御祈祷料 封筒。 お宮参りの初穂料2】のし袋の書き方・封筒・袋・名前・新札・金額相場

お宮参りの初穂料の封筒やのし袋と裏面の書き方!金額の相場や渡し方

御祈祷料 封筒

神社でご祈祷を受けられる際、地鎮祭など出張祭典を受けられる際にご祈祷料をご用意いただきます。 このご祈祷料に関して、 「熨斗袋(のしぶくろ)の表書きは何て書けばいいのか?」というご質問をよくいただきます。 一般的にご祈祷料の表書きには 「初穂料」「玉串料」「祈祷料」「御礼」などお書き添えください。 ここでは分かるようで分かりにくい、「初穂料」と「玉串料」の意味と使い分けについてご説明します。 初穂の代わり 初穂料 初穂料の意味 「初穂」とはその年に初めて収穫されたお米のことです。 この初穂、まずご神前にお供えして収穫と豊作を神様に感謝する習慣があります。 それは広く農作物や魚類にも広がり、現在でも「初物」としてお供えされています。 現在でもこの習慣は受け継がれ、全国神社で秋に執り行われる「新嘗祭」や「秋祭り」「収穫祭」の名称でお祭りが行われています。 初穂、初物は神様にお供えし感謝の気持ちを表すのですが、生産者以外の方、また季節がずれると初穂・初物は手に入りません。 そこで初穂・初物の代わりとして「お金」が神様にお供えされるようになりました。 また初穂そのものも「神様にお供えするもの」という意味合いが強くなり、神前にお供えする金銭を「初穂料」と呼ぶようになりました。 初穂料とは初穂・初物に代わるものという意味• 初穂料とは神様にお供えするものという意味 使える場面、使えない場面 初穂料は様々な場面で使うことができます。 交通安全祈願、厄除祈願、安産祈願、初宮詣、七五三詣など神社で執り行うすべての祭事で使えます。 唯一使用を控えるべき場面は「神葬祭」、すなわり神道式のお葬式です。 「初穂料の意味」でも記載していますが、どちらかといえば「感謝の気持ち」を表す言葉ですので、 弔意を以て臨むお葬式には不向きといえます。 お葬式には「玉串料」または「御榊料」などを用いるとよろしいでしょう。 玉串の代わり 玉串料 玉串料の意味 「初穂料」が「初穂」の代わりですので、「玉串料」は「玉串」の代わりです。 「玉串」とは榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたものです。 玉串は米、酒、魚、野菜などの神饌(しんせん、神様のお食事物)と同様に神様にお供えするものです。 これら神饌と異なる点は、祭典のなかで「玉串拝礼」「玉串奉奠」の行事で、祈願者自らがお供えします。 この玉串の意味については別の機会にご紹介したいと思います。 初穂・初物と同様に、神様にお供えすべき玉串を用意できない代わりに「お金」をお供えすることになってきます。 また「初穂料」同様に「ご神前にお供えするもの」という意味から、神前にお供えするものを「玉串料」と呼ぶようになりました。 玉串料は玉串に代わるものという意味(玉串拝礼を行う場合でも)• 玉串料は神様にお供えするものという意味 使える場面、使えない場面 初穂料同様に様々な場面で使えます。 神社で執り行う各種ご祈祷、結婚式はもとより神葬祭、すなわち神道式のお葬式でも使えます。 ただし、御守・御札などを受ける際には玉串料はあまり使用しません。 この場合は初穂料を使います。 まとまりのない文章ですが、少しご理解いただけたでしょうか。 なお「初穂料」「玉串料」どちらもあくまで「神様へ捧げるもの」であります。 ですのでその取り扱いは大切にすることが必要です。 熨斗袋でご用意いただければ結構ですが、場合によっては封筒で代用される方もいらっしゃいます。 なかにはお財布から直接出される方もいらっしゃいます。 もちろん御守・御札などを受ける場合にはその方が合理的ではありますが、 ご祈祷やご祈願をされる場合など突発的な出来事ではないはずで、前以てご用意される時間もあろうかと思います。 お電話でご質問された方には「熨斗袋などに入れていただければ丁寧です」とお答えしております。 最後に・・・ 神社では 「お布施」は使えません! 「お布施」とは仏教用語で「他人に施しを与える」ことだそうです。 確かに祈祷料を受け取っているのは神職、つまり人間ですが、 先にも述べたとおり祈祷料は「神様への捧げもの」であり、「人が神様に施しを与える」などということはありません。 どうぞご注意ください。

