奥川恭伸 中学。 奥川恭伸の性格が分かる7つのエピソードを紹介!意外と○○!?

奥川恭伸の『家族』~実家の父親も元球児…母親と7歳上の兄について

奥川恭伸 中学

奥川恭伸 星稜 の身長や出身中学とシニアは? 高校ビッグ4と去年から注目されている奥川恭伸くん。 ちなみに高校ビッグ4とは• 生年月日:2001年4月16日• よみかた:おくがわ やすのぶ• 身長:183cm• 体重:82kg• 出身小学校:かほく市立宇ノ気小学校• 出身中学:かほく市立宇ノ気中学校• 出身シニア:所属なし• 投打:右投・右打 小学2年の時に宇ノ気ブルーサンダーで野球を始める。 中学時代は、このクラスの投手では珍しくシニアに所属せずに宇ノ気中学校の野球部に。 中学3年の夏には、全国制覇も達成しています。 星稜高校に進学し、1年の春の北信大会からベンチ入り。 2年の春 ベスト8 と夏 2回戦 に甲子園出場し今回で3季連続。 昨年の夏には、2年生でただ1人、U18に選ばれ吉田輝星選手 日ハム らと一緒にアジア選手権で銅メダルを獲得。 スポンサーリンク 奥川恭伸 星稜 のドラフト評価も調査! 球速は、MAX150キロ。 球種は• スライダー 130キロ前後• フォーク 135キロ前後• カーブ 110キロ前後• チェンジアップ ストレートは、常時140キロ前後でカウントを取りにいき追い込んだら少し力を入れ140キロ後半のボールで三振を取りに行きます。 また、変化球もすべて一級品でピッチングに強弱をつけることができ菅野智之選手 巨人 と似ている感じでね。 10年に1人のピッチャーとの評価もあります。 奥川恭伸くんは、このままいけば間違いなくドラフト上位でそれも1位の可能性もあると個人的には、思っています。 まとめ 今回は、奥川恭伸 星稜 の身長や出身中学とシニアは?ドラフト評価も調査!について書いてきました。 奥川恭伸くんのプロフィールは• 身長:183cm• 体重:82kg• 出身小学校:かほく市立宇ノ気小学校• 出身中学:かほく市立宇ノ気中学校 中学時代は、シニアでなく宇ノ気中学校の野球部で活躍し3年の夏に全国大会で優勝。 山瀬慎之助くんとは、小学4年生から現在までバッテリーを組んでいるのにはビックリです!.

次の

奥川恭伸(星稜)の彼女がかわいい?名前の読み方や父親,母親についても調査!!

奥川恭伸 中学

スポンサーリンク 奥川恭伸 星稜 の中学校はどこ? 小学校からメキメキ力をつけていた奥川恭伸投手 宇ノ気小学校から そのまま宇ノ気中学校に進学。 軟式野球部にはいります。 中学校3年のときに「 第38回全国中学校軟式野球大会」で優勝しています! 中学校のときから奥川・山瀬コンビの力がすごかったんです! 投げては 奥川 打っては4番の 山瀬 その二人がバッテリーとしてチームを引っ張ったのは間違いありません! お二人の目標が同じでまったく同じ方向を向いて努力しているのがここからわかります。 hochi. 1年生のときの石川県大会ではエースを務め 県大会優勝 そして北信越大会では3試合全て登板し 1回戦 北陸戦 では被安打7 奪三振10 四球0 で完封勝利 2回戦準決勝・富山国附戦では、3安打に抑え、7回コールド完封勝ち。 久しぶりにすごい投手だった 引用元:www. draft-kaigi. hochi. スポンサーリンク 宇ノ気ブルーサンダーには父母も応援に? ここまで奥川恭伸投手のプロフィールや戦績を紹介してきました。 次は 奥川恭伸投手の家族について調査しています。 こんなすごい投手ですから 父親・母親についても気になります! 調査してみると、 家族の情報は全くと言っていいほどありませんでした。 2019年の春の選抜に星稜高校が出場!そこで第一試合から151kmの剛速球で話題となっていますね! なんとその試合に奥川投手と山瀬捕手の父が観戦にきていました。 奥川投手の父は奥川隆さん。 山瀬捕手の父は山瀬貴幸さん。 父親同士もめちゃくちゃ仲が良さそうなのが伝わってきますね! 選抜でも応援に来るには石川からだとちょっと遠いですねぇ・・・。 unoke-bluethunder. この年齢だと親と一緒に行動するのが普通ですから この集まりの中に奥川恭伸投手の父親・母親も写っているかもしれません・・・。 そして小学校時代に奥川恭伸投手は大会での選手宣誓でこんな事も言っています。 「野球の素晴らしさを教えてくれた指導者の方々と両親に感謝し、最高の仲間と全力でプレーすることを誓います。 」と宣言しました。 unoke-bluethunder. 宇ノ気ブルーサンダーでは主将を務めた奥川恭伸投手ですので かなーり近くで応援していたものと思われます。 どの人なのかまでは分かりませんでしたが 参考までに・・・。 まとめ 奥川恭伸 17歳• 宇ノ気小学校では宇ノ気ブルーサンダーに所属• バッテリーを組む山瀬慎之介捕手とは小4からの仲!• 親御さんは宇ノ気ブルーサンダーに応援に来ていた可能性大 2019年の選抜に応援にきていた奥川投手の父が新聞に掲載されています。 奥川投手の父は、奥川隆さん。 春の選抜ではダークホース的なところがあるかもしれませんが 石川勢は強豪ぞろいですので いい試合をしてくれると期待しています! 最後まで読んでいただきありがとうございました。 こちらでは父親の隆さんについて更に詳しく調べています。

次の

奥川恭伸の性格が分かる7つのエピソードを紹介!意外と○○!?

