さながら 短文。 【全部無料】大学入試英語長文問題を無料で配布しているおすすめサイト3選!!

栄(さかえ)とは

さながら 短文

ついったさんで流した短文詰め合わせ。 27 日向受けオンリーで発行する『運の尽き』の書き下ろし部分のお話の幕間的な小話。 事後のベッド上での些細なやりとりです。 根本がトサチビなので、どうしても黒尾贔屓になりがちです! 以上の3本です!!! よろしければお進み下さい! [newpage] 【運の尽き 幕間】 けほっ。 自分の咳で目が覚めた。 辺りはまだ暗いから、朝では無いらしい。 この喉の違和感は久しぶりかもしれない。 もぞっと身じろげば、何時もとは違うシーツの感触が肌を滑っていった。 多分きっと枕元にペットボトルが置いてあるはずだ。 日向はきっと置いてあるだろう水分を求めて身体を起こした。 目的のものはやはり手の届くサイドテーブルに置かれてある。 まるで未開封のようだが、ご丁寧にキャップは一度開けられていた。 それは今の日向に取って有り難いことだ。 何せいろいろとどこもかしこも怠くて、力も入らないのだ。 そんな日向の手でも難なく開けられたペットボトルを口につけて喉を潤す。 ふはっとひとつ息をついて、サイドテーブルに戻した。 それでも消えない喉の違和感に、日向は小さく声を出しみる。 「……ぁ…」 やはり声は掠れて自分の耳にも届かなかった。 やれやれとため息をつくと、再び布団の中に潜り込む。 布団の隙間からは黒い髪が覗いていて、日向の頬が無意識に緩む。 布団の中で今まで自分を抱えていたのは、昨日東京から車を走らせ会いに来てくれた恋人だ。 すぅすぅと寝息を立てる黒尾の腕の中に起こさぬようもう一度身体を滑り込ませる。 自分が先に眠ることは多いけれど、こうして黒尾の寝顔を見るのは久しぶりで、日向はそっとその頬に触れた。 昨日の黒尾は余裕がなさそうだったり、優しかったりいつにも増して翻弄してくれた。 トドメはあの言葉だ。 本人は聞かせる気は無かった様子なのだが。 日向はその時の黒尾の様子を思い出して胸を熱くした。 あの言葉を乗せた唇。 そっと指先で触れてから、自分から唇を触れさせた。 起きてないから。 分からないから。 きっと昨日、黒尾をそんな気持ちだったのだろう。 今なら分かる気がした。 愛しくて、でも面と向かっては照れくさくて。 だからきっと。 日向がほうっと息をつき、黒尾の胸にぴたりと耳をつけたとき、頭上でくすりと笑う音が微かに聞こえた。 「…? !…おさ…?」 驚いて声を上げた日向の声に、黒尾の顔がすまなそうに歪んだ。 「…悪ぃ。 やりすぎたな」 黒尾の声に日向の顔が勢いよく横に振られる。 自分だってそうしたかったのだし、黒尾の所為では無いのだ。 ただ、気持ちよかっただけの話で。 「てゆーか、翔陽に寝込みをおそわれちゃったなー」 次に発した黒尾の声音に、日向がびくりと肩を震わせた。 なんだか嫌な予感がすると日向がおずおずと黒尾の顔を伺った。 目に映ったのは紛れもなく胡散臭い方の笑顔。 さっきとは別の意味で日向の顔が勢いよく横に振られた。 「んー、襲ってない? そうか?」 違います。 その意味じゃ無い。 このまま雪崩れ込んだらきっと明日というか、今日の自分は使い物にならないと知っているから、無理ですダメです出来ません!の意味なのだが、そんな事は黒尾に通用するわけも無く。 ニヤニヤと笑う黒尾は日向の様子を伺っている。 腕の中の恋人の百面相を満足げに眺め終えると、ゆっくりと唇を寄せた。 額に、頬に、それから唇に。 何時もにも増して優しくて甘い。 「ばか、分かってるって。 今はこれでいい」 そう言って笑った黒尾の顔が優しく切なく感じて、日向はもう一度自分から唇を寄せた。 少しだけ驚いたように目を見開いた黒尾だが、その口づけを享受して日向を抱え直した。 微かに離れた唇のまま、こつりと額を合わせて小さく笑った。 夜が明けるまであともう少し… [newpage] 【おむすびどうぞ】 練習上がり、寮の食堂で見た光景に侑はあんぐりと口をあけた。 驚きのあまり声も出ない。 いや、出た。 「お前なんでおんねん!」 「翔陽におにぎり食わせに」 「あっ! 侑さん! 