バサ ルール。 バサトランプゲームのルール・やり方や遊び方や危険理由

「バサ」というカードゲームをご存知ですか?

バサ ルール

2020年4月29日放送のやりすぎ都市伝説で、バサというトランプゲームについて話題になっています。 絶対に話してはいけない闇のゲーム『バサ』 今回そのトランプゲームの『バサ』について遊び方やルールについて調べてみました。 岡野さんが話していた内容だと、• トランプを使う• 昔工場で働いていた時に昼休みにやっていた• この世のものとは思えないくらい面白い• 面白すぎて廃人になる• UNO、麻雀、トランプすべてのいいとこだけを集めたゲーム• スペードの12がやばい• 2~10人くらいまでいけるが、4人くらいが一番面白い• 相手がカードを出したとき「バサー!」といって上がる• バサ返しがあり 、ルールによっては3倍、4倍も• ネットでは出てこない• バサは中東のある国では政府が介入して禁止されている 番組でも言っていた危険な理由については、以下の3つです。 バサは中東のある国では政府が介入して禁止されている• 面白すぎて廃人になる• バサ返しがあり 、ルールによっては3倍、4倍も バサの詳しいルールについて調べてみましたが、出て来ませんでした。 ただ、中東発祥のトランプゲームBasra バスラ ではないかと推測されます。 バスラのルールについて調べたので、興味のある方は遊んでみてはどうでしょうか。 トランプゲーム『バサ』の遊び方やルールは? やりすぎ都市伝説で岡野さんはバサの詳しいルールについては、危険だから言えないと言っていました。 バサのゲームについてネットで調べてみましたが、なかなか信ぴょう性の高い情報が出て来ません。 どんなゲームなのかはざっくりと話していたので、まず内容をまとめますね。 トランプを使う• 昔工場で働いていた時に昼休みにやっていた• この世のものとは思えないくらい面白い• 面白すぎて廃人になる• UNO、麻雀、トランプすべてのいいとこだけを集めたゲーム• スペードの12がやばい• 2~10人くらいまでいけるが、4人くらいが一番面白い• 相手がカードを出したとき「バサー!」といって上がる• バサ返しがあり 、ルールによっては3倍、4倍も• ネットでは出てこない• バサは中東のある国では政府が介入して禁止されている 以上の中から、 赤マーカーの情報がルールに関する内容ですね。 バサというトランプゲームの情報は出て来ませんでしたが、Basra バスラ というゲームがあることが分かりました。 バサってトランプゲームこれかな google playにアプリあった 中東って書いてあるし — あっきー🍁 go6uk バスラのルールは以下の通り。 1人8枚の手札が配られ、山札から4枚のカードが場に置かれる。 様々な条件を元に、プレーヤーが手札のカードを駆使しながら、順番に場のカードを回収していく。 ただし、場から回収したカードは手札には加えず、自分の近くにまとめておく 場のカードを回収できる条件の例としては、手札と場のどれかの数が一致する場合や、場なあるカードのうち2枚の合計が手札のどれかと数が一致する場合など様々あります。 もし条件が1つも当てはまらなかったら、自身の手札から1枚とって、場のカード4枚のうちどれか1つの上に置きます。 場のカードは回収されていくので、場に4枚常にあるように山札から補充していきます。 プレイヤーの手札がなくなったら山札から再度プレーヤーにカードを配り、もう一度条件が合えば場のカードを回収していきます。 山札がなくなったら終わりです。 勝敗は、ポイントによって決まります。 特定のカードを回収できている あるいは 特定の条件でカードを回収できているか等で手に入るポイントは変わります。 ダイヤの10 3ポイント クローバーの2 2ポイント エース 1ポイント ジャック 1ポイント これら以外のカードにはポイントはありません。 もし1回のゲームで到達している人がいなければもう一度ゲームをやり、ポイントを加算していきます。 以上となります。 これはあくまでも一例のようで、ローカルルールのように場所・人によってやり方が多少違うこともあるようです。 特定のカードが強い ポイントが高い という点で大富豪に、どのタイミングでカードを出すかによって好条件で回収できたりできなかったり、そしてそれに伴うポイント加算等々、麻雀に似た面もあるように感じました。 戦略性が非常に高く勝ち抜いていくためにはある程度のスキルが求められるようです。 バスラについてルールが書かれたページはこちらになります。 バサは危険?中毒性やのめり込みすぎて芸人をやめた人も? バサが危険な理由について調べてみましたが、確かな情報は出て来ません。 ただ岡野さんが言うには、• バサは中東のある国では政府が介入して禁止されている• 面白すぎて廃人になる• バサ返しがあり 、ルールによっては3倍、4倍も• バサにハマって芸人を辞めてしまう などの特徴があり、かなり危険なため詳しいルールは絶対言えないと言っていました。 