アセクシャル 診断。 アセクシャル(無性愛者)ってどんな人?特徴やAセクの診断方法も解説

しのごのうるさい笑【アロマンティック】とは?恋愛感情の不在には、原因や診断はいりません

アセクシャル 診断

アセクシャルの人の特徴 では、アセクシャルの人の特徴をみていきましょう。 一度も恋をしたことがない• 恋愛漫画やドラマを見てドキドキしない• 家族や友人に抱くような愛情はある 続いて、アセクシャルの人の特徴を、それぞれ詳しくみていきます。 思春期に突入すれば、異性のことを意識するようになって、一度は誰かに恋をしたことがあるという場合がほとんどでしょう。 しかし、恋愛感情が芽生え始める10代ではもちろんのこと、結婚していてもおかしくない20代や30代になっても一度も他人に対して恋愛感情が芽生えることがないのです。 しかし、アセクシャルの人は、 そもそも恋愛感情がどういった感情なのか理解することができていません。 そのため、漫画やドラマのストーリーを理解したり、楽しむことができたとしても、登場人物が手を繋いだり、キスをしているシーンを見たところで胸がドキドキすることがないのです。 そのため、愛情を抱いている人と一緒にいたい、同じ時間を過ごしたいという気持ちを抱くこともあるのです。 しかし、その愛情は恋愛感情とは別の感情なので、好きな人と一緒にいてドキドキしたり、好きな人と手を繋いだり、キスやセックスをしたいという気持ちを抱くことはないのです。 アセクシャルだと気付くきっかけ では、アセクシャルだと気付くきっかけをみていきましょう。 他人との感覚の違いやズレを感じた• 今まで一度も恋をしたことがない 続いて、アセクシャルだと気付くきっかけを、それぞれ詳しくみていきます。 中村さんは それを買い物に付き合ってという意味でとらえて「いいよ」と答えてしまったそうです。 しかし、女性の方は男女のお付き合いという意味でとらえているので、なかなか恋愛として発展しないことから、次第にその女性は中村さんから離れていき、周りの人からも「あなたが悪い」と言われてしまったそうです。 それから、 自分の感覚と周りの人の感覚にズレがあることを認識されたことがきっかけとなったそうです。 しかし、20代や30代になっても恋をしたことがないとなると、さすがに 「周りの人と自分は何かが違うのではないか」と疑問を抱く人も少なくないのです。 そして、セクシャルマイノリティについて徐々に知られるようになった現代では、このようなセクシャリティがあることを知って、自分がアセクシャルであることを自覚する人も増えてきているのです。 また、中学生や高校生であれば、今まで一度も誰かを好きになったことがなかったり、お付き合いをした経験がないというのは不思議なことではありません。 しかし、 成人を過ぎても恋をしたことが一度もない場合は、アセクシャルである可能性も十分に考えられます。 ただ、セクシャリティがノーマルの人でも成人を過ぎて一度も恋をしたことがないという人は少なからずいます。 そのため、これだけではアセクシャルなのか判断するのは難しいところでもあります。 こういった人は、そもそも恋愛漫画やドラマを見て「キュンってする」という意味が分からないのです。 そのため、他ジャンルの漫画やドラマのように、ストーリー自体は普通に楽しめても、登場人物の気持ちに共感しながらストーリーを楽しむことはできないのです。 しかし、アセクシャルの人は恋愛感情そのものを理解することができないので、 友人が恋バナをしていても話の内容に興味を持つことはありません。 好きな人や彼氏のことで楽しそうに話している友人を目の前にして、一体何がそんなに楽しいのか理解することができないのです。 つまり、恋愛感情がないからといって、家族や友人を愛する気持ちがない冷たい性格ではないということです。 ただ、こういった人は、恋愛感情としての「好き」と、家族や友人に抱くような「好き」という感情が どのように違うのか理解することができません。 他人に対して恋愛感情を抱く人であれば、恋愛感情と家族や友人に抱く愛情の違いは上手く説明できなくても何となく理解できているはずなのです。 アセクシャルの人の快適な過ごし方 では、アセクシャルの人の快適な過ごし方をみていきましょう。 信頼できる相手にセクシャルマイノリティの理解を促す• 恋バナは適当に相槌を打って聞き流す 続いて、アセクシャルの人の快適な過ごし方を、それぞれ詳しくみていきます。 そのため、他人に対して恋愛感情や性的欲求を持てないということを周りの人に理解してもらうのはなかなか難しいようです。 しかし、「LGBT」をはじめとしたセクシャルマイノリティへの理解は徐々に深まってきています。 そのため、心の底から本当に信頼できると思った人であれば、 「実はアクセシャルなんだ」とカミングアウトしてみるのも良いでしょう。 