治さんのおにぎりめっちゃ美味いです!」 食堂のキッチンを占拠した治は、ほのかにドヤ顔だ。 デカい握り飯をこれでもかと頬張る日向の姿に侑の頬もうっかり緩んでしまう。 「やっぱ飯うま。 米…でも治さんのご飯がさいこーです!」 もぐもぐと口を動かしながら絶賛する姿と、それを享受して微かに目尻を下げた治の姿を見せられて、侑のこめかみに青い筋が走った。 ずかずかずかと音が立つほどのストライドでふたりの間に割って入り、日向の横に腰を下ろした。 「なんやねん、感じ悪いわ」 「侑さん、どうしたんですか? 治さんのおにぎりうまいっすよ」 知ってんねん、そんなこと。 治の飯はうまいなんて、そんな当たり前のこと。 日向が差し出したおにぎりをぱくりと一口頬張った。 「…うまい」 そういえばBJに入団して、寮に入ってから治の飯を食べる機会もなくなってしまってたなと思い出した。 「あたりまえや」 ちらりと治を伺えば、当然とばかりのドヤ顔でことりと目の前に味噌汁まで置かれた。 ほこほこと昇る湯気と懐かしい出汁の匂いが鼻を擽る。 「侑さん、米ついてる…」 反対側から伸びてきた日向の指が頬についた米を摘まむ。 それを躊躇いも無く自分の口に放り込んだ仕草に柄にも無く頬が熱くなった。 治の顔はきっと嫌らしいぐらいにニヤついているだろう。 たとえ他人が分からなくても。 心地の良い温度に挟まれて、侑は漸く気づいた。 日向にと言いながらも半分は自分の様子を見に来たのだと。 あぁ、そういえばこの間の試合はへぼかったなぁと思い出した。 [newpage] 【MSBYトライアウト】 漸くその時がやってきた。 目の前で大きな翼が羽ばたいた気がした。 「なぁなぁ、今日トライアウトあるやん。 なんかえぇヤツ居るんかねぇ。 なぁ、臣くーん」 「…うるさい」 念願のVリーグ、BJに在籍し毎日バレー漬けで楽しい。 そう、楽しいはずなのだ。 だけれど、やっぱり物足りないとBJのセッター宮侑は思っていた。 このチームのエース、オリバーバーンズにトスを上げるときは、流石にめちゃくちゃテンション上がったはずなのに、だ。 今回のトライアウトには自分の欲求を満たすようなヤツはいるのだろうか。 いや、どうだろう、多分きっとこの欲求を満たすのはアイツだけなのだ。 「っと~やってんね~!」 二階の座席でコートを眺める侑や佐久早の後ろから底抜けに明るい声が聞こえた。 BJのビームウエポンこと、木兎光太郎だ。 「今日は、飛びきりなのが出てくるぞ」 ニッと笑った木兎の向こう側で、聞き覚えのある声が響いた。 「日向翔陽です!よろしくおねっしゃーす!」 「は?え?」 今さっき想いを馳せた人物の名前が耳に届いて、だらけて座っていた侑の体が飛び上がる。 落ちるような勢いで身を乗り出せば、そこには少しだけ大人っぽくなった日向翔陽が居た。 「へいへいへーい!日向ー!かませー!」 木兎の声援に、オレンジ色の髪がこちらを振り返った。 「っす!」 弾けるような笑顔はあの頃と変わらない。 「なぁ、あれ、翔陽くんやん。 なぁ、ほんま」 「おー、ほんまほんまー」 沢山の志願者の中でも一際目を惹くオレンジの髪。 身長はそこそこ伸びただろうか。 体つきは前よりも随分がっしりした。 とはいえ、このプロの集団の中では小柄に見える。 実技では申し分の無い動きだ。 サーブ、レシーブ共に高校時代の様な危うさは微塵も無い。 そのたった一人の動きに侑は瞬きさえ出来ずに食い入っていた。 スパイク練。 無意識に体が前のめりになる。 ダンッ! 滑らかな助走から、地を蹴る力強い音が響いた。 ぶるりと背中が震える。 日向の背中に大きな翼が見えた気がした。 鮮やかなスパイクに、周りは驚きと感嘆の声を上げた。 「ちゃうんねん。 そんなんやない…」 アイツはまだ飛べる。 そんなもんじゃない。 アイツには俺が上げたらなあかんねん。 ギリッと握り込んだ拳が震える。 「だよなー、アイツは強いヤツに飛ばして貰うために、強いとこまで来たんだぜーツムツム。 明日からチームメイトだ」 「…まだ決まってない」 「決まらないわけないだろー!臣臣!なんてったって俺の弟子!」 「「は?」」 見事に揃った侑と佐久早の声に木兎は首を傾げた。 