し まず あやこ ん さ ー と。 ノートパソコンを買ったらまずやるべきこと【まとめ】【Lenovo(レノボ)編】 | リバータリアン心理学研究所

名古屋性感回春リラクゼーションエステ エフルラージュ錦

し まず あやこ ん さ ー と

すぐれたマネジャーは何をし、何をしないのか。 世論調査で有名なアメリカの調査機関ギャラップが、8万人のマネジャーと100万人の従業員に行ったインタビュー調査をもとに、その点を解明したのが本書である。 調査は次のような道のりをたどって行われている。 まず「すぐれたマネジャー」かどうかを見極めるため、各職場の従業員に一連の質問を投げかける。 質問は調査の過程で抽出した12の項目からなり、従業員が最高のパフォーマンスを発揮し、高い生産性を上げているかを問うものだ。 そこで高得点を出した職場のマネジャーがすぐれた者になる。 しかし、12項目にはマネジャーが一見、矛盾する責任をまっとうしなければならないものが含まれている。 すべてに高得点を出すのは、常識では不可能になる。 つまり、すぐれたマネジャーは、常識では考えられないアプローチをとっているのだ。 この結論から、本書はすぐれたマネジャーのアプローチを「4つのカギ」にまとめ、それを実践する方法を説き明かしている。 経験や知識ではなく才能で部下を選ぶこと、部下の欠点を直すのは時間の無駄なので強みを徹底的に生かすこと、つまり誰もが持つ才能をパフォーマンスとして開花させるのがすぐれたマネジャーである、というのがその骨子だ。 これには、従来から信じられてきたマネジメントの基本的な考え方と隔たっている部分があり、非常に新鮮に映る。 本書からこれまでのビジネス書にない説得力を感じる人も多いだろう。 その理由は、すぐれたマネジャーはどこが違うかという謎解きに、読者を引き込んでいく独特の叙述スタイルだけにあるのではない。 世の中の傑出した人物の言葉を即、真理と決めてしまうのではなく、それをあくまでサンプルとして扱い、より深い原則を見ようとする実証的スタンスにある。 この「調査結果」を信頼する人は、マネジャーとしての懐を広げることができるだろう。 (棚上 勉) 内容(「BOOK」データベースより) 少々前の本ですが、ビジネスマンには必読の一冊と思う。 何点か引かれる点があるが、個人的に一番響いた点は以下である。 人には向き・不向きがあり、教育等でトレーニングしても無駄である。 担当者に向いていない仕事を無理に押し付けても、成果を得られないばかりか、 担当者もマネージャも疲弊し、何も良いことは無い。 これにはいささか驚きと、こんなにドライで良いのかと思ったが、マネジャーの目的は成果を出すことであり、情に流されることでは無いとのことで、我に返った。 また、優秀なマネージャはレイオフした人間から感謝されるなど、情に流されなくても、個人的に良好な関係を築くことができる点は非常に勇気を与えられた。 個人的に、人員のアサインには非常に頭を悩ませているが、これら割り切りをすればよいと考え、非常に気が楽になった。 その一方で、仕事にあった人員を探す必要があると別の悩みも出た。 現役のマネジャーやこれからマネジャーを目指す人には必ず読んで頂きたい。 「Manage」は「何とかする」という意味に訳される。 従い、Managerとは「何とかする人」のことである。 では、何とかする為に、Managerは何をどうするべきか。 本書のタイトルは、「ルールを破れ」となっているが、これは社会や会社の規範を破るという意味ではない。 マネジメントの世界で「伝統的常識」と思われていることを鵜呑みにせず、疑ってかかれ、という意味である。 本書は膨大な人数に対してインタビューを行なった結果として、優秀なマネジャーの考え方や行動様式を特徴的に示している。 それは、人の本質は変われないのだから、欠点を直すことに時間を使うよりも、その人の中にあるもの 強み を引き出す努力をすべき、という考え方である。 マネジャーの職にある方は勿論、将来マネジャーを目指す方にとって必読の書である。 ギャラップ社には優れた著書が多いですが、これもその一つだと思います。 まず最初に膨大な調査から得られた優れたマネージャーとは平均的なマネージャーと何が違うのかを述べています。 