みさき 公園。 2020年 みさき公園

みさき公園駅

みさき 公園

みさき公園が3月末で閉園、南海電鉄が事業撤退 南海電鉄が大阪府岬町の総合遊園地 「みさき公園」を、2020年3月31日で運営を終了すると発表し、約62年にわたる「みさき公園」の歴史は幕を閉じることとなりました。 みさき公園は 1957年にオープンし、動物園や遊園地、イルカ館、プールなどを併設。 1989年には、 年間来場者数は約72万人を記録しました。 しかし、その後は入場者数が振るわず、2018年度は約33万6千人とピーク時の半分以下まで落ち込みました。 動物園のほか、開園当初から動いている西日本最古のジェットコースターや、イルカショーを楽しめる遊園地としてファミリー層を中心に人気。 和歌山県からの来園者も多かったのですが、2009年度からは 年間2億~3億円の赤字が続いていました。 昨年3月に南海電鉄施が設運営からの撤退を発表した後、事業譲渡先を探していましたが、複数の企業と交渉するも条件面で折り合いませんでした。 「南海電気鉄道株式会社」は「みさき公園」事業からの撤退について、2019年3月26日このように公表しています。 「みさき公園」事業からの撤退について 南海電気鉄道株式会社(社長 遠北 光彦)では、このたび2020年3月31日をもって、「みさき公園」事業から撤退することといたしました。 みさき公園は1957年に開園、以後約62年間にわたり動物園やイルカショーを核とした自然につつまれた総合遊園地として、沿線にお住まいのファミリー層を中心にご支持いただいてまいりました。 1989年度には年間来場者数は約72万人を記録いたしました。 「みさき公園」3月末閉園の理由を、こう述べています。 しかしながら、その後はレジャーの多様化により、年間来場者数の減少傾向が続いており、2017年度はピーク時の半分の約36万人にまで減少しております。 2017年度の決算において、同公園事業にかかる約33億円の減損損失を計上し、その後もあらゆる再建策について検討してまいりましたが、当社としては事業継続が困難であると判断し、2020年3月31日をもって、「みさき公園」事業から撤退することを決定した次第でございます。 そして、こう綴っています。 長年みさき公園をご愛顧くださいました皆さまには、大変申し訳なく存じますが、何とぞご理解賜りますようお願いいたします。 みさき公園の動物の引き取り先は 「みさき公園」で飼育している約450頭の動物は、和歌山県白浜町のレジャー施設 「アドベンチャーワールド」をはじめ、複数の動物園等に引き取ってもらう事に。 受け入れ先が決まらない動物については、 2021年3月31日までを目途に。 全ての動物の移転を目指している事を発表しました。 「みさき公園」で飼育している全ての動物の移転について、こう述べています。 岬町も新たな事業者の下で「みさき公園」存続できるように努力していきたいとしていますが、大型複合施設だけにそのままの規模で 運営できる事業者は少ないと地元メディアの報じています。 「閉園」となる可能性もある、とされています。 また、今回の運営終了決定を受けて、同園では 「みさき公園の卒園式」を開催します。 みさき公園を「卒園」するイベントや様々な催し、歴史を写真などで振り返る 「卒園展~みさき公園63年間のあゆみ~」などを実施する予定です。 「閉園」とならず、運営できる事業者が現れることを期待します。

次の

【閉園】みさき公園

みさき 公園

南海は昨年3月、事業からの撤退を公表し、譲渡先を探していた。 町によると、複数の企業が関心を示したが条件が折り合わず、南海は同7月、町に閉園準備を進めると説明したという。 敷地は33ヘクタールあり、戦後、農地などから南海の名義となった。 現在は20億円前後の価値があるとみられるが、「公園として使用する」という契約を町と交わしているため、町は南海に無償譲渡を求めている。 4月以降は暫定的に町営公園にすることを検討しているといい、田代 堯 ( たかし )町長は「イルカや大型動物は維持費がかかりすぎ、町の財政がパンクしてしまうが、公園は菜園や農業など自然とふれあえる場所に再整備したい」と話している。 町との交渉内容について、南海は「コメントは差し控える」としている。 開園当初から利用してきたという近くの80歳代の女性は、「子どもや孫も、みんな公園で動物とふれあって育った。 形は変わっても『みさき公園』の名前は残してほしい」と話した。 みさき公園 南海が1957年に開園。 キリンやシマウマ、ライオンなどの動物やイルカショー、遊園施設などが家族連れらに人気で、ピーク時の89年度には入園者72万人を記録した。 その後は少子化や娯楽の多様化で入園者が減り続け、2018年度は半数以下の33万人まで落ち込んだ。 近年は毎年2億~4億円の赤字が続いている。