だが、これ以上突っ込んだところでこの人には何を言っても無駄だと、侑はそうそうに意識をコートに戻した。 目の前で動く人物は、明らかに他の参加者と動きが違っていた。 その一つ一つの動きに、彼が積み上げてきたモノが透けて見えた。 見ているだけで体が熱くなる。 侑は漸くその時が来たのだと感じた。 漸くその時が。 何時もならばそのまま参加者とはすれ違うこと無く控え室に向かうところだが、三人が三人とも、当たり前かのようにホールに足を向けていた。 通常、トライアウト参加者は控え室を使うこと無くそのまま退館となる。 だが、午後から面接が実施されるこの日は、ホール内で休息と昼食を取るトライアウト参加者が溢れていた。 その中に突如BJの妖怪世代、大型新人の三人が連なって姿を現したとなれば、羨望の眼差しでざわめきが上りホール内の温度が上昇する。 だが、三人はそんなざわめきにも呼び声にも反応せず、ただ一人の人物に向かっていた。 三人は壁際に腰を下ろしスポーツドリンクを喉に流し込んでるオレンジの髪の青年を見つけた。 「日向ー!」 一瞬早く、木兎が駆け出した。 木兎の声に気づいた日向はパッと腰を上げると、何やら構えを見せた。 一瞬首を捻る侑と佐久早を置いてけぼりにして、木兎が飛び跳ね日向に飛びつく。 「へーい!へいへーい!」 あっと思った瞬間、日向は慣れた様子で、胸を合わせてのハイタッチをかます。 「日向!すげぇぞ!身長伸びたか?」 「てか、木兎さんもデカくなってますよね?!ちっとも追いつけないじゃん!」 「はっはー、90には乗った!」 「え、ちゃんと髪の毛潰して測ってます?」 「なにそれ、しょーちゃん酷い」 「嘘ですって、くっついたらわかります。 それにやっぱ体でかくなってるっすね。 おれもちょっとついたんだけど…木兎さん見るとなんかへこむ…」 今度は互いの筋肉を触りあってるふたりを眺めて、侑の拳が無意識に強く握られた。 『なんやねん、アイツら』 不意に湧き上がるイラ立ち。 「あっ、侑さん!え、佐久早!さん!だ!ちわっす!」 一歩引いた場所で眺めていたふたりに気づき、日向がぺこりとお辞儀をする。 自分の名前が呼ばれたことに、侑は何故だかほっとしていた。 ほっとした理由はよく分からないが、こちらに向けられた日向の笑顔に訳もなくテンションが上がっていた。。 「翔陽くんやん。 いやートライアウト受けに来たなんて知らんかったわ~」 「俺はしってたもんなー」 「あっ、はい。 一応木兎さんには」 「なんやねん、なんやねん、そこのふたり」 「そりゃあ、師匠だもんなー!」 「はいっ!ししょー!」 「え、マジで…」 「マジっす!合宿で教えて貰ってから木兎さんは俺のししょーです!」 「ほーらな、言っただろ?」 「ようわからん、ハッタリかとおもっとったわ。 それよりも…」 スッと目を細めた侑がずいっと日向の前に一歩出る。 まるで試合前のプレッシャーさながらの圧をかけた。 「なぁ、翔陽くん。 俺のトス貰いにきたんか?」 「…えぇ、モチロン。 貰いに来ました。 強いトス」 身長差一五センチ。 射るように見上げる瞳。 ぶわりと闘志の炎が揺れた気がした。 あぁ、あの瞳だ。 獣の様にギラついた、トスを渇望するその瞳。 ゾクリと侑の背中が震える。 「なぁ、翔陽くん。 俺がここに居るからBJに来たん?」 「あっ、いえ。 トライアウトやってるチームでここが一番強かったからです!」 「なんやてぇ?!俺が居るんからちゃうんかい!」 「え、でも。 強いとこには強いセッターが居るじゃないですか」 居て当たり前でしょとばかりに瞳がギラついた。 あぁ、もう。 ほんまにほんまに、もう。 喉が渇く。 体が渇く。 早く早くと全身が叫ぶ。 まだ正式入団さえも決まっていやしないのに、既にアドレナリンが全開の侑の肩をぐっと大きな手が掴んだ。 「お前さぁ、あんま突っ込んでくなよ?そんな日向に突っ込んでくとしらねぇーぞー」 「え?」 振り返れば侑の肩に手を置いた木兎が悪戯気な笑みを浮かべている。 さながら今から怖い話でも始めるように。 「ネコに引っかかれるぞ」 「は?ネコ?」 「そっ。 にゃーん、のネコ」 「ネコって、猫ですか?」 侑には木兎の言っている意味が分からない。 頭を抱える侑の横で、終始傍観をつとめていた佐久早がポツリと口を開いた」 「…KODZUKEN」 「コヅケン?」 「そーそーでもそんだけじゃない…」 侑の耳元に近づいて、木兎はひそりと声をひそめる。 「…日向には化け猫もついてる」 「………」 分からない。 意味が分からない、この人は何を言っているんだろう。 侑は早々と思考を止めて日向に向き直った。 「楽しみにしとるで、翔陽くん」 「はいっ!絶対、トス貰います!」 その数日後、日向翔陽はムスビイ・ブラックジャッカルの練習に合流した。

