エ リスト リール。 【ホームズ】メゾンエリールA棟の建物情報|千葉県千葉市中央区星久喜町971

ウォーターワークス ピューリストリール入荷しました! : Fluxブログ

エ リスト リール

ブランク新製法「TAF」を採用したフィネスロッド。 前作のEradicatorシリーズより20%もの軽量化に成功。 同時に画期的に強度も向上。 国産100%のカーボンマテリアルで構成されたTAF製法のブランクス。 軽さと強度は当社比、過去最高のスペックを誇ります。 最上級チタンフレーム・トルザイトリングのガイド搭載。 ATガイドとKガイドの組合せで、感度と軽量を実現。 RevoMGXtremeのリールと合わせれば、合計でも約200gとリール一台分の軽さに匹敵。 TAF製法のブランクスの良さを最大限、引き出しています。 アンダー1gのジグヘッドの操作性、分かりやすく言えば0. 1gの重みさえ感じとれる高弾性ショートソリッドの絶妙な入り具合。 圧倒的な操作性と超絶感度、ラインスラッグの少なさでアジを完全包囲。 ショートレングス化に伴いワンハンドキャストとブランクタッチが容易。 アベレージサイズのアジの数釣りに最強なショートロッドで接近戦には欠かせないモデルです。 NEW ERD REALFINESSE ERFS-84LHT-TZ -Thirty Driver- 優れた遠投能力、モンスター狙いの特化モデル ロングレングスながらTAF製法で完全にダボつきを排除。 そのシャープさは、1g前後の軽量ジグヘッドも「スパッ!」キャストできる性能。 ロングレングスを生かした、ゴロタ場、足場の高い磯場、大型テトラ帯など場所を選びません。 フロートリグ、ライトキャロ、ジグヘッド、メタルジグ、カブラなど、多彩なメソッドに高次元で対応。 手付かずポイント攻略に不可欠な遠投性能が魅力。 テスト段階でも数々の尺メバルを捕獲。 使えば分かる絶妙なバランスは秀逸。 2019年追加モデルは、ずばり人気モデルのスローテーパーのラインナップ拡大。 67SULよりさらに柔らかいスーパースローテーパースペシャルの69XULと67SULを長くしたスローテーパースペシャル73SULの2機種が登場します!重さ、ダルさ、感度の悪さをTAF製法で除去、スローテーパーの良さだけが際立つスペシャルモデルです。 ERD REALFINESSE ERFS-69XULT-ST-TZ -Super Slow Taper Special- 超軽量、高感度のスローテーパースペシャルモデル スローテーパーのエクストラウルトラライトアクション。 SULモデルよりさらにソフトな仕上がり。 スローテーパーにありがちな重くてダルく、感度が悪いといった短所をTAF製法で全て解決。 プラッギングだけでなく、スローテーパーでありながら、ジグヘッドのリフト&フォールの掛けのスタイルにも使用出来る軽さと感度。 魚を掛けてからフルベンドで一匹ずつ楽しめる要素も魅力。 アジやメバルといったメインターゲットから、メッキやショゴ、カマスといった小型回遊魚をまで様々な魚種を狙うことができる。 ERD REALFINESSE ERFS-73SULT-ST-TZ -Slow Taper Special 73- 超軽量、高感度のスローテーパースペシャルモデル スローテーパーのスーパーウルトラライトアクション。 ついに7ftモデルが登場。 スローテーパーにありがちな重くてダルく、感度が悪いといった短所をTAF製法で全て解決。 プラッギングだけでなく、スローテーパーでありながら、ジグヘッドのリフト&フォールの掛けのスタイルにも使用出来る軽さと感度。 魚を掛けてからフルベンドで一匹ずつ楽しめる今までなかった感覚ロッド。 