第一のカギ、優れたマネージャーの人材に対する信条は、経験や知識と言った常識とは異なり以下のようなもの、という所から始まります。 )そして、その定義は「生産性の向上に役立つ考え方や感じ方、あるいは行動の習慣的パターン」であり、これらの考え方や感じ方は、脳の神経が出来上がる15歳までに築かれるため(この本は2000年の出版です)、簡単には変えられないというものです。 マネージャーはその考え方や感じ方、特に調査で上位3つに上がった才能- 努力する才能、考える才能、人付き合いの才能- がその仕事の特性によって異なり、かつ生産性に影響を与えることを十分に理解しているということです。 そのため、マネージャーは、まず、自分がどの才能を期待しているのか明確に理解し、それにあった才能のある人を選びます。 第2のカギでは、異なるやり方で成果を求める人たちに、求める成果を示し、それをサポートするという方法を取ることを述べています。 従ってやり方を教えるのではなく、あくまで期待する成果を伝えると言うことです。 その成果は、まず、自分の顧客にとって正しいものは何か? 企業にとって正しいことは何か? 個人にとって正しいことは何か?の順に考えます。 第3のカギは部下の強みを生かすことです。 まず配役に細心の注意を払います。 そして、平均的なマネージャーが出来の悪い部下により多くの時間をかけるのとは逆に、より優れた部下により多くの時間をかけ彼の才能を開花させ、生産に結びつけようとします。 もちろん、出来の悪い人、あるいは、才能でなく欠点が生産性を阻害する可能性があれば、それをサポートするシステムも整えます。 私も、2000年のこの本を読んで、自分なりには、実践してきたつもりでしたが、その後12年間マネージャーを務めて来ましたが、今、改めて、この本に書かれたことに反省させられます。 特に、配役をうまくやっているだろうか?それだけの時間を個々の才能の開花に費やされているだろうか?などの点です。 著者は、1人四半期に1時間以上当てられなければ、部下の人数が多いか、関心が少ないかのいずれかと言っています。 耳に痛い言葉です。

次の

「自分が使い勝手がいいと思うものしか作らない」スタイリスト×ママ目線から生まれた&MERCI

し まず あやこ ん さ ー と

オススメです。 参考にどうぞ。 それを ネットで買うのが最高です。 香港のLenovo、台湾のASUSは とにかく安い! だけでなく 「必要最小限のソフト」しか入っていません。 故障したりノートパソコンの動作が重くなったりする心配がないです。 日本の富士通やSONYやNECや東芝などのノートパソコンは、よせばいいのに関連スポンサーのソフトが最初からバンバン入れられています。 重くてフリーズしまくりです。 日本の家族経営が災いしています。 使う側からしたら全く不必要です。 しかも、日本製は発売したあとの動作なんて考慮してないので早ければ 半年足らずで故障して、またそこで修理のカネを取られます。 それを日本の家電量販店で、本来4万円程度のシロモノを、10万とか20万円で売ってるわけです。 (そりゃ誰も買わないよ・・・) 「LenovoやASUSなんて、香港や台湾なんでしょ?大丈夫?」 と思うかもしれません。 しかし、すでにアメリカの最大手Microsoft(Windows)の子会社なのです。 実質、日本のパソコンとも中身の部品まで変わりません。 食品と違って機械なので安心です。 保証も日本の支店がちゃんと初期不良から全て保証してくれます。 問題があればAmazonから返品・交換することは容易に可能です。 これからLenovoやASUSのノートパソコンを買う人も増えてくると思うので、 「ノートパソコンを買ったらまずやるべきこと」「まずやること」「まずすること」を まとめておきます。 オススメです。 Windows10以降は上記のリンク先を見てください。 Classicshellのインストール(Windows8に限る) アップデートしてWindows8. 1にすればスタートボタンはあるようですが、普通のWindows8だとスタートボタンがないです。 リカバリーディスクとは、いざノートパソコンが起動しなくなったり故障した時に「最初買った時の状態」にシステムを回復させてくれるディスクです。 DVD-Rを5枚くらいは用意しておきます。 (50枚入りが一家に1つあれば便利でしょう。 しかし、 Windows8以降はこ「Lenovo OneKey Recovery」リカバリーディスクを作成ボタンがありません。 すでにWindows8にはリカバリーディスク作成ソフトが入っているからです。 私の場合DVD-Rを2枚使用しました。 それが終わると今度は 「システム修復ディスクの作成」というのが出てきたので これでもう一枚修復ディスクも作成し合計3枚でできました。 修復ディスクも作成したほうがいいと言われたので作成しておきました。 これらがリカバリディスクになります。 ・Classicshellなどを入れておらずスタートボタンがない場合 アプリの出ているデスクトップ上で右クリックすると右下に全てのアプリっていうボタンがあるので押すと 右の方にコントロールパネルがありますのでそれをクリックします。 右上の表示方法を大きいアイコンに変更すると 上から3段目あたりにある「Windows7のファイル回復」をクリック。 左に「システムイメージの作成」をクリックして空のDVD-Rを入れて作成します。 私の場合DVD-Rを2枚使用しました。 それが終わると今度は 「システム修復ディスクの作成」というのが出てきたので これでもう一枚修復ディスクも作成し合計3枚でできました。 修復ディスクも作成したほうがいいと言われたので作成しておきました。 これらがリカバリディスクになります。 エラーコード0x8007001B」と出る場合は、一度WindowUpdate(WindowUpdate)を先に行いましょう。 それでも無理な場合、のようなフリーソフトが有効です。 これで、 容量によって3~5枚ほどのリカバリーディスクが作成されます。 (私は5枚になりました) ちなみにOSが Windows7であれば以下の方法でリカバリーディスクが作成できます。 Lenovo OneKey Recovery のリカバリーディスクを作成 必ずDVD-Rに作らなければならないというわけではありませんが、 リカバリーディスクのDVD保存を推奨するのは、あえてかさ張るように作っておくことでいざ必要な時に思い出せるということと 故障してUSB端子から読み込めないことがあっても、DVDドライブからの起動はできる可能性が高いからです。 なのでもちろん、以下のような 「外付けのHDD」や「大容量USBメモリ(32GB以上は必須です)」の中に作成しても構いせません。 これも予防線として必要なことです。 基本的にはWindows8はバックグラウンドで自動でやってくれますが、定期的に自分でもやることをオススメします。 WindowsのUpdateでWindowsを最新にしましょう。 (ClassicshellやWindows8. (Lenovoの場合)Lenovo Slution CenterとLenovo EE Boot Optimizerの設定 この2つは便利なのですが、正直、動作が重くなるので、設定を切るor削除することをオススメします。 最初の頃は、何があるかわかりませんので、 下手に削除するより「設定を切る」の対処の方がいいです。 プログラムと機能(旧プログラムと追加と削除)から不必要なソフトをアンインストールしましょう。 ・Lenovo Welcom ・i-Filter(i-フィルター) ・McAfee(マカフィー:Windows8の場合に限る) この3つは特にいらないでしょう。 ・Lenovo Welcom(Lenovoにようこそ)は、導入するための宣伝のようなものなのでまず使いません。 ・i-Filter(i-フィルター)は、子どもでも安全に使えるように閲覧制限をつけるものですが、 それはInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)やFirefox(ファイアフォックス)やChrome(クローム)などのブラウザで個人で別途に設定できるので不必要です。 しかもこのソフトは、契約1ヶ月で切れて更新のためには購入をしてくださいと出てくるので入っている意味がありません。 ・McAfee(マカフィー:Windows8の場合に限る)に関しても、Windows8 では Windows7までマルウェア・スパイウェア監視の機能のみだった Windows Defenderが一新されて Microsoft Security Essentials (MSE)が標準搭載されています。 