次の

便利文房具で時短を実現!便利文房具を7つご紹介します!

さながら 短文

このページのまとめ• 決意表明では、仕事に対する自分の考え方や今後の指針、目標を伝える• 決意表明では謙虚な姿勢で熱意を伝えることが大切• 四字熟語の中には決意表明で使えるものが多くある 入社時や異動、昇進のタイミングで求められるがある「決意表明」。 学生のうちは耳慣れない人も多いかもしれませんが、自信をもって社会人生活のスタートを切るためにも、就職前にそのポイントを頭に入れておきましょう。 決意表明とは? 決意表明とは、仕事に対する自分の考え方や方針を示したり、今後どのように活躍していきたいのか、そのためにどのように行動するかを伝えるものです。 新入社員であれば、内定式や入社式で決意表明が求められたり、新しい配属先の部署で決意文の提出が求められるかもしれません。 本格的な社会人生活に入った後は、大きなプロジェクトに挑む時、異動や昇進などで新しい立場に立った時に、決意表明することもあるでしょう。 社会人になると、自ら目標を設定し、その目標に向かって主体的に行動することが強く求められるようになります。 決意表明は、そういった社会人としての姿勢を示すものともいえるでしょう。 所信表明とは何が違う? 決意表明と似た言葉に「所信表明」という言葉がありますが、この2つに大きな違いはありません。 ただ、「所信表明」は、社長や政治家が公式な場で話すような、公的な意味合いが含まれるものを指すことが多いようです。 例えば、総理大臣が国会の冒頭で行う演説は、所信表明演説と呼ばれています。 決意表明も所信表明も抱負を語るという意味では違いはありませんが、語る人の立場によって呼び方が変わることがあるのだと考えてください。 一般の企業であれば、社員によるものは決意表明、社長の新年挨拶や外部への発表などを所信表明とすることが多いようです。 決意表明をする時のポイント 入社後はじめての決意表明では、就活生を代表してスピーチを行うことが多いでしょう。 スピーチを行ううえでのポイントを以下にまとめたので、ご覧ください。 意欲を伝える 決意表明では仕事への意欲を示すことが何よりも大切です。 決意表明をとおして、主体性をもって仕事に取り組む姿勢をアピールしましょう。 具体的なビジョンを語るというよりは、抽象的な意気込みを語る方が、儀式の場としてはふさわしいとされます。 そのほか、仕事全般に対する姿勢を示しても構いません。 ちなみに、昇進・昇格での決意表明であれば、仕事への覚悟がどう変わるのかを説明し、自分がまとめるチーム全体の抱負を語るのも良いでしょう。 謙虚さを出す 決意表明では熱意を伝えると同時に、謙虚さを出すことで好印象が与えられるでしょう。 入社後の最初の決意表明で尖ったスピーチを行うのは式の場にふさわしくないとされるので、たとえ「先輩を追い越してやろう!」という気概があったとしても、「1日も早く会社に貢献できるよう頑張ります」といった表現にするのが適切です。 謙虚な内容になっているかよく見直しをしてください。 抽象的で実現可能な目標を示す 決意表明では、あまりにも壮大かつ定量的な目標は語らない方が良いでしょう。 大きすぎる目標には現実味がありませんし、TPOをわきまえていないと判断され、印象が悪くなる恐れもあります(少し笑いを混ぜても良い社風で、冗談めかして言う場合などは構いません)。 「社会人として日々成長していきたい」といったような、ありふれた内容が無難といえるでしょう。 