パレート 最適 と は。 【分かりやすく解説】パレート最適とは?

エッジワースの箱と契約曲線とは?

パレート 最適 と は

PARETO OPTIMALITY パレート最適 ぱれーとさいてき Pareto optimality イタリア人経済学者兼社会学者兼哲学者パレート Pareto, Vilfredo Marchese, 1848-1923 の名にちなんだ社会厚生 社会的選択 の基準。 この基準によると、 ある状況が最適なのは、 誰かの利益を損なうことなしにはいかなる人も利益を高めることができない という、いわば飽和状態にあるときである。 逆に言えば、ある人の利益を高めることが、 他の人の利益を損なうことなしにできるならば、 まだ最適状態にあるとは言えない。 この基準は、であり、 個人のを単位とするという点で と共通している。 しかし、 功利主義ほど選択肢のランクづけを完全にできないという批判や、 一人でも利益を損なうような政策は支持しえないことから、 現状維持的政策しか支持できないのではないか、といった批判がある。 パレート自身は、完全な市場競争が行なわれることによって この最適状態が達成されると考えたが、 現実の資本主義では独占や寡占などの弊害によって 完全な市場競争を達成できないため、 むしろ社会主義によって 「完全な市場競争の結果」を達成すべきだと考えた Tuck。 個人間の効用比較をすることなしに社会的選択ができるこのパレートの理論は、 その後の経済学においてしばらく不動の地位を得ていたが、 1951 によって 大きなダメージを受けた。 ちなみに、「パレート」と聞くと、 わたしなどはついつい「油絵や水彩画を描く時、 絵の具を混ぜ合わせて色を作るために用いる板。 一端に親指のはいる穴があって握り持つようになっている」 『大辞林』より あのプラスチックの板のことを思い出すのだが、 当然ながらあれとはまったく無関係である。 Goodin and Philip Pettit ed. , A Companion to Contemporary Political Philosophy, Oxford: Blackwell, 1993, 123-156. 関連文献• Goodin and Philip Pettit ed. , A Companion to Contemporary Political Philosophy, Oxford: Blackwell, 1993, 72-89. Last modified: Thu May 22 10:37:24 JST 2003.

次の

パレート改善

パレート 最適 と は

参考文献・URL マンキュー経済学ミクロ編・マクロ編 分厚いマンキュー経済学を読み解くのがめんどくさい人は、こちらをおすすめします。 以下、ヤフーニュースより引用 引用元URL: 同性婚ができないのは、 憲法で定められた婚姻の自由を侵害し、 法の下の平等に違反するとして、 複数の同性カップルが来年2月から3月にかけて、 東京地裁など全国数カ所の地裁で 国に損害賠償を求める訴訟を一斉に起こす。 代理人の弁護士らが28日、明らかにした。 1月末までに原告の数や提訴する地裁などを確定する予定だ。 以上引用終了 今回の記事テーマはパレート最適です。 パレート最適とは誰かの満足を犠牲にしないと 他の誰かの満足を高めることができない状態のことです。 逆に誰にも迷惑をかけなければ 社会にとって何の問題もないってことです。 同性婚を国が認めると 日本人にとって日本という国にとって不利益があるのでしょうか? もしないのなら、同性婚はパレート最適な状態にないので 認めてもよいのではないでしょうか。 あなたはどう思いますか? この記事ではパレート最適とはどういうことなのか、 分かりやすく詳しく解説していきたいと思います。 この記事を最後までご覧いただき、 同性婚の是非を考えていただければ幸いです。 パレート最適とは誰かの満足を犠牲にしないと他の誰かの満足を高めることができない状態のことです。 わかりやすくするために 図で解説したいと思います。 以下の図は1枚のピザをそれぞれ表しています。 左側はパレート最適な状態、 右側はパレート最適でない状態です。 左側のパレート最適な状態だと もしX君が「もっとピザを食べたいな」 と思ったとしたら、Y君のピザを奪うしかありません。 つまり、ある人(X君)が今よりも有利な資源配分を 得ようと思ったなら必ず、他の誰か(Y君)が 損してしまいます。 こういった状態のことをパレート最適といいます。 パレート最適はパレート効率的ともいいます。 なので、パレート最適というのは 非常に効率的な状態ともいえますね。 逆にこちらの図の右側はパレート最適な状態とは いえませんね。 たとえばX君がもっとピザを食べたいと思ったら 白い部分は余っている部分なので、この余っている部分を食べることで、X君自身の満足度を高めることができますね。 なので最適な資源配分になっていないといえるでしょう。 スポンサードリンク パレート最適における公平性と効率性 男女平等とか公平といった議論がされることがあります。 もし男性の権利と女性の権利が平等になったけど まだ、守られなければならない権利が保障されてない。 そんな国があるとしたら それってパレート最適な状態なのでしょうか? 上の図では保障されている権利が 男女同じになっています。 ある意味公平性がある状態です。 でもパレート最適の議論において 公平性は関係ありません。 なので、この状態は公平な状態になってます。 でも公平性でなくて効率性を考えているのが パレート最適です。 だから男女平等であるから パレート最適な状態か?というと そんなことはありません。 そもそも同性婚が認められないなら まだまだ認めるべき権利があるでしょうから。

次の

エッジワースの箱と契約曲線とは?

