ビートルズ メドレー。 アビイ・ロード

ビートルズの名曲 レットイットビー(Let It Be)を聞くならどのアルバム?

ビートルズ メドレー

 ザ・ビートルズの5thアルバム「 Help! 」 1965年 の表題曲で、1曲目に収録されている曲です。 シングルとしても、1965年7月にリリースされています。 作者のジョン・レノンにとって、この曲は『 』と並ぶ、特にお気に入りのビートルズナンバーだそうです。 急激な勢いでスーパースターになったビートルズは、それに順応できず心身ともにパニック状態に陥ったといいます。 その心境をジョン・レノンが曲にしたものが、この『 Help』だと言われています。 I need somebody Help! Not just anybody Help! You know I need someone Help! Help me? Help me? Ooh どうか助けて欲しい、すっかり参っているんだ そばにいてくれて、本当にありがたい 落ち着くまで、力を貸してよ お願いだ、どうか助けてくれないかな? 助けてよ? ねぇ? スポンサーリンク 収録アルバム アルバムジャケットを押すと アマゾンのページへ移動します。 Help! (邦題: 4人はアイドル 1965年) カテゴリー•

次の

ビートルズのシングル曲の売上ランキング

ビートルズ メドレー

ジョン・レノン [ ]• - Across the Universe• - Ain't She Sweet• - All I've Got to Do• - All You Need Is Love• - And Your Bird Can Sing• - Anna Go to Him• - Any Time at All• - Ask Me Why• - Baby It's You• - Baby You're a Rich Man• - Bad Boy• - Being for the Benefit of Mr. Kite! - Carol• - Come Together• - Cry Baby Cry• - Dear Prudence• - Dig a Pony• - Dig It• - Dizzy Miss Lizzie• - Don't Let Me Down• - Every Little Thing• - Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey• - Girl• - Glass Onion• - Good Morning Good Morning• - Got to Find My Baby• - Happiness Is a Warm Gun• - A Hard Day's Night• - Hello Little Girl• - Help! - Hey Bulldog• - How Do You Do It• - I Am the Walrus• - I Call Your Name• - I Don't Want To Spoil the Party• - I Feel Fine• - I Just Don't Understand• - I Should Have Known Better• - I Want You She's So Heavy• - If I Fell• - I'll Be Back• - I'm a Loser• オーヴァー・ユー - I'm Gonna Sit Right Down and Cry Over You• - I'm Only Sleeping• - I'm So Tired• - It Won't Be Long• - It's Only Love• - Johnny B. Goode• - Julia• - Keep Your Hands off My Baby• - Leave My Kitten Alone• - Lonesome Tears in My Eyes• - Lucy in the Sky with Diamonds• - Maggie Mae• - Mailman, Bring Me No More Blues• - Mean Mr. Mustard• - Memphis, Tennessee• - Money That's What I Want• - Mr. Moonlight• - No Reply• - Norwegian Wood This Bird Has Flown• - Not a Second Time• - Now and Then• - Nowhere Man• - One After 909• - Please Mr. Postman• - Polythene Pam• - Rain• - Real Love• - Revolution• - Revolution 1• - Rock and Roll Music• - Run for Your Life• - Sexy Sadie• - She Said She Said• - A Shot of Rhythm and Blues• - Slow Down• - Soldier of Love• - Strawberry Fields Forever• - Sweet Little Sixteen• - Tell Me Why• - That'll Be the Day• - The Ballad of John And Yoko• - The Continuing Story of Bungalow Bill• - There's a Place• - Ticket to Ride• - To Know Her Is to Love Her• - Tomorrow Never Knows• - Too Much Monkey Business• - Twist and Shout• - Watching Rainbows• - What's the New Mary Jane• - When I Get Home• - Yer Blues• - You Can't Do That• - You'll Be Mine• - You're Going to Lose that Girl• - You've Got to Hide Your Love Away レノン=マッカートニー (共作) [ ]• - Baby's in Black• - A Day in the Life• - Eight Days a Week• - Day Tripper• - Doctor Robert• - From Me to You• - From Us to You• - Hello,Little Girl• - I Want to Hold Your Hand• - I'll Cry Instead• - I'll Get You• - In My Life• - In Spite OF All The Danger• ドイツ語版) - Komm Gib Mir Deine Hand• - Lend Me Your Comb• - Little Child• - Misery• - Please Please Me• - She Loves You• ドイツ語版) - Sie Liebt Dich• - Some Other Guy• - Thank You Girl• - Tell Me What You See• - Wait• - Words Of Love• - You Know My Name Look up the Number• - You'll Be Mine ポール・マッカートニー [ ]• - All My Loving• - All Together Now• - And I Love