エリンギ 漢字。 キノコ

きくらげの漢字の由来は?

エリンギ 漢字

未成熟の青い大豆のことを枝豆と言い、大豆は英語では「soybean」と呼ばれます。 日本以外ではほとんど食べられていないので、「enoki mushroom」という表現が一般的ですが、色が白いことから「winter mushroom」と呼ばれることもあります。 なお、和名のエリンギという名前は「Pleurotus eryngii」という学名に由来しています。 意外かもしれませんが、実はオクラは英語なんです。 発芽直後の大根のことですね。 なお、「sprout」は「芽」という意味です。 童話の「おおきなかぶ」は、英語では「The Gigantic Turnip」となります。 なお、ハロウィンで使われるような黄色いかぼちゃは「pumpkin」と呼ばれます。 「squash」という単語は、日本で食べられているような緑色のかぼちゃも含めたかぼちゃの総称です。 英語では「ユダヤ人の耳のキノコ」という意味になるので、漢字表記と絡めると覚えやすくなりますね。 また、「cloud ear mushroom」という呼び方もよく使われます。 世界中には多くの種類のきゅうりが存在するため、日本のきゅうりのことを伝えたい場合は「Japanese cucumber」と表現すると良いでしょう。 「pea」という1語だけでも「えんどう豆」という意味になるため、充分意味は通じます。 「sesame seeds」という言い方もあり、直訳すると「ごまの種」という意味になります。 江戸時代に日本で誕生した野菜なので「Japanese」、からしという意味の「mustard」、ほうれんそうに似ていることから「spinach」、といった3つの単語が組み合わっています。 直訳すると「日本のからし菜」といったところですね。 ごぼうは欧米では雑草のような扱いで、普通のスーパーにはまず売っていません。 「根」という意味の「root」を付けて、「burdock root」とも呼ばれます。 日本語でもゴーヤーのことをニガウリと言いますね。 その他に、「bitter gourd」という言い方もあります。 ちなみに、お菓子のスイートポテトは実は日本独自のものなんです。 お菓子の「スイートポテト」のことを英語で言いたい場合は、「sweet potato pie」や「sweet potato tart」と表現すると良いでしょう。 なお、さといもはタロイモの一種ですが、英語圏では両者は特に区別されず、どちらも「taro」と呼ばれます。 「green bean」の他に、「string bean」とも呼ばれます。 「pod」という単語は、名詞では「さや」という意味で、動詞では「さやが実る」という意味となります。 極東アジアでしか食用として栽培されていないキノコのため、英語でも「shiitake」と表記されます。 英語では、甘い唐辛子という意味になりますね。 「sweet green pepper」という呼び方をすることもあります。 英語圏ではしそを食べる習慣が無いので、「Japanese basil」や「Japanese herb」と表現するしかないようです。 基本的には日本で食用となっているキノコのため、「shimeji」と表現します。 日本食の食材として人気が高いため、近年は徐々に海外にも増えてきています。 実は、私たちが食用としているのは根っこではなく、茎の部分です。 しゅんぎくは東アジアでしか食用とされず、英語では「garland chrysanthemum」と呼ぶしかないのですが、それでもうまく伝わらない可能性が高いかと思います。 どうしようもなければ、「shungiku」と表現するしかなさそうです。 ちなみに、「紅しょうが」はしょうがを梅酢に漬けたものなので、英語では「red pickled ginger」と表現します。 「broad」は、「幅が広い」という意味の形容詞ですね。 その他にも、「fava bean」という呼び方もあります。 なお、「radish」単体では「二十日大根」のことを指します。 日本食には欠かせない食材の一つで、大豆から作られる「醤油」は英語では「soy sauce」と言います。 「bamboo」は「竹」のことですね。 「shoot」は「射撃、発射」という意味の他に「新芽、若枝」という意味も持っています。 下で再度登場しますが、「ねぎ」のことは英語では「green onion」と言います。 「bok choy」という単語は、中国語の「白菜」が由来です。 ちなみに、中国語での「白菜」という言葉はチンゲンサイ、はくさい、キャベツ等の野菜の総称です。 ちなみに、「pepper」単独では「こしょう」という意味になります。 ちなみに、イギリスでは「maize」と呼ばれることもあります。 直訳すると、卵の植物という意味になります。 日本のなすは紫色のものが一般的ですが、海外には純白のなすも存在しており、白いつるつるの表面がその名の由来とも言われています。 ほとんど日本と台湾にしか分布しておらず、英語でも「nameko」という名称で呼ぶしかありません。 「chive」とは「セイヨウアサツキ」のことで、ねぎのようなハーブの一種です。 その他、「Chinese leek」とも表現されます。 ちなみに、「高麗人参」は「Korean ginseng」となります。 「おろしにんにく」は「garlic paste」と表現すると良いでしょう。 英語では、緑のたまねぎという意味になりますね。 英語では中国のキャベツという意味になります。 日本語の中でも「コリアンダー」という言葉は聞いたことがありますね。 その緑色から、「green pepper」とも表現されます。 ちなみに、青唐辛子のことは英語では「green chili」となりますので、混同しないようにしましょう。 ほうれんそうが大好物のポパイの漫画には「spinach」と書かれた缶が頻繁に登場します。 残念ながら、きのこ類は日本語にうまく対応する英単語が存在しないものが非常に多いですね。 「pine mushroom」と表現する場合もあります。 欧米ではほとんど食用とならないため、そのまま「mizuna」と表現する方が良いでしょう。 「potherb mustard」という表現もあり、直訳すると「香草のからし菜」という意味になります。 そのまま訳すと、日本の生姜という意味になりますね。 「sprout」は、「芽」という意味です。 英語をそのまま訳すと、「ユダヤ人のアオイ科の植物」という意味になります。 モロヘイヤはジュートという植物の一種で、「nalta jute」とも呼ばれます。 山芋はヤムイモの一種で、英語では「yam」と言います。 とても覚えやすいですね。 直訳すると「漬物にしたエシャロット」という意味になります。 より厳密に表現したいなら、「pickled Japanese leek bulb」とすると良いでしょう。 「lotus」は「ハス、スイレン」という意味の名詞で、「lotus root」は漢字通りハスの根っこという意味です。 まとめ 以上、様々な種類の野菜の英語名を紹介してきましたが、いかがでしたか? このページが皆さんのお役に立てば幸いです。 以下のページにも、是非遊びに来てくださいね!.