アジやメバルといったメインターゲットから、メッキやショゴ、カマスといった小型回遊魚をまで様々な魚種を狙うことができる。 接近戦、最強モデル エラディケーター・アジングカスタムのドミナントの後継機種。 「Dominant」とは支配的な、優勢なという意味を含む形容詞。 アンダー1gのジグヘッドの操作性、分かりやすく言えば0. 1gのジグヘッドの重みさえ感じとれる高弾性ショートソリッドの絶妙な入り具合で、超繊細に操作可能なモデル。 近距離戦では最強で、そのエリアを根こそぎ釣って支配出来るほどの圧倒的な操作性と超絶感度。 アジやメバルなど完全包囲。 極細ラインとの相性も抜群。 ERD REALFINESSE ERFS-67SULT-ST-TZ -Slow Taper Special- -超軽量、高感度のスローテーパースペシャルモデル スローテーパーのスーパーウルトラライトアクション。 スローテーパーにありがちな重くてダルく、感度が悪いといった短所をTAF製法で全て解決。 プラッギングだけでなく、スローテーパーでありながら、ジグヘッドのリフト&フォールの掛けのスタイルにも使用出来る軽さと感度。 魚を掛けてからフルベンドで一匹ずつ楽しめる要素も魅力。 アジやメバルといったメインターゲットから、メッキやショゴ、カマスといった小型回遊魚をまで様々な魚種を狙うことができる。 「Temptation]テンプテーションとは、誘惑の意味。 どんな状況においてもアジを誘い出す、繊細なアクションをつけやすいモデル。 6フィート10インチと限りなく7フィートに近いモデルながら、使用感覚はまさに5フィートクラス。 4g前後の超軽量ジグヘッドも扱いやすく、重みをしっかり感じ取れて丁寧に誘える、港内最強モデルだ! アジ特有のアタリを誘い出し、アタリを瞬時に捉え上アゴを貫く超高感度モデル。 メバルのリフト&フォールでの狙いにも最適だ。 「Verdict Man」とは判断、決定する人の意。 その日の魚の状況をいち早くジャッジ可能な超高感度サーチングモデル。 繊細なアタリを瞬時に捉える超高感度ティップは、 潮流の変化やボトムの底質感知、アタリの出方による魚の活性、全てを掌握。 最もベーシックな、遠投性と操作性の両方兼ね備えたスタンダードレングス7フィート6インチ。 軽量ジグヘッドはもちろん、プラッギングも最適。 メバルだけでなくアジングにも最適な積極的な掛け調子を実現。 ERD REALFINESSE ERFS-79ULS-EXF-TZ -Super Keen Sensor- ロングフィネスの最高峰モデル エラディケーター・メバルカスタムのキーンセンサーの後継機種。 抜群の超喰い込みティップを実現したこのモデルは、ただ巻きでもリフト&フォールの釣りでも最高の乗せを可能としてくれる。 「Keen Sensor」とは鋭い感知器。 ソリッドとは思えない感知能力とわずかなアタリもフッキングさせる鋭さで、 特にジグヘッドのただ巻き攻略を最強とし、どんなショートバイトでも、どんな小さな魚でも掛けることが容易だ。 オートマチックに早掛け可能なティップが、数釣りに最強モデルとして最高のパフォーマンスをしてくれる。 ! 超極細ラインとの相性も抜群。 8 91. 6 52 0. 9 0. 1-4 ~0. 7 103. 1 55 1. 25 0. 1-10 ~0. 3 106. 9 57 0. 9 0. 1-5. 5 ~0. 6 117 62 1. 25 0. 1-12 ~0. 2 120. 8 67 0. 9 0. 1-7 ~0. 7 105. 6 56 1. 25 0. 1-7 ~0. 0 113. 2 61 1. 15 0. 1-10 ~0. 6 83. 1 53 0. 80 0. 1-3 ~0. 0 129. 3 94 1. 20 1-17 ~0.

