元 彼 マニア。 女性に方にお聞きします。彼が生理マニアでした。。。皆さんだ...

本気で彼を落としたいなら「彼マニア」になるのが近道!

元 彼 マニア

HT2550 それでいて技術的にも注目点が多い。 というのも、DLPの特性を生かし、実現アプローチは特殊だが、「リアル4K」を謳うことができそうなのだ。 他社製品を見ると、2017年末にソニーが発売した「VPL-VW245」が、リアル4Kプロジェクタながら実勢価格で50万円を割り込み、「リアル・ネイティブ4Kの価格破壊」で話題となった。 一方、JVCのDLA-Z1 350万円 はリアル4Kだが、それ以外は疑似4Kモデルだし、エプソンも4K対応機は全て疑似4Kだ。 これらの製品では、フルHD解像度の映像パネルを光学的に時分割シフトで動かし、見かけ上の表示画素を倍増するアプローチで疑似的に4K解像度を再現する。 JVCはe-Shift、エプソンは4Kエンハンスメントといった技術名を与えているが、やっていることは、画素を画素サイズの半分だけずらして表示する「半画素ずらし表示」である。 EH-TW8300シリーズの製品サイトより。 疑似4Kの構造を解説した図解。 半画素ずらしは強誘電性液晶を応用した光路シフト素子で実践されている これに対し、DLP Digital Light Processing 方式のプロジェクションシステム家元のTIは、画質を改善するために、フルHDよりも解像度を上げた映像パネル DMDチップ を用いるアプローチを提案している。 具体的には0. TIは2016年以降、このDLPの半画素ずらし表示式の4Kプロジェクタのコアを、各プロジェクタメーカーに提供しており、各社から製品が発売されている。 TIは、この画素ずらし技術に対して「XPR」 Expanded Pixel Resolution という名前を与えているが、このXPR技術に手応えを感じたTIは、このXPRをさらにアグレッシブに活用するリアル4Kソリューションを提唱してきた。 それは、「半画素」ではなく「全画素」ずらしてリアル4K表示を行なうソリューション。 今回のとりあげるBenQのHT2550は、まさにこの荒技を搭載したモデルになる。 20万円を切るというコストパフォーマンス、その4Kプロジェクタとしての実力やいかに? ズーム調整、フォーカス調整は手動式。 レンズシフト機能はなし。 100インチ 16:9 の最短投射距離は約3. 2m、最長投射映像は約3. 9mとなる。 最近のホームシアター機にしては,レンズのズーム倍率も低いし、投射距離も長めという印象だ。 ちなみに100インチ 16:9 投射時は、映像下辺が光軸に対して約12cm強上側にオフセットして投射される。 筆者宅での評価は、天地逆転して台置き設置したが、この場合光軸に対して下向きに打ち下ろすような投射角になる。 相当高い位置に設置しても、映像下辺が下に来てしまっていたので、本格的な常設設置を考えている人は、HT2550の投射特性をよく理解してシミュレーションしてほしい。 縦方向だけでもレンズシフト機能があれば、設置性が相当よくなるのだが、コストを重視したのだろう。 レンズシフト機能がないため、設置には苦労し、評価時にはこんな感じに 上は私物のVPL-VW745。 地震が来たら崩れるので、絶対にマネしないように 台形補正機能も搭載しているが、画像変形で補正する仕組みのため、事実上の圧縮表示となり画質に悪影響がある。 画質を重視するのであれば利用は避けたい。 吸排気のエアフローは、正面向かって右側面から吸気、正面および左側面から排気するデザインとなっている。 動作時の騒音レベルはランプ輝度が「標準」モードで33dB、省電力な「エコノミー」モードだと29dBに下がる。 最近のホームシアター機が20dB前半だと言うことを考えると、騒音は大きめだ。 設置位置が視聴位置に対して2mくらい離れているときにならないが、1m範囲内だと、ファンノイズが結構ちゃんと聞こえる。 HDMI階調レベルの設定も「自動」、「フル」 0-255 、「一部」 16-235 の各種選択ができる またアナログRGB入力 ミニD-sub15ピン も1系統装備。 サウンド系は、3. 5mmのステレオミニジャックの音声出力端子と音声入力端子を備えている。 HT2550には出力5Wのモノラルスピーカーが搭載されていて、HDMI伝送されてきた音声や、音声入力端子経由の入力音声を再生できる。 モノラル出力ながらもけっこう大音量で鳴らすこともできて、意外に使える。 カジュアルにゲームを楽しむ際や、スマホから再生したネット動画をみんなでワイワイ楽しむ時には役立つと思う。 