安川 オートメーション ドライブ。 安川グループ【安川電機、安川コントロール、安川ロジステック、安川オートメーション・ドライブ、安川メカトレック、末松九機】の企業情報

安川グループ【安川電機、安川コントロール、安川ロジステック、安川オートメーション・ドライブ、安川メカトレック、末松九機】の企業情報

安川 オートメーション ドライブ

シーメンス株式会社、モーションコントロールおよびドライブ事業を安川シーメンスオートメーション・ドライブ株式会社から自社へ移管、ハードウェアとソフトウェアを統合して提供し、デジタル化を推進。 シーメンス株式会社、保有する安川シーメンスオートメーション・ドライブ株式会社の全株式を株式会社安川電機に譲渡、モーションコントロールおよびラージドライブ事業を譲受して自社に移管する契約を締結。 今後も両社は戦略的パートナーとしての関係を維持。 今回の株式と一部事業の移管は、シーメンスVision2020の施策の一環。 シーメンス株式会社(代表取締役:藤田 研一、本社:東京都品川区、以下SKK)は、株式会社安川電機(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:小笠原 浩、以下YEC)に、合弁会社である安川シーメンスオートメーション・ドライブ株式会社(代表取締役:中村 公規、本社:東京都品川区、以下YSAD)のSKKが保有する全株式を譲渡し、YSADの一部事業(モーションコントロールおよびラージドライブ事業)を譲受、公的機関への届け出の受理の後、SKKに移管を前提とする契約を7月12日に締結しました。 株式売却の後、YSADの新会社名は安川オートメーション・ドライブ株式会社(以下YAD)となる予定です。 シーメンスグループは、2014年に長期的視点から潜在的な成長可能性が高いと考えられる「電化(エレクトリフィケーション)」、「自動化(オートメーション)」、「デジタル化」の3領域に注力するため、2020年までの具体的な施策にあたる「Vision 2020」を発表しました。 「デジタル化」においては、シームレスに統合されたハードウェアとソフトウェア、そして技術サービスからなる包括的なポートフォリオを提供して、製造業の生産プロセスの柔軟性と効率性を高め、製品の市場投入期間を短縮できるよう支援しています。 今回の株式と一部事業の移管は、シーメンスの「Vision2020」の施策の一環として、プロセスドライブ事業を強化するものです。 SKKは、モーションコントロールおよびラージドライブ事業をSKKに移管する事により、全てのTIA(Totally Integrated Automation)製品の相互接続性を高め、SIMATIC製品群、SINAMICS ドライブ、 SIMOTION コントローラ、SIMOTICS モーター、 SIGENTICS ジェネレーター等を一気通貫して提供し、お客様の価値を最大化してまいります。 株式および事業譲渡の実行は、公的機関への届け出の受理の後、2018年11月1日を予定しています。 シーメンスは、2018年11月以降もYADとの戦略的パートナーシップを継続します。 YADはシステムの適用及びYECの製品や技術と組み合わせたソリューションの提供を継続します。 SKKはYADへのシステム対応委託などにより、両社が得意とする分野で専門性を活かすと同時に補完し合うことでシナジー効果を高め、事業拡大を目指します。 YSADは、1999年10月に産業用ドライブシステム事業領域における製品と技術の相互補完によりシェアを拡大することを目的として、シーメンスAGのオートメーション&ドライブ部門(その後SKKが株式譲受)とYECとの合弁会社として設立されました。 シーメンス AGについて シーメンス AG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、170年にわたり、卓越したエンジニアリング、イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業でありつづけています。 電化、自動化、デジタル化の分野を中心に、世界中で事業を展開しています。 シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界で最も多く提供している企業のひとつであり、効率低な発電および送電ソリューションの主要サプライヤー、、そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューション、ドライブ・ソリューションとソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。 さらにシーメンスは、コンピュータ断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像診断装置(MR)などの医用画像診断装置の大手サプライヤーでもあり、臨床検査および医療情報ITのリーダーでもあります。 2017年9月末に終了した2017年度において、継続事業の売上高は830億ユーロ、純利益は62億ユーロでした。 2017年9月末時点の全世界の社員数は37万7,000人です。 siemens. comにてご覧いただけます。 日本におけるシーメンスグループ シーメンスは、1887年に東京・築地に初めてのオフィスを開設して以来、130年にわたり日本のお客様から信頼を寄せられるパートナーとして尽力してまいりました。 海外のシーメンス同様、都市化、人口動態、気候変動、グローバル化、そしてデジタル化といったメガトレンドに対して最適なソリューションをご提案しています。 シーメンスは先進的な製品やサービス、ソリューションにより、お客様に競争優位性をご提供しつづけるとともに、昨今の環境問題に対応してまいります。 2017年9月末に終了した2017年度において、日本のシーメンスの売上高は約1469億円、社員数はおよそ2,250人です。 siemens.

