開業 届。 開業届とは|知っておきたい7つの知識と必要な書類(記載例付)|税理士検索freee

開業届を出すタイミングはいつが最適?

開業 届

メリット• 青色申告ができる• 3年にわたって赤字の繰り越しが可能• 家の光熱費などを経費にできる• 家族への給与を必要経費にできる• 屋号の銀行口座が持てる 順に説明していきます。 青色申告をすると、年間収入から経費に加えて、65万円の控除ができるようになります。 65万円は大きいですね。 結果的に納める税金が少なくなることを意味します。 起業当初は軌道に乗らなく、赤字になることも多いと思います。 そんな時、3年間も赤字を繰り越して収入と相殺できるんです! 例えば、1年目は赤字が30万円あったとしたら、2年目に100万円の黒字が出た場合、2年目の事業所得を70万円として計算できるということです。 つまり、2年目以降に事業が軌道に乗った時も、税金を安く収めることができるということです。 儲けがない時点でも、開業届を出すメリットは大きいと言えます。 もちろん全額ではなく、使用しているスペースや割合に応じてですが、それでも経費にできるのは大きなメリットです。 この家族のことを「青色事業専従者」と呼び、「青色事業専従者給与に関する届出書」を事前に提出する必要があります。 生計を一緒にしていて、年齢が15歳以上という条件がありますが、経費にできるのは大きなメリットです。 ただし、この専従者給与を経費にする場合は、配偶者控除や扶養控除が受けられなくなりますので、どちらが節税になるかは確認しましょう。 屋号とはお店や事業を始める際の名前のことです。 その個人版だと思っていただければいいと思います。 その屋号で銀行口座が開け、事業用の口座を作ることにより経理作業も楽になりますし、屋号の口座を作ることで、お客や取引先からの社会的信用も高まります。 遡って開業届を出す時に気を付けることは? 青色申告承認申請書の提出期限• その年の3月15日まで• 開業日から2か月以内 つまり、3月15日を過ぎてしまっていて、開業日を2か月前以上に遡ってしまう、その年は青色申告はできないことにってしまいます。 失業保険を受けている方は注意が必要です。

次の

[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁

開業 届

開業届の提出先は税務署だけじゃない! 個人事業を始めると、提出するのが「」と「」です。 これらの書類は、税務署に提出します。 ここまでは、よく知られている話でしょう。 では、あまりよく知られていない話というのは、 開業届は都道府県にも提出するんですよ~ということです。 都道府県といっても、実際には「都道府県の税金関係の役所」に提出します。 例えば東京都の場合は、都税事務所に提出します。 小池知事に手渡しにいっても、ご多忙なので受け取ってはもらえません(笑) なんで提出が必要なの? 個人事業には、国(税務署)に納める税金として、• 所得税• 消費税 が発生します。 これらはおなじみの税金でしょう。 この他に、都道府県に納めるものとして 「個人事業税」という税金もあるのです。 事業税は都道府県に納める税金ですので、都道府県の役所にも、わざわざ開業届を出す必要があるわけです。 事業をしていたら、事業税がかかる! という厳しい事実。 これまでサラリーマンだった場合は、個人事業税などは一切関係のない税金ですので、なじみがないのも当然の話です。 都道府県の開業届ってどんなもの? 都道府県に提出する開業届って、どんなものでしょうか? 東京都の例で見てみましょう。 から、記入用の様式をダウンロードできます。 記入例を見てみましょう。 スポンサーリンク これを見ると、税務署に提出した開業届よりもシンプルです。 「開業時の人数は何人だ」とか、「事業の内容を具体的に書け」とか、そのようなネチネチした質問はいっさいありません。 とはいえ、「税務署に開業届を提出したんだから、もういいだろ!(怒)」という意見も聞こえてきそうです。 まあ、たしかにおっしゃるとおりで、不便ですね。 なんとかならないのでしょうか。 うわ、出し忘れていたわ…… 個人事業税なんぞまったく知らず、税務署に提出しただけで安心していた……という方も多いようです。 というか、個人事業税の開業届をキチンと出している人のほうが、実はレアケースかもしれません。 そんな実情もありそうなので、あなたが開業届を出し忘れていても、まあ大丈夫かも(?)。 都道府県のほうから開業の情報を察知して、課税してきます。 都道府県はどこで開業を察知している? 開業届をうっかり忘れたとして、都道府県はどうやって開業を察知するのかを考えてみましょう。 所得税の確定申告書においては、第2表の記入欄に、事業税に関する開業の記入欄があります。 この記入欄、あまりにも地味すぎて、まったく気にしていない人も多そうです。 ましてや、個人事業税の開業届を出していない人が、この記入欄にキチンと書いている可能性はかなり低そう……。 というわけで、都道府県の役所では、確定申告書で「事業所得」の金額があるひとを対象に、「個人事業税」の課税の可能性をサーチしているフシがうかがえます。 このため、ある日突然、都道府県の役所から「事業についてのお尋ね」などという封筒が届くこともあります。 そのお尋ねの内容は、 「あなたの事業を詳しく教えてください。 事業によっては個人事業税がかかりますんで」 といった感じのものです。 まとめ 超絶レベルで「どマイナー」な話題、個人事業税の開業届についてお伝えしました。 この開業届、筆者はあまりキチンと提出している事例に出会ったことがないのですが、実情はどうなんですかね? 個人事業税について詳しく知りたい場合は、東京都主税局のページが詳しいです。 参考:個人事業税(東京都主税局) マニアックな余談 個人事業税の開業届ですが、その根拠となる条文は「地方税法」ではなく、都道府県の条例がベースのようです。 東京都の場合、「東京都都税条例」の第26条に 「事業税の納税義務者は、事業を開始し……た場合においては、その事業を開始し……た日から十五日以内に次に掲げる事項を知事に申告しなければならない」という記載があります。 開業から15日以内って……厳しいですね! カテゴリー カテゴリー アーカイブ•