パレート 最適 と は

ゲーム理論とは最も良い選択をするための思考法 ゲーム理論とは「利害関係を持つ相手がいる状況で、自分と相手の利益を考え、最適な行動を決める」ための思考法です。 例えば交渉の場で、自分が得をする提案をしても、相手に利益がなければ成立する可能性は低いでしょう。 逆に、相手だけが得をするような内容も、こちらは容認できません。 関係者全員にとって最も良い選択は何かを数学的に導き出すのが「ゲーム理論」です。 元々は経済学の分野で使われていましたが、最近は経営、政治、軍事などあらゆる分野で応用されています。 ゲーム理論の基礎を築いたのは、「ジョン・フォン・ノイマン」というアメリカの数学者で、彼は数学だけではなく経済・物理学・気象学・計算機科学など様々な分野で成果を上げています。 ノイマンが発表した「ゲーム理論」の論文により、今まで不可能と思われていた「人間の意思決定が相互に影響をあたえることを数学的に展開できる形」にすることに成功しました。 その後、経済学者のオスカー・モルゲンンシュテルンと共同で『ゲームの理論と経済行動』を1944年に出版しました。 この書籍をきっかけにゲーム理論が確立、普及していきます。 ゲーム理論の代表例「囚人のジレンマ」とは ゲーム理論の代表的なモデルとしてよく挙げられるのが「囚人のジレンマ」です。 ある犯罪に関する容疑で捕まった2人の容疑者が、意思疎通の出来ない別々の部屋で尋問を受けています。 この2人が取る選択肢は「自白する」「自白しない」のいずれかですが、自白の状況によって受ける刑罰の重さが異なります。 ・1人が自白し、もう一方が自白しない場合、自白した方は無罪・自白しない方は懲役10年 ・2人共自白しない場合は懲役2年 ・2人共自白した場合は懲役5年 この場合、それぞれの容疑者がどの選択肢を取るでしょうか。 お互い「相手が自白せずに、自分が自白する」という選択肢が一番魅力的であることは間違いないでしょう。 しかし、相手も自白した場合は無罪にはならないというリスクもあります。 お互いが「自白しない」という選択肢をとった場合、懲役年数は最も短い2年となります。 A、B2人がお互いの利益を考えて協力したら「自白しない」選択肢をとり、懲役が最も軽くなります。 しかし、お互いが自分自身の利益だけを追求して「自白する」ことを選択したら、「自白しない」を選択したよりも長い「懲役5年」の刑が科せられます。 このように、 各人が自分にとって一番魅力的な選択肢を選んだ結果、協力した時よりも悪い結果を招いてしまうことを「囚人のジレンマ」と呼びます。 「囚人のジレンマ」の構造を理解する上で覚えておきたいのが「パレート最適」と「ナッシュ均衡」です。 全体の利益を優先する「パレート最適」と個人にとって合理的な判断となる「ナッシュ均衡」の矛盾 個人にとって合理的な選択は、必ずしも全体に良い影響を及ぼすとは限りません。 誰も不利益を被ることなく、全体の利益が最大化された状態(それ以上利益を出すためには誰かを犠牲にしなければいけない状態)を「パレート最適(またはパレート効率性)」と呼びます。 囚人のジレンマの場合、「お互い自白せずに懲役2年の刑罰を受ける」のがパレート最適と言えます。 しかし、相手が裏切って自白した場合、自分は懲役10年になってしまいます。 そのリスクを回避するためには自白するしかありません。 この状態では2人とも「自白する」という選択しかできず、そこから変える必要性はありません。 このように、 自分の選択を変えると利益が得られない状態=互いに現状から変わる必要のない安定した状態を「ナッシュ均衡」と呼びます。 囚人のジレンマにおけるナッシュ均衡は「お互いが自白する」こととなります。 しかしそれは「パレート最適」な状態ではありません。 個々人にとっての合理的な判断(リスクの少ない判断)である「ナッシュ均衡」と、全体の利益が最大化される「パレート最適」は必ずしも一致しません。 この矛盾を表現しているのが「囚人のジレンマ」です。

次の