次の

安川電機

安川 オートメーション ドライブ

取扱店• 〒104-0031 中央区京橋2-14-1 兼松ビルディング 7F• TEL : 03-3567-0886 FAX : 03-3561-1696• 取扱店• 〒921-8163 金沢市横川3-183• TEL : 076-243-6300 FAX : 076-244-1398• 取扱店• 〒221-0042 横浜市神奈川区浦島町367• TEL : 045-441-3416 FAX : 045-441-3415• 取扱店• 〒532-0033 大阪市淀川区新高3-3-11• TEL : 06-6394-1162• 正規代理店• 〒424-0825 静岡市清水区松原町6-16• TEL : 054-353-3271 FAX : 054-352-1648• 取扱店• 〒812-0017 福岡市博多区美野島2-1-29• TEL : 092-441-1518 FAX : 092-441-4697• 取扱店• 〒108-0074 港区高輪3-4-1 高輪偕成ビル 4F• TEL : 03-5793-8371 FAX : 03-5793-8374• 取扱店• 〒812-0021 福岡市博多区築港本町6-3• TEL : 092-281-4052 FAX : 092-281-5852• 取扱店• 〒104-0061 中央区銀座2-8-4 泰明ビル• TEL : 03-3535-0456 FAX : 03-3535-3448• オンライン• 〒145-0062 大田区北千束2-2-7• TEL : 03-3783-6314• 取扱店• 〒145-0062 大田区北千束2-2-7• TEL : 03-3783-6314 FAX : 03-3785-5668• 取扱店• 〒104-0031 中央区京橋3-7-5 京橋スクエア 13F• TEL : 03-3535-3461 FAX : 03-3535-3460• 取扱店• 〒950-2031 新潟市西区流通センター4-4-3• TEL : 025-260-6161 FAX : 025-260-0940• 取扱店• 〒460-0008 名古屋市中区栄1-29-27• TEL : 052-201-3371 FAX : 052-201-3370• 取扱店• 〒806-0004 北九州市八幡西区黒崎城石3-5• TEL : 093-642-4131 FAX : 093-642-4112• 取扱店• 〒460-0006 名古屋市中区葵1-27-31• TEL : 052-935-8611 FAX : 052-935-8620• 取扱店• 〒220-0003 横浜市西区楠町14-5 タイムズビル• TEL : 045-410-0871 FAX : 045-410-0872• 取扱店• 〒491-0858 一宮市栄4-7-19• TEL : 0586-73-0141 FAX : 0586-72-3201• 取扱店• 〒253-0061 茅ヶ崎市南湖5-16-17• TEL : 0467-87-1551 FAX : 0467-85-2153• 取扱店• 〒760-0078 高松市今里町1-23-27• TEL : 087-833-1101 FAX : 087-862-3933• 取扱店• 〒882-0874 延岡市伊達町1-9• TEL : 0982-33-4674 FAX : 0982-21-0319• 取扱店• 〒815-8529 福岡市南区大楠2-9-14 Yビル 2F• TEL : 092-521-0761 FAX : 092-531-8021• 取扱店• 〒486-0908 春日井市西屋町字南野池148-1• TEL : 0568-35-0601 FAX : 0568-35-0605•