次の

開業届を出すタイミングはいつが最適?

開業 届

(1)開業届はなぜ必要か• (2)開業届はどこに提出すべきか• (3)開業届はいつまでに提出すべきか• (4)開業届の記載方法• (1)事業開始等申告書• (2)所得税の青色申告承認申請書• (3)青色事業専従者給与に関する届出書• (4)給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書• 開業手続きの代行を依頼するのもおすすめ• 税理士をお探しの方 この記事のポイント• 開業届とは、「個人事業の開業・廃業等届出書」のこと。 国に対して個人事業を開業したことを届け出るための書類である。 状況に応じて、給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書や青色申告承認申請書も必要になる。 個人事業主として開業する場合には、さまざまな手続きが必要となります。 業種によっては、免許や資格が必要ないと開業できない業種もありますが、いずれのケースでも必要となるのが「開業届」です。 この記事では、開業届の意味や提出先、記載方法などについてご紹介します。 開業届とは 開業届とは、事業を始めた個人事業主が「個人事業を始めた」ということを公に宣言する届出書です。 正式名称を 「個人事業の開業・廃業等届出書」といいます。 (1)開業届はなぜ必要か 開業届は、国に対して個人事業を開業したことを届け出るための書類で、確定申告をするために必要となります。 また、開業届は労働保険に加入する際にも提出を求められます。 控えのコピーを大切に保管しておきましょう。 (2)開業届はどこに提出すべきか 提出先は、住所を管轄する税務署です。 最寄りの税務署の場所は、国税庁のサイトで郵便番号、住所、地図などから検索することができます。 参照: なお、提出は郵送で行うこともできます。 その際には、開業届けと一緒に返送用の封筒に切手を貼って同封します。 税務署から、開業届けの控えに収受印が押されたものが、後日返送されてきます。 (3)開業届はいつまでに提出すべきか 提出期限は、開業後1カ月以内です。 未提出に関する罰則は定められていませんが、提出しないと青色申告で確定申告ができないので、節税することができなくなってしまいます。 早めに手続きを行なうようにしましょう。 (4)開業届の記載方法 開業届には、所轄の税務署名のほか、業種や住所・氏名、開業日などを記入します。 従業員を雇用する場合は、従業員が家族や配偶者の場合には「専従者」、それ以外の場合には「使用人」の欄に記入します。 提出先は、自宅を事務所と同じ住所にしているのであれば、その住所を管轄している税務署で、自宅と事務所が異なる場合で、事務所の住所地を納税地とする場合には「所得税の納税地の変更に関する届出書」を一緒に提出する必要があります。 なお、前述したとおりその場合には、「所得税の納税地の変更に関する届出書」を一緒に提出する必要があります。 マイナンバーカードを作成していない人は、通知カードやマイナンバー入りの住民票で確認しましょう。 「雑貨小売」「不動産仲介」「経営コンサルタント」などと記入します。 屋号とは、個人事業主が仕事上使用する名称のことで、会社でいうところの会社名に当たるものです。 店の名称などがあれば、その名称を記入します。 屋号がない場合には、なければ未記入で問題ありません。 例えば「賃貸不動産の仲介」「雑貨品の販売」などのように記入します。 なお、青色事業専従者や従業員を雇用する場合には、「青色事業専従者給与に関する届出書」や「給与支払い事務所等の開設届出書の提出」も必要になります。 従業員がいない場合には「無」にチェックします。 「開業届」以外に必要な届出 個人事業主の開業時には、開業届以外にもさまざまな手続きが必要です。 