指導をお願いする 「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」というように、決意表明の最後に、先輩からの指導を求める文言を入れるのが1つの型です。 実際に、入社直後は先輩社員にお世話になる機会が多いため、指導をお願いする一言は盛り込むと良いでしょう。 丁寧な言葉使いを心がける 決意表明は上司など目上の人に抱負を伝えるものなので、当然ながら丁寧な言葉づかいを意識してください。 また、スピーチではなく、文章の場合は、「拝啓」「敬具」を使い、丁寧な言葉で熱意を伝えましょう。 「初志貫徹」といったような四字熟語を使う人も多いですが、普段使い慣れない言葉を用いる際は、意味をしっかり調べ、使い方に間違いがないよう注意してください。 簡潔にまとめる 熱意を伝えるのは大切ですが、決意表明は聞き手が退屈しないよう簡潔にまとめることもポイントの1つです。 必要以上に話を広げすぎることなく、要点を押さえた内容にするよう心がけてください。 スピーチでは時間を指定されることが多いと思いますが、指定されない場合でも、3分以内に収まるように意識した方が良いでしょう。 時間は文章量で判断するのではなく、本番さながらに声に出して読んでみて、実際にかかった時間で判断するのが大切です。 卑屈な発言はしない 新しく社会人になることで、不安な気持ちを持っている人も中にはいると思います。 ただし、決意表明ではそんな気持ちを引きずって、卑屈な発言することは避けた方が良いでしょう。 ポジティブな内容に終始し、仕事への意気込みを表現しましょう。 明るくはきはきと話す いくら前向きで熱意がこもった内容でも、うつむきながらボソボソと話すのでは、思いは伝わりません。 大勢の前で話すときは緊張するものですが、「少しくらい間違っても構わない」というくらいの気持ちで、明るくハキハキと話しましょう。 決意表明の例文 ここでは決意表明の例文を紹介するので、ぜひ参考にしてください。 本日は私ども新入社員のために盛大な入社式を催していただき、誠にありがとうございます。 小さいころから憧れていた会社に入社できたことを、とても嬉しく思っています。 1日も早く仕事を覚え、会社に貢献できるよう自分のやるべきことを精一杯頑張っていく所存です。 分からないことも多くご迷惑をおかけするかもしれませんが、一人前の社会人になれるよう励んでいきますので、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 決意表明で使いやすい四字熟語 決意表明では、四字熟語を使うと雰囲気が出ます。 特に「初志貫徹」「迅速果断」「心機一転」などは、とてもよく使われます。 そのほかにも、以下のような四字熟語は覚えておくと便利です。 ・初志貫徹…はじめに決めたことを最後まで貫くこと ・迅速果断…速やかにものごとを判断して行動すること ・心機一転…何かのできごとをきっかけに、ポジティブな気持ちに変化すること ・一生懸命…命がけでものごとにあたること ・一心不乱…ひとつのことに集中し、周りに乱されないさま ・奮闘努力…全力で努力すること ・切磋琢磨…努力を重ねること、また仲間と励まし合って向上すること 四字熟語を使う際は、その意味を誰もが思い浮かべられるものを選ぶのがポイント。 難し過ぎる語ではかえって伝わらないので注意してください。 今回のコラムでは入社後の決意表明のポイントを解説しましたが、まだ自分に合った企業に出会えていない、就活がうまく進まないという方は、新卒支援のキャリアチケットにご相談ください。 キャリアチケットでは新卒就活に詳しい就活アドバイザーが一人ひとりにカウンセリングを行い、その方の希望や適性に合った企業をご提案します。 ご紹介するのは実際に取材した企業に限られるので、応募前に詳しい仕事内容や社内の雰囲気を知れるのがメリットです。 また、応募先が決まったらアドバイザーが応募書類の添削や面接対策を指導し、効率的に内定がとれるよう前面的にバックアップいたします。 また、サービスはすべて無料です。 「就活のやり方がわからない…」という方にも丁寧に指導していますので、就職活動の悩みはキャリアチケットにお聞かせください!.

