貧血 対処法。 貧血の対処法!とっさの時の応急処置~即効性のある食べ物・飲み物も

貧血の原因・症状|考えられる病気と対処法を徹底解説

貧血 対処法

私はお酒が好きでよくビールや焼酎、ワインなど飲みますが、その時に吐き気がしたり、フラフラしたり(酔っぱらいではありませんよ)、目の前が暗くなって倒れそうになったことがあります。 私だけでなく お酒を飲むと貧血のような症状を起こす人が多くいます。 また低血圧の人に多くみられますよね。 これにはいくつか原因があり、貧血もしくは脳貧血、急性アルコール中毒の症状のいずれかであることが多いです。 これらの症状が出る人達はお酒の種類や量に関わらず、ビールをコップ半分とかワインをグラスの半分飲んだだけで意識を失い倒れてしまったなど、わずかな量でも起こっているようです。 今回はなぜ飲酒すると失神を起こしたりするのか? その症状は貧血なのか?脳貧血なのか? それぞれの原因や対処法について紹介します。 貧血だった場合の原因と対策 まず貧血を引き起こす原因をご存知ですか? みなさん耳にした事があると思いますが、貧血は血液が薄くなるいわゆる 赤血球の量が基準値よりも少なくなると起こります。 その赤血球の元となるのは、鉄分やビタミンBそして葉酸などがあります。 貧血状態になると鉄分不足のため鉄分を多く含むレバーを食べた方が良いとかビタミンを摂取した方が良いと言いますよね。 ではなぜアルコールを摂取すると赤血球に影響し、フラフラめまいがするのか説明します。 アルコールの分解にビタミンを消費するから 赤血球の元になるビタミンB群を飲酒時に消費するからなんです。 詳しくそのメカニズムを説明します。 まず飲酒したアルコールは「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。 次に「アセトアルデヒド」は「アルデヒド脱水素酵素」によって「酢酸」という物質に分解されます。 この2番目の分解の際に ビタミンB1等が消費されるんです。 これは当然人によってビタミンB群の消費量も様々ですので、消費が酷い人ほどめまいがしたり貧血状態になる訳です。 つまり人によってはコップ一杯のビールでも起こりうるという事です。 また女性の場合、生理中はホルモンバランスの関係で、 酔いが回りやすくなったり、出血する量が増えることがあるので注意が必要です。 飲酒時にはビタミンBを摂取しましょう ビタミンが失われるなら補給すればいいという事で、お酒を飲む際は食事やおつまみにビタミンB1を多く含む食材を食べるようにすると良いでしょう。 食材としては、 リンク 葉酸不足が原因 それともう一つ、貧血を起こす原因として葉酸不足があります。 葉酸とはビタミンMやビタミンBg、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、ビタミンB12と共に働いて赤血球を作ります。 当然これらが不足すると 赤血球が作られずに貧血になる訳です。 これが原因のものを「巨赤芽球性貧血」と言います。 葉酸が不足する原因は、 異常なアルコール摂取や青野菜の不足です。 そのため普段から野菜をバランスよく食べる事が重要です。 これは貧血に関わらず健康にとって大切ですから気をつけましょう。 青野菜を食べましょう 青野菜はキャベツやレタス、ほうれん草、パセリ、ブロッコリー、セロリ、小松菜などいっぱいありますが、料理しないとか、一人暮らしでそんなに野菜を食べれないという方には、青汁や野菜ジュースを飲むと良いでしょう。 もちろんお酒を飲みながらの食事やおつまみとして青野菜を食べれば予防対策になります。 また食べる際は、 生のままか、油で炒めるのはOKですが、茹でると葉酸が無くなってしまうので調理の仕方にも気をつけましょう。 また異常なアルコール摂取も原因ですので、イッキ飲みや過剰な飲酒は厳禁です。 脳貧血だった場合の原因と対策 でも説明しましたが、目の前が暗くなっってフラフラしたり、周りの音が聞こえづらくなる、冷や汗が出るなどの症状は血圧の関係と脳に十分な血液が行き渡らないことで起こります。 ではなぜ飲酒時にその状態になるのでしょうか? アルコールが血圧を下げることが原因 先ほども書きましたが、アルコールを摂取すると「アセトアルデヒド」という物質が出来て増加していきます。 そうすると 血管が拡張してしまい血圧が低下します。 それで脳へ十分な血液、酸素が補給されずに脳貧血の症状が出るのです。 普段からめまいを起こしたり、イッキなど無理な飲み方をしていない場合にめまいなどの症状が出る場合は、 脳貧血である可能性が高いと思います。 その際は血管が拡張して上記のような状態になっていると思われます。 お酒を飲んだ時にめまいがするなどの症状が出る場合は、お酒を控えるのが一番ですが、他にもストレスが溜まっているなど脳貧血の原因になることが重なっていることも考えられます。 仕事や付き合いでどうしてもお酒を飲まなければならない場合は、自分の体調に合わせ無理をせず調整しましょう。 アルコールの量には関係ないので、チビチビゆっくり飲んでいても症状が起こる場合がありますので、出来れば相手に説明して飲まなくて済むようにしたいですね。 対策としては 飲まない、脳貧血の原因となるストレス解消や普段の食生活に気を付け自分で予防することが大切です。 急性アルコール中毒の可能性もある もうひとつ、似たような症状でイッキ飲みや短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる急性アルコール中毒があります。 大量のお酒を短時間に飲むと、 失神だけでなく、嘔吐したり呼吸困難になったりすることもあるので非常に危険です。 昔はノリで大量にお酒を飲んだり飲まされたりすることもありましたが、 下手すると死に至るケースもあるので、無理な飲酒はやめましょう。 まとめ このようにアルコールを摂取した時に倒れたり、冷や汗が出たりする症状にはいくつか原因が考えられます。 でも脳貧血や急性アルコール中毒にしろ、飲酒時に起こるようであればお酒を控えるのが一番です。 宴会や打ち上げの時は良くても帰り道で急に意識を失う事もあるかもしれませんので、気を付けましょう。 ニュースで酔っ払って電車ホームから線路に落ちて怪我したとか亡くなったとか聞きますが、そういった事も無きにしも非ずですからね。 また飲酒後の温泉やお風呂など入浴は危険ですので止めましょう!のぼせた様な症状が出て倒れる事もあり、頭を打ったりすると二次災害にもなりかねません。 脳貧血が原因である場合は、ので、ぜひ実施してみて下さい。

