結婚 祝い 友達 相場。 結婚祝いのプレゼントを友達へ贈るときの金額とおすすめの選び方

【結婚祝い】友人に贈る場合の価格相場は?ケース別にご紹介!

結婚 祝い 友達 相場

友達にあげる結婚祝いの予算はいくらくらいですか? 結婚した友人にお祝いを贈る時に、世間では、どれくらいの額のどんな品物を考えているのだろうか。 今回はマイナビニュース会員のうち男女306名に、友人にあげる結婚祝いの予算はいくらくらいか聞いてみた。 友達にあげる結婚祝いの予算はいくらくらいですか? 1位 3万円 32. それはどうしてですか? あげる人は、どのようなものを選びますか? 以下「1万円」が27. 「3万円」を選んだ人は、ご祝儀として考えているようだ。 「ものより現金」派が多かったが、新婚生活はいろいろ入り用なのでありがたいだろう。 また縁起を担いで「割れない数字」として奇数である3万円を、という理由を書いてくれた人もいた。 「1万円」を予算にしている人は、「現金」「商品券」や「カタログギフト」の他、「掛け時計」「お花」「バスタオルやシーツ」「食器」「コーヒーメーカー」「写真立て」「芳香剤」など生活雑貨を贈ろうと考えている人が多かった。 「相手に気を遣わせない程度の妥当な額」という意見も見られた。 「5,000円」「3,000円」を選んだ人たちは、ほしい品を本人に聞いて、友人何人かでまとめて贈る、というケースも多いようだ。 アンケートを見ると、結婚式に呼ばれたらご祝儀として3万円、呼ばれなかったらお祝いの品を1万円分、というのが一般的な相場のよう。 友人同士で一律の値段を取り決めているオープンなグループもあるようで、これは周囲の値段を気にしなくていいので、非常に助かるだろう。 いずれにせよ、おめでたい結婚のお祝い、お互いに気持ち良く贈り贈られる関係でありたいものだ。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【結婚祝い】友人へのプレゼント予算金額と贈るタイミング、マナーって?

結婚 祝い 友達 相場

自分の披露宴で頂いた額と同額を目安に 自分の結婚式に出席してくれて、ご祝儀も包んでくれた友達が、結婚式は親族のみ、もしくは入籍だけってこともありますよね。 その場合のお祝いは、やはり頂いた額と同額を目安にするといいようです。 ご祝儀には引き出物や料理などの費用が含まれていると考えるなら、1万円くらいの減額はアリかもしれませんが、あまりに少ない額のお祝いは印象がよくないようですよ。 また、現金を渡すだけでは味気ないと思う人も多く、現金プラス品物を贈るケースも多いようです。 3万円のご祝儀をいただいたのなら、2万円の現金と1万円の品物をお祝いとして贈るなど。 「親しい仲にも礼儀あり」ですから、お祝いをしてもらったのなら、その分のお返しはきちんとしておきたいですね。 ご祝儀も包む場合は、連名で一人当たり5000円くらい 披露宴に出席する場合でも、お祝いの品を贈ることはありますよね。 特に、他に出席する友人と連名でプレゼントを贈る場合が多いのではないでしょうか。 私も友達の結婚式のときは出席する他の友達とお金を出し合って可愛い部屋着をプレゼントしましたし、自分の結婚式のときも連名でプレゼントをもらうことが多かったです。 この場合、ご祝儀も包むのですから、プレゼントは気持ち程度の額でいいのではと考えます。 あまり高価なものをもらってしまうと、引き出物の他に内祝いを贈らなければと考えてしまうからです。 私が友達とプレゼントを贈った時は、社会人になりたてということもあって、一人2000円くらいの金額でした。 それでも5人いれば1万円のものが買えます。 ネットで調べてみると、「一人当たり5000円くらいの予算で考える」という書き込みが多かったので、5000円くらいが一般的なのかもしれません。 一人5000円であれば、それなりのものは買えますから、一つの基準にしてもいいのでは。 上記の金額はあくまで相場、目安であり、絶対にこうでなければいけないという決まりではありません。 まずは「お祝いをしたい」という気持ちが大切ですから、金額にこだわりすぎず、相手との関係性や性格によってお祝いの品を決めてもいいのかもしれません。 その気持ちが伝われば、友達もきっと喜んでくれるはずです。