次の

大学受験対策 はじめてでも一発合格! 英検®準1級スピーキング大特訓

さながら 短文

このページのまとめ• 決意表明では、仕事に対する自分の考え方や今後の指針、目標を伝える• 決意表明では謙虚な姿勢で熱意を伝えることが大切• 四字熟語の中には決意表明で使えるものが多くある 入社時や異動、昇進のタイミングで求められるがある「決意表明」。 学生のうちは耳慣れない人も多いかもしれませんが、自信をもって社会人生活のスタートを切るためにも、就職前にそのポイントを頭に入れておきましょう。 決意表明とは? 決意表明とは、仕事に対する自分の考え方や方針を示したり、今後どのように活躍していきたいのか、そのためにどのように行動するかを伝えるものです。 新入社員であれば、内定式や入社式で決意表明が求められたり、新しい配属先の部署で決意文の提出が求められるかもしれません。 本格的な社会人生活に入った後は、大きなプロジェクトに挑む時、異動や昇進などで新しい立場に立った時に、決意表明することもあるでしょう。 社会人になると、自ら目標を設定し、その目標に向かって主体的に行動することが強く求められるようになります。 決意表明は、そういった社会人としての姿勢を示すものともいえるでしょう。 所信表明とは何が違う? 決意表明と似た言葉に「所信表明」という言葉がありますが、この2つに大きな違いはありません。 ただ、「所信表明」は、社長や政治家が公式な場で話すような、公的な意味合いが含まれるものを指すことが多いようです。 例えば、総理大臣が国会の冒頭で行う演説は、所信表明演説と呼ばれています。 決意表明も所信表明も抱負を語るという意味では違いはありませんが、語る人の立場によって呼び方が変わることがあるのだと考えてください。 一般の企業であれば、社員によるものは決意表明、社長の新年挨拶や外部への発表などを所信表明とすることが多いようです。 決意表明をする時のポイント 入社後はじめての決意表明では、就活生を代表してスピーチを行うことが多いでしょう。 スピーチを行ううえでのポイントを以下にまとめたので、ご覧ください。 意欲を伝える 決意表明では仕事への意欲を示すことが何よりも大切です。 決意表明をとおして、主体性をもって仕事に取り組む姿勢をアピールしましょう。 具体的なビジョンを語るというよりは、抽象的な意気込みを語る方が、儀式の場としてはふさわしいとされます。 そのほか、仕事全般に対する姿勢を示しても構いません。 ちなみに、昇進・昇格での決意表明であれば、仕事への覚悟がどう変わるのかを説明し、自分がまとめるチーム全体の抱負を語るのも良いでしょう。 謙虚さを出す 決意表明では熱意を伝えると同時に、謙虚さを出すことで好印象が与えられるでしょう。 入社後の最初の決意表明で尖ったスピーチを行うのは式の場にふさわしくないとされるので、たとえ「先輩を追い越してやろう!」という気概があったとしても、「1日も早く会社に貢献できるよう頑張ります」といった表現にするのが適切です。 謙虚な内容になっているかよく見直しをしてください。 抽象的で実現可能な目標を示す 決意表明では、あまりにも壮大かつ定量的な目標は語らない方が良いでしょう。 大きすぎる目標には現実味がありませんし、TPOをわきまえていないと判断され、印象が悪くなる恐れもあります(少し笑いを混ぜても良い社風で、冗談めかして言う場合などは構いません)。 「社会人として日々成長していきたい」といったような、ありふれた内容が無難といえるでしょう。 指導をお願いする 「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」というように、決意表明の最後に、先輩からの指導を求める文言を入れるのが1つの型です。 実際に、入社直後は先輩社員にお世話になる機会が多いため、指導をお願いする一言は盛り込むと良いでしょう。 