梅雨いつまで 2020。 梅雨最盛期の「記録的な大雨」 いつまで続くのか?(feed.partizan.com)

梅雨2020年はいつからいつまで 関東地方、関西・近畿地方の予想

梅雨いつまで 2020

住吉自然公園 アクセス:JR三角線住吉駅から車で約15分。 熊本県宇土市にある 住吉自然公園も紫陽花の名所として有名で、紫陽花は市の花にも制定されているということで広く知られています。 毎年6月中旬頃には 「紫陽花マンドリンコンサート」が開催され、多くの方が楽しみにしていらっしゃる日となっています。 公園の外周に2,000株ほどの紫陽花が並び、 見頃となる6月中旬頃は紫陽花マンドリンコンサートの開催もあり、たくさんの観光客が訪れる場所となっています。 外周にあるのでどこからでも見やすいことも、自然と人が集まるポイントだと思います! とはいえもし紫陽花マンドリンコンサートに合わせようと思っている場合は、 少し混雑にも気をつけたほうが良さそうですね。 住吉自然公園の紫陽花も種類が多く、見ているだけでも色とりどりの紫陽花が楽しめますよ! 熊本県観光物産課サイト: 日本観光振興協会サイト: 紫陽花と梅雨の関係は?九州の梅雨入り・梅雨明け予想2020! 紫陽花はバラ目アジサイ科アジサイ属の花で、ご存知の通り梅雨の季節……6月頃に見頃を迎える 「梅雨時の花」として有名です。 同じ種類の紫陽花でも色が変わることもあり、これは 咲く季節や土壌によって変わるのです。 仕組みは解明されているので、販売用の紫陽花は土壌を調整してきれいに仕上げ、販売されていたりもしますね。 紫陽花は「雨に咲く花」と言われるくらい雨、6月、そして梅雨どきに咲く花です。 また梅雨時と言えば「カタツムリ」ですが、 実はカタツムリは雨が降ると外に出てくるだけで、普段は葉の裏や土壌などに隠れているんです。 基本的に寿命は一年ですが、もし冬を過ごす場合は枯れ葉やブロックの裏で冬眠する習性もあり、一年中いる生き物です。 梅雨といえば紫陽花、そしてカタツムリとセットになっているイメージがありますが、実はこのようになっていたのですね! ちなみに 2020年の九州地方の梅雨入り・梅雨明けの時期ですが…… 平年では、 九州北部の梅雨入りは、6月5日頃、梅雨明けは7月19日頃 九州南部の梅雨入りは、5月31日頃、梅雨明けは7月14日頃 となっています。 まとめ 梅雨は雨対策も必要なので本当に気分が滅入るときもありますが、 紫陽花のようなきれいで華やかな花が見れる季節と思うと元気をもらえる気分にもなります。 紫陽花は雨の中見ると本当にきれいですので、雨が降ったら逆に名所へ行ってゆっくり見るのも良いですね! 紫陽花の季節が終われば、いよいよ本格的な夏もやってきます。 その前に、ちょっとゆっくり紫陽花の名所でゆっくり過ごしてみませんか!.

次の

梅雨明けはいつ?2020の予測は?梅雨を決める方法や目安を解説☆|mamagirl [ママガール]

梅雨いつまで 2020

昨年は、平年よりも少し短めな梅雨時期だった関西・近畿地方。 今回は気になる 今年、2020年の関西・近畿地方の梅雨入り、梅雨明け時期予想を 紹介していきたいと思います! ちなみに、wikipediaによると、 関西地方の定義は、 大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県。 近畿地方の定義は、 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県。 となっていますので、 主に気象庁の「近畿地方のデータ」を使い予想していきます。 そもそも、梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているのでしょう? 実は気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているので、 確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、 比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 その真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、 晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を 梅雨入りとします。 また、反対に 雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を 梅雨明けとしています。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、確定値は9月に結果を再検討して 修正された後に決まります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 2020年 令和2年 関西の梅雨入り時期を予想! それではまずは2020年の関西・近畿地方の 梅雨入り時期の予想をしていきます。 気象庁の1951年から2019年までの 過去69年間の関西・近畿地方の梅雨入りデータをみると 最も早い梅雨入りは1956年と2011年の5月22日頃で、 最も遅い梅雨入りは1958年の6月25日頃でした。 1951年から2019年までの69年間の 梅雨入りの平年値は6月7日ごろで グラフの平均線が右下がりになっていることからもわかる通り 年々梅雨入りの時期が早まっている傾向が見て取れます。 また、昨年 2019年 は6月27日 一昨年 2018年 は6月5日が梅雨入りでした。 これらのデータから予想すると 2020年の関西・近畿地方の梅雨入り時期は 6月3日頃から6月18日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 関西の梅雨明け時期を予想! 一方、2020年の関西の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータで考えてみますと、 最も早い梅雨明けは1978年の7月3日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。 69年間の関西・近畿地方の梅雨明けの平年値は7月21日頃。 また、グラフを見てみると平均線が右肩上がりになっているため 梅雨明けの時期が遅くなっている傾向が確認できます。 梅雨入りの時期が早くなり、 かつ梅雨明けの時期が遅くなっている傾向があるので、 関西・近畿地方の梅雨は長期化している傾向があるといえるでしょう。 さらに、 昨年 2019年 は7月24日 一昨年 2018年 は7月9日に梅雨明けをしたので、 これらのデータから判断すると、 2020年の関西・近畿地方の梅雨明けは 7月10日頃から7月24日頃の間くらいとなりそうですね。 関西の梅雨の特徴は? 関西(特に大阪、兵庫、和歌山)の気候は瀬戸内海式気候と呼ばれ、 年間を通じて天気が安定的で、降水量も全国的に見ても少ない方です。 しかし、 梅雨時期の雨量は決して少ないわけではなく、 局所的に降ると言われています。 六甲山で発生した積乱雲が、北部に流れて大雨を降らします。 六甲おろしと言えば、プロ野球阪神の応援歌で有名ですね! オウ オウ オウオウ阪神タイガース!! さっさとジメジメした季節を乗り越えて、楽しい夏を迎えたいですね。