Her• - Another Girl• - Back In the USSR• - Besame Mucho• - Birthday• - Blackbird• - Carry that Weight• - Come and Get It• - Eleanor Rigby• - Fixing a Hole• - The Fool on the Hill• - For No One• - Get Back• - Getting Better• - Golden Slumbers• - Good Day Sunshine• - Got to Get You into My Life• - Hallelujah, I Love Her So• - Hello, Goodbye• - Helter Skelter• - Her Majesty• - Here, There and Everywhere• - Hey Jude• - Hippy Hippy Shake• - Hold Me Tight• - Honey Pie• - The Honeymoon Song• - I Saw Her Standing There• - I Will• - I'll Follow the Sun• - I'm Down• - I'm Looking through You• - I've Just Seen a Face• - Junk• - Lady Madonna• - Let It Be• - Like Dreamers Do• - The Long and Winding Road• - Long Tall Sally• - Love Me Do• - Love of the Loved• - Lovely Rita• - Lucille• - Magical Mystery Tour• - Martha My Dear• - Maxwell's Silver Hammer• - Michelle• - Mother Nature's Son• - The Night Before• - Ob-La-Di, Ob-La-Da• - Oh! Darling• - Ooh! My Soul• - P. I Love You• - Paperback Writer• - Penny Lane• - Rocky Raccoon• - Searchin'• - September in the Rain• - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band• - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band Reprise• - She Came in through the Bathroom Window• - She's a Woman• - She's Leaving Home• - Sure to Fall In Love With You• - A Taste of Honey• - Teddy Boy• - That Means a Lot• - That's All Right Mama• - Things We Said Today• - Till There Was You• - Two of Us• - We Can Work It Out• - What You're Doing• - When I'm Sixty Four• - Why Don't We Do It in the Road• - Wild Honey Pie• - Yesterday• - You Never Give Me Your Money• - You Won't See Me• - Your Mother Should Know レノン=マッカートニー (ポール・マッカートニー) [ ]• - Can't Buy Me Love• - Drive My Car• - I'll Be on My Way• - I've Got a Feeling ジョン・レノン,ジョージ・ハリスン [ ]• - You Really Got A Hold On Me ジョン・レノン, ポール・マッカートニー, ジョージ・ハリスン [ ]• - Because• - Free as a Bird• - Sgt. Pepper'S Lonely Hearts Club Bnad Reprise• - Sun King• - The End• - The Word• - This Boy• - Yes It Is ジョージ・ハリスン, ポール・マッカートニー [ ]• - Don't Ever Change• ノー・ワン・ラヴズ・ミー - So How Come No One Loves Me ジョージ・ハリスン [ ]• - All Things Must Pass• - Blue Jay Way• - Chains• - Crying, Waiting, Hoping• - Devil in Her Heart• - Do You Want to Know a Secret• - Don't Bother Me• - Don't Ever Change• - Everybody's Trying to Be My Baby• - For You Blue• - Glad All Over• - Here Comes the Sun• - I Forgot to Remember to Forget• - I Me Mine• - I Need You• - I Want To Tell You• - I'm Happy Just To Dance With You• - If I Needed Someone• - The Inner Light• - It's All Too Much• - Long Long Long• - Love You To• - Not Guilty• - Nothin' Shakin'• - Old Brown Shoe• - Only a Northern Song• - Piggies• - Roll over Beethoven• - Savoy Truffle• - The Sheik of Araby• - Something• - Take Good Care of My Baby• - Taxman• - Think for Yourself• - Three Cool Cats• - While My Guitar Gently Weeps• - Within You Without You• - You Know What to Do• - You Like Me Too Much• - Young Blood リンゴ・スター [ ]• - Act Naturally• - Boys• - Don't Pass Me By• - Good Night• - Honey Don't• 彼氏になりたい) - I Wanna Be Your Man• - If You've Got Trouble• - Matchbox• - Octopus's Garden• - What Goes On ポール・マッカートニーリンゴ・スター [ ]• - Yellow Submarine ジョン・レノン,ポール・マッカートニー,ジョージ・ハリスン,リンゴ・スター [ ]• - Shout• - 12 Bar Original• - A Beginning• - Carnival of Light• - Cayenne• - Christmas Time Is Here Again• - Cry for a Shadow• - Flying• - Revolution 9 関連項目 [ ]•

