ムーニー プーさん。 ムーニー (おむつ)

ムーニー (おむつ)

ムーニー プーさん

第6回「マザーズセレクション大賞」受賞 日本マザーズ協会が主催するマザーズセレクション大賞で、「自分で使ってみて他のママにも推薦したい商品・サービス施設」に選ばれました。 1万4千人もママからの投票で高評価を得ている紙おむつです。 ムーニーの価格 Amazonの2017年2月時点での価格です。 ムーニーちゃんという白いキャラクターがいるのにプーさん…。 ムーニーちゃんがちょっとかわいそうな気もしますが、プーさん好きのママには好評です。 ハイハイ用、Lサイズからは男の子用、女の子用があり、赤ちゃんの成長に合わせた作りになっていてバリエーションが豊富! 肌ざわりがやわらかく、おなか周りと足まわりがしっかりとフィットしている印象です。 それなのによく伸びるので、動き回る赤ちゃんにもはかせやすかったです。 おむつの内側が凸凹していてゆるゆるうんちが広がりにくくなっています。 股上が深いおかげで、うんちもれはしませんでした。 通気性もよくムレにくいので、おむつかぶれはしませんでした。 おしっこラインははっきりと変わるので見やすかったです。 HPがほかのメーカーと比べると「はかせ方」「せなか漏れが気になるときのテープの止め方」「脱がせ方」など、動画があるのでわかりやすく親切です。 ほかのメーカーも使い方は同じなので、参考にするといいと思います。 ママの体験談も、とても参考になります。 ムーニーのデメリット おしっこをすると、モリッと膨らみます。 1回おしっこをするとすごく膨らむので、赤ちゃんにとって動きづらくなるかもしれません。 おしっこをしたあとの表面を触ってみると、湿り気が少し気になります。 ですが、おむつかぶれはしなかったので、通気性はいいのかな。 サイドが破りにくいときがあって、引っかかりがあります。 破るというより、引きちぎっている印象です。 ユニチャームの紙おむつは、マミーポコもそうですがサイドが破れにくい印象です。 ギャザーの部分にプーさんの柄が入っているので、プーさんなのか、なんなのか分かりません。 個人的に「プーさんじゃなくて、ムーニーちゃんでいいよ。 その方が少し安くできるんじゃない?」と思ってしまいます。 moony(ムーニー)の口コミを見てみると• プーさんがかわいい• サイズが大きいけどコンパクト• ウエストまわり、足まわりがフィットしている• ギャザーが伸びてはかせやすい• ムレにくい プーさんがかわいいという口コミが多かったです。 ギャザーが伸びるので、はかせやすいという口コミも多く、おむつをはかせるのに手こずっているママには助かると思います。 12時間吸収とうたっているように、夜中につけっぱなしでもれにくいようです。 デメリットの口コミも少なく、ママたちの評価が高い紙おむつです。

次の

くまのプーさん

ムーニー プーさん

概要 [ ] 同社が製造販売を行う乳幼児用の紙おむつ、おしりふきや母乳パッドのブランドである。 及びにおいては、同社が製造販売をする紙おむつのもう一つの主力ブランドである「」が価格重視であるのに対し、「ムーニー」ブランドは機能性・品質重視に設定されている。 以降はテープ止めタイプのおむつを「ムーニー」 、パンツタイプのおむつを「ムーニーマン」 としてブランドを使い分けている。 2016年にはを採用し、「ムーニー」よりさらに高機能な「ナチュラルムーニー」及び「ナチュラルムーニーマン」が日本 、中国 、 で投入された。 派生商品として1987年には就寝時の排泄に特化した「ウルトラムーニーナイト」(テープ止めタイプ)を発売、1990年には高月齢児の夜尿症対策に特化した使い捨てパンツの「ムーニーオヤスミマン」が試験販売された(正式発売は1991年)。 前者は現在は「ムーニー」と統合され廃止、後者は発売後すぐに「」となり「ムーニー」から独立し、現在に至る。 歴史 [ ]• - ベビー用紙オムツ『ムーニー』を発売。 - ギャザーを立体形状に改良した『ウルトラムーニー』、夜専用として高分子吸収体を増量した『ウルトラムーニーナイト』を発売。 - 夜尿症に特化した『ムーニー オヤスミマン』を発売。 (札幌地区のみ前年に試験販売)• - はかせるオムツ『ムーニーマン』を発売。 - 片手でとりだせるおしりふき『ムーニーちゃんラクラクおしりふき』を発売• - 超薄型テープオムツ『ムーニーパワースリム』を発売。 - 超薄型パンツオムツ『ムーニーマンパワースリム』を発売。 - くまのプーさんデザインを採用開始。 - ハイハイ用パンツオムツ『ムーニーマンハイハイ用』を発売。 - 水遊び用パンツ『ムーニーマン水あそびパンツ』を発売。 - 汗ケアパンツオムツ『ムーニーマン汗スッキリ』を発売。 - 『ムーニーマン スーパーBig』を発売。 - 吸収体うすさ2分の1のパンツ型ベビー用紙オムツ『ムーニーマンスリムパンツ』を発売。 ブランドロゴを変更。 ムーニーからmoonyに。 - パンツタイプのブランド名を『ムーニーマン』から『ムーニーパンツ』に変更。 『ムーニーマンスリムパンツ』の cmが『環境コミュニケーション大賞テレビ環境 cm部門 優秀賞』を受賞。 子供用紙オムツ『ムーニーパンツ 下着仕立て』を発売。 - パンツタイプのブランド名を『ムーニーパンツ』から『ムーニーマン』に変更。 - オーガニックコットンを採用した上位版の『ナチュラルムーニー』、『ナチュラルムーニーマン』発売。 - くまのプーさんデザインを終了し、ムーニーちゃんに変更。 製品一覧 [ ] 紙おむつ [ ] ムーニー(テープタイプ) [ ] 紙おむつには動植物の柄(「ムーニーパンツ」の男の子用は恐竜柄、乗り物柄)に「ムーニーちゃん」のデザインが描かれている。 以前の日本国内向け製品はの「」(期間限定品は「」、「」)のデザインが描かれていた。 おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。 ムーニー エアフィット 新生児用 サイズ: 誕生 - 5 kg ムーニー エアフィット Sサイズ サイズ: 4 kg - 8 kg ムーニー エアフィット Mサイズ サイズ: 6 kg - 11 kg ムーニー エアフィット Lサイズ サイズ: 9 kg - 14 kg ムーニーマン(パンツタイプ) [ ] ムーニーマン エアフィット Sサイズ サイズ: 4 kg - 8 kg 男女共用。 ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。 おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。 ムーニーマン エアフィット はいはい用 サイズ: 5 kg - 9 kg 男女共用。 ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。 おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。 ムーニーマン エアフィット Mサイズ サイズ: 6 kg - 10 kg 男女共用。 ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。 おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。 ムーニーマン エアフィット Lサイズ サイズ: 9 kg - 14 kg 男女共用。 ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。 おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。 ムーニーマン エアフィット ビッグサイズ サイズ: 12 kg - 17 kg 男の子用と女の子用が存在する。 ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。 おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。 ムーニーマン エアフィット ビッグより大きいサイズ サイズ: 13 kg - 25 kg 適応胴囲: 45 cm - 63 cm 男の子用と女の子用が存在する。 ディズニーキャラクターの『くまのプーさん』のデザインが描かれている。 おしっこをするとラインが青緑色になる『お知らせライン』が付いている。 ムーニーマン スーパービッグ サイズ: 18 kg - 35 kg 適応胴囲: 47 cm - 68 cm 男の子用と女の子用が存在する。 『お知らせライン』は付いていない。 からまでの子供のを想定して作られている。 現在は発売されていない製品 [ ] この節には内容がありません。 して下さる協力者を求めています。 2020年1月 脚注 [ ] []• 1987年からの一時期は『ウルトラムーニー』としていた。 - にかけてはパンツタイプのブランド名を「ムーニーパンツ」としていた。 台湾では「ナチュラルムーニー」・「ナチュラルムーニーマン」相当の商品も日本からの直輸入品を除いて「マミー・ポコ」ブランドで販売されている。 関連項目 [ ]• (コント『ニュースキャスター』でのオープニングテーマ「ヤン坊・マー坊の唄」が途中からムーニーマンの唄に変わるネタがあった) 外部リンク [ ]• この項目は、 です。 などしてくださる。 は分野別のスタブテンプレート(参照)に変更することが望まれています。