次の

「安川オートメーション・ドライブ」の代理店・取扱店

安川 オートメーション ドライブ

略称 YEC 本社所在地 〒806-0004 黒崎城石2番1号 設立 (4年) 事業内容 製品の製造 代表者 () (代表取締役) 資本金 306億円 売上高 連結:4,746億38百万円 単体:2,051億79百万円 (2019年2月期) 営業利益 連結:497億66百万円 単体:89億13百万円 (2019年2月期) 経常利益 連結:508億44百万円 単体:153億29百万円 (2019年2月期) 純利益 連結:411億64百万円 単体:124億7百万円 (2019年2月期) 純資産 連結:2,497億53百万円 単体:1,263億3百万円 (2019年2月28日現在) 総資産 連結:4,559億57百万円 単体:2,383億78百万円 (2019年2月28日現在) 従業員数 連結:15,905名(臨時従業員含む) (2019年2月28日現在) 決算期 2月28日 主要株主 株式会社(信託口) 9. 概要 [ ] を興したが、明治鉱業の電気用品の開発と製造を行うことを目的に設立した。 、明治紡績、、明治鉱業、鉱山技術者養成のための(現・)も敬一郎が設立した。 と敬一郎はのメンバーとしてに資金援助していたが、にのが北九州市の工場を視察した際、逸話に感銘しての組立用ロボットに拍手して謝意を表した ことが、取引先の中国企業関係者によく知られており「会社の説明がいらず、中国から見たときに信用できる会社」と恩恵を受けている。 安川では海外初のロボット工場が中国にあり 、競合するのロボットメーカーを買収したとも提携を続けている。 売上の海外比率は約7割であり、Nikkei 225の構成銘柄の一つである。 産業用ロボットで世界シェア第4位である。 には創立100周年事業の一環としてロボット村をオープンした。 YASKAWAの森、安川電機みらい館、ロボット工場、本社棟、厚生棟で構成されている。 なお、社名のアルファベット表記は「YASKAWA」である。 沿革 [ ] 解体前の旧本社社屋• (4年) - 安川電機製作所創立。 (大正8年) - 安川電機製作所設立。 (24年) - 、上場。 (昭和32年) - 行橋工場開設。 (昭和36年) - 小倉工場開設。 (昭和39年) - 東京工場開設。 (昭和42年) - 米国安川電機株式会社設立。 (昭和44年) - 中間工場開設。 「」の商標登録出願。 (昭和47年) - 「」の商標登録。 (昭和55年) - 欧州安川電機有限会社設立。 (昭和59年) - 実施賞受賞。 (元年) - インバータ工場開設。 (平成2年) - モートマンセンタ開設。 (平成3年) - 社名を「株式会社安川電機」に変更。 英国安川電機株式会社設立。 シンガポール安川電機有限会社設立。 (平成6年) - 韓国安川電機株式会社設立。 (平成7年) - 上海安川電動機器有限公司設立。 (平成11年) - 安川電機 上海 有限公司設立。 (平成14年) - ソリューションセンタ開設。 (平成15年) - 八幡東事業所開設。 (平成23年) - 関東ロボットセンタ開設。 (平成25年) - 海外初のロボット生産拠点を中国のに開設。 (平成27年) - 中部ロボットセンタ開設。 創立100周年事業として本社事業所を再編し、「ロボット村」をオープン• (平成30年) - 次世代生産工場「安川ソリューションファクトリ」開設。 2年 - 完全子会社の安川エンジニアリングを吸収合併。 主な基幹事業 [ ]• サーボ&コントローラ - 、、用コントローラ・• ロボット - 『モートマン』、医療・福祉サービス機器• システムエンジニアリング - 各種および制御装置、各種電機システム• コンセプト - i3-Mechatronics 事業所 [ ] 入間事業所ソリューションセンタ• 本社、八幡西事業所-• 中間事業所(ロボット工場) - 福岡県• 開発研究所- 福岡県北九州市• つくば研究所-• 東京支社 -• 関東ロボットセンタ - 埼玉県• 中部支店、中部ロボットセンタ -• 大阪支店 -• 九州支店 - 福岡県 グループ企業 [ ] 国内主要子会社 [ ]• 安川オートメーション・ドライブ株式会社 -• 株式会社 -• 末松九機株式会社 - 福岡県• 株式会社FAMS -• 株式会社エイアイキューブ(AI 3) - 東京都• ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社 - 東京都• 株式会社ベスタクト・ソリューションズ - 福岡県行橋市• 安川コントロール株式会社 - 福岡県行橋市• 株式会社安川ロジステック - 福岡県• 安川マニュファクチャリング株式会社 - 福岡県北九州市• 株式会社ドーエイ - 福岡県北九州市八幡西区• 安川オビアス株式会社 - 福岡県北九州市 国内主要持分法適用関連会社 [ ]• 株式会社 -• 桑原電工株式会社 - 福岡県北九州市八幡西区• 九州制盤株式会社 - 福岡県北九州市八幡西区• 五楽信和工業株式会社 - 福岡県• 株式会社安川ビジネススタッフ - 福岡県北九州市八幡西区• 株式会社 - 海外現地法人 [ ] アメリカ [ ]• YASKAWA AMERICA, INC. YASKAWA CANADA INC. YASKAWA ELETRICO DO BRASIL LTDA. MOTOMAN ROBOTICA DO BRASIL, LTDA - ブラジル• YASKAWA MEXICO S. DE C. - ヨーロッパ [ ]• YASKAWA EUROPE GmbH -• YASKAWA NORDIC AB -• YASKAWA ELECTRIC UK LTD. YASKAWA UK LTD. - イギリス• YASKAWA ITALIA S. L -• YASKAWA FRANCE SARL -• YASKAWA IBERICA S. YASKAWA FINLAND OY -• THE SWITCH ENGINEERING OY - フィンランド• THE SWITCH MARINE DRIVE NORWAY AS -• YASKAWA BENELUX BV -• YASKAWA EUROPE ROBOTICS D. YASKAWA SLOVENIJA D. - スロベニア• YASKAWA RISTRO D. - スロベニア• YASKAWA CZECH S. O -• YASKAWA POLSKA SP. Z O. O - アジア [ ]• YASKAWA ELECTRIC CHINA CO. , LTD. SHANGHAI YASKAWA DRIVE CO. , LTD. - 中国• YASKAWA TSUSHO(SHANGHAI)CO. , LTD. - 中国• YASKAWA ELECTRIC SHENYANG CO. , LTD. - 中国• YASKAWA SHOUGANG ROBOT CO. , LTD. - 中国• YASKAWA CHINA ROBOTICS CO. , LTD. - 中国• YASKAWA ELECTRIC KOREA CORPORATION -• YASKAWA ELECTRIC TAIWAN CORPORATION -• YASKAWA ASIA PACIFIC PTE. LTD. YASKAWA ELECTRIC THAILAND CO. ,LTD. YASKAWA ELECTRIC INDONESIA -• YASKAWA ELETRIC VIETNAM CO. , LTD. YASKAWA MALAYSIA SDN. BHD. YASKAWA INDIA PRIVATE LIMITED - 中東・アフリカ [ ]• YASKAWA TURKEY ELEKTRIK TICARET LTD. STI. YASKAWA EUROPE TECHNOLOGY LTD. YASKAWA SOUTHERN AFRICA PTY LTD. - その他グループ会社 [ ]• 安川メカトレック系列• YASKAWA MECHATREC THAILAND CO. , LTD. (タイ)• YASKAWA MECHATREC VIETNEM CO. , LTD. (ベトナム)• 末松九機系列• 株式会社HKシートメタルテック• 安川コントロール系列• 福岡化成工業株式会社• 東営安川機電控制有限公司• 安川ロジステック系列• 株式会社安川トランスポート• 株式会社安川パッケージング• 安川マニュファクチャリング系列• 安川設備メンテナンス株式会社• YE DIGITAL系列• 株式会社YE DIGITAL Kyushu• YE DIGITAL, Inc. 株を所有している主な企業 [ ]• (安川電機が筆頭株主)• (安川電機がと並ぶ運営会社主要株主の一つとなっている)• (安川電機が株主の一つ) 主要人物 [ ]• 安川財閥創業者、創立発起人• (敬一郎の五男、2代目社長、石炭庁長官を務めた)• (第五郎の次男、4代目社長、会長を務めた)• 利島康司(8代目社長、北九州商工会議所会頭)• (9代目社長、国際ロボット連盟会長) スポーツ [ ]• (ラグビー部。 2018年現在、Bに所属。 安川電機陸上部 その他 [ ] 「」や「」に安川電機製のロボット「MOTOMAN」が登場しており 、30年後の第5作「」にはMOTOMANのMPK50モデルが登場している。 出典 [ ]• 2009年12月17日. 2017年11月13日閲覧。 2016年12月6日. の2017年6月11日時点におけるアーカイブ。 日本経済新聞 2013年6月22日. 2016年7月28日閲覧。 2016年9月11日. 2017年11月3日閲覧。 日刊工業新聞 2017年5月18日. 2017年11月3日閲覧。 日本経済新聞. 2016年7月9日. 2016年10月8日閲覧。 安川電機. 2017年11月3日閲覧。 Robotic Automation. 2018年12月29日閲覧。 参考文献 [ ]• 早川隆 『日本の上流社会と閨閥( 安川家 九州財界の重鎮)』 1983年 129-133頁 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 安川電機が主催、老舗文芸誌『』共催の公募文学賞。 2015年(平成27年)より開催.

次の