Windows DefenderとWindowsファイアウォールとの連携で、ウィルス対策・スキャン・駆除(要するに全て)まで可能になっているので、マカフィーは不必要です。 少なくても有料のノートンやマカフィーやウィルスバスターよりは検出率も高くて便利です。 定期的にアップデート&スキャンで駆除しましょう。 日本語版も英語版もあります。 (英語版は最新版がありますが、日本語版はバージョン1. 2までです。 日本語版を選び、次のリンク先で右から1. 2の「このバージョンをダウロードする」を選びましょう。 定期的にアップデート&スキャンで駆除しましょう。 基本は英語版ですが簡単に日本語版にできます。 などの フリーソフトを必要に応じて入れればいいです。 (ノートンやウィルスバスターよりも遥かに検出率は高いです。 2までです。 日本語版を選び、次のリンク先で右から1. 2の「このバージョンをダウロードする」を選びましょう。 古いバージョンで不安な人はに) …の3つは入れましょう。 Window8であれば基本は何も入れなくても良いですが、SUPERAniSpywareくらいは入っていてもいいと思います。 会社で使用のため個人で責任持てない場合、あるいは面倒くさい場合、有料でカスペルスキーの購入をオススメします。 でも代替はできます。 しかしパソコンに使い慣れるまでは、あってもそんなに困らないので消さない方がいいです。 ) は、いざという時にいる可能性があります。 というか、 せっかく軽くて便利なソフトなので消さない方がいいでしょう。 kingsoftOffice(キングソフトオフィス:中国のOfficeソフト)も1ヶ月で使えなくなるので削除可 WindowsOffice(WordやExcelやPowerPoint、ワード・エクセル・パワーポイント)のソフトを持っているのならば、 kingsoftOfficeは削除可です。 (kingsoftはしばらくたつと期限で使えなくなり買って下さいとねだりだします。 同じ額より安いならWindowsOffice、それがなければフリーソフトのOpenOfficeでしのぎましょう。 この フリーソフトは普通の動画だけでなく、DVDやBlu-ray(ブルーレイ)など全て再生できて見れる軽快なフリーソフトです。 avi,mp3,. mp4,. jpg,. 動作のスピードが遥かに速くなるので全然違ってきます。 Adobe Flash Playerのインストール 動画サイトを見る時にAdobe Flash Playerの最新バージョンのインストールを迫られますが、これがフリーズしやすくて故障の原因になりやすいと定評があります。 しかし 旧バージョンなら安全なので、そちらをあえて最初からインストールしましょう。 Adobe のサイトから Flash 10. メモリを利用してインターネットや起動を超高速化! RAMDAのインストールをしましょう。 他のものはお好みで構いません。 自分ごときが訂正というわけではないですが少し提案を king softオフィスは正直直接アンインストールはおすすめしません。 というのもキングソフトって作られた場所が場所(中国)なだけなのか結構何かと残るんですよね なのでiobot uninstallerのパワフルスキャン(アンインストールしても残ってしまうソフトの残骸のようなものを消す)をするといいかもです。 まあしてもそれなりに残ったんですけどね。 おかげでセーフモードで掃除を二回する羽目に(普通のソフトならやっても一回)あとワンキーリカバーはあまり残すのはおすすめできませんね。 いい噂を聞かないんですよ。 助かりました。 重いと思っていたので、これからもう少し快適にしたいと思います。 私はacerのノートPCもモバイルノートとして使っていますが、日本メーカー富士通のノートPCも母艦として使っています。 確かにおっしゃる通り、日本メーカーのものは余分なものまでガンガンバンドルされているのは事実です。 とはいえ、広辞苑とか筆ぐるめなんかは結構便利だったりするんですけどね。 ただ、 >しかも、日本製は、発売したあとの動作なんて考慮してないので早ければ半年足らずで故障して これはどうかと思います。 