USB端子は2系統 Type-AとminiB があるが、Type-Aは周辺機器やスマホなどへの給電用、後者はパソコンなどからHT2550を制御するためのインターフェース用だ。 USBストレージ機器内の動画や音楽を再生する機能はない。 RS232C端子もパソコンからの制御用だ。 入門機ながらも、トリガー端子を備えているのはちょっとユニーク。 稼動中はミニジャックからDC12Vが出力される仕組みだ。 天板部には簡易操作パネルがあしらわれている リモコン上のボタンの数はかなり多いのだが、HT2550では機能しないボタンもある。 [BRIGHT] ブライトネス 、[CONTRAST] コントラスト 、[SHARP] シャープネス 、[COLOR TEMP] 色温度 、[COLOR MANAGE] 色補正 、[GAMMA] ガンマカーブ選択 といった、基本的な画質パラメータ調整メニューの呼び出しボタンは全て機能する。 メニューを開かずに直接調整メニューにアクセスできるので使いやすい。 今回はオンシェルフ設置 疑似天吊り設置 としたことから「天井正面投写」を選択。 実はリアプロジェクションにも対応している 例によって、今回も公称遅延値約3ms、60Hz 60fps 時0. 2フレーム遅延の東芝REGZA「26ZP2」との比較計測で遅延測定を行なった。 HT2550には、画質モード ピクチャモード として「Bright」「Vivid TV」「Cinema」「Sport」という4つが用意されているが、その全てで約33ms~34msの遅延が計測された。 特に「どの画質モードが低遅延」というのはないということだ。 「約33ms~34msの遅延」というと毎秒60コマの60fps映像で約2フレームの遅延と言うことになる。 格闘ゲームや音楽ゲームをプレイする場合にはあまりオススメできないが、一般的なアクションゲームやRPGくらいであれば普通にプレイできそうだ。 画質チェック~リアル4Kと疑似4Kの中間的な表示を実現するXPR-4Kモードの秘密 HT2550は、0. HT2550に搭載される映像パネルであるDMDチップは一枚のみで、フルカラー表示は時分割カラー表現で行なうので、いわゆる単板式DLPプロジェクタ製品である。 考えてみると、HT2550は、画素表示も時分割、カラー表現も時分割で「総天然分割プロジェクター」というに相応しい 笑。 「パネル上の1画素を時分割で4画素分、さらにRGB3原色も時分割で表示するなんてことができるのか」という疑問を抱くかもしれない。 ただ、TIのDMDチップの各画素は液晶素子よりも圧倒的に高速な電磁メカであり、毎秒9,000回のスイッチングが可能なので、これができるということなのだろう。 時分割カラー表現のためのカラーホイールは6倍速のRGBRGB型の6セグメント方式。 XPR-4Kによる4K表示の動作を解析する 画質面で気になるポイントは2点。 1つは「全画素ずらし表示」のXPR技術は、ほんとうにリアル4K解像度として見えるのか、という点。 2つ目は、「解像度も色も時分割で、動画として映像を見たときに違和感はないのか」という点だ。 まずは1つ目の4K解像感はどの程度再現できているのか。 これについては、これまでのJVCやエプソンの疑似4K表示とは少々異なる4K描画となっているのが興味深かった。 驚いたのは、この価格帯の製品でありながら、18Gbps HDMIの入力に対応しており、RGB888、YUV444の輝度解像度、色解像度ともに、ちゃんと4K解像度の60fps映像を入力できることが確認できたこと。 さらに、PC画面などで文字コンテンツなどを表示させてみると、明暗差の激しい文字などの表現は、ほぼフル解像度の4K表示が行なえていた。 XPR-4Kで同内容の文字をドットバイドット表示した状態。 滲んではいるが全てのピクセルがリアル描画されているように見える 「これは凄い」と思いつつも「何か粗はないか」とマニア的な視点で評価したところ、黒背景に対して原色の文字を表示させてみると、他社の疑似4K表示に極めてよく似た歯抜けの表示になることに気が付いた。 ここでいう原色とは赤緑青 RGB の3原色のこと、そして「歯抜け表示」とは「本来はそこにピクセルが描かれるべき」箇所にピクセルが描かれない現象をいっている。 XPR-4Kで同内容の文字を原色の青でドットバイドット表示した状態。 一転して疑似4K表示っぽい歯抜け表示となってしまった さらに注意深く観察をしてみると、XPR-4Kで白色の文字を表示させてみると、白色で描かれているピクセルと緑とマゼンタ 紫 のピクセルが隣接して表示されている箇所があることに気が付く。 同様にXPR-4Kでシアン色 水色 の文字を表示させてみるとシアン色で描かれているピクセルと緑と青のピクセルが隣接して表示されているようだ。 