そして、アセクシャルがどのようなセクシャリティなのか理解してもらえるように説明してみると良いかもしれません。 そのため、アセクシャルであることを理解してもらえないような相手であれば、 無理をしてその人にカミングアウトする必要はありません。 そして、その人と恋バナをする機会があれば、そういった話は適当に相槌を打って聞き流すのがベストな方法です。 アセクシャル以外のセクシャリティ では、アセクシャル以外のセクシャリティをみていきましょう。 レズビアン• バイセクシャル• トランスジェンダー• パンセクシャル• セクシャルフルイディティ• Xジェンダー• クエスチョニング 続いて、アセクシャル以外のセクシャリティを、それぞれ詳しくみていきます。 ちなみに、身体の性は男性であっても、自分のことを女性だと思っているのであれば、たとえ女性のことが好きでも、その人のセクシャリティはノーマルではなくレズビアンということになります。 ちなみに、ゲイの場合も身体の性は女性であっても、自分のことを男性だと思っているのであれば、たとえ男性のことが好きでも、その人のセクシャリティはノーマルではなくゲイということになります。 バイセクシャルの場合は、レズビアンやゲイと違って、身体の性はもちろんのこと、自身の性自認も関係がありません。 つまり、女性と男性のどちらの性に対しても恋愛感情や性的欲求を抱くのであれば、その人のセクシャリティはバイセクシャルということになります。 なお、トランスジェンダーは大きく分けて「トランスセクシュアル」「トランスヴェスタイト」「狭義のトランスジェンダー」の3種類に分類することができます。 「トランスセクシャル」とは、身体の性と性自認が一致しておらず、それによって嫌悪感や違和感を覚えている人のことを指します。 次に「トランスヴェスタイト」とは、「クロスドレッサー」とも呼び、身体の性と性自認は一致していても、自分の性とは異なった服装をする人のことを指します。 最後に「狭義のトランスジェンダー」とは、性自認と周りの人から見られる性が異なる人のことを指します。 例えば、身体の性と性自認が女性でも、周りの人からは男性にみられるという場合は狭義の意味でのトランスジェンダーということになります。 そして、これらの3種類を全て包括的に表現したものが、広義のトランスジェンダーということになります。 「パンセクシャル」は「バイセクシャル」と混同されやすいのですが、2つの違いとしては、「相手のセクシャリティを意識するかしないか」という点が挙げられます。 バイセクシャルの人は「女性」と「男性」という性を意識した上で人を好きになります。 一方パンセクシャルの人は、「そもそも人を好きになるのにセクシャリティは関係ない」という考えを持っているので、相手のセクシャリティを意識することなく人を好きになることができるのです。 セクシャルフルイディティの人は女性と男性のどちらも恋愛感情を抱く可能性があります。 そのため、「バイセクシャル」と混同されやすいのですが、バイセクシャルの人は「自分は女性と男性の両方が好きだ」ということをはっきりと自覚しています。 したがって、相手のセクシャリティを意識した上で人を好きになりますし、女性と男性の両方に当てはまらない人に対しては恋愛感情を抱きません。 一方セクシャルフルイディティの人は、好きになった人がたまたま女性だった、たまたま男性だったというだけで、相手のセクシャリティを意識して人を好きになることがありません。 つまり、両者には「相手のセクシャリティを意識した上で好きになるのかならないか」という点に大きな違いがあるのです。 一般的に言うセクシャリティは「女性」と「男性」の2種類しかありませんが、Xジェンダーの人の場合は、男女の枠に自分を当てはめることに違和感を覚えている人が多いです。 そのため、自分は女性と男性の中間にいると認識している人もいれば、女性と男性のどちらでもないと認識している人もいたりと、Xジェンダーの人の性自認は人それぞれ異なります。 また、「女性」や「男性」のようにセクシャリティをはっきりと定める必要があるのが疑問を抱いており、あえて自分の性自認や性的指向を定めていない人もクエスチョニングであると言えます。 様々なセクシャリティがあることを知り、理解を深めていくことが大切です! アセクシャルの人は、周りの人から単純に恋愛やセックスに興味がない人だと思われたり、人間嫌いで性格が冷たい人といった誤解を受けてしまうことも少なくありません。 しかし、恋愛感情を抱くことができないだけで、家族や友人に抱くような愛情や友情は当然のように抱きます。 また、世の中にはアセクシャル以外にも様々なセクシャリティが存在します。 セクシャルマイノリティについて偏見を持つ人が大勢いるのも事実ですが、 これからは様々なセクシャリティがあることを受け入れて理解を深め、偏見を持たずに普通の一人の人間として接していくことが大切なのです。

