おうち に い よう。 ことわざ・良いうちから養生

「うちのコ」になろう

おうち に い よう

大内宿一部店舗の営業再開に伴い、有料駐車場・観光案内所・公衆トイレも営業を再開いたします。 皆様のご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございました。 当面の間は営業している店舗が少ない、縮小営業をしている等のご不便をおかけしてしまいますが、 お越しの際にはゆっくりとお過ごしいただき、大内宿の街並みと新緑をお楽しみいただければと思います。 何卒よろしくお願いいたします。 福島県南会津【大内宿】は、江戸時代に会津若松市と日光今市を結ぶ重要な道の宿場町として栄えました。 現在も江戸時代の面影そのままに 茅葺屋根の民家が街道沿いに建ち並び、昭和56年には国選定重要伝統的建造物郡保存地区に指定されています。 この大切な村・宿場の景観を未来の子供たちに引き継いで行くために、住民憲章を作り「売らない・貸さない・壊さない」の3原則を守り景観の保存にと伝統的な屋根葺きの技術習得、継承に全員で取り組んでいます。 「大内宿駐車場 駐車料金改定のお知らせ」 大内宿では今後の大内の景観と文化を守る為、令和2年4月より「一般財団法人大内宿保存整備財団」を立ち上げます。 皆様から頂いた駐車料金の一部を景観保存、補修、整備に活用させて頂き、400年以上続く宿場の景観を今後も後世に伝えようと努力して参ります。 なにとぞご理解とご協力の程、お願い申し上げます。 これは村の人々が自ら保存活動を行うことによって維持されています。 専門技術を持つ茅手(かやて)と呼ばれる職人を中心に、 ほとんどの村の人々が協力し合い屋根の葺き替えに取り組みます。 茅葺き屋根の材料はススキです。 夏は涼しく冬は暖かい茅葺き屋根ですが、 火災には弱く一度燃えるとすぐに広まってしまいます。 そこで大内宿では、9月1日に毎年一斉放水を行っています。 1年に1度、各民家から高く水が飛び交う様子を多くの方が見物に訪れます。 この大切な村・宿場の景観を未来の子供たちに引き継いで行くために、住民憲章を作り「売らない・貸さない・壊さない」の3原則を守り景観の保存にと伝統的な屋根葺きの技術習得、継承に全員で取り組んでいます。 ぜひご利用ください。 運行本数、発時刻は下記のとおりです。

次の

内田洋行

おうち に い よう

私たち医療法人社団 焔(ほむら) やまと診療所は、「自宅で自分らしく死ねる。 そういう世の中をつくる。 」を理念に掲げ、 7年間、患者様が自宅で自分らしく過ごすための在宅医療(訪問診療)を、提供してきました。 独居だけど一人では動けない、老々介護の二人暮らし、認知症が進行している。 そしてみんなが、当たり前に、自宅で自分らしく生活できる世の中をつくりたい。 けれど、在宅医療だけでは、支えられない方々がいました。 「おうちにかえりたい」という叶わなかった願い、 「おうちで一緒に過ごしたかった」というご家族の後悔。 私たちは7年間でたくさん聞いてきました。 超高齢化社会が進むにつれ、患者様の多くは生活支援を要する高齢者となりました。 加齢による、治らない病気や症状とともに生きている方々です。 そんな社会背景がある今、一部の患者様と従来の病院の役割との間に、少しずつ、ずれが生じてきています。 これまで医療機関の役割は、病気を「治す」ことでした。 「治らない」病気や症状を抱えて生きていく方々が、「治す」ことに主眼をおいた病院に入院することで、ご本人ご家族、そして医療従事者も望んでいない結果に繋がっていることがあると、私たちは考えています。 このずれをなくし、患者様が、病気や症状とともに自宅で生活することを、「支える」役割の病院が必要です。

次の

おうち遊園地

おうち に い よう

大内宿一部店舗の営業再開に伴い、有料駐車場・観光案内所・公衆トイレも営業を再開いたします。 皆様のご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございました。 当面の間は営業している店舗が少ない、縮小営業をしている等のご不便をおかけしてしまいますが、 お越しの際にはゆっくりとお過ごしいただき、大内宿の街並みと新緑をお楽しみいただければと思います。 何卒よろしくお願いいたします。 福島県南会津【大内宿】は、江戸時代に会津若松市と日光今市を結ぶ重要な道の宿場町として栄えました。 現在も江戸時代の面影そのままに 茅葺屋根の民家が街道沿いに建ち並び、昭和56年には国選定重要伝統的建造物郡保存地区に指定されています。 この大切な村・宿場の景観を未来の子供たちに引き継いで行くために、住民憲章を作り「売らない・貸さない・壊さない」の3原則を守り景観の保存にと伝統的な屋根葺きの技術習得、継承に全員で取り組んでいます。 「大内宿駐車場 駐車料金改定のお知らせ」 大内宿では今後の大内の景観と文化を守る為、令和2年4月より「一般財団法人大内宿保存整備財団」を立ち上げます。 皆様から頂いた駐車料金の一部を景観保存、補修、整備に活用させて頂き、400年以上続く宿場の景観を今後も後世に伝えようと努力して参ります。 なにとぞご理解とご協力の程、お願い申し上げます。 これは村の人々が自ら保存活動を行うことによって維持されています。 専門技術を持つ茅手(かやて)と呼ばれる職人を中心に、 ほとんどの村の人々が協力し合い屋根の葺き替えに取り組みます。 茅葺き屋根の材料はススキです。 夏は涼しく冬は暖かい茅葺き屋根ですが、 火災には弱く一度燃えるとすぐに広まってしまいます。 そこで大内宿では、9月1日に毎年一斉放水を行っています。 1年に1度、各民家から高く水が飛び交う様子を多くの方が見物に訪れます。 この大切な村・宿場の景観を未来の子供たちに引き継いで行くために、住民憲章を作り「売らない・貸さない・壊さない」の3原則を守り景観の保存にと伝統的な屋根葺きの技術習得、継承に全員で取り組んでいます。 ぜひご利用ください。 運行本数、発時刻は下記のとおりです。

次の