ピアノ コード 楽譜。 ピアノで弾き語り!基礎知識~たった3コードで弾ける練習曲も紹介

【すべて無料で見放題】ギターコード/ピアノコード検索サイト|楽器.me

ピアノ コード 楽譜

コードで、有名曲が弾いてみたい! 楽譜の上の方に、記載されている英語。 それが、コードです。 コードの読み方についての詳しい説明は、。 読み方はわかった!ならば、たくさんの名曲をピアノで弾いてみたい! さて、どんな曲が弾けるの??? 今日は、1回覚えたら、たくさんの名曲が弾ける、 初心者必見の、 コード進行(コードの並び)をご紹介します! 名曲に使われたお決まりのコード進行 コード進行 コード進行とは、その名の通り、コード1つ1つの順番のこと。 コードというのは、日本語でいうところの、和音のこと。 こんなの。 このつながりのことを、「コード1つ1つの順番・進み方」ということで、 「コード進行」と、よびます。 クラシック音楽界では、和声という言葉で表現される場合もありますし、英語表記だと、ハーモニーとも言われます。 テッパンのカノン進行 コードの順番には、様々な決まりなどがあるのですが、現代では作曲者の自由にコードを選んで良いわけなので、コード進行に使えるコードの組み合わせは様々な種類があります。 しかし、 名曲になりやすいコード進行、テッパンのコード進行というものはあるのです。 それが、 カノン進行 ヨハン・パッヘルベル(1653年〜1706年)によって作られた「カノン」という曲。 日本では卒業式・結婚式などでかかることが多い曲なので、皆さんどこかで聞いたことがあるのではないかな?と思います。 コード進行は、こんな感じ。 青い音符だけ、黒い鍵盤を弾きます カノンという曲は、この音を、チェロパートが、延々54回繰り返します。 修行か!!!? それは、さておきまして、このコード進行で作られているポップス・名曲が多いのです。 なので、このコードの並びを練習すると、弾ける曲が、ぐ〜〜〜っと広がります。 ピアノでは、黒い鍵盤を弾くと難しくなるので、白い鍵盤だけで弾けるようにちょっと変えます。 *移調・キーチェンジという技術ですが、これはまた後ほど。 名曲をご紹介 動画での解説は、こちら  ZARD:「負けないで」 この曲は、日本では多くの方が耳にしたことのある名曲。 サビの部分が、カノン進行です。 0'54のあたりから、再生すると、カノン進行の部分を聞くことができます。 赤い鳥:「翼をください」 こちらもサビの部分がカノン進行ですね。 スピッツ:「チェリー」 歌いやすいメロディーで、カラオケにも最適なんですよね。 からご覧いただけます。 こちらの曲は、歌い始めがカノン進行です。 山下達郎:「クリスマス・イブ」 スピッツのチェリーと、同じような歌い出しが、カノン進行なのは、こちらの曲です。 からYoutubeがご覧いいただけます。 まとめ ピアノ初心者の方に、ぜひ、オススメしたいカノン進行。 ぜひ、お試しください。 こちらの記事もオススメ.