次の

きのこを漢字で書くと?種類・名前ごとに漢字の由来や意味を解説

エリンギ 漢字

きくらげとは? キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属の、キノコです。 広葉樹の、ニワトコやケヤキなどに発生します。 中国や日本、韓国などで食用とされています。 乾燥すると小さく縮んで、湿ると元に戻ります。 生の状態では脆くて破れやすいのですが、火を通せば名前の通りにクラゲを思わせるような歯ごたえになります。 ほとんど無味無臭です。 類似のキノコに、アカラギクラゲ、シロキクラゲ、ハナビラニカワタケがあります。 ハナビラニカワタケというのもなかなか変わった名前ですね。 一般的に、キクラゲといえばキクラゲ類の総称のことをいいます。 主に乾燥品として、流通しているのですが近年では、生のキクラゲも流通しているそうです。 生キクラゲは、乾燥品のものよりもより弾力があって歯ごたえがいいそうです。 スポンサードリンク なぜきくらげという? きくらげは、干したクラゲに味が似ています。 そのことから、 「樹木に生えるクラゲ」という意味で『きくらげ』と名付けられました。 地方では色んな名前で呼ばれています。 沖縄本島ではみみぐい、鹿児島県沖永良部島ではみんぐそ、奄美大島ではみんぐり、宮崎県西臼杵郡ではみみなばと呼ばれます。 いずれも、自生する「アカラギクラゲ」を耳と関連付けて呼んでいるそうです。 朝鮮語では、モギ 木耳を朝鮮音で読んでいます。 ベトナム語では、猫のきのこの意味のナムメオ、もしくは朝鮮語と同じく木耳をベトナム語で読んだモッニーといいます。 ということは海外であっても、「木耳」ということで伝わっているんですね。 どうして木耳と書く? 漢字で木耳と書きますが、これは中国からの用字で 形が人の耳に似ている、というところからついた名前です。 木の耳、という別名もあります。 きくらげの別名として、耳茸という名がきくらげの別名として挙げられていたりもします。 まとめ 木耳、というのは見た目から名前がきているんですね。 人の耳の形に似ていて、木に生えているから。 非常にわかりやすいです。 こういう風に調べてみると、身近に感じることができて愛着が湧きますね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

ひらめきクイズ問題!簡単問題も難問もあり、発想力で問題に挑め!! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

エリンギ 漢字

きくらげとは? キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属の、キノコです。 広葉樹の、ニワトコやケヤキなどに発生します。 中国や日本、韓国などで食用とされています。 乾燥すると小さく縮んで、湿ると元に戻ります。 生の状態では脆くて破れやすいのですが、火を通せば名前の通りにクラゲを思わせるような歯ごたえになります。 ほとんど無味無臭です。 類似のキノコに、アカラギクラゲ、シロキクラゲ、ハナビラニカワタケがあります。 ハナビラニカワタケというのもなかなか変わった名前ですね。 一般的に、キクラゲといえばキクラゲ類の総称のことをいいます。 主に乾燥品として、流通しているのですが近年では、生のキクラゲも流通しているそうです。 生キクラゲは、乾燥品のものよりもより弾力があって歯ごたえがいいそうです。 スポンサードリンク なぜきくらげという? きくらげは、干したクラゲに味が似ています。 そのことから、 「樹木に生えるクラゲ」という意味で『きくらげ』と名付けられました。 地方では色んな名前で呼ばれています。 沖縄本島ではみみぐい、鹿児島県沖永良部島ではみんぐそ、奄美大島ではみんぐり、宮崎県西臼杵郡ではみみなばと呼ばれます。 いずれも、自生する「アカラギクラゲ」を耳と関連付けて呼んでいるそうです。 朝鮮語では、モギ 木耳を朝鮮音で読んでいます。 ベトナム語では、猫のきのこの意味のナムメオ、もしくは朝鮮語と同じく木耳をベトナム語で読んだモッニーといいます。 ということは海外であっても、「木耳」ということで伝わっているんですね。 どうして木耳と書く? 漢字で木耳と書きますが、これは中国からの用字で 形が人の耳に似ている、というところからついた名前です。 木の耳、という別名もあります。 きくらげの別名として、耳茸という名がきくらげの別名として挙げられていたりもします。 まとめ 木耳、というのは見た目から名前がきているんですね。 人の耳の形に似ていて、木に生えているから。 非常にわかりやすいです。 こういう風に調べてみると、身近に感じることができて愛着が湧きますね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の