次の

【ホームズ】メゾンエリールA棟の建物情報|千葉県千葉市中央区星久喜町971

エ リスト リール

もくじ• 20エクスセンスBBのコンセプト BBシリーズ初のXプロテクト搭載。 高耐久設計モデルへと革新。 BBシリーズでは初となるXプロテクトを搭載し、鉄壁の防水性能モデルへと生まれ変わった新生エクスセンスBB。 さらに、HAGANEギアを搭載したことで、モデル史上最高の高耐久性を手に入れ、ショアゲームをはじめ、ウェーディングやボートなど多彩なシチュエーションで、ガンガン使い込める一台へと革新した。 加えて、ビッグシーバスと対峙しても優位に展開するため、アングラーの瞬時の判断に即座に応えるラピッドファイアドラグを採用。 クラスを超えた高スペックを備えただけではなく、デザインもハイグレードなものへと一新し、ランカーシーバスを目指すアングラーをさらなるステージへと導く。 シマノHPより抜粋 いわゆるシーバスモデル。 急なエラあらいや、メーターオーバーの超大型や、磯でのヒラスズキに対応するために、従来モデルはC3000番機種がメインでしたが、今回は4000番クラス中心で構成されています。 BBシリーズの歴史 上記のコンセプトを理解する為に、BBシリーズの歴史について。 このシマノの『BB』 とは、BloodBrother(兄弟)の略。 BBシリーズですが、12アルテグラを主体とした体系から スタートしました。 BBシリーズ自体は12アルテグラより前も存在しているので表現が正しくなかったので訂正致します。 説明していきます。 私は2015年から釣りを始めたのでリアルタイムで触ってきた訳ではないのですが、12アルテグラをベースとして、エクスセンスBB、ソアレBB、セフィアBB、コンプレックスBB(アオリスタBBってのもありますが、ここでは除外します。 )が、派生し、4種類のラインナップとなりました。 加えて、アルテグラとセフィアBBの関係も見ていきます。 (自分は13セフィアBB、18セフィアBBユーザーだったので比較対象として参考にして下さい。 ) 12アルテグラの特徴(マグナムライトローター&クロスギア) マグナムライトローターとクロスギア。 この2点が柱の構造となり、 クイックレスポンスシリーズとして、BBシリーズが先ほどの4タイプが以下のターゲットごとにラインナップされています。 )等の上位機種を用意している形です。 17アルテグラにおける進化(Gフリーボディー&ハガネギア) 17アルテグラはローターが樹脂製となり、CI4+では無くなったことで コアソリッドモデルにチェンジました。 これは一部市場では機能が後退したと捉えられていましたが、明確な開発コンセプトがある進化だった訳です。 進化したポイントが次です。 ・Gフリーボディー ・ハガネギア ボディー構造が変わったことで、軽量化に成功し、ローターそのものの自重が重くなった分を相殺。 ほとんど重量増加なく、ハガネギアを搭載してきたことで強度が向上しました。 この17アルテグラをベースに今回搭載してきたのが、20エクスセンスBBです。 そして、このコアソリッドの系統を汲むことにより、BBシリーズで最も影響を受けたのが、 18セフィアBBというリールでしょうね。 2018-12-16 11:00 エギングという止めて巻くというスタイルからローターの重量は死活問題。 作りや構造的にはいいんですが、ローターが重くなったことでエギングアングラー中でセフィアBBの使用率は減ったものと思われます。 ただし、これで光を放ったのが 19セフィアSSというリールでした。 BBシリーズが耐久性と使用安定性を求めたことで、セフィアSSという中級機のスペックがより鮮明になり、セフィアシリーズの明確な体系化が整ったのです。 上位機種顔負けの耐久性の為の技術特性が盛り込まれています。 このクラスで搭載してくるとは思いませんでした・・・。 特にラインローラー部は不具合が多く、10ステラの世代から進化できていないので、18ステラと同等の設計のラインローラーの耐久性は期待できます。 展開図が無いのでわかりませんが、18ステラは一体型のラインローラーなので恐らく19ストラディックと同等のラインローラーパーツで構成されていると思います。 17アルテグラと同様の技術特性は以下です。 Gフリーボディー 摺動機能部品をリールフット側に配置することで、重心が手元に来るようにした構造。 ロッドの一体感が向上することで、キャスティング時の操作性や疲労度を軽減するように設計されています。 ハガネギア 冷間鍛造ギア。 15ストラディック以降同等のものを搭載しているようです。 ワンピースベール 一体成型の極細形状ベール。 段差のない構造でラインが引っ掛からない、トラブルレス。 ネジ込みハンドル ネジ込み式のハンドル。 あそびが無くガタツキが少ない。 スムースな巻き上げが可能に。 以下、20エクスセンスBBに搭載された上位機種向けの技術特性です。 Xプロテクト(スピニング) 【中小型の汎用リール】 より軽い回転が求められる中小型汎用スピニングには、回転軽さを損なわないよう非接触式構造にこだわりました。 従来の撥水処理に加え、水の侵入を抑えるラビリンス構造を複合することで、非接触でありながら高い防水性能を実現しました。 ストッパーベアリング部、ラインローラー部に採用されています。 シマノHPより ラピッドファイアドラグ ドラグノブの回転数に対するドラグ力の変化が大きく、ストラクチャー周りで魚を止めたいとき、足元で急に突っ込まれた時など、瞬時にドラグ調整をしたいシチュエーションで非常に有効な機能です。 シマノHPより 20エクスセンスBBのラインナップ 従来はC3000M(245g)、C3000HGM(245g)、4000HGM(290g)の3機種でしたが、 20エクスセンスBBからは4000番ボディーがメインで構成されています。 なお、巻き上げ量はHGスペックが基本となり、ノーマルギアはラインナップから外れています。 C3000MHG(240g) 唯一の2500番ボディーです。 いわゆるフィネスゲームとしての番手。 ただし、先ほど紹介した通り、 コアソリッドシリーズとなるとローターの重さが、止めて動かすというアクションを苦手とします。 完全に個人的な意見ですが、 対抗馬はセフィアSSです。 価格帯としては19セフィアSSの方が高額ですが、 マグナムライトローターはのアドバンテージは大きいです。 Xプロテクトによって強度と耐久性がアップしている為、その点は20エクスセンスの方が上です。 3000MHG(250g) 前回にはなかったラインナップ。 恐らく、 20エクスセンスBBのコアソリッドモデルとして最も優位性の高いモデル。 個人的にもこの番手は好きですね。 ゴリゴリ巻きの攻めも出来るし、ライトタックルと合わせて静にアクションを楽しむことも出来ます。 4000MXG(280g) サーフ・ショアジギングも視野に入れる場合は4000XGが最適。 高い巻き上げ量で、磯でのヒラスズキも十分に活躍できるモデルですね。 まとめ まだ触っていないのでその良し悪しは分かりませんが、 シーバスフィッシングでの耐久性を求めるとするならば、非常に魅力的なスペックを備えてきました。 20エクスセンスはBBシリーズの中でもコアソリッドシリーズとしての良さが最も出ているモデルですね。 ただし、前モデルと比較して、5g~10g程自重は軽くなっていますが、コアソリッドシリーズとしてリリースとなったため、以前の クイックレスポンス特有の軽快な巻き心地は体感し辛くなっている可能性があると思われます。 改めてとなりますが、触ってみた印象について別途ご紹介したいと思います。 カテゴリー• 151• 117• 200•