緑とマゼンタは混色すると白になり、緑と青は混色すると水色になる。 あくまで推測だが、HT2550では、フルHDのDMDチップ上の各画素の全てにおいて、全画素ずらしで4倍のフルカラー表示を行なっているわけではなく、一部の画素については空間的な誤差拡散も併用してフルカラー表現を実践しているようだ。 つまり、画素として発光するポテンシャルは4Kリアル解像度分あるのだが、色表現については、ある程度の空間方向への誤差拡散が組み合わされる……と言うことのようだ。 XPR-4Kでシアン色で描かれたドットバイドットの「切」という漢字。 シアンと緑と青のピクセルの組み合わせで描かれていることが分かる。 さらに観察や考察を進めると、そのXPRで全画素ずらしで描画される3つのピクセルは、どうやら発色は「赤と青」「緑と赤」「緑と青」の二色混合までに制限されているようなのだ。 なので、原色だけで描かれたドットバイドット表示の表現は「歯抜け」となってしまうのである。 実際のUltra HD Blu-rayコンテンツではどう見えるのか? ネイチャー系映像コンテンツの「PLANET EARTH II」を視聴してみたが、実写系の映像になると、もともとYUV420でデータ化されていること、そして空間方向にノイズがあることにも助けられて、このHT2550の独特なXPR式のリアル? 4K表示は、確かにJVCやEPSONの疑似4K以上の解像感があるように見える。 コモドドラゴンのウロコ、ユキヒョウの毛並もかなり鮮明な4K解像感が感じられるのだ。 静止画サンプルの表示事例を見ても、実写映像に関してはフルカラー表示1ピクセル、2色混合3ピクセルからなるXPR-4K表示が、かなりリアル4K表示に近い表示が行なえていることが分かるはずだ。 同一箇所をHT2550のDMDチップのリアル解像度 フルHD でドットバイトット表示させた時。 こちらの作例テストでも両者の内容はかなり近い。 XPR-4K表示は実写映像ではリアル4K表示に極めて近いと言うことはいえそうだ。 2つ目のポイント「色や階調、動画ボケについて」はどうか。 単板式DLPプロジェクタで懸念される「色割れ」 カラーブレーキング現象 については、一般的な動画を見る限りではあまり気にならなかった。 明暗差の激しい動体を目で追ったりすると、RGBが分離して見えることもあるが、普通の映像視聴で違和感を覚えるほどではない。 しかし、ゲームのような動体を常に目で追うような場合は少し気になることも。 液晶のようなグラデーションぽいボケではなく、輪郭部が離散的にRGBに分離して見えるのだ。 筆者的には「ゲームには不向き」だが「一般的な映像はOK」と言っておこう。 暗部から明部への階調グラデーションは、モノクロも有彩色も両方なめらかに見える。 HT2550にはDigital Color Transient Improvement DCTI とDigital Luminance Transient Improvement DLTI という2つの画質向上エンジンが搭載されていて、これが効果的に働くことで、時分割カラー表現、時分割階調表現の違和感を低減させているものと見られる。 リモコンの[CINEMA MASTER]ボタンから呼び出せるCinema Masterメニュー。 ここでDCTIやDLTIの設定が行なえる DCTIはカラーグラデーションのマッハバンドを低減させるもので、こちらも空間方向の誤差拡散を行なう処理系のようだ。 2色混合グラデーションなどはオンにするとかなりスムーズに見えるようになる。 ただ、白黒のグラデーションにはほとんど影響がない。 DLTIは輝度変化を滑らかにする処理が行なわれるようで、時間方向のノイズを低減する効果がある。 明暗差の激しい輪郭表現に対してアンチエイリアス ジャギー低減 効果もある。 基本、実写系はDCTIもDLTIもオンで常用がいいと思うが、CG系というか、PC画面のようなドット・バイ・ドット表現においては両方オフがいい。 ドット・バイ・ドット表現では、DCTIオンだと誤差拡散が裏目に出て偽色が出やすく、DLTIオンでは輝度変化を滑らかに繋ぐフィルタ処理が裏目に出て文字などは「影付き文字」「縁取り文字」のようなエラーが散見される。 このDCTIやDLTIについては、取扱説明書には一切解説がないので、ユーザーは特性を理解して賢く使いこなして頂きたい。 HDR映像入力時の振る舞いについて手動設定も行なえる ちゃんとHDR信号に則った表示になっていて、ハイコントラストな表現ができている。 高輝度部分の表現もなかなか鋭い光を放っており、2,200ルーメンというスペックから受ける期待値通りだ。 ただし黒浮きは最近のDLP機にしてはやや強めで、2. 35:1のシネスコアスペクト映像に伴う、上下黒帯の存在感が分かるほど。 