次の

性的嫌悪など…アロマンティック・アセクシャル簡単診断テスト5つ

アセクシャル 診断

記事の目次• アセクシャルとは何か アセクシュアルとは、恋愛感情が全くなく、性的な欲求もない人のことです。 見た目はごく普通の人であり、女性にも男性にもいます。 性格も、優しい人も多く存在しています。 恋愛することが一切ない人 アセクシャルは、全く恋愛をしない人のことを言います。 日本では、「無性愛者」と呼ばれることもあります。 ある調査によると、世界のおよそ1~2パーセント程度の方が、このアセクシャルであるとも言われています。 誰かを恋愛対象としてみることができないのはもちろん、性的な関係を求めることもありません。 もちろん、見た目はご普通の方と同じなので、全くそれが分かりません。 容姿を見ても、普通の方もいますし普通よりもかなり上の方もいます。 また、若い方に増えていると聞くこともあります。 恋愛対象として誰かを見ることが難しいと言うと、なんだか冷たい人のように感じる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。 恋愛感情や性的欲求がないだけで、後は一般的な人と同じです。 思いやりがある人、優しい人もたくさんいます。 アセクシュアルの診断セルフチェック10項目 恋愛に興味がないと思っている人の中には、単にまだ理想の人に出会ってないだけの人もいます。 また、恋愛よりももっと興味がある事があるため、そちらに注目しているだけの人もいます。 ここでは、アセクシュアルの診断セルフチェックについて紹介します。 異性に対する恋愛感情が湧かない 好きなものや好きだなと人はたくさん想像できるかと思いますが、恋愛感情だけは別物です。 心の中は、いつもその人で埋め尽くされてしまいます。 アセクシュアルの場合、誰かを思い胸がキュッとなるようなことがありません。 誰かと特別な関係になりたい、誰かの特別な人になりたいなどの欲求もなし。 誰かを思い、会いたくて会いたくて辛く感じるようなこともありません。 異性に憧れることもありません。 友人の恋愛話に興味がない ある程度の年齢になると、いわゆる「コイバナ」に花を咲かせることが多いものですが、そういった内容の話に全く興味がありません。 コイバナで盛り上がっている友達を目のまえにして、何がそんなに楽しいのか全く理解できません。 好きな人から好きになってもらうために、メイクやヘアスタイルを工夫して綺麗だと思ってほしいなどの気持ちも理解できません。 どうしてそんなに、恋愛の憧れるのか理解することも難しく感じます。 他人に対して性的な興味が芽生えない 魅力的な人を目に前にした時に、キスやハグ、セックスなどをしたいと思ったことが全くありません。 また、好きな人と、肉体関係を結びたいとも思いません。 しかしながら、性的な欲求がなくても、一つの貴重な体験として自分で実際に経験してみたいといった興味を持つ人はいます。 恋愛ドラマや映画に共感できない ロマンチックな場面や、甘く切ないストーリーに涙している仲間を横目に、なぜそんなに感動しているのか全く分かりません。 何が面白いのかさっぱり分からない。 好きな人のために、自分を犠牲して助けたいとか、好きな人の幸せのために、自分が身を引くといった行動のどこに感動するのかさっぱり理解できません。 恋愛ドラマやや映画よりも、他のジャンルのドラマや映画の方が楽しいと思います。 恋愛感情を説明されても理解できない 恋愛感情を上手く説明するのは、誰が話すとしてもなかなか難しいことです。 これは、実際に自分が経験して初めて分かるようになるものです。 しかし、なんとなくならイメージすることができるもの。 