ねずこイラスト書き方。 竈門禰豆子 (かまどねずこ)とは【ピクシブ百科事典】

女の子の可愛い目の描き方!イラスト上達テクニックも伝授!

ねずこイラスト書き方

--もくじ--• プロ直伝!かわいい猫のイラストを簡単に描く方法! 「猫のイラストを可愛く描きたい・・・」 そんなお声にお応えして、 実は本業は画家!の筆者が、猫の簡単な書き方をご紹介します! 猫は特徴を捉えれば、誰でも簡単に書けます! 子どもも大人も猫を描いて楽しみましょう! 猫の顔のシルエット まずは猫の顔のシルエットを描いてみましょう。 猫と言えば、このシルエット。 ピーンと立ったお耳は、さんかく。 耳の中を表現するのに同じく三角形で色を塗るといい感じになります。 ひげを描く 次におひげを描きましょう。 キティちゃんにもニャロメにも。 猫におひげは付き物。 二本でも三本でもいいですよ。 あまり多くするとイラストとしては微妙なので、三本までかな。 リアルな絵の場合は、おひげはいっぱい書いていいですが! 鼻と口を描く お鼻とお口を描きましょう。 これは他の動物も似ているパーツですね!犬のイラストもこれでいけます。 口の描き方はこんなふうにアレンジしてもOK! 目を描く 猫のかわいさの特徴と言えば、つぶらな瞳! 大きめに描くとかわいいです。 黒目だけの、こんな目でもかわいいかな。 しっぽを描く 猫の体の特徴といえば、長いしっぽ。 しっぽの長さはお好きな長さで調整してね。 短いしっぽの子もいるしね。 前足・後ろ足を描く 後ろ足が特徴ありますよね。 大ジャンプもできる跳躍力がある猫の足。 今回は、色鉛筆で手書きしてみました。 線画ができあがったら、かわいく塗ってみて下さいね。 アレンジして、寝ているところ。 色々試して、描いてみてくださーい!! 今回ご紹介した特徴を押さえていれば、多少違っても、絶対猫に見えます! 関係ないけど、「猫」と「描」って感じが激似です。 ってどうでもいいことを書いてしまった・・・w 猫イラストの参考になる猫漫画 「ふくふくふにゃ~ん」こなみかなた ちなみに、猫の漫画もイラストを描く参考になります。 私が昔からよく読んでいたのは 「ふくふくふにゃ~ん」 三毛猫の「ふくふく」の表情が豊かで、ほんわかとした日常を描いた作品。 ふくふくの友達の猫や、飼い主のおばあちゃんも本当にいそうでかわいい。 とにかくふくふくの表情がいい。 これに尽きる。 amazonをチェックしたところ、今は中古本しかないのかなー?? と、思ったら2017年に新刊出てました!! 「チーズスイートホーム」こなみかなた チーズスイートホームもかわいいです。 全12巻。 え、こちらも「ふくふくふにゃ~ん」と同じ作者さんだったのですね!(まさかの気付いてなかった!ww) ふくふくは大人の猫でしたが、ちーは子猫。 家族とはぐれてしまって、山田さん一家に拾われます。 こなみかなたさんの描くねこはかわいくて、キャラクターとしても秀逸で、個人的に好きです。 「わちふぃ~るど 猫のダヤン」池田あきこ 池田あきこさんが作り出す「わちふぃーるど」という世界の中の主人公・猫の「ダヤン」 こちらも昔から大好きです! なんと「ダヤン生誕35周年アニバーサリーBOOK」が出ているではないですか・・・!!(買おう) ダヤンは特徴のある目の描き方で、二足歩行です。 懐かしい・・・ 「カボチャの大冒険」五十嵐大介 田舎で飼われている猫・カボチャと、主人公の田舎暮らしが描かれています。 著者の五十嵐大介さんは、実際に田舎での自給自足の暮らしを長年されたそうで、描写がかなりリアルです。 映画化されたも田舎暮らしの話で、こちらは「食」にスポットが当たっていました。 とても絵の上手い方で、表現方法も多才。 ほれぼれします。 ねこの描き方もさすが! オススメなのでぜひ読んでみてください。 まとめ 猫の簡単な描き方をまとめてみました! いかがだったでしょう? これなら 「絵心ないから・・・」と思っている方でも簡単に描けると思います。 ぜひチャレンジしてみてね。