比較的、明るいところから暗部階調が始まるので、暗部はけっこう明るく描かれる傾向にある。 よく言えば情報量の多い映像となるが、悪くいえばコントラスト感が弱い。 「暗部の沈み込み」よりは「2,200ルーメンの高輝度性能」に頼ったコントラスト感やHDR感を表現している感じで、画作りの方向性は液晶チックだと思う。 一方で発色は良好だ。 本機はRec. 今回はウィル・スミス主演のスポーツ医療ドラマ映画「コンカッション」を視聴したが、この映画では黒人のウィル・スミスが暗がりに出がちなのだが、彼の褐色の肌も立体的に描けていた。 一方で暗がりの白人の肌色などは、一部の中間色は色シフトが起きている気もしたが、全体として見れば概ね良好だと思う。 以下に、各画調モードの色度計の計測結果を示す。 Brightモードは輝度優先となり、超高圧水銀ランプ特有の青緑が極めて強い発色となる。 それ以外の画調モードではこの傾向を抑え込んでナチュラルな発色を目指すようにチューニングされていることが分かる。 全体的にバランスが取れているのはCinemaモードなので、普段はこれを使えばいいだろう。 Sportモード なお、「ピクチャ」メニューの「詳細設定」にリモコンからは直接アクセスできない「Brilliant Color」の設定があり、デフォルトでオフになっている。 このBrilliant Colorとは、単板式DLPプロジェクタの中間色再現においてRG、GB、BRの混色までを動員して光利用効率を1. 5倍に引き上げて輝度を上げつつ色ダイナミックレンジも拡大させるTIの技術だ。 オン時は中間色の艶やかさが向上し、明部階調のダイナミックレンジも拡大されるが、それと引き替えに中間階調付近の一部の組み合わせの2色混合グラデーションでマッハバンド 擬似輪郭 が発生することがある。 実際に、マリアンヌの街灯表現箇所を照度計で計測してみるとオフ時で258luxだった箇所が、オンで307luxとなっていた。 輝度重視で視聴したい場合にはオンにしたいが、出力される色域には大きな変化はない。 Brilliant Colorオン。 中間色の階調は大ざっぱになるが瞳の中のハイライトなどはとても高輝度に光り出す それと、単板式DLP特有の暗部階調の"荒れ" ザワザワ感 は、画面に近寄って見るとあるのが分かるのだが、このザワザワ感はピクセル単位で発生するものなので、XPR-4Kモードで高解像度表示になっているときは、このザワザワも4K解像度で起きるため、2mも離れた視距離ではあまり気にならなかった。 投射レンズのフォーカス性能は「それなり」。 単板式ゆえに「パネルの貼り合わせ精度」問題がないはずなのに、投射映像に各画素単位で赤緑青の色ズレが出てしまっていた。 フォーカスは画面中央で合わせても画面外周はややズレ気味なので、意外にクリアな映像を得るのは難しかった。 評価をするたびにセッティングして何度もフォーカス調整をした筆者からは「画面外周でフォーカス合わせをした方が、むしろ全体としてバランスの良いフォーカス感が得られる」というアドバイスを送らせていただく。 3D立体視モードはデフォルトでは「オフ」になっている。 これを「オン」にするとXPR-4Kモードは排他的にオフとなってしまう。 3Dメガネは、今回の評価ではSomnus258製のDLP-Link互換3Dメガネ「GL200」を使用した。 なお、DLPプロジェクタでは3Dメガネの互換規格「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」のものは使えず、DLP-Link方式にのみ対応する機種が多い。 HT2550もそうだ。 DLP-Linkは、時分割表示を行なうDLPプロジェクタの特性を応用して、可視光の赤フレーム表示のタイミングで3Dメガネの左右レンズのシャッターの開閉制御を行なうからだ。 実際にいつものように「怪盗グルーの月泥棒」の遊園地のジェットコースターシーンでクロストーク具合をチェックしたが、視線角度にも依存せず、極めてクロストークの少ない映像が見えていた。 眼鏡を通して見える映像の明るさは必要十分で、色味にもおかしなところはなし。 3D映画コンテンツは問題なく楽しめると思う。 手ごろな入門機として、特に映画ファンにはオススメ HT2550は、評価していてとても興味深いモデルであった。 いくつかの疑似4K由来の制限はあるものの、従来の半画素ずらしの弱点を大きく克服した画質を実現しつつ、なおかつ圧倒的な低価格化を実現したことで「疑似4Kの新しい形」を提案できていると思う。 ホームシアター・プロジェクター入門機としては十分元が取れる製品だ。 次期モデルでは、手動式でもいいのでレンズシフト対応も欲しいところだ。

