パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト。 パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト ネタバレあらすじ結末まで!要約・吹き替え声優キャストまとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン

パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト

「え、これで終わりなの?」 は誰もが思ったことではないでしょうか。 さらには上映時間が2時間半と長く、映画内では語られていない部分も多いため、小説版も読まないとストーリーの全容を把握できません。 初めてみたときはチンプンカンプンでしたが、 ひとつひとつの要素を丁寧に整理していく度に「デッドマンズチェスト」の面白さに気づかされます。 デッドマンズチェストとは? 出典: 「chest」には心臓という意味だけではなく、宝箱という意味がある。 デッドマンとはもちろん不死身の海賊ディヴィ・ジョーンズのこと。 冒頭、ジャックは何をしていた? デッドマンズチェストでは棺の中から登場したジャック その目的は「鍵の絵が描かれた羊皮紙の入手」です。 ジャックは デイヴィ・ジョーンズの心臓が入った宝箱の鍵がどんな形をしているのかを知りたがっていました。 ちなみにあの建物はトルコ軍の牢獄です。 脱出するために死体とともに棺に隠れていました。 そもそも誰が羊皮紙を持っていたのかは不明です。 ベケット卿の目的は? 出典: 東インド貿易会社の権力者であるベケット卿。 何代も続く貴族の家柄の生まれです。 」 会社の利益を第一に考えるベケット卿の目的は、東インド貿易会社の商売に邪魔な海賊を根絶すること。 そのためにもディヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収めてジョーンズを操ろうと企んでいます。 ジャックが心臓を目指す目的 沈没船「ブラックパール号」をデイヴィジョーンズに引き上げてもらったジャックは、「ブラックパール号の船長になる」という望みと引き換えに、魂をジョーンズに引き渡す契約を結んでいました。 契約期間は13年。 ジャックの手に現れた黒い烙印は契約の終わりを示すものであり、ジョーンズの船で100年奴隷として働かなければならないことを意味しています。 ジャックは「心臓を盾」にジョーンズと交渉し、契約を無効にすることをたくらんでいたと想像できます。 ディヴィ・ジョーンズとは? パイレーツ観たいなぁ〜 なんか今デイヴィジョーンズの気持ちに浸りたい、、、(笑) — RIHO rihochama555 幽霊船「フライング・ダッチマン号」の船長。 彼に魂を売る契約を結ぶことで、死を先延ばしできたり何かと交換できたりする。 そしてその契約期限が切れると、彼のフライング・ダッチマン号の船員として100年奴隷として働くことになる。 海の女神カリプソに恋をしたが失恋。 それでもカリプソを想い続けその苦しみに耐えられず自分の心臓を抉り出して、宝箱に納めた。 カリプソから死んだ人間を天国へ送るという使命を命じられたが、その使命を放棄したため呪いをかけられ海洋生物のような姿になっている。 ジャックのコンパスは壊れていた? 【パイレーツ オブ カリビアン】 「確かにコンパスは北を指さない。 デッドマンズチェストの冒頭でジャックが持ったコンパスは回り続けたままです。 これは想像ですが「ジャックが欲しいものが明確ではなかったから」ではないでしょうか。 ティアダルマの「ジャック・スパロウが自分の探すものを知らないの?」というセリフがあります。 欲している物が定まらない限りはコンパスは答えを出してくれないのでしょう。 エリザベスがコンパスを持ったとき、正確に宝箱の場所を指したことが壊れていない証拠です。 なお、ベケット卿がジャックのコンパスを欲していたのは、デイヴィジョーンズの心臓を手に入れるためです。 ビン詰めの土は役に立った? 結論から言うと、役に立っていません。 デイヴィ・ジョーンズは10年に一度しか陸に上がれません。 ティアダルマの「陸を持ち歩きなさい」というセリフがありましたが、ビン詰めの土に心臓を入れてしまえば、デイヴィ・ジョーンズも心臓を取り返せなかったのではないでしょうか。 しかし、デイヴィ・ジョーンズの心臓はノリントンが奪い、ビンは割れてしまったのでジャックの役には立っていません。 