スパンキー sm。 GLIM SPANKY

新宿SMクラブ スパンキー

スパンキー sm

こんにちは。 今日はCBTのお話にします。 コアなファンが多い?プレイですね。 つまり気持ちいい事ではなく何かしらの苦痛を与えるプレイ、またはその行為による精神的な責めですね。 そして最近嬉しかった事があります。 役に立つときがきて良かったです。 まずは手足を拘束して拷問開始。 足でビンタや蹴りもいいけれど、拷問感が欲しいのであえて色々道具を使いたいな。 ただ叩かないで押し付けるように。 痛みが局部に行き渡るようにね。 赤い線が一気に浮き出てきて凄く痛そうなの。 でもまだまだ足りない。 もっと痛め付けてやらなきゃ。 だからそんな馬鹿げた考えを捨てられるよう去勢してわからせてあげないとね。 写真は基本的な局部責めセット。 これでどんな拷問にかけられるのか… 股間に寒気が走る? 次回は大好きなCBTにもっと迫ります。 おちんちんが無くなったら悲しくなる人は読んじゃダメだよ!.

次の

GLIM SPANKY

スパンキー sm

どうも!M格闘のメジャー化を図る男、M獣の王です! 今日はSPANKYの棗 なつめ さんとのプレイレポートをお届けします。 過去最高とも言えるM格闘でした! その分ダメージも大きかったです 笑。 ではさっそくレポートに参ります! 【体験レポ 棗女王様編】 棗さんと言えば、公式HPにもあるように、女王様史上最高のキャリアをひっさげて入店された方です。 入店当初から気になっておりましたが、今回自分の休みと棗さんの出勤が被った時に、「行くしかない!」と天の声がささやきまして 笑 、思い立ったが吉日で予約しました! 場所は安定の新宿イーストホテル! 余談ですが、イーストホテルは湯船の浸かり心地が最高です。 M獣の王お勧め! 湯船の形がリラックス出来る姿勢になるように形作られているんですね。 なので僕はいつもプレイ前1時間程前に入室し、これから始まるM格闘に備え、ゆっくり浸かって身体をほぐしています 笑。 さて、風呂から上がり棗さんを待つ。 時間ぴったりにチャイムが鳴る! ドアを開けると「こんにちは~!あなたがM獣の王ね! まさかの音読されてしまい、M獣の王恥ずかしくて真っ赤 笑。 何発も回し蹴りを食らい、膝蹴りに移行するも、身体が浮きうめき声が出てしまうような勢い!! 「フゲッ!!」とうめき声が漏れる。 これはヤバい 笑。 この辺の追い込み方、とてもキャリア2ヶ月の女王様とは思えない絶妙さ! M獣の王、飲むのに必死になりながらも、量の多さと追い込みの鋭さに感動! そして、更に余計なオーダーをしてしまいまして 笑。 胸の辺りに座られ、全く身動きの出来ない状態での顔面パンチスタート!! ヘッドギアとマウスピース装着。 「強制的に落とすのはNGなんですが、簡単には落ちないんで、落とすつもりで絞めちゃってください!」 