次の

2020年3月末をもって閉園されます。

みさき 公園

利用可能な鉄道路線 [ ]• 南海電気鉄道• 駅開業の2日後に18ホール完成、全面開場している。 もとは現在のおよび駅前広場も大阪ゴルフクラブの敷地だったが、戦後にゴルフ場を再開するにあたって、の影響からの緑地帯として認可を取り付ける運びとなり、泉岬公園(のち、みさき公園)が整備され、開園に合わせて「みさき公園駅」に改称された。 (昭和13年) - 南海鉄道の 南淡輪駅として開業。 (昭和19年)• - 多奈川線開通に伴い、駅を移転。 多奈川線が開通するまで当駅の和歌山市方面の隣接駅はだったが、同駅は多奈川線が(当時)の中心部を通ったことにより廃駅となった。 - 会社合併によりの駅となる。 (昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。 (昭和32年) - みさき公園駅に改称。 (平成6年) - 特急停車駅に昇格。 全営業列車停車駅となる。 駅構造 [ ] 1番線で折り返し運転する区急(2012年6月29日) 上に2面5線を有するである。 島式ホームはそれぞれ1・2番線、3・5番線となっており、3番線の和歌山市寄りを切り欠いた部分が4番線となっている。 なお、4番線は13時台に多奈川線列車1本が入線する以外は使用されない。 はみさき公園側(みさき公園出口)と南の道路側(東出口)の2か所にある。 構内に各ホーム間と駅舎を連絡するがあり、エレベーター・エスカレーターが併設されている。 かつては難波側にが設けられていた。 トイレは設置されている。 多奈川線の本線は4番のりばである。 1・2番のりばからは多奈川線方面、5番のりばからは難波方面への発車も可能。 各年度の1日平均 乗降人員数は下表の通り。 年度 1日平均 乗降人員 順位 出典 2000年 7,264 - 2001年 7,014 - 2002年 6,847 - 2003年 6,561 - 2004年 6,385 45位 2005年 6,318 - 2006年 6,063 - 2007年 6,064 - 2008年 5,983 - 2009年 5,963 - 2010年 5,924 - 2011年 5,871 46位 2012年 5,588 47位 2013年 5,531 48位 2014年 5,459 48位 2015年 5,450 49位 2016年 5,132 50位 特徴 [ ] ホーム 第3回に選定された。 2014年10月18日のダイヤ改正までは難波方面からの昼間時の区間急行、ラッシュ時の一部の普通車はこの駅で折り返していた。 しかし、改正以降の日中は毎時4本の空港急行と和歌山市発着の普通に置き換えられた。 そのため、当駅発着の列車は平日が朝と夜に7本で、土休日は5本のみとなった。 前記の通り以降、4番線は13時台1本以外は列車が入線することがない。 もっとも、多奈川線はピストン輸送となっているため、当駅で2線も使うようなではない。 一日一度だけ4番線に入線するのはのためと、不定期に多奈川線で運用されている車両の交換を行うためである。 車庫から出庫した回送車が4番線に到着後、多奈川行きとなり、その時点で5番線に到着した多奈川駅からの列車は車庫へ入庫する。 車両取替えがない場合は多奈川駅からの列車が4番線に直接入線する。 なお、2005年まではのみが4番線を使用していた。 過去には5番線に入線するなんば行きの普通車もわずかながら設定されており、当駅で急行を待避していた。 かつて運行されていた多奈川線直通急行「」は、多奈川行きが2番線から、なんば行きが5番線から発着していた。 駅周辺 [ ] 駅の北側に南海電鉄が運営していた遊園地・のメインゲートが、駅の西側に大阪ゴルフクラブのクラブハウスがある。 駅前のロータリーから、の(赤バス)や、・大阪ゴルフクラブ・与田病院への送迎バスが発着。 他にへのサザンエアポートバスが運行されている。 岬郵便局• (さいりょうこふん)• 白峠山古墳(しらとやまこふん)• 真鍋山古墳(まなべやまこふん)•

次の