次の

貧血で頭痛・めまい・吐き気・眠気の対処法と治し方

貧血 対処法

貧血で起こる症状の代表的なものとして、 立ちくらみや めまい、 耳鳴り、 頭痛などが挙げられます。 また、貧血になると血液を少しでも体中に送ろうと自然と働きかけるため心臓や肺などに負担がかかり、倦怠感や 疲れやすさを感じるうえ、普段なら何でもないような運動でも 動機や 息切れなどが起こります。 そもそも 貧血とは血液が足りずに身体の各器官に酸素を運べなくなるために起こる症状のことを言います。 脳が酸欠になることで立ちくらみやめまい、心臓が酸欠になることで息切れや動機、さらに筋肉が酸欠になることで倦怠感や肩凝りなど、酸欠の状態に陥っている器官によっても症状の出方が異なってくるのが特徴です。 なお、病院などでも簡単に 貧血かどうかを確認する方法として、下まぶたの裏を見たりするのは、貧血が進行することで皮膚や粘膜の赤みがなくなり少し黄色がかってくるためです。 そのため、ちょっと疲れてるかも?と思っても、下まぶたの裏が白っぽければ貧血かもしれないからこそ、気になったときにはぜひチェックしてみて! はっきりと自覚症状がない場合でも貧血状態に陥っていることも多く、気付いたときには深刻な貧血状態…ということも。 では、なぜ貧血は女性に多いのかというと、個人差はあるもののまず月経による出血が原因で1日あたり0. 5~1. 0mgの鉄が失われることが挙げられます。 さらに、妊娠をすれば赤ちゃんの成長に必要な鉄分を供給し、出産時には大量の血液が失われ、授乳期には母乳とともに鉄分が失われることから、多くの女性が貧血を患ってしまうのです。 また、子宮筋腫や子宮腺筋症といった女性特有の病気が原因で月経時の出血が増加し貧血を引き起こしたり、過度なダイエットも貧血の原因となってしまうことから、貧血になってしまう女性が多いのです。 ご紹介した豆乳など貧血に効く飲み物とは反対に、貧血を悪化させてしまう恐れのある飲み物もあるからこそ要注意です! 実は、コーヒーや紅茶、緑茶、ワインなどカフェインやタンニンを含む飲み物には、鉄分の吸収を抑えてしまう働きがあるのです。 そのため、せっかく食事や飲み物、サプリメント等で鉄分を補おうと積極的に摂取していても、食事中や食後にこれらの飲み物を飲んでしまうと鉄分の吸収が抑えられてしまうというわけ…。 食後にコーヒーや紅茶などを飲むのが習慣になっている人でも、これらの飲み物を飲む場合には鉄分を摂取したあと最低でも2~3時間ほどあけて飲むのがおすすめです。 そうすることで、足元に溜まってしまっている血液が頭のほうにも送られるため、比較的すぐに楽になれるはずです。 また、横になるスペースを確保できない場合にも、椅子などに座って安静にし、しばらく動いたり立ち上がったりしないことが大切です。 酸欠状態に陥っている貧血時は、普段よりも心臓に負担がかかりやすくなっており、下手に動き回ってしまうと貧血を悪化させてしまうだけでなく、転倒するなど2次被害を引き起こしてしまうことも考えられるため、周囲の人が貧血で倒れてしまったときには絶対に無理をさせずに安静にさせましょう!.