そうです。 M獣の王はそれなりに鍛えております。 絞め技を食らっても、まあまあ耐えてきた方だと勝手に自負しておりました。 太ももが首に食い込んで、圧をかけられた瞬間・・・ 「グギッ!!」 く・・・首がもげるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!! まさかの5秒持たずにタップアウト!! ここまでとは・・・ しかしさすが棗さん!追い込み方を熟知されています。 想像以上の圧にビビるM獣の王をよそに、絞めてはタップさせて、緩めてはまた絞めてと地獄の連続絞め!!! 本当に落としてもらおうと思ったら、10秒持つ人いないんじゃないかと思います 笑。 王道の太もも絞めから69絞めまでしっかり堪能!! そして2回目の聖水!! まあこれまでの経験から、さすがにそんなに出ないだろうと思っていたのが大きな間違い!! コップに溜まる聖水を見て 「え? ・。 ・;」 さっきよりさらにコップに満タンに溜まる聖水。 それをまたもや頭を押さえられながらガブガブ飲む・・・。 さすがに最後の方はキツくなってきましたが、それでも休ませてもらえません。 今回もなんとか5口で飲み切りました。 ドゴッ!!ガスッ!!バキッ!! 重低音が響き渡りM獣の王悲鳴を上げます。 「ちょっと待って!」「痛い!」「もうだめ!」 悲痛な叫びもむなしく休むことないパンチの嵐! 25発終わったところでまたもやおまけがついてきました 笑。 フラフラのM獣の王を起こし、顔面に唾を吹きかける・・ 「ブッ!」「ペッ!!」 後ろ手に縛られ、拭う事も出来ないM獣の王の顔面は唾まみれに。 そして3回目の聖水。 結局頭を押さえられたままゴクゴク飲まされるも、リアルにキツクなってくるM獣の王。 最後の1口は吐き出してしまいそうなのを必死にこらえてゴックン。 ここで顔面パンチは死んじゃうと思いながらも、 「あと3分だから好きな事やってあげるよ!」 と棗さんからのサービス。 「それじゃ絞めでお願いします。 」 これがまた地獄でした 笑。 ・; 4回目ともなると本当にキツクて、それでも頭を押さえて飲ませるドSっぷり!! 飲むのが辛くなり、キツイ事を意思表示するかのように棗さんの顔を見ると、「プッ!!」 唾をかけられてしまいました。 顔中唾まみれで聖水を飲まされる。 最高に楽しくて充実した60分でした!!! 棗さんはキャリア2ヶ月とは思えない素晴らしいプレイ運びでした。 そして顔にもたくさん唾をはきかれてもらい、興奮しました。 何より本当に笑顔が素敵で、リアルにプレイを楽しんでくれている表情が印象的な女王様でした。 M獣の王、1億パーセントの自信を持ってお勧めします! M格闘が好きなら、絶対棗さんに会いに行った方が良いです! いや、会いに行かなきゃもったいないです。

