食べれますよ。 A ベストアンサー #4さんと同じくごく一般的なこんにゃくはシュウ酸カルシウムが多いので、さっとゆがいてアク抜きをした方がおいしく食べられます。 また、こんにゃくには水分が多くてそのままだと水っぽい味になりやすく、味付けがしにくいので、一旦ゆがくことによって水分を抜く作用もあります。 ですから、それらのデメリットを気にしないのであれば、そのまま食べても大丈夫です。 刺身こんにゃくとか、生食用こんにゃく(といっても、どのこんにゃくも生ではないんですけどね)と書かれているこんにゃくはゆがかなくてもおいしく食べることができますが、、これもざるにあけて、流水に1分ほどさらすと臭みが抜けて、よりおいしくいただくことができます。 konnyakuya. konnyaku. html A ベストアンサー 腎臓 尿路 結石の場合大きく分けて4種類あります。 コレステロールを主成分とするコレステロール欠席 しゅう酸カルシュウムやカルシウムを主体とするカルシウム欠席 その他の成分の欠席 以上の結石が混ざっている場合。 こんにゃくの場合. 主成分が水酸化カルシウムとタンサンカルシウムですから. 病的な場合を除き過剰な吸収はされません。 ですから. 病的な場合を除き. 結石はかんがえません。 (不純物として重金属が多いカルシウムの場合には. 重金属が骨に沈着する期間. 半減期約10-20分で. 大体2時間ぐらい. 大量のカルシウムが骨から放出され. カルシウム結石の原因となる) 分量としては. 食品の場合に共通して言えることですが. 1週間に1回食べる。 同じ物は続けない 事が原則です。 ですから. 1週間に1回程度に減らしてください。 A ベストアンサー 物が違うかもしれませんが. しらたきはこんにゃくの一種です。 したがって石灰とコンニャクイモで作られます。 したがってアルカリ性の食品(アルカリ食品という意味ではない)で雑菌は生えません。 ただ.昔の「石灰」には砒素などの重金属がかなり多く含まれていた時期もありある程度の毒性があったころもあります。 又.一部製品に大過剰の石灰が使われている場合があり.カルシウムの鳥杉になる場合もあります。 栄養の観点から考えると.特定の加工食品を取りつづけるという事は.場合によっては加工時に混ざった有害物を取る事になるので続けてはならないといわれています(例として森永砒素ミルクは森永製みるくだけを飲んでいた乳児に発生.乳業メーカー5社を取り替えて飲んでいれば発生を防げた)。 コストを優先する場合にはたとえば蛋白質75gを取るのに最も安い肉は鶏肉だから.1日生肉300-400g.米.有り合わせの野菜という方法もあります。 ある学校の父兄が子供は**しか食べないといっていましたが.話を良く聞くと母親の作る食事が一定で栄養の偏りが激しく.特定の栄養素が不足気味であり.**でその不足分を補っている一方.母親の作る食事ではカロリーが取りすぎになる(4000Calくらい)ので食べない(2000-2500に減らす)という事がありました(その後母親は栄養失調で入院.子供は元気に肥満にもならず通学)。 物が違うかもしれませんが. しらたきはこんにゃくの一種です。 したがって石灰とコンニャクイモで作られます。 したがってアルカリ性の食品(アルカリ食品という意味ではない)で雑菌は生えません。 ただ.昔の「石灰」には砒素などの重金属がかなり多く含まれていた時期もありある程度の毒性があったころもあります。 又.一部製品に大過剰の石灰が使われている場合があり.カルシウムの鳥杉になる場合もあります。 栄養の観点から考えると.特定の加工食品を取りつづけるという事は.場合によっては加工時... Q 子供の頃から体が弱いです。 入院や肺炎、喘息のたびにレントゲンを最低2枚ずつ取っていました。 そのほかに造影剤を使って、長時間機械の下で動かずにじっとする検査や学校の検診など、普通の人よりかなり放射線を浴びています。 中学生になった頃に、あまりにもレントゲンの回数が多いので、主治医から「将来体に影響が出るかも知れないから」といわれて、レントゲンの回数を減らすようにしようと言われ、なるべくとらないようにしてもらっていたのですが、引っ越して他県になってしまったので別の病院に行っています。 前の病院以外では普通にレントゲンを撮ってしまっているのですが、レントゲンってどれくらい危険なんでしょうか? 何枚くらい撮ったら被爆の恐れがあるのでしょうか? ガンや白血病などが怖いです。 とくにガンは祖母が子宮ガンと大腸ガンをしていますし、親類にも大腸ポリープ、胸部のしこりなどの経験者がいて心配です。 私も26歳にして大腸にポリープがあります。 ガンから逃げられないような気がして怖いです。 被爆について詳しく教えてください。 A ベストアンサー 診療放射線技師です。 ガンや白血病は「確率的影響」とされています。 また、ガンや白血病は200mGy以下の被曝では、 統計学的に有意な発生率増加は、無い事が分かっています。 胸部エックス線写真1枚での照射線量は0. 2mGy前後ですから、 1000枚程度では、全く被曝の影響はないといえます。 1000枚を越えたからと言って、すぐに影響がある訳でも勿論無く、 おそらく有意な影響が出てくるのは、何十・何百万枚でしょう。 ですから、質問者さんは、全く心配する必要はありませんし、 またこれからも必要のある検査は、勿論受けてかまいません。 医療被曝には「限度」と言うものはありません。 医療法施行規則第30条の27で定められているのは、 我々のような放射線作業従事者に関する限度であり、 #3の方のリンク先の内容は、全く正しくありません。 また、現在では職業被曝の限度も、全く違った数値となっています。