少なくとも富士通や東芝みたいなまともなメーカーは、かなり良い部品を調達して製造しているので、普通に10年単位で持ちます。 少なくとも私の家のPC6台は、すべて致命的な故障は起こしていないか、保証期間につき無償修理で済んでいます。 かくいうこのコメントを書き込んでいる富士通PCも、Windows10にアップグレード済みのもののすでに6年ものです。 さらに言えば、そういった格安メーカーのサポートはレベルもお察しですから、特に初心者にはちょっと酷です。 acerも富士通も東芝もそれぞれ何度かサポートに電話をしたことがありますが、スムーズに的確かつ明快な解説をする日本メーカーに対して、acerのサポートは「ちょっと調べてみます」で散々待たされた挙句、回答内容も間違っていましたから。 そういう意味では、格安PCがなぜ安いのかといえば、単純にバンドルソフトだけでなくアフターサポートに金をかけていないからです。

次の

会社を辞めずに、リスクなくチャレンジできる!まずは週末の副業から始めてみよう【週末起業家・さとうあやこさんインタビュー(前編)】

し まず あやこ ん さ ー と

オススメです。 参考にどうぞ。 それを ネットで買うのが最高です。 香港のLenovo、台湾のASUSは とにかく安い! だけでなく 「必要最小限のソフト」しか入っていません。 故障したりノートパソコンの動作が重くなったりする心配がないです。 日本の富士通やSONYやNECや東芝などのノートパソコンは、よせばいいのに関連スポンサーのソフトが最初からバンバン入れられています。 重くてフリーズしまくりです。 日本の家族経営が災いしています。 使う側からしたら全く不必要です。 しかも、日本製は発売したあとの動作なんて考慮してないので早ければ 半年足らずで故障して、またそこで修理のカネを取られます。 それを日本の家電量販店で、本来4万円程度のシロモノを、10万とか20万円で売ってるわけです。 (そりゃ誰も買わないよ・・・) 「LenovoやASUSなんて、香港や台湾なんでしょ?大丈夫?」 と思うかもしれません。 しかし、すでにアメリカの最大手Microsoft(Windows)の子会社なのです。 実質、日本のパソコンとも中身の部品まで変わりません。 食品と違って機械なので安心です。 保証も日本の支店がちゃんと初期不良から全て保証してくれます。 問題があればAmazonから返品・交換することは容易に可能です。 これからLenovoやASUSのノートパソコンを買う人も増えてくると思うので、 「ノートパソコンを買ったらまずやるべきこと」「まずやること」「まずすること」を まとめておきます。 オススメです。 Windows10以降は上記のリンク先を見てください。 Classicshellのインストール(Windows8に限る) アップデートしてWindows8. 1にすればスタートボタンはあるようですが、普通のWindows8だとスタートボタンがないです。 リカバリーディスクとは、いざノートパソコンが起動しなくなったり故障した時に「最初買った時の状態」にシステムを回復させてくれるディスクです。 DVD-Rを5枚くらいは用意しておきます。 (50枚入りが一家に1つあれば便利でしょう。 しかし、 Windows8以降はこ「Lenovo OneKey Recovery」リカバリーディスクを作成ボタンがありません。 すでにWindows8にはリカバリーディスク作成ソフトが入っているからです。 私の場合DVD-Rを2枚使用しました。 それが終わると今度は 「システム修復ディスクの作成」というのが出てきたので これでもう一枚修復ディスクも作成し合計3枚でできました。 修復ディスクも作成したほうがいいと言われたので作成しておきました。 これらがリカバリディスクになります。 ・Classicshellなどを入れておらずスタートボタンがない場合 アプリの出ているデスクトップ上で右クリックすると右下に全てのアプリっていうボタンがあるので押すと 右の方にコントロールパネルがありますのでそれをクリックします。 右上の表示方法を大きいアイコンに変更すると 上から3段目あたりにある「Windows7のファイル回復」をクリック。 