次の

CBT 去勢|LISAのプライベート写メ日記|「新宿SMクラブSpanky(スパンキー)」在籍

スパンキー sm

概要 [ ] 1960 - 70年代のやを基調にしながらも、それらのルーツを自身の世代感というフィルターを通し、独自の感性と現代的な感覚で昇華させたナンバーによって新しさを感じさせるサウンドを鳴らし、幅広い世代を唸らせる新世代の男女2人組ロックユニット。 デビューしてすぐにテレビ局プロデューサーのYOU-DIE、、、といった音楽好きの業界人に絶賛される。 また、、、、 、 といったミュージシャンからも絶賛された。 古いロックを軸としているが決して現代のシーンに背を向けているわけでも単純に昔の音楽の再現をしているわけでもない。 単に古いブルージーなサウンドにしても逆に今風のサウンドに迎合しても仕方ないので、自分たちにしか出せない音を目指している。 レコーディング機材もなどに拘ることはなく、むしろ最新機器を使って現代に生きている人が聴いてぞくっとくる音を探して作っている。 2人の野望は「日本語の楽曲で世界に打って出ること」。 にルーツを持ちながら日本語で歌うのは、自分たちの音楽を世界に発信するにあたって「日本人なので日本語で表現したい」という思いと海外の人に聞かせるには彼らに出来ないこと、つまり日本のエッセンスを打ち出していかなければいけないという考えからで、その上で世界に通用するロックサウンドやワールドワイドなリズム、現在の日本で流行しているものといったそれぞれ関係ない文脈を合体させるようにしている。 そしてこの名前が「幻想的な曲もあれば攻撃的な曲もある」という音楽性も表現し、バンドの方向性を決定づけた。 楽曲の多くは松尾による作詞作曲で、まず松尾が歌詞と短い弾き語りのデモを作り、亀本と一緒にそれをブラッシュアップして行く。 大まかなメロディーとがある程度決まったら、亀本がサウンドの方向性や、ベースやドラムのフレージング、ビート感などを細かく詰める作業に入る。 あるいは簡単なギターコードだけを決めておいて、それぞれ松尾は曲を、亀本はリフを考えて、お互いに出来上がったところで合体させるという方法もある。 メンバー [ ]• 松尾レミ(まつおレミ、 1991-12-07 (28歳) - )• 、、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当(一部は亀本との共作)。 子供の頃は近所の教会のチームに入ってゴスペルを歌っていた。 在学中は生徒会副会長も経験した• メジャーデビュー以降、のゲストボーカルやCMソングへの起用など、ボーカリストとしてGLIM SPANKY以外でも活動している。 の祖父をはじめ、家族や親戚に画家が多くいたため、ずっと絵で表現していきたいと思っていた。 しかし音楽にも興味を持つようになり、音楽を生業にすれば自分でアートワークやグッズやファッションを手がけることで絵画と両立させることができると考えるようになった。 父親が大の音楽好きでレコード・マニアだったので、洋楽邦楽あるいはそれ以外とジャンルを問わず分け隔てなく常に流れている家庭だった。 保育園の頃は日本語で歌えるので、、といったの音楽をずっと聴いていたが、中でもには音楽だけではなくボーカルののファッション性やチームとしてのアート性まで含め、かなり影響を受けた。 小学生の時は、、などのJ-POPが好きだった。 中学生の時に音楽好きの間で流行り始めた邦楽ロックバンドの、、が好きになり、中でも初めて自分から手にしようと思ったバンドBUMP OF CHICKENは、メンバーが誰から影響を受けたのかまで気になり、そのルーツを探り始めた。 またほぼ同時期に出会ったにも衝撃を受け、根本はなのに現在進行形で新しさのあるサウンド、そして音楽だけでなく魅力的なビジュアルやレコードジャケットのアートワークなどからも多大なる影響を受けた。 その2つのバンドから意識的に洋楽を聴くようになり、、、、といったオールド・ロックや、、などのの頃の音楽に行き着いた。 なかでも特に好きだったのがビートルズ。 現代のアーティストで一番好きなのは(元ザ・ホワイト・ストライプス)やなど。 使用機材:「」 - 中学3年生の頃に初めてもらったギター。 亀本寛貴(かめもとひろき、 1990-08-24 (29歳) - )• ギター、作曲担当。 在学中は生徒会長も経験した。 松尾の曲と歌を最大限に活かすギターを心掛けることで、自身のギタースタイルを確立。 ずっと少年で、初めて購入したCDはの「」との「」。 高校1年の時にやを好きになったことをきっかけにギターを始め、友人とバンドを組んだりしているうちにどんどんのめり込んで行った。 ギターを始めてからは好きなアーティストが影響を受けたミュージシャンや、、といった有名どころの洋楽のCDを片っ端から借りて時代で区切らないようにして聞いている内に、自然とジミ・ヘンドリックスや、レッド・ツェッペリンといった松尾と同じような年代のロックに行き着いていた。 