次の

今さら聞けない!こんにゃくのアク抜きって必要なの?【レシピ付】

糸 こんにゃく アク 抜き

こんにゃくの臭みやあくの原因 こんにゃくのあの独特の臭みやあくの原因は、こんにゃくの原料であるこんにゃく芋に含まれるトリメチルアミンという成分なのです。 魚の生臭さもトリメチルアミンが原因なんだそうですよ。 さらに、こんにゃくを固めるために加える『水酸化カルシウム 消石灰 』というのも原因の一つです。 水酸化カルシウムは強アルカリ性なので、こんにゃくもアルカリ性になってしまいます。 そのためアミン臭やアルカリ臭といった、みなさんがちょっと苦手だなと思う臭みが出てしまうのです。 しかも、人が美味しいと思うph値は3~6と言われているところ、こんにゃくのph値はなんと11もあるんです! こんにゃくの臭み取り・あく抜きはレンジで簡単! 刺身こんにゃくなど生で食べられるこんにゃくには 『あく抜き不要』と表示がされていると思います。 それ以外の普通のこんにゃくや、しらたき、糸こんにゃくなどは是非下処理をしてくださいね。 それでは、レンジで簡単にこんにゃくの臭み取り・あく抜きをする方法をご紹介しましょう。 加熱後はこんにゃくがとても熱いので、やけどをしないように気を付けてくださいね。 もっと念入りにしたい場合は、こんにゃくを切った後に、大さじ1の塩を振ってよく揉みこんでください。 また、生のこんにゃく芋を使ったこんにゃくの場合は、レンジで加熱する時間を少し長めにするといいですよ。 この下処理をしておくと、臭み取りやあく抜き以外にもこんな利点があります! こんにゃくの下処理をすると・・・• 食感が良くなる• 味がよく染みる• 余分な水分が取れる 【スポンサーリンク】 こんにゃくの臭み取り・あく抜き、レンジ以外の方法 こんにゃくを叩く• 叩くことと、塩の効果で、臭みやあくが同時に抜けます! こんにゃくを煎る• 時間があれば、下茹でしたものを乾煎りすると、もっと美味しくなりますよ! 関連記事はこちらからご覧ください おわりに こんにゃくにはグルコマンナンという食物繊維が豊富に含まれていて、腸の動きを活発にして腸内環境を整えてくれるので、 便秘の解消や予防にとっても良いんですよ! さらに血糖値の急な上昇も抑えることができるので、 糖尿病の予防も期待できます。 また、満腹感が得られやすいので、食前に食べたり、どうしてもお腹がすいたら間食として食べることで、余計なカロリーを抑えて ダイエットにも最適。 こんにゃくの臭み取りやあく抜きなどの下処理をしっかりして、ぜひ美味しくこんにゃくをいただいてくださいね。

次の