左に「システムイメージの作成」をクリックして空のDVD-Rを入れて作成します。 私の場合DVD-Rを2枚使用しました。 それが終わると今度は 「システム修復ディスクの作成」というのが出てきたので これでもう一枚修復ディスクも作成し合計3枚でできました。 修復ディスクも作成したほうがいいと言われたので作成しておきました。 これらがリカバリディスクになります。 エラーコード0x8007001B」と出る場合は、一度WindowUpdate(WindowUpdate)を先に行いましょう。 それでも無理な場合、のようなフリーソフトが有効です。 これで、 容量によって3~5枚ほどのリカバリーディスクが作成されます。 (私は5枚になりました) ちなみにOSが Windows7であれば以下の方法でリカバリーディスクが作成できます。 Lenovo OneKey Recovery のリカバリーディスクを作成 必ずDVD-Rに作らなければならないというわけではありませんが、 リカバリーディスクのDVD保存を推奨するのは、あえてかさ張るように作っておくことでいざ必要な時に思い出せるということと 故障してUSB端子から読み込めないことがあっても、DVDドライブからの起動はできる可能性が高いからです。 なのでもちろん、以下のような 「外付けのHDD」や「大容量USBメモリ(32GB以上は必須です)」の中に作成しても構いせません。 これも予防線として必要なことです。 基本的にはWindows8はバックグラウンドで自動でやってくれますが、定期的に自分でもやることをオススメします。 WindowsのUpdateでWindowsを最新にしましょう。 (ClassicshellやWindows8. (Lenovoの場合)Lenovo Slution CenterとLenovo EE Boot Optimizerの設定 この2つは便利なのですが、正直、動作が重くなるので、設定を切るor削除することをオススメします。 最初の頃は、何があるかわかりませんので、 下手に削除するより「設定を切る」の対処の方がいいです。 プログラムと機能(旧プログラムと追加と削除)から不必要なソフトをアンインストールしましょう。 ・Lenovo Welcom ・i-Filter(i-フィルター) ・McAfee(マカフィー:Windows8の場合に限る) この3つは特にいらないでしょう。 ・Lenovo Welcom(Lenovoにようこそ)は、導入するための宣伝のようなものなのでまず使いません。 ・i-Filter(i-フィルター)は、子どもでも安全に使えるように閲覧制限をつけるものですが、 それはInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)やFirefox(ファイアフォックス)やChrome(クローム)などのブラウザで個人で別途に設定できるので不必要です。 しかもこのソフトは、契約1ヶ月で切れて更新のためには購入をしてくださいと出てくるので入っている意味がありません。 ・McAfee(マカフィー:Windows8の場合に限る)に関しても、Windows8 では Windows7までマルウェア・スパイウェア監視の機能のみだった Windows Defenderが一新されて Microsoft Security Essentials (MSE)が標準搭載されています。 Windows DefenderとWindowsファイアウォールとの連携で、ウィルス対策・スキャン・駆除(要するに全て)まで可能になっているので、マカフィーは不必要です。 少なくても有料のノートンやマカフィーやウィルスバスターよりは検出率も高くて便利です。 定期的にアップデート&スキャンで駆除しましょう。 日本語版も英語版もあります。 (英語版は最新版がありますが、日本語版はバージョン1. 2までです。 日本語版を選び、次のリンク先で右から1. 2の「このバージョンをダウロードする」を選びましょう。 定期的にアップデート&スキャンで駆除しましょう。 基本は英語版ですが簡単に日本語版にできます。 などの フリーソフトを必要に応じて入れればいいです。 (ノートンやウィルスバスターよりも遥かに検出率は高いです。 2までです。 