洋楽で最初に好きになったのはで、現代のアーティストではや、ジャック・ホワイトやブラック・キーズも好き。 使用機材:Gibson USA「 2015」 元メンバー [ ]• 尾澤 和也(おざわ かずや、 1990-02-19 (30歳) - )• 2010年2月脱退。 三島 拓(みしま たく、 1991-05-09 (29歳) - )• 担当、愛称「みっしーま」。 2010年2月脱退。 来歴 [ ] 結成、メジャーデビュー前 [ ] 1年生の時()、でコピーバンドをやりたかった松尾レミが中心となってGLIM SPANKYを結成。 が禁止されている学校だったためか楽器をやっている人間はほとんどおらず、ドラマー以外は全員初心者だった。 文化祭が終わって半年ほどするとギターとベースのメンバーが辞めてしまい、代わりに1学年上の亀本寛貴を含む先輩2人が加入。 最初は、BUMP OF CHICEKEN、ASIAN KUNGFU GENERATIONなどをコピーしていたがすぐにオリジナル曲を作り始め、その4人で本格的に活動を開始。 その頃からすでに松尾がソングライティングを手掛けていた。 12月、ソニーミュージック主催の「ロック番長」で優勝。 5月、長野県で開催された野外フェス「Famers' Heaven09」に出演。 8月に行われた「」では全国5500組の中から14組のファイナリストに選ばれる。 当時、亀本はの大学に進学していたが、バンド活動のために週1回長野に帰っていた。 2月、地元に残るドラムとベースが脱退、松尾は東京でのバンド活動のために芸術学部への進学を決め、松尾の誘いにのった亀本もの大学を受け直して上京。 4月にサポートメンバーを加えてバンド活動を再開した。 同年11月にはにて上映された監督 のドキュメンタリー映画「ROAD SIDE 2010」に出演。 の「ROAD SIDE 2011」にも出演している。 7月に下北沢GARAGEにて行われたFoZZtoneの「REC OK! TOUR」追加公演のオープニングアクトとして出演。 同年12月主催の「子亀祭」に出演。 4月に新宿紅布にて行われたとのツーマンLIVEにオープニングアクトとして出演。 12月4日に初の全国流通盤「MUSIC FREAK」をからリリース。 3月にツアー「FREAK ON THE HILL」を開催。 メジャーデビュー後 [ ] 2014年6月11日、ユニバーサルミュージックジャパン内のレーベルEMI R(現・)より1stミニアルバム「焦燥」でメジャーデビュー。 に1stシングル「褒めろよ」を発売。 テレビ東京系ドラマ「」の主題歌に採用される。 7月22日に1stアルバム「SUNRISE JOURNEY」をリリース。 7月から8月にかけて、や、などのに出演。 10月には東京・赤坂BLITZにてワンマンライブを実施。 1月に2ndミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』を発表する。 3月21日、渋谷eggmanにて開催されたイベント「第1回Virgin Rocks」 でホストを務める。 4月7日よりLINE LIVEで配信されるアニメ「秘密結社 鷹の爪 GT」のエンディングテーマに「夜明けのフォーク」が選ばれ、実写パートに当人たちも出演。 に3rdアルバム『BIZARRE CARNIVAL』をリリースし、同年からワンマンツアー『BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018』を開催する。 Hello Goodbye• のトリビュート・アルバム 収録作品 [ ] 発売日 アーティスト タイトル 収録楽曲 備考 2009年12月2日 V. 閃光ライオット2009• 焦燥 「」出演者によるアルバム 2016年7月27日 V. ONE PIECE FILM GOLD オリジナル・サウンドトラック• 怒りをくれよ Short ver. SUGIZO feat. 12月3日:香川 DIME 12月9日:静岡 SOUND SHOWER ark 12月10日:愛知 DIAMOND HALL 2018年 1月5日:東京 新木場STUDIO COAST 1月6日:東京 新木場STUDIO COAST 1月13日:香港 Music Zone E-Max 1月20日:台湾 台北 The Wall 主な出演イベント [ ]• 亀の恩返し presents 子亀祭 (2012年12月4日)• (2014年、2015年)• (2014年)• MINAMI WHEEL (2014年)• (2015年)• (2015年)• (2015年:SUMMER JAM)• (2015年)• (2018年) メディア出演 [ ] ラジオ [ ]• GLIM SPANKY RADIO INSTANT NATION(系、2017年10月 - ) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• BUMP OF CHICKENの「アルエ」などを演奏した。 