次の

高齢者が貧血になりやすい原因と対処法!予防に役立つ食べ物はコレ

貧血 対処法

赤血球に含まれるヘモグロビンは、酸素を全身に運ぶ重要な役割を担っています。 そのため、貧血になると酸素を運搬できなくなり、体が酸欠状態になってしまいます。 必要な場合は、鉄剤の内服や注射が行われます。 女性は月経により、さらに1日当たり、約0. 5mgの鉄が失われます。 食品に含まれる鉄には、「 ヘム鉄」と「 非ヘム鉄」があります。 「ヘム鉄」は溶けやすく、体内に吸収されやすいため、効率的に鉄がとれます。 ヘム鉄は牛肉、豚肉、鶏肉、魚類に多く含まれます。 「非ヘム鉄」の多い食品も、鉄分の吸収を高める食品と一緒に摂ることで効率よく鉄を摂ることができます。 色々な食品からバランスよく鉄分をとりましょう。 2.たんぱく質をとりましょう たんぱく質は、ヘモグロビンの材料となる栄養素です。 肉、卵、魚、大豆製品、乳製品といろいろな種類のたんぱく質を食べましょう。 魚や肉のたんぱく質は、「非ヘム鉄」を消化管内で溶けやすくして、体内に吸収しやすくする効果が期待できます。 3.ビタミンCをとりましょう ビタミンCにも「非ヘム鉄」を吸収しやすい形に変える働きがあります。 「非ヘム鉄」を多く含む食材とブロッコリーや小松菜など、ビタミンCを含む食材を一緒に調理したり、食後に果物をとることで、鉄の吸収率を上げることができます。 4.いろいろな食品をバランス良くとりましょう ビタミンB2、B6、葉酸、銅なども造血や鉄の吸収に欠かせない栄養素です。 これらを3食きちんと食べることが大切です。 5.調理方法や食べ方を工夫しましょう 鉄なべ、鉄のフライパンなど鉄製の調理器具を使うと、鉄が微量に溶けて鉄分補給につながります。 また、胃液の分泌が高まると鉄が吸収されやすくなります。 酸っぱい物、辛い物、ハーブ類を食べたり、よく噛んで食べたりすることで胃酸の分泌を促し、吸収率を高めることが期待できます。 貧血の症状が続く場合や心配なことがあれば、病院を受診して、医師に相談することをお勧めします。 初めて受診する場合には、内科を受診するか、女性は婦人科の医師に相談してみてもよいでしょう。 必要な場合は、その専門医を紹介されます。 「いつものこと」と放置せず、不安なことは早めに医師に相談しましょう。 e-healthnet. mhlw.

次の