次の

ビートルズの曲名一覧

ビートルズ メドレー

[2018年9月30日アップデート] さて、そういうことで、 ビートルズは素晴らしいに決まっています。 「ビートルズのどのアルバムが最高か?」なんて選ぼうと思っても、これは難しい。 というか、「そんなの意味ないじゃん」というたくさんの声が聞こえてきそうです。 はい、ビートルズのアルバムはみんな素晴らしいです。 どれが一番好きか、なんて「人それぞれ」に決まってます・・・。 ビートルズのそれぞれのアルバムへの評価は、時代とともに変化して来たように思います。 あらたまって、その「歴史的真価」が問われると、そのアルバムが持つ「時代性」「革新性」が重視される傾向にあるんでしょう。 要するに歴史を変えたかどうかです。 その意味では、 過去の色々な投票結果などでは、「 リボルバー」、「 サージャント・ペパーズ」、「 ラバー・ソウル」あたりが高評価ということで、だいたい相場が決まっています。 たとえば、欧米の主要音楽誌の「歴史的アルバム・ランキング」では、こんな感じです:• RollingStone 2004 :1位サージャント・ペパー 3位リボルバー 5位ラバー・ソウル 10位• Q 2003 :3位リボルバー 15位サージャント・ペパー 45位• VH1 2000 :1位サージャント・ペパー 6位ラバー・ソウル 8位アビイ・ロード• Mojo 1995 :3位サージャント・ペパー 19位• ギネス 1994 :1位サージャント・ペパー 5位リボルバー 10位ラバー・ソウル 15位 ビートルズのこれらのアルバムが、ポピュラー・ミュージックの世界にもたらした衝撃は、否定しようのない事実。 その革新性に誰もが驚きました。 ところが、日本だけ、ちょっと違うんです。 「 アビイ・ロード」の人気が突出してるんです。 例えば、「 ニュー・ミュージック・マガジン」が2009年に発表した「アルバム・ランキング・ベスト200」では、「アビイ・ロード」は堂々の第1位です。 なんで、日本だけこうなるんでしょう? これについては、 大瀧詠一氏の鋭い分析があります: 『日本のミュージシャンにビートルズのフェイヴァリット・アルバムを聞くと『アビイ・ロード』が必ずと言っていいくらい上位にランクされますが、このアルバム発表時期と、「 イエスタデイ」が音楽の教科書に採用された時期がクロスします(外国に比べて『ラバー・ソウル』までを挙げる人が異常に少ないのも日本の特徴です)。 一旦教科書に採り上げられたとなると、今度は「権威化」から「神格化」にエスカレートし、チョッピリとした揶揄さえ許しがたいものになる、という構図も作られていったのです<レコード・コレクターズ 1995年7月号>』 なるほど。 大変興味深い・・・。 アビイ・ロードへの評価も、時代とともに変遷がみられます。 69年の発表時、「これぞサージャント・ペパーズと並ぶビートルズの最高傑作!」ということで人気爆発。 ビルボード首位11週間、全世界で1,200万枚を売り上げます(歴代販売枚数では ホワイト・アルバム<1,900万枚>に次ぐ)。 しかしその後、アビイ・ロードの評価は下降トレンドをたどってしまったように思います。 で、筆者はどうかと言うと・・・、 ビートルズの最高傑作は、やっぱり「 アビイ・ロード」だと思うんです。。。 アルバムの歴史的価値がどうのこうのと言うより、単純に、その作品自体が持つ音楽性そのものがどうか? 現代、そして未来にもつながる「普遍性」があるかどうか? そういったことを考えたときに、やっぱりアビイ・ロードだと、強く思うんです。 「アビイ・ロード」製作の背景について、今さらふれる必要はないと思います。 要するに、解散の決まったビートルズの「 本当の)ラスト・アルバム」ということですね。 中心をになったのは、 ポール・マッカートニーでした。 レット・イット・ビーで遠ざかった ジョージ・マーティンを呼び戻したのはポール。 あの有名な「メドレー」もポール。 要するにアビイ・ロードは「ものすごくポール・マッカートニー」なわけです。 この点、「ビートルズの精神性は ジョン・レノンにあり! 」といった立場からすると、「アビイ・ロード」は、ポールの「俗物性」が支配する世界であり、80年代の「 産業ロック」のはしりと見るような向きもあります。 確かに「まとまりが良すぎる」、「職人的過ぎる」といったこともあるでしょう。 しかし、ビートルズのラストが駄作であっていいはずありません。 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人は、確執をしばし忘れ、最後の力を振りしぼりました。 