その時同じファイナリストだったのはや、といったバンド。 、、、、NHK「」等、数々の作品を手掛けている。 Virgin Musicのマネージングディレクターを務めている加藤公隆が、「EMI ROCKS」を引き継いだイベント。 LINE LIVEで配信されるほか、YouTubeおよびニコニコ動画でのアーカイブ配信も行われる。 楽曲の選定については、ハーレーダビッドソンが楽器メーカーのGibsonとコラボをしたことから、同社のギターを愛用するGLIM SPANKYが選ばれた。 ラジオで松尾の歌声を聴いて惚れ込んだ原作者のの推薦を受けて楽曲を書き下ろした。 出典 [ ]• Entertainment Station 2017年4月7日. 2017年10月6日閲覧。 2017年10月6日閲覧。 Real Sound 2017年9月21日. 2017年12月9日閲覧。 2014年6月12日. 2016年7月11日閲覧。 インタビュアー:青木優. 2016年7月13日閲覧。 インタビュアー:ふくりゅう. 2016年7月13日閲覧。 インタビュアー:内田正樹. 2016年7月13日閲覧。 「朝日新聞 be」2017年7月22日分より。 インタビュアー:山口智男. Skream!. 2016年7月4日閲覧。 インタビュー. 2016年7月13日閲覧。 インタビュアー:黒田隆憲. , CINRA. NET. 2016年7月4日閲覧。 インタビュアー:中村拓海. リアルサウンド. 2016年7月13日閲覧。 インタビュアー:桃井かおる子. BELONG Magazine, belongmedia. 2016年7月13日閲覧。 インタビュアー:中村拓海. リアルサウンド. 2016年7月13日閲覧。 インタビュアー:松井剛. 2016年7月13日閲覧。 GLIM SPANKY 2015年7月16日. インタビュアー:桃井かおる子. BELONG Magazine, belongmedia. 2016年7月13日閲覧。 [www. cinra. インタビュアー:黒田隆憲. , CINRA. NET. www. cinra. インタビュアー:桃井かおる子. BELONG Magazine, belongmedia. 2016年7月13日閲覧。 インタビュアー:山口智男. Skream!. 2016年7月4日閲覧。 いいだFM. 2008年7月1日閲覧。 GLIM SPANKY 2016年2月4日. インタビュアー:黒田隆憲. , CINRA. NET. 2016年7月13日閲覧。 ナタリー 2014年3月31日. 2016年7月13日閲覧。 ナタリー 2015年9月17日. 2016年7月13日閲覧。 RO69 2016年1月29日. 2016年7月13日閲覧。 ナタリー 2016年3月31日. 2016年7月13日閲覧。 GLIM SPANKY 公式サイト 2017年7月10日• 中国語. MeMeOn 迷迷音. 2018年1月29日. 2018年4月1日閲覧。 オリコン• Billboard Japan Hot 100による最高位:• "褒めろよ" - Billboard• "リアル鬼ごっこ" - Billboard• GLIM SPANKY 2019年6月11日. 2019年6月19日閲覧。 com 2015年10月28日. 2015年10月28日閲覧。 映画ナタリー 2015年10月20日. 2015年10月20日閲覧。 ナタリー 2015年12月8日. 2016年7月13日閲覧。 RO69 2016年5月18日. 2016年7月13日閲覧。 ナタリー 2016年5月17日. 2016年7月13日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年5月31日. 2016年5月31日閲覧。 松本山雅FC公式ホームページ. 2018年3月15日. 2018年3月21日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年7月7日. 2016年7月7日閲覧。 ナタリー 2017年8月21日• ナタリー 2017年10月24日• ナタリー 2017年11月1日• GLIM SPANKY 公式サイト• ナタリー 2014年12月16日• ナタリー 2015年6月16日• ナタリー 2015年12月8日• ナタリー 2016年5月31日• ナタリー 2017年6月18日• ナタリー 2017年10月13日 外部リンク [ ]• glimspanky -• remimatsuo -• glim0kamemoto -•

次の