次の

【ホームズ】メゾンエリールA棟の建物情報|千葉県千葉市中央区星久喜町971

エ リスト リール

アメリカ本国ではあまりニーズがありませんが(笑)、日本やヨーロッパの1部ではとても人気があるライトライン用のリールです。 生産が終了という噂がありましたが、現時点では材料やパーツが充分ストックしてありますので廃盤と言う事はありません。 とにかくピューリストは超軽量(P1で75グラム!)と軽く、キャスティング回数の多い渓流などの釣りでは本当に疲れ知らずです。 スーパーラージアーバーのスプールによりフライラインのまき癖も付きにくく、引き出してしまったフライラインの回収もとても素早く行なえるのでストレスフリーの素晴らしいフライリールです。 ローマ建築の「エンタシス構造」の耐久理論を取り入れている為、キャシャなボディ&スプールをしていますが充分過ぎる耐久性も持っています。 唯一、注意して欲しいのはスプールと本体シャフトの合わさる部分(回転部分)です。 この部分は機密性が高い為、ゴミなどが入りますと回転不良を起こします。 そのままの状態でご使用になると回転が重くなり、内部のシャフトなどを痛めることになりますのでご注意ください。 スプールをはめる時はシャフトに差し込んで回転させながらゆっくりとロックしてください(パチンと音がします) 最後にスプールと本体をしっかりと押して(合わせて)ください。 これで完了です。 詳しくはHPのウォーターワークスのページの「ピューリストリールのお取り扱い」をいご覧ください。 正規輸入元であるフルックスでは確かな検品と安心できるアフターサービスを行なっています。 お買い上げは全国の正規販売店にてお買い求めください。 やや写真が暗いですが・・・渋いシルバーの光沢感が美しさと高級感を醸し出しています。 もちろんハードアロックスコーティングですので耐久性に優れています。 P1リール ¥39,900(税込み)2番~3番ライン用 P2リール ¥44,420(税込み)3番~5番ライン用.

次の