次の

楽譜が無くてもピアノが弾ける! 1.コードの仕組み

ピアノ コード 楽譜

ピアノの楽譜にも、コード・ネームが書いてあることがありますよね。 そもそもコード・ネームって、何の役に立つのでしょうか? コード・ネームがなくても、楽譜を演奏することはできます。 楽譜どおりに演奏するだけならば、それで何も問題ありません。 でも、コードの仕組みを知っておくだけで、 音楽的に大きな役に立つこともあるのです。 コードの意味 まず、下の譜例を見てください。 「ドレミファソラシド」が並んでいますね。 そして、それぞれの下に 「ABCDEFG」のアルファベットが並んでいます。 このアルファベットが、そのままコード名になります。 これはもう、覚えるしかありません。 と言っても、たった7文字ですから、すぐに覚えられますね。 四和音 コードをより音楽的な響きにするために、3つ目の譜例のように、 この音にさらにもうひとつ加えた、4つの音で考えることも多いです。 コードを使ってできること 音楽はコードの進行に合わせて、この4つの音を使って作られることが多いです。 逆に言えば 「コードに合った音を使えば、変な響きになることは少ない」 ということです。 アドリブなどでコードが重要になるのはこのためです。 試しに、左手でコードを、右手はその構成音だけを適当に弾いてみましょう。 どうですか? 右手は譜例どおりに弾かなくてもかまいません。 リズムさえ合っていれば、音楽っぽく聞こえるでしょう? これが、アドリブです。 楽曲はコードを基にして作られています。 ですから楽譜に出てくる音も、良く見るとコードの構成音が多く使われています。 どんな音が出てくるのか、あらかじめ分かっていれば、 運指もスムーズになりますし、譜面を覚えるのも楽になりますよね? コードの構造を知っていれば、アドリブができるだけでなく 普段の演奏の役にも立つのですね。

次の

楽譜が無くてもピアノが弾ける! 1.コードの仕組み

ピアノ コード 楽譜

ピアノコードって何? そもそもピアノコードとは何か説明できますか? ピアノコードとはコードをピアノで演奏するために表したものです。 ではコードとは何でしょう? コードとは 英語で「Chord」と記載するもので、日本語で 「和音」のことです。 和音は 3つ以上の音を同時に弾いた音のことです。 試しに「ド・ミ・ソ」を同時に押し続けてみましょう。 これで一つのコードになっています。 コードの役割 コードの役割は分かりやすく言うと「 曲の雰囲気を作ること」です。 その曲が明るい曲なのか、暗い曲なのか、悲しい曲なのかを聞き手に分かりやすく表してくれます。 右手でメロディーを弾いているところに、左手でコード(和音)が入るだけで、曲に厚みが出ていきます。 そしてこれを逆に言えば、 曲の特徴からその部分部分をコードに分解できるわけです。 例えば、クラシックのオーケストラで演奏するような曲は、様々な楽器が使われているにもかかわらず、ピアノ単体の楽譜で、ある程度表現できます。 これはその様々な楽器の中の主となる音(明るさや暗さなどを表現している音)をコードに分解しているからなんです。 特に楽譜の左手に対応する部分は、このコードをアレンジしたり飾りをつけたりしているものが多く存在します。 ピアノコード一覧の前に ピアノコードを紹介する前に覚えておいたほうがいいものを説明します。 それがこちら ずばり「 ドレミファソラシド」のアルファベット名です。 「ドレミファソラシド」=「C D E F G A B C」になっています。 ドはCからでそれ以降はアルファベット順になりますがGのあとはAに戻りますので注意してください。 コード名は一般的にアルファベット名で表すことが一般的です。 そのため、音とアルファベットを覚えることで、簡単にコードを覚えられるようになります。 例えば「C」のコードはアルファベット名の「C」のコードですので、「ド」を中心とした和音です。 同じように「Fm」のコードはアルファベット名の「F」のコードですので、「ファ」を中心とした和音になっています。 ピアノコード一覧 コードには非常に多くの種類があります。 同じピアノコードでも音の組み合わせで、弾き方は数種類あったりもします。 数えたことはありませんが、数百種類以上あるかと思います。 今回はその中でもよく使われる メジャーコードと マイナーコードを一部紹介します。 人によって捉え方は違いますが、多数の人はすべてのメジャーコードを聞いて明るい気分になるでしょう。 独特の不協和音に感じる人が多いかと思います。 メジャーコードとマイナーコードの覚え方 数あるコードの中で、このメジャーコードとマイナーコードはよく使われるコードですが、実は簡単な覚え方があります。 メジャーコード• 簡単ですね。 鍵盤の音さえ分かればどの順番で弾いても構いません。 例えば「C」のコードは「ド・ミ・ソ」ですが「ミ・ソ・ド」や「ソ・ド・ミ」でも同じ「C」のコードになります。 以上がメジャーコードとマイナーコードの説明でした。

次の