ワイン に 合う 食べ物。 すべて15分以内に作れる!ワイン嫌いでもワインが好きになる!ワインに合う料理(つまみ)の レシピ 14選

白ワインの料理特集!ワインに合う絶品料理&料理用のワインまでご紹介

ワイン に 合う 食べ物

お酒の楽しみの一つに、お酒と一緒に楽しむ食事です。 特にワインは、マリアージュという言葉があるくらいに食事には本当に合うお酒ということが出来ます。 実際に、赤ワインには肉料理が合い、白ワインには魚料理が合うと言われるくらいに、ワインと食べ物は切っても切れないほど密接なものと言うことがいえます。 これは、ワインを飲みながら、ワインに合う食べ物を食べると、その食べ物の旨味などが口の中で広がり、なんとも言えない美味しさを感じますよね。 赤ワインの場合ですと、何と言ってもお肉とかがものすごく合いますし、白ワインというと魚料理が合うとされています。 どうしてワインによって合う料理が違ってくるのかということは説明するのはなかなか難しいところですが、ワインの作り方によってワインの味が決まってくるので、その製造法が影響しているのでしょう。 赤ワインの場合は、基本的にぶどうの実だけ使ってワインを製造しますし、白ワインの場合は皮を含めたぶどうのすべてを使ってワインが製造されます。 これらの製造法やワインの樽によってもワインの味が随分変わってきますので、これらの様々な要因や気候、土地の土壌などでワインの味が決まってきます。 ワインにも合わない食べ物がある そんな料理にぴったりなワインでも、相性の悪い食べ物があります。 相性の悪い食べ物といのは、どのお酒にもあり、ワインだけではありませんが、ここではどういう食べ物がワインに合わないのかということをご案内します。 もちろん、ワインに合わない食べ物というのは、人には食べ物に対して好き嫌いがあるように、個人差がありますから、すべての人に合わないということではないということをあらかじめご案内をしておきます。 ワインと魚卵の相性はとても悪い 先ずワインと合わないとされているのは、魚卵です。 一方でワインとお寿司は実はすごく合うとされていて、これはとても不思議な現象です。 実際にお寿司は、タレの付いていないネタはスパークリングワインとの相性が抜群で、タレが付いている穴子、濃厚な味わいの大トロは、赤ワインとの相性も抜群とされています。 ただ、和食のように生魚を食べる日本の文化と基本的には火を通したものを食べるヨーロッパの食文化と言うのは、相性を見出すのはなかなか難しく、特に魚卵の場合、ワインとの組み合わせが良くないとされているのは、ワインで魚卵を食べるとその生臭さが際立ってしまいます。 実際にどうしてそのようなことになるのかというと、魚卵には多くの過酸化脂質が含まれているので、鉄分と組み合わさると、生臭み成分を生んでしまい、そのため、魚卵とワインの組み合わせが合わないという結果になるのです。 次に具体的な魚卵とワインについてお話をします。 先ず、ワインとイクラですが、辛口の白ワインで食べるとかなり生臭があるようです。 特に相性が悪いとされているのは、数の子です。 数の子は、ニシンの卵です。 数の子には、卵巣を乾燥させて「干数の子」と塩漬けにした「塩数の子」があります。 こちらはインターネットで検索してみるとよくわかりますが、ワインとの相性が最悪で 生魚をそのままかじった感覚とか、生ゴミを食べている感じなるとか、ワインを飲みながら数の子を口にすると、口の中にサビの味が広がるなど、散々な言われ方をされています。 また、たらこにしても単体食べると、やはり生臭さが口の中に広がるようですが、一方でパスタなど調理すると、びっくりするくらいワインに合います。 たらこパスタと白ワインの相性などは抜群ですよね。 最後に 以上、ワインと魚卵の相性についてお話をさせていただきました。 ワインと魚卵の相性は非常に評判がよくありませんので、知人や友人などが食べようとしていたら、おすすめしないようにしたほうが良いでしょうし、自分からはそれらの食材を食べている人にはワインを注がないほうが良いと思います。