ノリントンはなぜ辞任した? 群を抜いてでかいノリントン置いておきますね — あげ 低浮上 agesanM デッドマンズチェストでひときわ目を引いたのが、変わり果てた姿のノリントン提督。 さて、ノリントンが辞職した原因は「 ブラックパール号を追い回していたところ、ハリケーンに襲われて艦隊を全滅させてしまったため」です。 ハリケーンに立ち向かうほど、ジャックを捕まえることに執着していたノリントン。 本作でもウィルとエリザベスの熱々のキスを目の前で見せつけられる損な役回りです。 まんまと心臓をベケット卿に差し出したノリントン。 次回作「ワールドエンド」では更なる活躍をみせます。 サイコロゲームのルールは? ウィルが鍵の在処をつきとめたサイコロゲーム 映画だけでルールを把握するのは絶対に不可能です。 <ルール>• 1人5個のサイコロをコップに入れて振る。 そして順番にサイコロの目とそれが合計幾つあるか宣言する。 これを繰り返し、誰かが嘘を言ったと思ったら「嘘つき(Liar)」と宣言して、全員のコップを開かせる。 相手が嘘を言っていれば宣言した人の勝ち、相手の言った数字が場にあれば相手の勝ち。 デッドマンズチェストではウィルの父であるビル・ターナーが「5が12個」という明らかなハッタリでわざと負けて、ウィルを救っています。 もっともウィルからすれば鍵の在処が分かった時点で目的は果たしていたので、父親の介入は余計なお世話でした。 ノリントンは汚名返上のため• ジャックは生き延びるため• ターナーは父との約束を果たすため ちょっと補足すると• しかし、「呪われた海賊たち」のエンドロール終了後のおまけ映像で、サルはまた金貨をくすねてしまったため、再び呪われてしまいました。 残忍な海賊として有名だったそう。 「デッドマンズチェスト」のラストシーンでまさかの復活を果たします。 バルボッサを生き返らせたのはティア・ダルマです。 彼女の正体が何者なのか、なぜバルボッサを生き返らせたのかは、次回作「ワールドエンド」で明らかになります。 —— 小説版にも書かれていないこともあり、謎が多いパイレーツオブカリビアン。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

映画「パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェスト 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト

2億円 () 世界興行収入 10. 批評家と一般は単純平均 映画『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』あらすじ 第2弾。 前作から3年後、結婚式直前のウィルとエリザベスは、海賊ジャック・スパロウを逃した罪で逮捕される。 東インド会社のベケット卿は、ジャックが.. ネタバレ感想『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 だから面白くて当然と思われるプレッシャーもありそうですが、結果的に興行収入では大ヒットとなりました。 しかし個人的には、3作目とのセットで前編としてのあつかいなので、時間を伸ばすための不要場面が目立って残念でした。 ウィルやエリザベス、ノリントンは前作では個性を発揮してましたが、今回は取ってつけたような印象で、出演しなくても良かった気もします。 ウィルは父親ブーツストラップ・ビルとのからみだけでいいでしょう。 とはいえ、人気俳優たちなので、彼らのファン層を取り込んだのは結果的には正解だったのかもしれません。 ストーリーは前作のわかりやすさとは違い、細かい点まで理解しようとするとかなり難解ですが、本筋は「鍵と箱を探す話」なので、よく分からなければ、それだけ追えば問題はないし楽しめると思います。 デイヴィ・ジョーンズ、ジャック、ティア・ダルマとの関係は次作持ち越しですね。 本作だけでは物語として全く完結していないので評価は難しいけど、新しく登場したキャラは個性的だし、鍵の番犬や不死身の猿などもまた生かされてて、キャラクター映画として楽しむには十分な娯楽作品です。 ここまで見たからには次作『』も観るしかないですね。 『パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト』おすすめ8ポイント• ディズニー海賊冒険アクション• 長編大作シリーズの2作目• 登場キャラが個性あり魅力的• ジャックのからむ笑いは楽しい• ティア・ダルマのキャラが良い• デイヴィ・ジョーンズも良い• ラストの驚きと鍵犬への笑い• 子どもや家族と一緒に楽しめる 『パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト』少し残念6ポイント• ストーリーが難関。 不親切• テンポが悪い。 不要場面多い• ジャックの言動で混乱• 3人の箱の奪い合いが退屈• エリザベスの感情が変• ラストが完結せず前編扱い 『パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト』ネタバレあらすじと感想 前作『』から3年後、海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を逃した罪で、ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)とエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ) は結婚式直前に、イギリスで東インド貿易会社によって逮捕されます。 東インド会社の ベケット卿(トム・ホランダー)は、ジャックが持つ「北を指さないコンパス(羅針盤)」を持ち帰れば2人を釈放すると言うので、ウィルは仮釈放されてジャックを探します。 そしてある島でブラックパール号を見つけますが、カリブ原住民に捕らわれてしまいます。 一方、エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)は、父ウェザビーが牢から出しますが、そのまま姿をくらまします。 ウェザビーが口笛で鍵の番犬を呼びますが、1作目ではジャックが呼んで無視されました。 また、1作目で提督だったジェームズ・ノリントン(ジャック・ダヴェンポート)はどこかへ雲隠れしたようです。 少し時間をさかのぼって、ジャックはどこかの鳥葬牢獄から、鍵の絵を盗み出してブラックパール号に戻ってきます。 海賊の船員たちは宝物ではなかったので不満です。 その晩、靴ひも(ブーツストラップ)のビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)がデイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の伝言を伝えにジャックの前に現れます。 ビルはウィルの父親で、1作目でバルボッサにより大砲を靴ひもにくくられ海に沈められたと語られました。 しかしアステカの金貨の呪いで海底で死ぬこともできず、一生その苦しみから抜け出せないのは辛いので、 デイヴィ・ジョーンズの幽霊船フライング・ダッチマン号で働く契約をしたそうです。 実は ジャックもかつてデイヴィと取引して、海底のブラックパール号を引き上げてもらい船長にしてもらったのですが、13年後にフライング・ダッチマン号の船員として100年間働く血の契約を交わしていたのです。 その期限が近づいてきたため、手のひらに黒い烙印が表れています。 いろいろ唐突に起こるので、ストーリーを把握しづらいです。 難解というよりも不親切です。 例えば、ウィルもエリザベスも結局冒険に出るのですが、バラバラに向かわせる意味が不明です。 ブーツストラップの登場も不自然だし、デイヴィ・ジョーンズの名前も突然出てきて混乱します。 ジャックはデイヴィと彼があやつる怪物を恐れ、あわてて近くの陸へ向かいます。 自慢の帽子が海に落ちても拾おうともせず急ぐ様子に、船員もただならぬ雰囲気を感じます。 船を島に上げると、カリブ原住民ペレゴストス族に全員が捕まります。 一方、ラゲッティとピンテルも鍵犬のおかげで脱走して島へ到着します。 ジャックは神として崇められますが、それは同時に肉体から開放させることなので、ペレゴストス族はジャックを丸焼きにする準備を進めます。 ジャックはすきを見て逃げ出しますが、捕まって火あぶりにされそうになります。 一方、ウィルら船員は牢かごのまま崖を登り、転がりながら逃走します。 ペレゴストス族はウィルらを捕まえるため追撃します。 ジャックはそのすきにまた逃げ出し、棒をつけたまま絶壁を飛び越えるのに失敗して落下します。 ジャックとウィルらは合流してブラックパール号に乗り込み、島から脱出します。 ペレゴストス族は、鍵犬を見つけて、今度はそちらを追いかけます。 