次の

7. かんたんに描けるかわいい動物

ねずこイラスト書き方

ここではミニキャラと言ってますが、ミニキャラは主に、2頭身キャラと3頭身キャラがあります。 アタリ線を描くとき、2つの丸の大きさが大体同じように描くといいです。 頭、身体、足のバランスに気をつけて描くといいです。 ちょっと似てるけどね。 このような場合、ここが特徴になってるので、ミニキャラも同じように目の中の、黒目部分を描くと似てきます。 また、髪型は輪郭の形を変えないように省略(描線を減らす)してます。 かわいいコスプレイラストを描いてみたいな〜っと思ったことはないですか?…ということでミニキャラでコスプレキャラを描きたいと思います。 今回は服や小物などミニキャラクターをかわいく見せるパーツの描き方を説明していきますよ。 SDキャラ、ちびキャラを、かわいく描いてみよう〜! ミニキャラは2頭身、3等身のスーパーデフォルメキャラが中心で、線の数が少なくパーツが単純なので、普通の等身のキャラよりも簡単に描けるような気がしますよね。 ミニキャラといっても色々な書き方があるんです。 ここでは2パターンにしぼって描き方を説明します。 普通の等身のキャラクターを、小さくデフォルメしたものがミニキャラですよね。 (小さくデフォルメするコツについてはをご覧ください) それではデフォルメの種類を説明するので、下の絵(2つのキャラ)を比較して見てください。 ミニキャラのデフォルメは大きくわけて、アニメ風とマンガ風の2パターンがあります。 アニメ風は固めの線で、全体の印象がキリリッとした感じ。 マンガ風は柔らかいタッチで、全体の印象はもふもふって感じでしょうか…。 (マンガ風のミニキャラってハムスターっぽいよね) ちょっとした線の描き方(タッチ)の違いで、同じキャラでもぜんぜん雰囲気が違って見えますよね〜。 例なのでアニメ風、マンガ風のタッチがわかりやすいように線を誇張して描いています。 だからもう少し中間的なタッチもあります。 こちらも比較してみてください。 チビな幼児体系なので、男女差っていっても少ないですね。 大切なのは雰囲気でしょうか。 男の子らしさ、女の子らしさを感じられれば(絵心を持てば)描き分けられると思います。 鳥の仮装をしたキャラを描くので、隣に鳥の資料としてニワトリの絵を簡単に描いてみました。 2つをかけ合わせると、どんなキャラが産まれるでしょうか…。 ここから、キャラクターに着せる服を考えていきます。 最初に思いついたのが、ニワトリのデザインの帽子ですね。 次に思いついたのがニワトリのしっぽをイメージさせるような、ズボンのウエストについている長いリボンです。 下のえんぴつラクガキは、ニワトリのイラストを見て考えたデザインを、適当に描いたものです。 こんな感じで思いつくまま、ごちゃごちゃと描き出します。 では、ここでちょっと確認で〜す! 鳥の仮装をしたミニキャラを考えるといっても、左のような仮装になってはいませんか? アレ?…なんか左の絵ってちょっと違いますよね? 確かに仮装はしてますが(ギャグっぽい仮装にもみえますが)問題は「かわいい」かどうか。 わかりやすく言うと「このイラストが欲しい」かどうか…でしょうか。 今回、とりのコスプレなので動きのあるポーズ、飛び跳ねているポーズで描きたいと思います。 そこで普通の立ちポーズと、飛び跳ねているポーズの違いを説明します。 飛び跳ねているキャラは、この場合、足が前に出ているので、頭に対して胴体が小さくなります。 真正面から見た絵ではなくて、少しアオリ(下から見た絵)で描きます。 ミニキャラはすごく小さいため、体や手足のちょっとした長さの違いで、バランスが変になって、かわいくなくなってしまうので気をつけよう。 ここから色を塗るのですが、少し影の形を決めてから塗りはじめると、迷わずにスイスイ塗れると思います。 デジタルで塗る場合は、必要ないかと思いますが、コピックなどのアナログで塗る場合は、塗りミスを防ぐためには必要になるかな…と思います。 でも、 2頭身のミニキャラとは帽子のデザインが違っていますよね。 (今度はオカメインコ風?)卵の形のバッグもさげています。 ここでは簡単にイメージラフから、完成までの流れを見ていきましょう。 上の絵は3頭身ミニキャラのマンガ風タッチで描いたものです。 2頭身のデフォルメよりも髪の毛の線の数などが少し多めです。 同じキャラで2頭身と3頭身のイラストを描いたのでそれぞれのイラストの雰囲気の違いがわかるかと思います。 「イラストをどんなイメージにしたいか」考えて、頭身を決めるといいと思います。 上の絵は影はつけずに、簡単にモノクロで塗ったものです。 隣の3頭身の男の子キャラと比べてみると、髪の毛の塗り方の違いなどがわかると思います。 今回はピンポイントでキャラクターの描き方(女の子バージョン)などが載ってます。 キャラクターのつくり方(男の子バージョン)男の子らしいしぐさのコツなどが載ってます。 この本はディズニーイラストのHow to Drawブックです。 独特の動きやしぐさ、デフォルメなどのディズニーアニメの表現をていねいにわかりやすく解説しています。