次の

交通安全祈願・車のお祓いの祈祷料について|交通安全祈願・車のお祓いどっとこむ

御祈祷料 封筒

安産祈願の初穂料の金額 相場はいくら? 安産祈願だけでなく、お宮参りや七五三詣りなど神社やお寺で祈祷を受けるときには、お祓いをしていただくお礼として金銭を奉納する必要があります。 安産祈願の祈祷料が神社やお寺で決められている場合もある お祓い料金に当たる祈祷料(初穂料)を、神社やお寺側で定めているところもあります。 HPに掲載していたり、予約問い合わせや受付の際に金額を教えていただけるはずなので、必要と言われた額を準備するのみです。 金額が「5,000円~」や「5,000円~10,000円」というように開きがある場合は、「最低5,000円から承っていますが、後はお気持ちで…」という意味になります。 「7,000円でも1万円でも、そのお気持ちを神様にご奉納させていただきます」ということなので、もちろん最低の5,000円でも問題はありません。 金額の違いで、ご利益が変わるなんてことはないでしょう。 ただし、その神社やお寺によっては、納める金額によって、受け取る御札の大きさや縁起物の内容などが違っていることもあるので、確認してから金額を決めると良いですよ。 安産祈願の祈祷料が自由な場合の相場は? HPや当日の受付にも祈祷料が掲示されておらず、問い合わせても「それぞれのお気持ちなので…」と金額をはっきり伝えられない神社やお寺もあります。 その場合の相場は地域にもよりますが、 5,000円程度と言われています。 私の周りでは5,000円を納めた人が多いですが、腹帯を自分で持参するのではなく、祈祷済みのものを神社からもらうということであれば10,000円くらい納めると良いでしょう。 安産祈願の祈祷料は新札で用意する? 結婚祝いや出産祝いを贈るときのご祝儀は、新札で用意するのがマナーだと言われています。 初穂料(祈祷料)は、お祝いではなく神様へのお気持ちなので、必ずしも新札で用意する必要はありません。 神社やお寺の受付の方が、その場で金額を確認することも多いので、新札よりも旧札の方が数えやすいというメリットもあります。 あまりにもシワシワなお札や汚れたお札、すでに切れ目が入っているお札は避けるようにしましょう。 スポンサーリンク 安産祈願の祈祷に行くとき初穂料は封筒に入れる? 安産祈願に持って行く金額は決まり、次に気になるのは「何に入れて持って行って、どう渡すか?」ですよね。 初穂料(祈祷料)は当日に社務所や祈祷受付で事前に支払い、そのあと祈祷を受けるという流れが一般的です。 安産祈願の初穂料を袋に入れるなら? 祈祷のための初穂料を封筒に入れる場合、 紅白蝶結びの水引の熨斗袋に入れるのが望ましいとされています。 祈祷のときに、預かった初穂料をトレイなどに入れて祭壇に納めることもあるので、現金そのままよりは何かしら袋を用意しておいた方が安心です。 また、のし袋をわざわざ用意しなくても、 白い無地の封筒でも良いとされています。 白い無地の封筒を用意しておくと、慶弔両方で色々と使う機会があるので便利ですよ。 熨斗袋や白封筒に初穂料を入れるときの、表書きなど書き方は次の章でご説明します。 祈祷窓口や社務所で直接現金で支払う場合もある 「安産祈願 5,000円」などと金額がしっかり明記されていて、受付や窓口に支払うという神社やお寺もあります。 その場合、受付の方が中を開けて確認するのは手間になってしまうので、袋には入れずにお財布から直接出して渡す方が好ましいと言えます。 ご祝儀袋や白封筒に初穂料を入れていったけれど「5,000円お納めください」と言われ、その場で袋を破って現金を渡したという人もいます。 心配な方は、ご祝儀袋や白封筒と筆ペンなどを鞄に入れていき、必要であればその場で名前等を書き加えて使うのも良いですね。 産後バタつかないためにも、お礼参りのことも頭に入れておきましょう! CHECK 安産祈願のお金を入れるのし袋の書き方紹介 では、いざ熨斗袋や白封筒に初穂料を入れて納める場合、表書きをどうするか、だれの名前を書くのかについてご説明します。 ボールペンではダメというわけではありませんが、見た目の良さやマナーを考えて、熨斗袋・中袋や白封筒に書く時には 筆ペンを使うのが望ましいです。 神社で安産祈願の祈祷を受ける場合 神社で祈祷を受ける場合、熨斗袋の表書きは「御初穂料」とします。 「御祈祷料」や「御玉串料」でも問題ありません。 下半分の名前は、 祈祷を受ける妊婦の名前をフルネームで書きます。 「安産」を祈願してもらうのは妊婦なので、ご主人の名前を書く必要はありません。 白い封筒に入れる場合は、のし袋と同様に表面の上部に「御初穂料」、その下に「妊婦の氏名」を書きます。 初穂料を入れる熨斗袋の中袋の書き方 熨斗袋にお金を入れるときは、中に用意されている「中袋」に入れることになります。 この中袋の表中心には包んだお金の金額、裏の左下には住所と夫婦の名前を連名で書きます。 金額を書く時に使う数字は、「大字」と呼ばれる数字文字を使うのが良いとされています。 例:参阡円、伍阡円、壱萬円 ただし、「大字」でなければ受け取ってもらえないというわけではないので、通常の漢数字(三千円、五千円、一万円)でも問題ありませんよ。 お寺で安産祈願の祈祷を受ける場合 神社ではなくお寺で祈祷を受ける場合、 表書きには注意が必要です。 お寺に対して「御初穂料」は使わないので、「御祈祷料」や「御布施」という表書きを書くようにしましょう。 氏名の書き方中袋については神社と同様です。