ところが、誰かに恋愛感情についての説明をされても、全く理解できません。 四六時中、頭の中に好きな人が存在し、その人をいつも意識してしまうといったことも分からない。 好きな人が他の人と仲良くしているところを見ると、悲しくなったり嫉妬したりするといったことも理解することができません。 LGBTの恋愛観にも違和感がある 恋愛の形は様々です、最近は、LGBTの方が自身のそれについて告白することも多くなってきたように感じます。 アセクシュアルの場合、こういった恋愛観についても違和感があります。 過去に性的なトラウマはない かつて、性的なことで嫌なことを体験したことがある人は、恋愛に対して否定的になったり距離を置きたがったりすることがあります。 また、異性に対して怖いと感じる場合もあります。 しかし、生まれてからこれまで、そういったトラウマになるような経験がありません。 異性に対する恐怖も感じません。 それでも、特別恋愛に憧れるようなことがありません。 恋人がいなくてもつらく感じることはない 恋人がいなくても、全くつらいと感じることがありません。 また、寂しいとか誰でも良いから恋人がほしいといった焦りも感じません。 家族への愛情は理解できる 恋愛感情が今一つ分からなくても、家族への愛情を理解することができます。 自分にとって家族の存在が特別なものであり、大切なものであることをよく理解しています。 恋愛恐怖症と聞かれて違和感があった 恋愛に興味がない人や、恋愛したいと思わない人がいる場合、恋愛に対して嫌な思い出があったり不愉快な経験があったりするのではないかとおもわれることもあります。 その為、中には恋愛恐怖症なのかと聞いてくるような人がいます。 恋愛恐怖症とは、恋愛に興味がないわけではなく、何かしらの理由があって恋愛することに恐怖を感じている状態です。 しかし、質問されても恋愛が怖いと思っているわけではありませんので、答えはノーになります。 恋愛が、怖いとも嬉しい楽しいとも思わないのです。 アセクシャルが快適に過ごす方法 信頼できる相手なら性的マイノリティへの理解を促す 本当は色々なタイプや価値観があって良いはずなのに、どうしても多数決で多い方が常識とされやすい傾向があります。 アセクシャルは、わずか2パーセント程度しかいない為、人に理解されるのがなかなか難しいようです。 しかしながら、最近は様々な性的マイノリティがあることを多くの人が知り始めているので、必ず理解してくれる人がいるはずです。 あなたに、もし心から信頼できるような人がいるのであれば、打ち明けてみても良いかもしれません。 相談が難しい相手なら恋愛話は適当に受け流す 中には、自分の意見や価値観以外の全てを受け入れたり、ありのまま受け入れたりすることができない人もいます。 そして、上からご指導してくることもあります。 相手がこういったタイプであることを知っているのであれば、無理して告白する必要はありません。 話が面倒くさくなるだけだからです。 性的マイノリティについての相談が難しい相手なら、恋愛話は適当に受け流すのが一番です。 肯定も否定もしないで、「そうなんですね」と言って、さらりと流してしまいましょう。 まとめ アセクシュアルは、およそ2パーセントいると言われています。 性的マイノリティについて理解できる人ばかりではありませんので、相手を見てから告白したり相談したりするようにするのがオススメです。 アセクシュアルの特徴は、恋愛感情が理解できなかったり、全く興味がなかったりすること。 性的な欲求もありません。 過去に、恋愛野性的なことで不快なことがあったわけではないのに、恋愛に興味がないのです。 もちろん、恋愛恐怖症でもありません。