この4人の若者のあっぱれなプロ根性を、まず高く評価せずにはいられません。 それでは、蛇足ながら各曲ごとにコメントしましょう: カム・トゥゲザー: ジョージ・ハリソンはこれで報われました。 徹底的に創り込まれた3分間。 究極の「起承転結」。 感動の「転調サビ」が一回だけなのは、絶対に正しいのです!ジョージの泣きギターに加え、特筆モノはポールのベース。 「うるさい」一歩手前で「歌うように」寄り添います。 成熟したリンゴのドラミング。 気品あるストリングス。 厳粛なオルガン。 あまりにも素晴らしい・・・・。 マックスウェルズ・シルバー・ハンマー: ジョン・レノンはこれがイヤだったんですね。 ポールの露骨なノスタルジーというか、ボードビルの世界の「おじさん」臭さ。 サージャント・ペパーズの「 ホエン・アイム・シックスティ・フォア」も同じです。 特筆すべきは ムーグ・シンセサイザー。 ポップス界では最も早くシンセを取り入れたビートルズですが、ここでの扱いは実に優雅。 やたら効果音的に使わないセンスのよさが光ります。 オー!ダーリン: なにしろポールのヴォーカルに脱帽です。 スタジオに誰よりも先にやって来て一回だけ歌い、満足行くまで何日も歌い続けたというエピソードは有名です。 最終版はテイク26!サビを聴くとポールの「狂気」に迫れます。 「ほんとはジョンよりポールの方が狂ってる」という人がいますが、そうなのかもしれません・・・。 オクトパス・ガーデン: 愛すべきリンゴ・スターの曲としか言いようがありません。 効果音満点のカラフル・ビートルズ! アイ・ウオント・ユー: 情念また情念でひたすらリピートし、シンセサイザーのホワイト・ノイズをビュービュー言わせてしまう。 「もうカンニンしてくれ」というところまで行ったら突然カット。 これをやってしまうのがジョンのすごさです。。 ヒア・カムズ・ザ・サン 「 マイ・スウィート・ロード」につながる、ジョージのアコースティック路線。 変拍子やシンセのダビングなど凝りに凝ってるのに、さわやかに聴こえるところはサスガです。 ビコーズ: シンプルなジョンの曲造りもみごとですが、なんと言ってもコーラス。 3声のハモリを3回重ね、全部で9パートに。 完璧なピッチで夢幻的に包み込みます。 ビートルズは結局「声」で世界を支配したんですね! メドレー: さて、いよいよ問題のメドレーです。 核は確かにポールなんですが、ジョンの「毒」もじゅうぶん効いているからこそ、特別なものになりました。 複雑に創り込まれた楽曲の流れが、 ゴールデン・スランバーのメランコリーを経て、 キャリー・ザット・ウエイトの突き放したような力強さ、そして ジ・エンドへと、まさに上りつめて行きます。 最後の「ソロ回し」はビートルズらしいというか、はっきり言って「ヘタウマ」。 「これじゃ レッド・ツェッペリンらの本格的ハード・ロック勢とはとても戦えないな」と当時思ったものですが・・・。 「 結局、君が受け取る愛は君が生み出す愛と同じ」と、すべてを総括する哲学的メッセージから、オーケストラの大団円へ。 これぞカタルシス。 ハー・マジェスティも余裕のご愛嬌。 ポップの世界で、これ以上の完成度をどう求めたらいいのでしょう。 ということで「アビイ・ロード」。 4人できっちりと、落としまえをつけました。 まあ、あらためて、ビートルズの「最高傑作」を選ぶなんてことにやっぱり意味はないんですね。 なんせ全部聴くしかないんです。 世界を根底から変えたバンドなんですから! さて、皆さんにとってのビートルズはいかがでしょうか?• 1962年のデビューから1970年の解散まで、文字どおりビートルズの全レコーディング・セッションを、日記形式で記録したドキュメンタリーです。 ビートルズは、特に後期に入り、リハーサル・イコール・レコーディングで、ひたすら録音を続けました。 一曲を20~30テイク録るのはザラで、中には60テイク以上録るのもあったようです。 そのころは「共作」はほとんどなく、各々一人で作曲し、完成まで責任を持つというスタイルで、その作曲者が納得するまで、何度でも録音は続けられます。 例えば、ポール作曲の「 オブラディ・オブラダ」。 能天気なハッピー・ソングに聴こえますが、ポールはその出来映えに満足できず、ひたすらダメ出しを続けます。 あまりに同じ演奏を繰り返すので、しまいには、他のメンバーや録音スタッフも皆嫌気さしますが、どこまでも徹底的につきあいます。 最後に、リンゴが切れて一時行方不明になったりもしますが・・・。 この「納得するまで妥協せず、やり抜く」ということ。 ビートルズがただの才人の集まりでなく、生みの苦しみにもだえる「努力の集団」でもあったことに感動します。 ぜひ、ご一読をおすすめします。

次の