早く本業に集中するためにも、まとめて手続きを行なうようにしましょう。 (1)事業開始等申告書 都道府県と市町村に提出します。 提出期限は開業日から15日以内(自治体による)です 書式は各自治体によって異なりますが、下記では東京都のケースをご紹介します。 (2)所得税の青色申告承認申請書 青色申告をするために必要となります。 提出期限は、1月15日までに事業を開始した人は、その年の3月15日、1月16日以降に事業を開始した人は、開業後2カ月以内です。 (3)青色事業専従者給与に関する届出書 一定の要件を満たした配偶者や家族への給与を経費とすることを認めてもらうために必要となる書類です。 提出期限は、1月15日までに事業を開始した人は、その年の3月15日、1月16日以降に事業を開始した人は、開業後2カ月以内です。 (4)給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書 従業員(青色事業専従者を含む)を雇用して源泉徴収を行う時に、事前に税務署に提出する書類です。 提出期限は、従業員を雇用することになってから1カ月以内です 開業手続きを簡単にする方法がある 開業する際には、これまでご紹介したようなさまざまな書類作成や手続きが必要ですが、「開業freee」を使用すれば、簡単に開業届や必要書類を作成することができます。 何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけで完了します。 また、開業届以外に必要となる「事業開始等申告書」や「所得税の青色申告承認申請書」、「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」などの書類がまとめて自動でPDFに出力されます。 開業手続きの代行を依頼するのもおすすめ 開業届の提出以外にも、所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産の償却方法の届出など、例外的な評価方法や償却方法を選択したい時に、任意で提出した方がよい書類もあります。 事業の内容によっては、税負担を減らすことができる可能性があります。 税理士に相談すれば、開業届の手続きを含め、所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産の償却方法の届出を提出すべきか否かについてアドバイスをもらうことができます。 また、節税対策や資金調達などについて相談することもできます。 まとめ 以上、開業届について知っておきたい7つの知識と、開業届以外に必要な書類や手続きについてご紹介しました。 開業届(個人事業の開業・廃業等届出書)と「事業開始等申告書」は、個人事業主として事業を行ううえで、必ず提出しなければならない書類です。 また、青色申告を行なう際には、「所得税の青色申告承認申請書」が必要となりますし、配偶者や家族などを従業員とする場合には、「青色事業専従者給与に関する届出書」が必要となります。 また、授業員を雇用して源泉徴収を行う際には、「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」が必要となります。 自分の事業内容に沿って必要となる書類が分からない時や、記載方法について迷った時には、税理士にアドバイスを求め、早めに手続きを済ませましょう。 税理士をお探しの方 では2,000以上の事務所の中から個人事業の開業について相談できる税理士を検索することができます。 また、コーディネーターによる もあるので併せてご利用ください。 税理士の報酬は事務所によって違いますので、 で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

次の