退職者宛のメール 返信。 【退職の挨拶メールが届いた】返信どうする? 取引先や上司・同僚などパターン別に例文つきで解説

退職の挨拶の返信方法・例文・タイトル|社外/取引先/社内

退職者宛のメール 返信

退職の挨拶メールへの返信は必須ではない まず前提として、 退職の挨拶メールへの返信は必須ではありません。 ただ、 退職者との関係性、社外であれば退職者が所属する企業との関係性によって、 返信をした方がいい場合もあります。 基本的に下記に該当する場合は返信をしましょう。 【退職者が社内】 ・個人宛にメールが届いた場合 ・退職者と親しい、またはお世話になった場合 【退職者が社外】 ・個人宛にメールが届いた場合 ・仕事上、退職者と取引が続く場合 ・仕事上、退職者が属する企業と取引が続く場合 退職者と親しい場合は、お世話になった場合は返信をしたうえで、 直接口頭で、または電話で話した方があなたの今までの感謝の気持ちや退職に対する残念な気持ちが伝わります。 可能な人は直接口頭で、または電話で挨拶をしましょう。 タイミングを誤るとあなたの返信に退職者が気づけないなんてこともあります。 内容についても書くべき内容と書かない方がいい内容がありますので、注意が必要です。 送るタイミング・・・なるべくはやく 退職の挨拶メールに対しては、 なるべくはやく返信しましょう。 社外の人からの退職の挨拶メールは、引継ぎなどのやり取りが発生することもあるため 1週間前に送られてくることもありますが、社内の場合は最終出社日に送られるケースが大半です。 そのため、退職の挨拶メールを受け取った次の日に返信してしまうと、退職者に届かないことがあります。 退職の挨拶メールを受け取ってからなるべくはやく、 社内の場合は遅くとも退職者が帰るまでに返信をしましょう。 伝える内容・・・感謝の気持ち・退職への残念な気持ち・今後を祈る気持ち 退職の挨拶メールへの返信内容に決まりはありませんが、 下記を返信内容に盛り込むと退職者にあなたの誠意が伝わります。 そのことに対して、あなたが残念に思っていることを伝えることで、退職者に気持ちが伝わります。 書かないほうがいい内容・・・退職理由・転職先の企業名 退職の挨拶メールへの返信には書かないほうがよい内容もあります。 そのため 退職の挨拶メールの返信で退職の理由を聞くことはしないほうが無難です。 個人情報にあたりますし、退職者があなたの質問に対して現職のPCから返信をしづらい内容でもあります。 ただ、退職者と親しく、退職理由や転職先の企業名についても聞ける間柄なこともあるでしょう。 その場合、退職理由や転職先についてはメールではなく、直接会った際や電話で聞きましょう。 【社内編】退職の挨拶メールに対する返信メールの文例 ここからは実際に退職の挨拶メールへの返信メールの文例を、退職理由別に紹介します。 ご多用のところ、退職のご挨拶をしていただき、誠にありがとうございます。 仕事で悩んでいるときにも支えていただき、ありがとうございました。 今後の人生を楽しまれるよう心よりお祈りいたします。 お身体には十分お気をつけください。 今までお世話になりました。 ご多用のところ、退職のご挨拶をしていただき、誠にありがとうございます。 仕事で悩んでいるときにいつも優しく相談にのっていただけたおかげで、今日まで勤めてくることができました。 今月に退職されることは以前より伺っておりましたが、いざこの日を迎えますと寂しさがこみ上げてきております。 無事にご出産されることを心よりお祈り致します。 お身体には十分お気をつけ、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。 今までお世話になりました。 お身体には十分お気をつけ、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。 」 といった 出産については退職者にとってデリケートな内容です。 そのため退職者と親しい場合のみ、このようなことを書いてもよいですが、 そうでない方は出産等のデリケートな内容について記載することは避けましょう。 ご多用のところ、退職のご挨拶をしていただき、誠にありがとうございます。 また同じチームで働けることを楽しみにしておりましたので、退職をされると伺い、大変残念です。 お身体には十分お気をつけください。 今までお世話になりました。 ———————————— [署名] ———————————— 【社外編】退職の挨拶メールに対する返信メールの文例 社外の人からの退職の挨拶メールへの返信メールの文例を、退職理由別に紹介します。 ご多用のところ、退職のご挨拶をしていただき、誠にありがとうございます。 今月に退職されることは以前より聞いておりましたが、 いざこの日を迎えると寂しさがこみ上げてきています。 お身体には十分お気をつけください。 今までお世話になりました。 退職者が気にしなくとも相手企業へのメールだと、退職者以外の方があなたのメールをみる可能性もあります。 ご多用のところ、退職のご挨拶をしていただき、誠にありがとうございます。 お身体には十分お気をつけください。 今までお世話になりました。 ———————————— [署名] ———————————— まとめ いかがでしたか。 退職の挨拶メールが届いた際は、まずはそのメールに返信すべきか判断をしましょう。 返信する場合は、上記文例を参考に、今までの感謝の気持ち・退職に対する残念な気持ち・今後の活躍を祈る気持ちを盛り込んだメール内容をなるべくはやく送りましょう。

