神戸 東須磨 小学校 いじめ 教員。 神戸須磨東小学校教員いじめ原因は加害者教師の長谷川雅代?主犯?|waonのブログ

神戸教員間いじめ、市教委担当職員が自殺…調査進まぬ東須磨小と市幹部の間で板挟みか

神戸 東須磨 小学校 いじめ 教員

Contents• 番組では神戸市立東須磨小の教師4人が後輩をいじめていた問題を特集。 指原莉乃(26)は「最初に、いじめじゃなくて事件じゃんって思いましたね。 いじめっていう言い方が良くない。 先生だけでなく生徒同士でも、いじめじゃなく暴行。 報道の仕方もいじめっていうのはやめた方がいいんじゃないかなと思いましたね」とコメントした。 別の教員もいじめられていたと報じられたことに、乙武氏は「どうしても世間の方は、教師は品行方正であるというイメージを持たれると思うんですけど、私を含めて教員経験者、現役の先生方は『何で今ごろ騒いでるの』っていう感覚に近い」と、教師間ではよくあることだという。 「ここまでひどいのはないですけど、氷山の一角。 犯罪に抵触するケースは多くはないですが、教員間のいじめは、どこにでもあると思っていただいた方がいい」と話した。 出典:ヤフーニュース 東須磨小学校のイジメの加害者の先生で離婚する人は誰? 【某メルマガ】もはや犯罪行為と話題になっている神戸市立東須磨小学校での教員間イジメ事件。 加害教師4人組の1人が、後輩教師の男女に対し性行為を強要。 主犯格とされる女性教師は親兄弟、祖父親族一族皆神戸の学校教育に携わっていたため特別扱いされていた模様。 — ニュース備忘録(フォロー返し無し) mambo2016 東須磨小学校のイジメ問題で加害者の先生の中で一番離婚が濃厚化もしれないと言われているのは、蔀俊(しとみたかし)先生です。 蔀俊(しとみたかし)先生は、ネット上で奥さんや子どもの情報が出回っているとのうわさもあります。 奥さんからすると旦那の蔀俊(しとみたかし)先生が、先生という立場でイジメをしていたことが明るみになって相当ショックだったのではないでしょうか? 現在、蔀俊(しとみたかし)先生は憔悴していると言われていますが、落ち着いたころには奥さんから離婚を言い渡される可能性は十分にありそうです。 離婚によって家族を失い、イジメによて仕事を失う可能性もりそうですね・・・.

次の

【文春】東須磨小学校教員いじめ性行為強要は蔀俊!同級生証言!【証拠画像】

神戸 東須磨 小学校 いじめ 教員

54ID:3xxSzvGw9 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間の暴行・暴言問題で、兵庫県警が加害教員4人全員から、任意で事情聴取を始めたことが18日、関係者への取材で分かった。 被害を受けた男性教員(25)=療養中=が10月中旬に被害届を提出していた。 暴行や強要容疑などを視野に捜査し、立件の可否を検討する。 関係者によると、任意聴取を受けたのは30〜40代の加害教員の男女4人=いずれも休職中。 逃亡や証拠隠滅の恐れがないとして今後、任意捜査を継続する見通し。 被害教員については既に、体調を考慮しながら、須磨署が複数回にわたり事情を聴いている。 同署には問題発覚後、全国から「なぜ加害者を逮捕しないのか」「捜査を早く進めて」といった電話が多い日で10件以上寄せられていた。 一方、加害教員の間には意見や認識の違いもある。 加害側4人の給与を差し止めた市教育委員会の処分について、30代の男性教員1人が不服として取り消しを求めており、代理人弁護士は「加害行為への加担度は他の(加害)教員より低い」と主張。 捜査でもそれぞれの加害の程度が焦点の一つとなる。 この問題では、市教委が設置した弁護士による調査委員会も被害、加害側から聴取を進めており、年内に結果をまとめる方針。

次の

神戸新聞NEXT|連載・特集|神戸・東須磨小 教員間暴行| 【連載】学校いま未来 第4部 新しい学び(4)教員の質

神戸 東須磨 小学校 いじめ 教員

しかも、その証拠画像を撮影して送るよう指示したのだが、指示した送り先が、動画が拡散している「激辛カレー強要事件」の被害者で、最近兵庫県警に被害届を出した20代の男性教師だという。 「(証拠画像は)汚いからオレの携帯には送ってくんなよ」と命じて、被害教師の携帯に画像を送らせたらしい。 後輩教師に性行為を強要した男性教師は、いじめ行為を繰り返していたようだ。 被害教師が社会人になって初めて購入した新車の屋根に土足で立ったのもこの教師だ。 そのうえ、足でドアを閉めたり、車内にたばこの吸い殻が入ったペットボトルの水をこぼしたりしている。 また、女性教師にひどいあだ名をつけ、「お前、嫌いやん、マジで無理や」と暴言を吐いたり、プライベートや胸のサイズを執拗に尋ねたりもしている。 この加害教師の高校時代の同級生によれば、反抗してきそうもないクラスメイトに「ウンコまみれ」というあだ名をつけ、周囲にもそう呼ばせようとしていたという。 また、偏差値の低い私立大学に推薦入試で合格したクラスメイトが教室に入ってくると、「負け組が来たぞ」とつぶやいたこともあるらしい。 一連の報道が事実とすれば、この加害教師は、他人が困ったり苦しんだりする姿を見たいというサディスティックな欲望、そして他人が恥ずかしがったり嫌がったりすることを強要して自分の力を誇示したいという支配欲求が強そうだ。 しかも、サディスティックな欲望と支配欲求を満たすことに快感を覚え、いじめをやめられなくなっている可能性が高い。 低い自己肯定感 このようにいじめを繰り返す人は、虐待を繰り返す人と同様に、多くの場合自己肯定感が低い。 自己肯定感が低いと、自分より弱い者を攻撃して、自分のほうが優位に立っていると感じることによってしか、自らの存在価値を確認できないのだ。 自己肯定感が低いのは、さまざまな原因によるが、この加害教師の場合、学歴が影響しているように私には見える。 彼は高校時代「東大を目指す」と豪語していたようだが、二浪の末に入学したのは大阪教育大学だった。 国立大学を出て小学校教師になり、安定した収入を得ているのだから、それなりに恵まれた人生のように傍目には見えるが、本人としては不本意だったのかもしれない。 その結果、欲求不満がたまり、鬱憤晴らしのためにいじめを繰り返した可能性もある。

次の