次の

『ムーニー』「くまのプーさんデザイン10周年記念パッケージ」発売|2010年|ニュースリリース|企業情報|ユニ・チャーム

ムーニー プーさん

第6回「マザーズセレクション大賞」受賞 日本マザーズ協会が主催するマザーズセレクション大賞で、「自分で使ってみて他のママにも推薦したい商品・サービス施設」に選ばれました。 1万4千人もママからの投票で高評価を得ている紙おむつです。 ムーニーの価格 Amazonの2017年2月時点での価格です。 ムーニーちゃんという白いキャラクターがいるのにプーさん…。 ムーニーちゃんがちょっとかわいそうな気もしますが、プーさん好きのママには好評です。 ハイハイ用、Lサイズからは男の子用、女の子用があり、赤ちゃんの成長に合わせた作りになっていてバリエーションが豊富! 肌ざわりがやわらかく、おなか周りと足まわりがしっかりとフィットしている印象です。 それなのによく伸びるので、動き回る赤ちゃんにもはかせやすかったです。 おむつの内側が凸凹していてゆるゆるうんちが広がりにくくなっています。 股上が深いおかげで、うんちもれはしませんでした。 通気性もよくムレにくいので、おむつかぶれはしませんでした。 おしっこラインははっきりと変わるので見やすかったです。 HPがほかのメーカーと比べると「はかせ方」「せなか漏れが気になるときのテープの止め方」「脱がせ方」など、動画があるのでわかりやすく親切です。 ほかのメーカーも使い方は同じなので、参考にするといいと思います。 ママの体験談も、とても参考になります。 ムーニーのデメリット おしっこをすると、モリッと膨らみます。 1回おしっこをするとすごく膨らむので、赤ちゃんにとって動きづらくなるかもしれません。 おしっこをしたあとの表面を触ってみると、湿り気が少し気になります。 ですが、おむつかぶれはしなかったので、通気性はいいのかな。 サイドが破りにくいときがあって、引っかかりがあります。 破るというより、引きちぎっている印象です。 ユニチャームの紙おむつは、マミーポコもそうですがサイドが破れにくい印象です。 ギャザーの部分にプーさんの柄が入っているので、プーさんなのか、なんなのか分かりません。 個人的に「プーさんじゃなくて、ムーニーちゃんでいいよ。 その方が少し安くできるんじゃない?」と思ってしまいます。 moony(ムーニー)の口コミを見てみると• プーさんがかわいい• サイズが大きいけどコンパクト• ウエストまわり、足まわりがフィットしている• ギャザーが伸びてはかせやすい• ムレにくい プーさんがかわいいという口コミが多かったです。 ギャザーが伸びるので、はかせやすいという口コミも多く、おむつをはかせるのに手こずっているママには助かると思います。 12時間吸収とうたっているように、夜中につけっぱなしでもれにくいようです。 デメリットの口コミも少なく、ママたちの評価が高い紙おむつです。

次の