次の

クレプトマニアの彼

元 彼 マニア

付き合ってないなら、まず彼のことを知る 彼のことを知るという行為は、一歩間違えればストーカーにもなってしまう行為なので、注意が必要。 それでも「彼のことを知りたい! 」と思うのは、間違った気持ちではありません。 たとえば、彼と同じ職場にいる人に「〇〇さんってどんな感じ?こないだ挨拶してくれたんだ~」などと、さりげなく聞いて返ってきた印象が本当の彼の印象です。 もちろんまわりりの印象と彼の考えていることは違うかもしれませんが、それでも周りに与えている印象と大きくずれることは少ないでしょう。 ただし、まわりからシャイとか内弁慶といった言葉が出てくれば、付き合ってからイメージが変わる可能性が捨てきれないので注意が必要です。 どうやったら付き合えるのか研究する 彼に恋人がいなかったとして、どうやったら付き合えるのかということを研究しておくと、ちょっとしたチャンスの時にも行動しやすくなります。 今はあなたと付き合う気がなくても、人間の心というものはやっぱりスキができます。 その時に、日ごろからどうやったらそこに自分が入り込めるかを研究しておくと、やっぱりうまくいきやすい。 たとえば、髪が長いのが好きなのか短いのが好きなのか。 芸能人でいえば誰が好きなのか。 彼は何をしている時が一番楽しいのか。 彼のことを知るには、二択から聞いていって、より複雑な好みを聞いていくのがスマートです。 彼のことを知って、それから自分も彼の好みに合わせていく感じですね。 まずは彼がして欲しいこと、望んでいること、嫌がることを知るだけではなく、知ってどう行動すれば近づけるかを考えてみましょう。 彼に言われたいことを本気で考えてみる 付き合っていて、例えば結婚とか次のステップに進みたい時には、言葉ってとっても重要です。 でも言葉の重みを知っているからこそ、彼も軽々しく言わない。 となれば、言われるように仕向ける。 つまりは、結婚したい・ずっと一緒にいたいと思わせられるような行動をひたすらしていくしかありません。 たとえば、彼に「好き」と言われたいなら、彼が喜ぶことをたくさんして、彼を嬉しい気持ちにさせてみましょう。 そうすると、彼が「好き」と言ってくれやすくなっている状態になるので、そこで自分から「好き」と後押しすれば、きっと「好き」と言ってもらえるでしょう。 その調子で「結婚したいな」と言ってみるのもいいんじゃないでしょうか? 彼マニアになって彼を喜ばせよう 彼のことを知りたいと思う気持ちがネガティブに偏ってしまうと、うまくいくものもうまくいきません。 どうすればいいのかわからない場面に立った時でも、「彼が喜ぶ方」を選択してみましょう。 ネガティブを突き詰めるより、ポジティブを突き詰めた方が絶対にうまくいくのは間違いありませんから、どうせ彼マニアになるなら喜ばせるマニアになって、好きな気持ちを還元してあげた方がいいと思いますよ。 (只野あさみ/ライター) (愛カツ編集部)• 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