次の

その違和感はアセクシャルが理由かも!無性愛者の個性を理解しよう

アセクシャル 診断

1:アセクシャルって何?診断できるの!? アセクシャル(アセクシュアル・エイセクシャルとも言う)は、セクシャルマイノリティのひとつとされる言葉です。 しかし、日本ではまだ認知されておらず、多くの人がその存在すら知らないというのが現状です。 まずは、その意味を確認致しましょう。 アセクシャル(無性愛)とは、自分の性に対する認識がどうであるかにかかわらず、他者に対して性的欲求と恋愛感情を抱かない人を指します。 最近では、性的欲求を抱かない人のことをアセクシャルといっている場合がありますが、性的欲求を抱かない人は本来はノンセクシャル(非性愛)であるため、その定義が曖昧になって認知されているのではないかと筆者は考えます。 このように、セクシャルマイノリティは複雑です。 もし自分がアセクシャルかどうか気になった場合は、まずは専門家に相談してみるのがいちばんです。 しかし、自分がアセクシャルかどうか診断する手がかりのひとつとして、今回はアセクシャルと、それに近いデミセクシャルの特徴についてご説明します。 自分自身や親しい人が「アセクシャルかも……」と思っている場合は、参考にしてみてください。 2:アセクシャル診断テスト!アセクシャルの特徴5つ まずはアセクシャルの特徴を5つ紹介していきます。 (1)恋愛をしなければいけないのかと考えてしまう アセクシャルの人は、恋愛が嫌いなのではなく、相手に対して恋愛感情を抱くことができません。 そのため、世間から「恋人はまだできないの?」「いつ結婚するの?」と言われると、「恋愛はしなければいけないものなの……?」と考えてしまい、それによって非常に強いストレスを感じてしまいます。 またそういった環境から、無理やり恋人をつくっても、苦痛に感じてしまうだけかもしれません。 (2)付き合った相手に恋愛感情を持てない 自分から恋愛をしようと思わないため、他者からの刺激を受けない限り、告白する機会がない人が多いでしょう。 恋人をつくることはありますが、たいてい相手から告白されて、「後から好きになればいい」と思って付き合うというケースに。 しかし、それで相手を人間として好きになることがあっても、それが恋愛感情からくるものかと問われると、肯定しがたいです。 (3)恋のドキドキ感と言われてもわからない 好きな人ができると、胸が高鳴って心臓がキュッと締め付けられるような心持ちがしますよね。 それは一般的には、恋のドキドキ感と表現することが多いでしょう。 しかし、理論上はわかっていても、アセクシャルには実感として理解ができません。 恋愛漫画もあくまで物語として楽しんでいます。 そのため、心から共感することが難しいのです。 (4)友情恋愛が多い 恋愛することができないわけではありません。 しかし、恋愛感情を持つことができないため、その代わりの「情」を必要とします。 多くの場合、友達の延長で恋愛関係に進展するため、アセクシャルは友情恋愛が多いと言われています。 しかし当人としては、肉体関係を築く以外に、ほかの友達との明確な違いを感じていないことも、特徴のひとつとして挙げられるでしょう。 (5)どんなに好きでも性欲がわかない 相手を人間的に好きに思えば、恋愛感情がわからなくても、愛を深めることは可能です。 ときには「この人となら結婚したい」と思うこともあるでしょう。 しかし、それほどまでに相手のことを思えたとしても、性欲を抱くことができません。 ただし肉体関係を築くことができないわけではありません。 性欲ではなく、純粋な愛から行為に及ぶことはできるでしょう。 3:デミセクシャル診断テスト!デミセクシャルの特徴5つ アセクシャル(無性愛)とノンセクシャル(非性愛)は、恋愛感情の有無で違いを確認することができますが、さらに近いものに「デミセクシャル」があります。 デミセクシャルとは、基本的に恋愛感情や性欲がないものの、ごく一部に対して性欲を抱くことがある人を指しています。 精神性を大切にするため、好きになる対象が異性とは限りません。 ここからはデミセクシャルの特徴をお伝えします。 (1)親友だと思っていた人のことを好きになる デミセクシャルは、絆などがきっかけで、恋愛感情や性欲が生まれることがあります。 そのため、仲の良い親友だと思っていた相手に対し、いつのまにか恋愛感情を持っていた……と気づくこともあるのです。 