次の

【簡単!ミニキャラの描き方】SD・ちびキャラをかわいく描くコツ

ねずこイラスト書き方

--もくじ--• プロ直伝!かわいい猫のイラストを簡単に描く方法! 「猫のイラストを可愛く描きたい・・・」 そんなお声にお応えして、 実は本業は画家!の筆者が、猫の簡単な書き方をご紹介します! 猫は特徴を捉えれば、誰でも簡単に書けます! 子どもも大人も猫を描いて楽しみましょう! 猫の顔のシルエット まずは猫の顔のシルエットを描いてみましょう。 猫と言えば、このシルエット。 ピーンと立ったお耳は、さんかく。 耳の中を表現するのに同じく三角形で色を塗るといい感じになります。 ひげを描く 次におひげを描きましょう。 キティちゃんにもニャロメにも。 猫におひげは付き物。 二本でも三本でもいいですよ。 あまり多くするとイラストとしては微妙なので、三本までかな。 リアルな絵の場合は、おひげはいっぱい書いていいですが! 鼻と口を描く お鼻とお口を描きましょう。 これは他の動物も似ているパーツですね!犬のイラストもこれでいけます。 口の描き方はこんなふうにアレンジしてもOK! 目を描く 猫のかわいさの特徴と言えば、つぶらな瞳! 大きめに描くとかわいいです。 黒目だけの、こんな目でもかわいいかな。 しっぽを描く 猫の体の特徴といえば、長いしっぽ。 しっぽの長さはお好きな長さで調整してね。 短いしっぽの子もいるしね。 前足・後ろ足を描く 後ろ足が特徴ありますよね。 大ジャンプもできる跳躍力がある猫の足。 今回は、色鉛筆で手書きしてみました。 線画ができあがったら、かわいく塗ってみて下さいね。 アレンジして、寝ているところ。 色々試して、描いてみてくださーい!! 今回ご紹介した特徴を押さえていれば、多少違っても、絶対猫に見えます! 関係ないけど、「猫」と「描」って感じが激似です。 ってどうでもいいことを書いてしまった・・・w 猫イラストの参考になる猫漫画 「ふくふくふにゃ~ん」こなみかなた ちなみに、猫の漫画もイラストを描く参考になります。 私が昔からよく読んでいたのは 「ふくふくふにゃ~ん」 三毛猫の「ふくふく」の表情が豊かで、ほんわかとした日常を描いた作品。 ふくふくの友達の猫や、飼い主のおばあちゃんも本当にいそうでかわいい。 とにかくふくふくの表情がいい。 これに尽きる。 amazonをチェックしたところ、今は中古本しかないのかなー?? と、思ったら2017年に新刊出てました!! 「チーズスイートホーム」こなみかなた チーズスイートホームもかわいいです。 全12巻。 え、こちらも「ふくふくふにゃ~ん」と同じ作者さんだったのですね!(まさかの気付いてなかった!ww) ふくふくは大人の猫でしたが、ちーは子猫。 家族とはぐれてしまって、山田さん一家に拾われます。 こなみかなたさんの描くねこはかわいくて、キャラクターとしても秀逸で、個人的に好きです。 「わちふぃ~るど 猫のダヤン」池田あきこ 池田あきこさんが作り出す「わちふぃーるど」という世界の中の主人公・猫の「ダヤン」 こちらも昔から大好きです! なんと「ダヤン生誕35周年アニバーサリーBOOK」が出ているではないですか・・・!!(買おう) ダヤンは特徴のある目の描き方で、二足歩行です。 懐かしい・・・ 「カボチャの大冒険」五十嵐大介 田舎で飼われている猫・カボチャと、主人公の田舎暮らしが描かれています。 著者の五十嵐大介さんは、実際に田舎での自給自足の暮らしを長年されたそうで、描写がかなりリアルです。 映画化されたも田舎暮らしの話で、こちらは「食」にスポットが当たっていました。 とても絵の上手い方で、表現方法も多才。 ほれぼれします。 ねこの描き方もさすが! オススメなのでぜひ読んでみてください。 まとめ 猫の簡単な描き方をまとめてみました! いかがだったでしょう? これなら 「絵心ないから・・・」と思っている方でも簡単に描けると思います。 ぜひチャレンジしてみてね。

次の