日本語版を選び、次のリンク先で右から1. 2の「このバージョンをダウロードする」を選びましょう。 古いバージョンで不安な人はに) …の3つは入れましょう。 Window8であれば基本は何も入れなくても良いですが、SUPERAniSpywareくらいは入っていてもいいと思います。 会社で使用のため個人で責任持てない場合、あるいは面倒くさい場合、有料でカスペルスキーの購入をオススメします。 でも代替はできます。 しかしパソコンに使い慣れるまでは、あってもそんなに困らないので消さない方がいいです。 ) は、いざという時にいる可能性があります。 というか、 せっかく軽くて便利なソフトなので消さない方がいいでしょう。 kingsoftOffice(キングソフトオフィス:中国のOfficeソフト)も1ヶ月で使えなくなるので削除可 WindowsOffice(WordやExcelやPowerPoint、ワード・エクセル・パワーポイント)のソフトを持っているのならば、 kingsoftOfficeは削除可です。 (kingsoftはしばらくたつと期限で使えなくなり買って下さいとねだりだします。 同じ額より安いならWindowsOffice、それがなければフリーソフトのOpenOfficeでしのぎましょう。 この フリーソフトは普通の動画だけでなく、DVDやBlu-ray(ブルーレイ)など全て再生できて見れる軽快なフリーソフトです。 avi,mp3,. mp4,. jpg,. 動作のスピードが遥かに速くなるので全然違ってきます。 Adobe Flash Playerのインストール 動画サイトを見る時にAdobe Flash Playerの最新バージョンのインストールを迫られますが、これがフリーズしやすくて故障の原因になりやすいと定評があります。 しかし 旧バージョンなら安全なので、そちらをあえて最初からインストールしましょう。 Adobe のサイトから Flash 10. メモリを利用してインターネットや起動を超高速化! RAMDAのインストールをしましょう。 他のものはお好みで構いません。 自分ごときが訂正というわけではないですが少し提案を king softオフィスは正直直接アンインストールはおすすめしません。 というのもキングソフトって作られた場所が場所(中国)なだけなのか結構何かと残るんですよね なのでiobot uninstallerのパワフルスキャン(アンインストールしても残ってしまうソフトの残骸のようなものを消す)をするといいかもです。 まあしてもそれなりに残ったんですけどね。 おかげでセーフモードで掃除を二回する羽目に(普通のソフトならやっても一回)あとワンキーリカバーはあまり残すのはおすすめできませんね。 いい噂を聞かないんですよ。 助かりました。 重いと思っていたので、これからもう少し快適にしたいと思います。 私はacerのノートPCもモバイルノートとして使っていますが、日本メーカー富士通のノートPCも母艦として使っています。 確かにおっしゃる通り、日本メーカーのものは余分なものまでガンガンバンドルされているのは事実です。 とはいえ、広辞苑とか筆ぐるめなんかは結構便利だったりするんですけどね。 ただ、 >しかも、日本製は、発売したあとの動作なんて考慮してないので早ければ半年足らずで故障して これはどうかと思います。 少なくとも富士通や東芝みたいなまともなメーカーは、かなり良い部品を調達して製造しているので、普通に10年単位で持ちます。 少なくとも私の家のPC6台は、すべて致命的な故障は起こしていないか、保証期間につき無償修理で済んでいます。 かくいうこのコメントを書き込んでいる富士通PCも、Windows10にアップグレード済みのもののすでに6年ものです。 さらに言えば、そういった格安メーカーのサポートはレベルもお察しですから、特に初心者にはちょっと酷です。 acerも富士通も東芝もそれぞれ何度かサポートに電話をしたことがありますが、スムーズに的確かつ明快な解説をする日本メーカーに対して、acerのサポートは「ちょっと調べてみます」で散々待たされた挙句、回答内容も間違っていましたから。 そういう意味では、格安PCがなぜ安いのかといえば、単純にバンドルソフトだけでなくアフターサポートに金をかけていないからです。

次の