次の

【最新版】本当に喜ばれる♪結婚祝い30選|選び方からマナーまで完全ガイド

結婚 祝い 友達 相場

特に仲の良い友達の場合 仲良しのお友達の場合は基本的には披露宴に招待される事が多いと思います。 特に事情が無ければ出席し、そこでご祝儀を渡すはずなので、それ以外にプレゼントを用意しなくても大丈夫です。 もし同じくらいの仲良しのグループ合同で渡すなら、 プレゼントは一人当たり大体5000円程度で選びましょう。 普通に仲が良いお友達の場合 普通程度に仲がいいお友達の場合は、披露宴に行くかどうかで少し変わってきます。 披露宴に出席の場合 披露宴で別途ご祝儀を渡すので 基本的には別それ以外にプレゼントを用意しなくても問題ありません。 もし連名でプレゼントを用意する場合は 一人当たり3000円くらいで十分でしょう。 披露宴に欠席の場合 披露宴に行かない場合は、少し上乗せして 1万円程度で選びましょう。 この場合も複数人であれば一人当たりはもう少し低い金額で大丈夫です。 職場の同僚や趣味サークルの仲間の場合 こういった同じグループの仲間の場合は大人数で渡すことになるので、一人当たりの金額はぐっと抑えられます。 一人当たりの金額が2~3000円でも、10名程度集まれば2~3万円の良いものが選べますね! 2~3000円なら出す方も抵抗が少ないですし、なるべく大人数でお祝いしてあげるとお互いに嬉しいかもしれません。 結婚祝いプレゼントのマナーって? 人生に1度かもしれない結婚のお祝いは、ご結婚されるご本人にも、そのご家族にとってもとてもおめでたいことです。 選ぶ品や贈るタイミングにはマナーがありますので、ぜひ一度把握しておきましょう。 プレゼントのお品選びのマナー 結婚式でのお祝いのスピーチに 「忌み言葉(切れる、別れる、捨てる等)」があるように、悪いイメージに繋がりかねないお品は、昔からお祝い品としてタブーとされています。 例えば「(縁が)切れる」からくる 包丁やハサミ、「割れる、壊れる」のイメージの 食器やガラス製品、鏡などです。 上記は昔からのマナーですが、最近では若い人たちはあまり気にしない方も多いようです。 加えて、ご本人が希望される場合はもちろん問題ありません。 上記のお品は複数あってもなかなか使う機会がありませんので、ご本人からのご希望以外は逆に邪魔になったりする可能性もあるので、控えた方が無難かもしれませんね。 結婚祝いを贈るタイミングは? 結婚祝いはこれから結婚する二人に贈る贈り物のことです。 そのため贈るタイミングとしては、 ご本人から結婚のお知らせや披露宴の招待状を頂いてから、挙式の1カ月~2週間前くらいには贈りましょう。 思ったより早いタイミングですよね。 挙式の直前や当日に持参することは、挙式や披露宴の準備で忙しくしている先方にご迷惑になる為極力控えましょう。 そしてもし挙式の後になってしまったとしても、送り状やメッセージカード、または直接ひとこと添えておけば非常識にはならないので安心してください。 結婚祝いの渡し方 相手への渡し方は郵送でも直接手渡しでも問題ありません。 ただ、重い物やかさ張るものは直接お渡しするとご迷惑になりかねない為、郵送にすると良いでしょう。 郵送の場合の注意点は、入籍・結婚式前後に引越しをする方が多いため、 送り先は本人に必ず確認しましょう。 また、引っ越し直後だと片付け等大変かもしれませんので、 1週間程度はあけて到着すると良いですね。 ご友人のご結婚、おめでたく幸せな気持ちになりますね。 お祝いの気持ちのこもった温かいプレゼントがお贈りできると良いですね!.

次の