次の

「返信の返信」は必要?ビジネスメール返信で気をつけるべき基本ルール

退職者宛のメール 返信

相手のことを気遣って、退職の挨拶メールにはできるだけ早く返信しましょう。 社内の人からの退職の挨拶メールは、知らない人からも一斉メールで届くことがあります。 このような場合は、返信した方がよいのか悩むところです。 基本的には、 社内の人から個人宛に退職の挨拶メールが届いた場合は必ず返信します。 そのほか、 個人的に親しくしている人や、お世話になった人には返信するのがよいでしょう。 取引先の人から個人宛に届いた場合も、必ず返信します。 また、今後も企業間の関係が続く場合は、返信した方がよいでしょう。 退職の挨拶メール2:出来るだけ早く返信する 社内の人の場合は、退職する日に挨拶メールを送ることも多いため、退職後に届いたメールは当然読まれない恐れがあります。 退職の挨拶メールが届いたら、すぐに返信するよう心がけましょう。 社外の人からは、多少の余裕を持って挨拶メールを送ってくる場合が多いですが、引継ぎなどで忙しくしている可能性もあります。 相手のことを気遣って、退職の挨拶メールにはできるだけ早く返信しましょう。 退職の挨拶メール3:「退職理由」「転職先」はむやみに聞かない 人によって退職理由には、聞かれたくないことや詮索されたくないことがあります。 差出人が、退職の理由や次の所属先を記載していなかった場合は、むやみに聞き出すことは控えた方が無難です。 退職理由が気になる場合でも、相手のプライベートなことには触れず今後を気遣う言葉で気持ちを伝えましょう。 このたびはご丁寧に退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 長きにわたり弊社にご尽力いただいたこと、感謝申し上げます。 くれぐれもお体に気をつけてください。 退職の挨拶メールが届いたら、返信のポイントと文例を参考に、これまでお世話になったことへの感謝の気持ちを伝えてみてください。 【関連記事】•

次の

退職の挨拶への返信文例集|ビジネスメールの書き方【テンプレート】

退職者宛のメール 返信

新年のご挨拶の年賀状。 最近は、メールやSNSで済ませる人が多いといわれますが、 フリーランスにとっては大事な営業活動の機会でもあります。 自分宛に届く年賀状に混ざって、「 あて所に尋ねあたりません」というスタンプが押されて戻ってくる年賀状。 これは宛先の企業や個人が移転や引っ越しをして転居転送サービスを利用していないか、その転送期間が終了した場合に返還されてくるものです。 それとは別に、「 該当者不在のため、差出人に返送願います。 これは 会社は存在しますが、退職した人に届いた年賀状をその社内の人が返還してくれたものです。 もらった年賀状を送り返すのは失礼なことだと思う人もいるかもしれませんが、 毎年年賀状を出し続けるフリーランスとしてはとてもありがたいことです。 こうしたきめ細やかな返還サービスをしてくれる郵便局は、本当に素晴らしいなと思います。 お勤めの会社で、退職した方に届いた年賀状は廃棄せず、ぜひ今からでも返還してはいかがでしょうか? 続いて年賀状の心配事をもう一つ。 それは、自分が引越しをしたあとも、ずっとアドレス帳変更をしてもらえない取引先があることです。 引っ越したあとは転居転送サービスで2年間転送してもらいましたが、先方がアドレス帳を修正しないままだと転送サービスが終了したあとは、「あて所に尋ねあたりません」と押されて返還されてしまうのです。 以前お世話になったところで毎年年賀状をくださる取引先数社の年賀状が、去年は転送で届いたのですが、今年は届きませんでした。 きっと返還されてしまったのだと思います。 返還されて初めて住所変更に気づくこともあると思いますので、来年は新しい住所に送っていただけることを期待しています。 そして、年賀状シーズンになる前に、もう一度お仕事をご依頼いただければ住所変更していただくチャンスもできるのでうれしいなあと思います。

次の