次の

2020年東北地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで?

梅雨いつまで 2020

元号が平成から 令和へと変わって一年。 期待と共に迎えられた時代の始まりは、我々に大きな試練として立ちはだかっています。 それでも季節や暦は過ぎていきます。 寒い日が続いてると思ったら、いきなり 温かい日がやってきたり…。 2020年、特にこのGWの ステイホームは、これから皆さんの記憶に強く残ることでしょう。 そしてもうすぐ始まる6月。 今年も変わらず訪れる、うっとおしい梅雨の時期でもあります。 こちらの記事では鹿児島県での、 梅雨入りや 梅雨明けの宣言はいつなのか? さらに平年での梅雨入り梅雨明けの 日時と 早いか遅いかなどの傾向についても 調査してみました。 全国各地方の梅雨入り梅雨明け情報はコチラ! MEMO 2020年5月30日、 鹿児島地方気象台は 「九州南部が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。 平年の5月11日よりも 1日早く、2019年と同じく 1日早い梅雨入りです。 梅雨入りの定義とは? 気象庁のHPでの解説によると、 梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 この資料に掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 より引用 これはつまり、日照時間の多い日 梅雨入り前 から 少ない日 梅雨 に移る辺りで平均5日程の期間があり、 その中日を梅雨入りの日として発表している事になります。 平年の意味は? 天気予報で誰もが耳にしたことがあるのでは? 「平年並み」という言葉。 これは 「過去30年間の平均値」という 意味なんですが、なかなかこれを知る機会って 無いんですよね〜。 これから天気予報を見る時も、 「過去30年間の平均値」という事を知っていれば これまでとは少し違った見方ができるかも? 鹿児島県 南九州地方 の梅雨入りの平年の時期や傾向は? 気象庁でも発表されている鹿児島県の 過去の梅雨入りについて調査しました。 梅雨入りが遅れる年も見られますが、 ここ近年はこれまで通り6月の上旬からの 梅雨入りが多いですね。 さらに近年は太平洋で ラニーニャ現象が 発生する影響のため、雨の日が減り 日照時間が伸びて夏の時期には 酷暑になる年も増えています。 エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態となっている。 今後秋にかけてエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続く可能性が高い(60%)。 より 令和2年5月12日 とのことです。 エルニーニョ・ラニーニャと共に発生しないということで、これから 夏までの日照時間は例年程度になるものと思われます。 これまでは 冷夏や 酷暑になる年もありましたが、今年は 今まで通りの熱い夏がやってくると予想されます。 毎年言われていますが、 熱中症対策を万全にしておきましょう! 年 梅雨明け 2020年 7月日頃 2019年 7月24日頃 2018年 7月9日頃 2017年 7月13日頃 2016年 7月18日頃 2015年 7月14日頃 2014年 7月16日頃 2013年 7月8日頃 2012年 7月23日頃 2011年 7月8日頃 2010年 7月20日頃 2009年 7月12日頃 2008年 7月6日頃 2007年 7月18日頃 2006年 7月25日頃 2005年 7月15日頃 2004年 7月11日頃 2003年 7月22日頃 2002年 7月21日頃 2001年 7月20日頃 2000年 7月15日頃 1999年 7月23日頃 1998年 7月1日頃 1997年 7月20日頃 1996年 7月13日頃 1995年 7月7日頃 1994年 7月1日頃 1993年 ー 1992年 7月20日頃 1991年 7月9日頃 1990年 7月7日頃 1989年 7月14日頃 梅雨明けの「ー」の箇所は、 梅雨明けの時期がはっきりしなかったため 特定しなかったものだそうです。

次の