次の

ワインを食べ物で補う方法

ワイン に 合う 食べ物

ワインと料理の相性のことを「マリアージュ」といいます。 ワインと料理の組み合わせのポイントは、共通点を見つける事です。 また、ワインと料理の色を合わせるのもよいでしょう。 様々な組み合わせを試すことで料理の相乗効果などがわかるようになります。 ワイン別に合う料理や食材 赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、発泡酒ワイン、甘口ワインに合う料理の組み合わせをご説明します。 赤ワイン 軽い味わいの赤ワイン・・・豚肉(肩ロース)、仔牛、マグロ、豆を使った料理、オマールエビなど まろやかな味わいの赤ワイン・・・豚(グリル)、牛(煮込み)、キノコ類、熟成したチーズ、赤い果実など 力強い味わいのワイン・・・豚(スパイス)、鴨(ロースト)、ドライハーブ、チョコレートを使ったデザートなど 白ワイン さっぱりとした味わいの白ワイン・・・豚、ハム、ソーセージ、卵、フレッシュハーブ、ムール貝、かに、エビなど 甘口の白ワイン・・・鴨(フォアグラ)、唐辛子、スパイス、ブルーチーズ、ケーキ、クリームを使ったデザートなど 独特な香りの白ワイン・・・豚、羊、兎、サーモン、白身魚、スモークした魚、ホタテ貝、緑野菜、根菜、かぼちゃなど 樽熟成されたコクのある白ワイン・・・鶏(ロースト、クリームソース)、白身魚(濃厚なソース)、スパイス、ハードタイプのチーズなど ロゼワイン ロゼワインは果実の味やタンニンが控えめであることが特徴です。 ロゼワインに合う料理は、牛(ソーセージ)、羊、鶏、サーモン、川魚、カニ、エビ、サラダ、フレッシュハーブなどです。 発泡酒ワイン 様々な料理に合わせやすいです。 細かい泡が味を引き立ててくれます。 味の濃い料理は 発泡酒ワインの繊細さを消してしまうため、避けるようにしましょう。 発泡酒ワインに合う料理は、サーモン、スモークした魚、つぶ貝、ホタテ貝、ケーキなどです。 甘口ワイン アルコール度数の高い 甘口赤ワインは、とても濃厚です。 独特な甘みが複雑な味わいを生み出します。 甘口ワインには、羊(ソース)、鴨(フランぺ)、ブルーチーズ、赤い果実、チョコレートを使ったデザートなどが合います。 料理別に合うワイン 肉料理、魚料理、和食、チーズなど料理ごとに合うワインをご紹介します。 肉料理に合うワイン ワインは、 肉料理に比較的合わせやすいです。 ワインと 肉料理を合わせるポイントは、 味わいに共通点を持たせることです。 「素材」と「味付け」に注目して、ワインを選びましょう。 コクのある濃厚な赤ワインはあまり合いません。 肉料理同様、素材と味付けによって合うワインも変わります。 香りの強いワインや渋みのあるワインは避けるようにしましょう。 優しい味わいのスパークリングワインやロゼワイン、甲州のワインがよいでしょう。 チーズの香りにワインが負けたり、強烈な味わいを強くしてしまったりしないよう、味わいを引き立てあう要素があるとより一層美味しくなります。

次の

ワインと相性の悪い食べ物

ワイン に 合う 食べ物

赤ワインと相性のいい食べ物は? 赤ワインは苦味や酸味が強い傾向があり、甘い辛いよりも飲み応えで味が決まります。 それを表す言葉が「ボディ」。 わかりやすく言えば「濃厚さ」や「コク」です。 濃厚でコクのある赤ワインには、同じくこってりして旨味や甘味が強い食べ物と相性が抜群です。 だから肉料理との食べ合わせが良いといわれています。 ずっしりとした飲み応えのフルボディなら、脂の多いステーキや味付けの濃いビーフシチュー、すき焼きが合いそうです。 癖が強いシカやウサギ、イノシシなどのジビエも美味しく食べられるでしょう。 ほどほどにコクがあるミディアムボディはローストなどのお肉料理に加え、味噌やオイスターソースなどで旨味を強調した料理もぴったりです。 照り焼きや味噌煮、エビチリとも好相性。 軽い飲み口のライトボディであれば、魚介類など脂の少ない料理でもしっくりきます。 むしろ赤ワインの酸味が絶妙にマッチするでしょう。 トマトソースやカレー粉などでしっかり味付けしたお料理でも美味しく飲めます。 白ワインと相性のいい食べ物は? 白ワインは甘味と苦味と酸味をバランス良く感じられるので、旨味と塩味のある料理と組み合わせれば一度にすべての味覚が満足できる食べ合わせになります。 逆にフルボディの赤ワインに合うような料理は、白ワインの味が埋もれてしまい、水を飲んでいるように物足りなく感じてしまうかもしれません。 白ワインにもボディはありますが、どちらかといえば甘口か辛口で合わせる料理を決めます。 例えば甘口なら塩気や辛味など対照的な味わいのものとして、チーズや中華料理あたりが向いています。 デザートやオードブル、おつまみなど軽めのメニューにも欠かせません。 逆に辛口は素材の味を楽しめる料理にしましょう。 刺身やお寿司など日本料理との食べ合わせも日本酒に負けないくらい優れています。 バターや生クリームを使うなら、ずっしりとした飲み応えの白ワインにしたほうが両方の美味しさが引き立ちますよ。 揚げたての天ぷらとの相性も良さそうです。 ワインと相性の悪い食べ物はなに? 残念ながら、そのままではワインとの食べ合わせが悪い食べ物があります。 ワインは味と香りを楽しむものですから、それらを妨げる個性の強い食材は基本的に合いません。 例えば、独特の臭いがある上に食感も粘りがある納豆、ぬめっとした舌触りと喉越しの生卵、青臭いキュウリがいま一つかもしれません。 ただし同じワインでもスパークリングワインなら炭酸のおかげで食べやすくなります。 赤ワインと白ワインの魅力を併せ持ったロゼワインも同様です。 また刺身が白ワインと合うように、調味料を加えることで相性が良くなる食べ物もあります。 赤ワインと合わせるならコショウやオリーブオイル、白ワインなら醤油やマヨネーズなどを試してみましょう。 数の子だけはどうしても難易度が高いようですが、日本人の舌に合うよう造られた「日本ワイン」であれば日本酒と同じ感覚で楽しめるかもしれません。 まとめ ワインと食べ合わせが良い食べ物を一緒に口にすると、ワインと食べ物が互いに引き立て合い、足りない味を補って一つに溶け合います。 赤ワインなら旨味と甘味、白ワインなら旨味と塩味を意識して食べ物を選んでみましょう。 もちろん食べ合わせには個人の好みがありますので、自分が美味しいと感じる食べ合わせも探せるといいですね。

次の