カレーマニアがあえて今「黄色いカレー」に注目するワケ(アーバン ライフ メトロ)

元 彼 マニア

黄色いカレーのプロトタイプは、明治初頭にもたらされた「洋食としてのカレー」です。 洋食としてのカレーはその後、徐々に日本風にアレンジされていきました。 1904(明治37)年、早稲田にあった「三朝庵」でカレー南蛮(うどん、そば、丼)が生まれました。 周辺にあった洋食屋のカレーが人気となったため、店の客足が途絶えて危機感を覚えた店主が試行錯誤の末に生み出したと言われています。 その後、全国のそば屋や食堂でも広く提供されるようになりました。 そば屋のカレーは基本的に、カエシ(そば、うどんつゆなどの元となるもの)をだしで伸ばし、カレー粉と具を入れて片栗粉でしめるのが伝統のスタイルです。 それはみたらし団子のような餡(あん)で、やや褐色の透明感のあるものでいわゆる「カレー丼」。 これは、黄色いカレーと少々異なります。 黄色いカレーのスープは、そばつゆやしょうゆ、塩などで整えて具を入れ、片栗粉ではなく小麦粉でしめると出来上がります。 とは言っても、片栗粉でしめたものにも黄色いものもあるので、その選別はやや不鮮明です。 この調理法は、そば屋のカレー南蛮と洋食カレーが融合して出来上がったもので、いつ頃考案されたのかは定かではありません。 洋食屋の複雑な工程で作るカレーより安直でおいしいカレーが作れることから、全国の食堂やそば屋で提供されるようになったと考えられます。 そんななか、黄色いカレーはなぜひそかなブームを呼んでいるのでしょうか。 その背景には、2タイプの支持者の存在があります。 ひとつが「原点回帰派」です。 親に連れられて子どものころに食べたカレーが忘れられず、いまでも無性に恋しくなっている人たちです。 これはある程度年齢を重ねた人たちに共通する慕情です。 さらに黄色いカレーを提供するほとんどの店に後継者がいないため、無くなりつつあるものへの哀れみや郷愁、焦燥感もあるのでしょう。 いまはやりの町中華を愛(め)でる感覚とどこか似たところがあります。 もうひとつが「元スパイス系カレーマニア」です。 彼らは、南アジア(インド周辺各国)や東南アジアのスパイスをふんだんに効かせたカレーばかりを食べ続けてきて、やや食傷気味になっています。 「スパイスカレーを含め、近頃のカレーはやり過ぎじゃないか」 「スパイスカレーはちょっと飽きた。 たまにはシンプルなものがいい」 といった具合でしょうか。 何を隠そう、私(小野員裕。 カレー研究家)もそんなひとりです。 原点回帰派と元スパイス系カレーマニアに共通するのは、年齢をある程度重ねた人たちということではないでしょうか。 双方は ・古い店への安心感 ・店の歴史や風情 などにほだされる傾向があります。 気取らない大将やおかみさんの空気感など、懐かしの黄色いカレーには、それらが合算されているのでしょう。 またこの世代は油の重たい料理を敬遠する傾向があり、黄色いカレーのサッパリとした味わいに体がなじむのかもしれません。

次の