ウィルはエリザベスを救うためには「北を指さないコンパス」が必要だと言うと、ジャックは鍵の絵を見せて、この鍵こそ結果的にエリザベスを救うだろうと言って、川をさかのぼり、預言者ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)の住まいへ向かいます。 彼女はジャック・スパロウの昔なじみです。 ジャックは、バルボッサの不死身の猿と引き換えに、鍵と箱の場所をティアに尋ねます。 彼女にもらった コンパスは「望みの物の方向を指す」のに、ジャックは望んでると認めたくないため、うまく使えません。 ティアは、海の男デイヴィ・ジョーンズが、海の女神カリプソに恋した物語を話します。 デイヴィは海への愛の証として、自分の心臓(ハート)をえぐり出して、死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)にしまい込み、誰もいない場所に隠したのです。 その鍵は常に自分の目につく場所に保管してるそうです。 ティアはジャックの手の黒丸に気づき、10年に1度しか陸へ上がれないデイヴィに対抗するため「陸の土」を渡します。 また突然、ティア・ダルマが登場します。 ジャックがコンパスを使えない理由や、デイヴィ・ジョーンズが心臓を箱に入れた理由は、よくわかりませんが、また次作で出てくる可能性もありそうです。 デイヴィの手下たちが、前作の不死身のゾンビと似ているので混乱するけど、手下は不死身ではないんですよね? ジャックはすきを見てティアの指輪を盗みます。 そしてティア・ダルマに教えてもらったフライング・ダッチマン号の場所へ行き、現れたデイヴィにジャックは、自分が100年働くことと引き換えにウィルと、あと99人の命を3日以内に用意すると約束してトルトゥーガの町で人集めをします。 そこへ落ちぶれたノリントンや、エリザベスが合流して、ブラックパール号に乗り込みます。 ジャックは、エリザベスがウィルを救いたい気持ちを利用して、コンパスを持たせ、デイヴィの心臓の箱のありかをつきとめ向かいます。 そして眠ってるデイヴィから鍵を奪って逃げたウィルは、エリザベスが去った後の船に拾われますが、デイヴィのあやつる軟体動物の怪物クラーケンにより船は沈められます。 ウィルはフライング・ダッチマン号に隠れます。 デイヴィはジャックに遅れないよう、箱を埋めた十字架島へ向かいます。 十字架島でコンパスにより死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)を見つけると、追いついたウィルは父を助けるために心臓を刺そうとし、ジャックはデイヴィを操るために必要とし、ノリントンはベケット卿に取り入り地位回復のために欲します。 そこへデイヴィ・ジョーンズの手下たちも参戦して、四者は鍵と箱を取り合って戦います。 ここのコメディ調の戦闘が長すぎて退屈します。 結局ジャックが心臓を陸の土の瓶に入れますが、ノリントンが横取りして持ち去ります。 ジャックは心臓を持ってるつもりで、ウィル、エリザベスと共にブラックパール号に戻ります。 しかし、デイヴィ・ジョーンズのフライング・ダッチマン号が浮上してきて、逃げ切ってもクラーケンで攻撃してきます。 ジャックはブラックパール号を犠牲にすることに決めて、船員たちと脱出しようとしますが、エリザベスがキスで偽装しながら、ジャックを船に手錠でつないで逃げられなくし、クラーケンをそちらへひきつけます。 エリザベスは3人の男にモテモテですが、ジャックのことを好きな雰囲気もかもし出します。 でも 結局は自分たちが助かるために、ジャックをおとりにすることに決めます。 前作でもそうですが、エリザベスやウィルの感情や本音は、かなりわかりにくいというか、めちゃくちゃなのが残念です。 クラーケンはジャックの海賊帽を吐き出して、ジャックはそれをかぶり、クラーケンの口の中に入っていき、ブラックパール号は沈められます。 船員たちはティア・ダルマのもとでジャックを弔い、悲しみます。 ティア・ダルマはジャックを生き返らせる方法があることを告げると、全員が望みます。 ティア・ダルマは、 世界の果ての呪われし海をよく知ってる船長が必要だと言い、誰かが階段を降りてきます。 それは前作でジャックが撃ち殺した、ヘクター・バルボッサ船長(ジェフリー・ラッシュ)です。 肩には不死身の猿ジャックも乗っています。 エンドロール後は、 ペレゴストス族が鍵犬を神としてあがめてる場面で終わります。 前作よりテンポは悪くなって、笑いの場面も退屈だったりしますが、前作のキャラが奔走したり、新たな個性的キャラとのからみも楽しめるので、ぜひ1度は観ることをおすすめします!• 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞•