奥川恭伸 中学

奥川恭伸は中学時代から山瀬慎之介とバッテリー 出身は宇ノ気小学校 2019ドラフト候補として常に名前が挙がっており、世代を代表する投手に成長した星稜・奥川恭伸投手。 石川県かほく市の出身で、宇ノ気小学校(宇ノ気ブルーサンダー)を経て宇ノ気中学に進学しています。 報知から星稜の奥川と山瀬の写真その1。 宇ノ気中学時代に全国制覇をした時 — 緑 jikkyonomidori 星稜高校でもバッテリーを組む山瀬慎之介捕手とは小学4年から共に戦っているわけですが、 9年もお互いに日本のトップクラスであり続けていることは見事としか言いようがありませんね…! 宇ノ気中学でも全国制覇を果たしていますし、最後の夏、そしてプロでの活躍がすごく楽しみな二人です。 Sponsored Link 奥川恭伸は中学時代から大物だった 中学最速は130キロ超え 奥川恭伸投手は中学時代ですでに身長179cm・体重72kgと大柄で、現在の体格(183cm・84kg)も納得の身体つきをしていました。 中学時代に投げ込んだストレートの最速は133キロで、本格派右腕として県外でも有名な投手でしたから、強豪校からもスカウトの声が多かったでしょう。 3年前の夏、娘のバスケ練習試合観戦で宇ノ気中へ、グランドで野球部が練習試合してたので見に行って衝撃を受けた投手…それが奥川! 中学二年生で信じられんくらいの球を投げてた。 その球を受ける山瀬も既に別格。 3年の時を経て再戦があると、これも楽しみな戦いになりそうです。 参考: 変化球も抜群のキレ 球速130キロ超えのストレートはもちろん、奥川恭伸投手は中学の頃から変化球のキレも抜群でした。 これだけの球威があるボールを持ちながら、それに頼らないピッチングが出来ていたことが驚きですね…。 特にスライダーは当時から精度が高く、力で押すだけでなくコンビネーションで全国の頂点に立った、投手としての完成度も素晴らしいものがあります。 内外に投げ分ける制球力も兼ね備えていたため、 このあたりの総合力の高さからも奥川恭伸投手が目指す「負けない投手」の片鱗が見えますよね。 ちなみに現在の球種はカウントを整える際と空振りを狙って投げ分ける2種類のスライダーに、フォーク・チェンジアップと100キロ前後のスローカーブを武器としており、奥川恭伸投手が「ドラフト1位確定」と言われるのも納得です…! Sponsored Link 中学時代に号泣した敗戦も糧に 3年時に宇ノ気中学で「全国中学校軟式野球大会」を制した奥川恭伸投手ですが、その前の大会では同地区の星稜中学に敗戦を喫しています。 このまま星稜中学は「全日本少年軟式野球大会」で優勝を飾っていますから、いかにこの2校の対決がハイレベルであったかがわかりますよね。 奥川恭伸投手は星稜中学に敗れた際に悔しさのあまり号泣しており、敗戦をバネに全国制覇を遂げた経験も大投手を作り上げた1つの要素だと言えるでしょう。 負けを直視せずに「次、次!」と切り替える(?)ような風潮がある一方で、このときに敗れた経験をすぐに結果に繋げるあたりも精神的な強さを感じます。 余談ですが、 中学時代にしのぎを削った相手と高校では「仲間」として戦うこともめちゃくちゃ素敵だなと…! 2020ドラフト注目のや「奥川二世」を目指すら、星稜中出身の選手と共に戦う最後の夏は本当に楽しみです。 参考: Sponsored Link 奥川恭伸が中学時代から大切にしているもの 全国から大きな期待が寄せられる奥川恭伸投手はもちろん「勝利」にこだわるものの、一方で「ただ結果だけを見たくない」という姿勢も貫いています。 「すべてを次に繋げていくことが大事」だと語っていますし、 勝ち負けだけに一喜一憂するのではなく、そこで得られるものを大切にしてきたからこそ今の姿があるのだと強く感じますね。 過去にはインタビューで「中学時代はただ野球が楽しかった」との話もあり、楽しさだけは忘れずに野球と向き合っていきたいとの考え方からも高校生離れした精神力を感じました。 2019春の北信越大会でも敦賀気比の主砲・木下正秀選手にタイムリーを浴びた次の打席で、明らかにギアを上げて真っ向勝負を挑んだ姿が印象的でしたが、根底に楽しむ気持ちがあるからこそ強打者と対峙したときに100%の力が発揮できるのだと感じます。 最後の夏も心から楽しんで、最高の戦いを見せてほしいですね!奥川恭伸投手が立つマウンドに期待して、今後も応援していきたいと思います。 参考:.

次の