危険な理由をまとめると、• 面白くて中毒になる• お金をかけていた場合、バサ返しなどで多額の借金を負う人も?• GARAGE』でも2019年4月にバサについて話しているので、今回のみのネタではないようです。 先日、オールスター後夜祭に出場した2人。 酒井さんは居心地の悪い楽屋から逃げ出すため、すぐに喫煙所に逃避。 そこで人力舎の岡野陽一さんが興味深い話をしていました。 岡野さんが昔バイトしていた工事現場の詰所で流行っていたトランプゲーム。 その名は「バサ」。 ルールを教えて欲しかった酒井さんですが、岡野さんは断固拒否。 なぜならハマった芸人たちは、のめり込み過ぎてしまい、みな芸人を辞めてしまうという 闇のトランプゲームだから。 「バサ」ググった結果、検索結果は1件のみ。 リンク先を辿ると「ページが存在しません」。 これ以上は、危険かもしれませんね。 ちなみにこのラジオ番組の時もバサについて話題になりましたが、2010年のバサについての記事が出てきたそうです。 自分も気になって探してるのですが全く情報がでてこないですね… ちなみに トランプ バサ 小町で検索すると2010年の書き込みが出てくるので酒井ちゃんや岡野の仕込みではなさそうです。 発言元の記事はこちらになりますね。 私は、トランプマジックで周りの人たちを驚かせたり、一緒に楽しいトランプゲームをやりたいと思っています。 (トランプ自体に仕掛けがあるのはご遠慮ください。 ) どちらの質問に対する返答でもかまいません。 ちなみに私は大富豪やバサなどが好きです。 沢山のレスいただけると嬉しいです。 実際に昔からバサを知っている人物は確かにいるものの、いくら調べても確かなルールが出てこないのは不気味な感じがします。 確かにバサとバスラは言葉として似ていますね。 まずバサについてまとめると、• UNO、麻雀、トランプすべてのいいとこだけを集めたゲーム• スペードの12がやばい• 2~10人くらいまでいけるが、4人くらいが一番面白い• 相手がカードを出したとき「バサー!」といって上がる• バサ返しがあり 、ルールによっては3倍、4倍も とのことでした。 バスラのゲームについての流れを以下のようにゲームが進みます。 手札と場のどれかの数が一致する場合 6は6を取り、キングはキングを取る• 場にあるカードのうち2枚以上の合計が手札のどれかと数が一致する場合 10を持っていたら6と4を回収することができる 【条件が1つも当てはまらなかった場合】 自身の手札から1枚とって、場のカード4枚のうちどれか1つの上に置く 場のカードは回収されていくので、場に4枚常にあるように山札から補充していく 【プレイヤーの手札がなくなった場合】 山札から再度プレーヤーにカードを配り、条件が合えば場のカードを回収していく 【勝敗はポイントが高い人が勝ち】• ダイヤの10:3ポイント• クローバーの2:2ポイント• エース:1ポイント• ジャック:1ポイント 以上10枚のカード以外はポイントがありません。 以下の条件でポイントが加算されます。 最終的に一番カードを持っている:3ポイント• 場に7、2、4、5があり、手札に9があった場合4枚すべて回収できる これをBasraと呼ぶ :5ポイント ゲームの流れを考えると、花札とちょっと似ていますね。 以下バサとバスラのゲームルールについて同じゲームなのか検証してみました。 まずバサは UNO、麻雀、トランプのいいとこどりとのことでしたが、バスラのルールはUNOやマージャンの要素はあまりないように感じます。 人数ですが、バサは 2~10人くらいまでいけるが、4人くらいが一番面白い、とのことですが、バスラもルール上2~10人は行けそうです。 公式ページでも、バスラは3人でゲームすることを進めているので、バサもバスラも人数的には同じと言えます。 バサは 相手がカードを出したとき「バサー!」といって上がると言っていましたが、バスラの場合は場のカードを一度に回収することをバスラと言います。 ただ「バスラ!」と掛け声が必要だったり、場に出ているカードをすべて回収するだけで、上りではないので、別のルールのように思えます。 最後に、バサには バサ返しがあり 、ルールによっては3倍、4倍も・・・とのことでしたが、バスラにはバサ返しのようなルールはありませんでした。 以上のことから、『バサ』と『Basra バスラ 』は別のゲームなのではないかと思われます。 ちなみにBasra バスラ はGoogle playストアでゲームアプリもありました。 気になる方は遊んでみてはどうでしょうか? まとめ 以上がトランプゲーム『バサ』の遊び方やルールと危険な理由についてでした。 内容をまとめると、• バサの遊び方やルールは今のところ不明• 危険性はハマるひとがいるので中東の政府が禁止した• バサとバスラは違うゲーム とのことでした。 また新たな情報が分かり次第更新したいと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