人に対してまったく恋愛感情を持てないのではなく、親しくなったごく一部に対してのみ恋愛感情を持つため、ひと目惚れはしません。 (2)親友とのエッチな想像ができてしまうこともある 深い絆を持つことで性欲を持つため、親友と行為に及ぶ想像をしたときに、ムラムラする感覚を覚えることもあります。 一方で、アセクシャルは性欲をまったく持たないため、この「ムラムラ」という言葉すら理解できず、どういった状況かを想像することも困難です。 ちなみにアセクシャルである筆者も、いくら辞書を引いても「ムラムラ」の意味をきちんととらえることができていません。 (3)「後から好きになればいい」が通用する 恋愛感情が極めて薄いため、よほどのことがない限り自分から恋愛感情を持つことがありません。 しかし、相手から告白されて、試しにお付き合いしてみたところ非常に気が合い、その人を愛することができたなら、恋愛感情を持つことが可能です。 先ほど説明した「後から好きになればいい」というスタンスは、アセクシャルであれば通用しませんが、デミセクシャルであれば起こり得ます。 (4)本当に愛した相手には性欲を感じる デミセクシャルの場合、心から愛した相手には、性欲を感じます。 そのため、自分から行為をしたいという感情を持つことができます。 アセクシャルの場合には、ハグもキスもエッチもそれほど大差がないととらえることも。 筆者の場合、好きな相手といちばん密着できるという理由からエッチは好きですが、それは性欲からくるものではありません。 よってタイミングやムードもなければ、欲求の波もありません。 いつでもOKというような状態にあります。 (5)恋のドキドキ感を知るチャンスはある 強い絆が恋愛や性欲を引き出すため、人をなんらかのかたちで愛することができたならば、恋のドキドキ感を知るチャンスはいくらでもあります。 そのため、本気で人を愛することができずに「自分はアセクシャルだ」と思っていた人が、ふとしたことがきっかけで深いつながりをもった人に愛情を感じ、デミセクシャルだったと気づくこともあるでしょう。 4:アセクシャルの有名人っているの? 言葉自体があまり知られていないため、今のところアセクシャルを公言している有名人は極めて少ないようです。 そんな中、自身でアセクシャルであることを公言している人たちをご紹介します。 (1)東友美さん 自撮り写真をあげると「俺に喧嘩を売っている」と解釈し(何故なのかはわからない)、嫌がらせメールを送って来る方がいるので余程のことがないと自撮りは上げなかったのですが…余程のことがあるのであげます? 当時34歳でしたが、人を好きになったこともなければ、自分に降りかかる恋愛にも興味がないと語っています。 彼女のTwitterでは、マイノリティに関する相談も受けているようです。 (2)なかけんさん メンバーのなかけんです? アセクシャル ノンセクシャル を自認しています! 自身の過去のことや、今もある揺らぎのことなど、幅広くお話ししていきたいです? メンバーとの会話を交えながら、多様な性について皆さんと一緒に考えていけたらと思っています! よろしくお願いします?? アセクシャルを含め、マイノリティについて情報を発信する「性性堂堂」を始めたきっかけは、LGBT勉強会によるもの。 違うセクシャリティの人と話すことでお互いに理解を深められると感じたことが、その始まりだったそうです。 5:まとめ アセクシャルは、デミセクシャルやノンセクシャルと混同しがちですが、そのいちばんのポイントは、恒常的に恋愛感情も性欲も持つことができないところです。 ただ、上記のセクシャルマイノリティすべてに言えるのは、恋愛において恋人とのギャップと戦うことが多いということでしょう。 自分自身がマイノリティであることがわからないために苦しみを抱えている人は多くいるため、こういった言葉や概念がもっともっと認知されていってほしいと、筆者は考えています。 この記事を書いたライター 青木 エイミー A. Aoki 日本とカナダ人のハーフ。 「アセクシャル」ゆえに恋愛がよくわからず、脳科学や心理学から、恋愛を研究。 その経験を生かして、現在は恋愛やオトナ系記事のWEBライターとして活動中。 また、「遺伝子レベルで惹かれた」としか言えないひと目ボレをきっかけに、LGBTQの彼氏と婚約中。

次の