丁寧な言葉使いを心がける 決意表明は上司など目上の人に抱負を伝えるものなので、当然ながら丁寧な言葉づかいを意識してください。 また、スピーチではなく、文章の場合は、「拝啓」「敬具」を使い、丁寧な言葉で熱意を伝えましょう。 「初志貫徹」といったような四字熟語を使う人も多いですが、普段使い慣れない言葉を用いる際は、意味をしっかり調べ、使い方に間違いがないよう注意してください。 簡潔にまとめる 熱意を伝えるのは大切ですが、決意表明は聞き手が退屈しないよう簡潔にまとめることもポイントの1つです。 必要以上に話を広げすぎることなく、要点を押さえた内容にするよう心がけてください。 スピーチでは時間を指定されることが多いと思いますが、指定されない場合でも、3分以内に収まるように意識した方が良いでしょう。 時間は文章量で判断するのではなく、本番さながらに声に出して読んでみて、実際にかかった時間で判断するのが大切です。 卑屈な発言はしない 新しく社会人になることで、不安な気持ちを持っている人も中にはいると思います。 ただし、決意表明ではそんな気持ちを引きずって、卑屈な発言することは避けた方が良いでしょう。 ポジティブな内容に終始し、仕事への意気込みを表現しましょう。 明るくはきはきと話す いくら前向きで熱意がこもった内容でも、うつむきながらボソボソと話すのでは、思いは伝わりません。 大勢の前で話すときは緊張するものですが、「少しくらい間違っても構わない」というくらいの気持ちで、明るくハキハキと話しましょう。 決意表明の例文 ここでは決意表明の例文を紹介するので、ぜひ参考にしてください。 本日は私ども新入社員のために盛大な入社式を催していただき、誠にありがとうございます。 小さいころから憧れていた会社に入社できたことを、とても嬉しく思っています。 1日も早く仕事を覚え、会社に貢献できるよう自分のやるべきことを精一杯頑張っていく所存です。 分からないことも多くご迷惑をおかけするかもしれませんが、一人前の社会人になれるよう励んでいきますので、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 決意表明で使いやすい四字熟語 決意表明では、四字熟語を使うと雰囲気が出ます。 特に「初志貫徹」「迅速果断」「心機一転」などは、とてもよく使われます。 そのほかにも、以下のような四字熟語は覚えておくと便利です。 ・初志貫徹…はじめに決めたことを最後まで貫くこと ・迅速果断…速やかにものごとを判断して行動すること ・心機一転…何かのできごとをきっかけに、ポジティブな気持ちに変化すること ・一生懸命…命がけでものごとにあたること ・一心不乱…ひとつのことに集中し、周りに乱されないさま ・奮闘努力…全力で努力すること ・切磋琢磨…努力を重ねること、また仲間と励まし合って向上すること 四字熟語を使う際は、その意味を誰もが思い浮かべられるものを選ぶのがポイント。 難し過ぎる語ではかえって伝わらないので注意してください。 今回のコラムでは入社後の決意表明のポイントを解説しましたが、まだ自分に合った企業に出会えていない、就活がうまく進まないという方は、新卒支援のキャリアチケットにご相談ください。 キャリアチケットでは新卒就活に詳しい就活アドバイザーが一人ひとりにカウンセリングを行い、その方の希望や適性に合った企業をご提案します。 ご紹介するのは実際に取材した企業に限られるので、応募前に詳しい仕事内容や社内の雰囲気を知れるのがメリットです。 また、応募先が決まったらアドバイザーが応募書類の添削や面接対策を指導し、効率的に内定がとれるよう前面的にバックアップいたします。 また、サービスはすべて無料です。 「就活のやり方がわからない…」という方にも丁寧に指導していますので、就職活動の悩みはキャリアチケットにお聞かせください!.

次の