「バサ」というカードゲームをご存知ですか?

バサ ルール

私も気になり情報を探っていたのですが、日本語で探しても不思議なほど一切情報が見当たらなかったので、海外サイトで情報を探してみました。 そうしたところ、名前が似ている尚且つ「麻雀や大富豪に近いルール」と感じたトランプゲームを見つけました。 それが「Basra」 バスラ? 「Basra」は2人以上いれば遊べることができる、ギリシャを起源とする現在では中東で有名なトランプゲームのようです。 以下、とある海外サイトにあったゲームのやり方をまとめたものです。 1人8枚の手札が配られ、山札から4枚のカードが場に置かれる。 様々な条件を元に、プレーヤーが手札のカードを駆使しながら、順番に場のカードを回収していく。 ただし、場から回収したカードは手札には加えず、自分の近くにまとめておく 場のカードを回収できる条件の例としては、手札と場のどれかの数が一致する場合や、場なあるカードのうち2枚の合計が手札のどれかと数が一致する場合など様々あります。 もし条件が1つも当てはまらなかったら、自身の手札から1枚とって、場のカード4枚のうちどれか1つの上に置きます。 場のカードは回収されていくので、場に4枚常にあるように山札から補充していきます。 プレイヤーの手札がなくなったら山札から再度プレーヤーにカードを配り、もう一度条件が合えば場のカードを回収していきます。 山札がなくなったら終わりです。 勝敗は、ポイントによって決まります。 特定のカードを回収できている あるいは 特定の条件でカードを回収できているか等で手に入るポイントは変わります。 ダイヤの10 3ポイント クローバーの2 2ポイント エース 1ポイント ジャック 1ポイント これら以外のカードにはポイントはありません。 もし1回のゲームで到達している人がいなければもう一度ゲームをやり、ポイントを加算していきます。 以上となります。 これはあくまでも一例のようで、ローカルルールのように場所・人によってやり方が多少違うこともあるようです。 特定のカードが強い ポイントが高い という点で大富豪に、どのタイミングでカードを出すかによって好条件で回収できたりできなかったり、そしてそれに伴うポイント加算等々、麻雀に似た面もあるように感じました。 戦略性が非常に高く勝ち抜いていくためにはある程度のスキルが求められるようです。 こちらが今回見たサイトになります。 全文英語ですが細かく説明されています。 この回答ではバサ 仮 の場カードの回収やポイント制についてすべて書ききれてないので、よろしければご覧ください。 なぜこれまで日本での情報がないのかわかりませんが、日本のバサはまた違ったルールがあるのかもしれません。 これ以上は掘り下げない方がいいかも.