次の

お宮参りの初穂料の相場は?のし袋の書き方やマナーまとめ

御祈祷料 封筒

【大至急】御祈祷料・のし袋について 安産祈願の為、お寺へお参りに行くのですが、 御祈祷料の「のし袋」について教えて下さい。 仏教では生臭物を避けるため。 仏事でもお祝いごとの場合は、 戒律の厳しい宗派では気にされるが、最近は付ける場合も多い。 wikiでこのような説明があったのですが、このお寺へは 一般祝用のし袋(蝶結び)で良いのでしょうか? 真っ白な封筒の方が好ましいのでしょうか? Q2.中袋が無い場合の書き方 ご祝儀袋などののし袋の中袋には住所や金額も記載しますが、 蝶結びの上に「御祈祷料」下に「氏名」のみで良いのですか? また、白い封筒の方が好ましい場合はどのように書くのですか? Q3.お札は新札を用意すべき? 以上3点、ご存知の方、大至急教えて下さい;; 質問拝見しました。 一つずつ答えていきたいと思います。 これですと、慶忌両方使えて便利です。 僧侶もお寺で祝い事があると普通にお祝い用の熨斗を使いますので、「祈祷に祝い用の熨斗はダメ」という話は聞いた事がありません。 熨斗袋の場合上に「御祈祷料」、下に「氏名」です。 白い封筒の場合は表側に「御祈祷料」、裏に「氏名」。 又は表の上に「御祈祷料」、下に「氏名」、裏に「金額」がスタンダードだと思います。 新札の場合、枚数が多い時には折り目を少しつけておくと、お寺さんが確認する時に便利です。 以上になりますが、参考にしていただけたら幸いです。

次の