次の

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト

『』シリーズの第2作目。 の全世界興行成績で第1位となった。 また、アメリカ本国およびでは、としては、最後のVHS版発売作品となった。 2億円 前作 次作 この節のが望まれています。 から3年後。 結婚式を目前に控えたウィルとエリザベスだったが、海賊に加担したことを理由に逮捕されてしまう。 しかしのベケット卿は、ジャックの持つ「北を指さないコンパス」を渡せば二人を釈放するという。 一方、バルボッサからを取り戻し、再び船長に戻ったジャック。 しかし彼は13年前、デイヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わしていた。 その内容は、ブラックパール号の船長となる代わりに、13年経ったらデイヴィ・ジョーンズの号の船員として働き続けなければならないというもの。 突然ジャックの前に現れたウィルの父親ビル・ターナーは契約の期限が迫っていることを告げる。 ジャックの掌には、契約の終わりを示す黒い烙印が表れていた。 - ()• ウィル・ターナー - ()• エリザベス・スワン - ()• デイヴィ・ジョーンズ - ()• ビル・ターナー - ()• ジェームズ・ノリントン - ()• ウェザビー・スワン - ()• ジョシャミー・ギブス - ()• ティア・ダルマ - ()• カトラー・ベケット - ()• ピンテル - リー・アレンバーグ()• ラゲッティ - ()• コットン - デヴィッド・ベイリー• マーティ - マーティン・クレッバ()• マーサー - デヴィッド・スコフィールド()• ヘクター・バルボッサ - () 論争 当初、邪悪なとして描かれていた為、「カリブ族に対する差別ではないか?」などと、現地のカリブ族の首長を始め関係者や一部のメディアなどから批判や反対があった。 のカリブ族首長チャールズ・ウィリアムズによると、ドミニカ国政府からディズニーが映画で撮影する計画がある事を知らされ、ディズニーの映画プロデューサーと会談した時、人喰い種族として映画に登場すると言う脚本内容を知って、脚本に食人の風習が色濃く出されていたので訂正を求めたが、人喰い種族として描く事を強調した上で、今更変更など出来ないと受け入れられなかったと言う。 ウィリアムズ首長は「ディズニーは、我々カリブ族の祖先が人喰いの風習を持っていると言う誤ったカリブ族の神話を映画で蔑視してカリブ族を描こうとしている」とディズニーを批判した。 また、「我々カリブ族の先祖はヨーロッパからの征服者たちの侵略を食い止めるべく、立ちあがった為に、野蛮人であり人食い人種であるという言われなきレッテルを貼られ蔑まれてきたのだ」と語った。 映画で人喰い族として描かれるのを止めるように、他のカリブの島やの先住民などがディズニーに対し抗議し、ウィリアムズ首長を支持していた。 しかし、ウィリアムズ首長や関係者らは反対したが、100人余りの現地のカリブ族の人達が映画に協力参加した。 映画製作側は人喰い族役として出演して貰うに当たって、1日当たり95ドルで雇っていたと言う [ ]。 「」も参照 興行成績 前作を上回る2億25,00万ドル の制作費が投じたが、興行成績はだけで4億ドル以上、全世界合計で10億6,600万ドル の興行成績を収めた。 公開映画の興行成績ランキングで、2位の『』(7億5,800万ドル)に大きく差をつけて1位となった。 批評 興行成績では世界1位となったが、批評家の反応は芳しくない。 映画批評サイトのは、220件のレビューに基づいて54%の支持率を示し、批評家の総意を「デップの予測不可能性と、1作目のユーモアと独創性の大部分は消えてしまった」としている。 受賞 を受賞し 、では最優秀作品賞に選ばれ、が最優秀パフォーマンス賞を受賞した。 のファン投票で選考するでは、作品が映画賞に選ばれ、デップが男性スター賞、男性アクションスター賞に選ばれ、映画カップル賞にはデップとが選ばれた。 のファン投票で選ばれるでは、本作が総なめに近い受賞を獲得しており、作品がベスト映画賞、夏のベスト映画賞を受賞、デップが男優賞の各部門を全て受賞、ベストファイト賞にはウィル・ターナー()対ノリントン()が選ばれた。

次の