次の

バサというトランプゲームのルールは?危険と言われる理由は何?【芸人アルコ&ピース】

バサ ルール

スポンサードリンク バサというトランプゲームのルールは? バサのルールについて、ネットやSNSを活用していろいろと調べてみたんですが、直接バサのルールを解説してくれているものは全くなく、結局ルールは全然わかりませんでした。 アルコ&ピースさんのラジオによると、バサのルールを知っているのは元芸人の岡野陽一さんらしいです。 岡野さんが言うには、人生を狂わせるほど面白いから、詳しいルールを知ってしまうと、芸人を辞めてしまうとのこと。 面白すぎて熱中してしまい、本業のことも忘れてしまうほどに「バサ」は面白いということなんですね。 また、同じくこのラジオによると、 「麻雀」や 「大富豪」のようなゲームなんだとか… 確かに、麻雀や大富豪も面白いゲームですし、ハマる人はけっこう熱中しちゃいますよね~ 私も小学校の時に大富豪がめちゃくちゃ流行って、休み時間には大富豪ばっかりやってたことありましたw それにしても、「麻雀」や「大富豪」のようなゲームと言われると、逆にどんなゲームなのかわからなくなってきますね… 麻雀は牌を揃えてより強い役を作るゲームですし、大富豪は、手札のトランプカードを順番に出していって、誰よりも早く手札を使い切った人が勝つというゲームです。 そのゲーム名は 「Basra」というものらしく、「バサ」と名前が似ていますね~ このBasraについてもルールを調べてみたんですが、やはりなかなか情報が出てきません。 やっと見つけた海外サイトに掲載されていたルールを翻訳してみたところ、次のようなルールみたいです。 1 トランプを使ったゲーム 2 プレーヤーの手札は8枚、それとは別に場に4枚のカードが出される 3 プレーヤーは手札から場にカードを出し、条件が満たされると場に出ているカードを手に入れることができる 4 手に入れたカードに応じて得点が入る。 5 51点以上の得点を早く手にした人が勝ち! 翻訳機能を使ったので、ところどころ日本語がおかしく、詳細なルールはちょっとわかりませんでしたが、高い点数が得られるように考えながら手札を使うというのは、少し麻雀に近い感覚の部分がありますし、周囲より早く高い得点を得て抜け出すというところは大富豪に近い感じもします。 加えて、「Basra」という名前が「バサ」と似ているところから、確かにbasraがバサの元となったゲームなのかもしれませんね。 こちらのBasraも、ハマる人がどんどん出てきてしまったという噂もあるようです。 「Basra」も「バサ」もどちらもあまり深く知りすぎると危険なのかもしれませんね…w まとめ バサについての詳しいルールについては、結局のところ情報が全然得られず、どういうゲームなのか真相を知ることはできませんでした。 ただ、アルコ&ピースさんのラジオによると、バサは「麻雀」や「大富豪」に似たゲームのようですね。 「バサ」という名前、そして「麻雀や大富豪に似ている」というところから調べてみたところ、中東の「Basra」というゲームがバサに近い可能性が考えられます。 Basraも熱中する人が多すぎたという噂もあるようなので、もしかしたら本当にバサの元となったゲームはBasraなのかもしれませんね。 知ってしまうと芸人を辞めてしまうほどのめり込んでしまうという話のようなので、私たちも知らないほうがいいのかもしれませんw 知ってしまうと、職場や学校に行かなくなっちゃうかもしれませんもんね~笑 そうならないためにも、この辺でリサーチはやめておこうかなと思います。 それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の