更年期 しびれ。 手足や指先にしびれを感じるのは更年期障害かも

これも更年期のせい?50代からの「手指のしびれ・痛み」の原因と対策【アラフィーのお悩み】

更年期 しびれ

更年期とは 更年期は主に閉経前後の45歳~55歳くらいの時期の事です。 更年期になると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が急激に減少します。 その為、ホルモンバランスの乱れに体が付いていけず、体だけではなく、精神状態や自律神経にも不調が起こってしまいます。 この中でも、生活や仕事などで支障が出てしまうほど重い症状が続く状態にあることを、「更年期障害」と呼びます。 症状は人それぞれで、重い症状からあまり症状を感じない方もいます。 なぜ更年期障害が起こるの? 更年期障害は、閉経前や、閉経後は卵巣の働きが衰え、エストロゲン 卵胞ホルモン の分泌が急激に減ってしまう事が原因で起こります。 エストロゲンは月経や妊娠などの女性機能、肌や髪を健康につやのある状態に保つ作用など、女性特有の体づくりをサポートするホルモンです。 このホルモンの分泌が減ると、今までエストロゲンによって調節されてきた機能がうまく働かなくなり、エストロゲンが減少すると脳がもっと女性ホルモンを出すように卵巣に対して指令を送り続けます。 しかし、卵巣の機能が低下しているためホルモンを出すことが出来ません。 その為、脳がパニックを起こして自律神経のバランスが乱れ、体や心にさまざまな不調が表れるようになります。 そこに、仕事や家庭のストレスが加わることによって更年期症状が重くなる人もいます。 更年期の症状はそれぞれ 更年期障害の症状は沢山ありますが、人によって症状はそれぞれで、エストロゲンの減少だけでなく、心理的な原因や、環境的な要因なども複雑に関係している為、全身にさまざまな症状が出てしまいます。 更年期に起きる症状• ・息切れ、動悸• ・のぼせ、ほてり、むくみ• ・発汗異常 ホットフラッシュ 、寝汗• ・吐き気、食欲不振、下痢、便秘、胃もたれ、胸やけ• ・頭痛、腰痛、肩こり、背中の痛み• ・手足のしびれや痛み、関節痛• ・イライラする• ・めまい、耳鳴り• ・不安感、うつ、不眠• ・のどの渇き、ドライアイ、皮膚や粘膜の乾燥• ・尿もれ、尿失禁• ・外陰部のかゆみ など 更年期を乗り切るためには 更年期障害の症状は日々の生活習慣の影響を受けやすいです。 その為、生活習慣の改善により、症状が緩和したり、悪化を抑えたりすることが出来ます。 更年期を快適に乗り切る為の、生活習慣で気を付けることをご紹介します。 ストレスの解消 私たちの身体は、ストレスを受けると様々なストレスホルモンを分泌します。 このストレスホルモンは循環器系や呼吸器系、消化器系、免疫系などに影響を与えるため、動悸、息切れ、食欲不振、疲労などを引き起こし、更年期障害を悪化させる原因になります。 また、エストロゲンやテストステロンなどのバランスも崩し、老化現象まで早めることにも繋がります。 その為、ストレス解消は、更年期を乗り越える基本ともいえます。 ストレス解消のために、趣味やサークル活動を見つける、リラックスできる空間作り、夫婦関係の構築をして、ストレスのたまらない生活を送りしましょう。 食事の改善 年齢を重ねると、食事内容が固定化し、新しいものを食べない傾向にあります。 そうなると更年期に不足しやすい栄養分がとれず、症状を悪化させてしまう事にも繋がります。 また、更年期は高血圧や糖尿病などの生活習慣病を同時に発症しやすい時期でもあるので、更年期だからこそ、食生活をきちんと見直していく事が大切です。 それ以外にも、エストロゲンが減ると破骨細胞の働きが盛んになり、骨を作る発芽細胞の働きが追い付かなくなる為、骨量が減ってスカスカになった状態、「骨粗しょう症」が発症しやすくなります。 骨折のリスクが高くなる為、更年期と一緒に予防ケアを行う事が大切です。 更年期にとりたい栄養素• イソフラボンには女性ホルモン エストロゲン と似た作用があり、めまい、のぼせやほてりなどの改善におすすめです。 骨粗しょう症の予防にもなります。 <食品> 豆腐、納豆、豆乳など• ストレスから体を守るホルモンの材料となり、イライラを緩和してくれる効果があります。 ブロッコリー、小松菜、パプリカ、レモン、キウイ、レモン、いちごなどのフルーツ• 血行の改善、ホルモン分泌の調整作用があり、ホルモンバランスの乱れによって起きる症状を緩和してくれる効果があります。 かぼちゃ、枝豆、らっかせい、赤ピーマン、ほうれん草、アボカド、あんこう、アーモンド、ひまわり油、胚芽精米、ウナギなど• 骨や歯の形成に必要な栄養素で、骨粗しょう症を予防してくれます。 更年期障害と骨粗しょう症は比例して症状が起こりますので、同時に予防をしましょう。 小松菜、モロヘイヤ、菜の花、いりごま、いわし、干しエビ、ちりめんじゃこ、わかさぎ、あゆ、ししゃも、焼き豆腐、牛乳、チーズ、ヨーグルト• カルシウムの作用を高める働きがあります。 ビタミンDが不足すると、体内のカルシウムの動きが乱れてしまいます。 ビタミンDは太陽を浴びる事でも活性化しますので、毎日カーテンから差し込む太陽を少し浴びるだけでもビタミンDが活性化します。 干しシイタケ、きくらげ、イワシ、しらす干し、かわはぎ、すじこ、いくら、あんこう肝 睡眠をしっかりとりましょう 更年期障害は自律神経の乱れによって症状に変化が起きます。 軽い症状であっても、睡眠時間が少ないと症状が悪化してしまう可能性があります。 質の良い睡眠をとる事で、自律神経のバランス、交感神経 興奮状態 と副交感神経 リラックス状態 のバランスが整い、更年期障害の症状が改善します。 睡眠の質を上げるには• これは決して悪い事ではありません。 しかし、更年期の症状や大変さが分からない方が多く、周りの方の理解が得られていないのが現状です。 誰にも相談も出来ず、体がつらい状態でも頑張ろうとしてしまい「自分がもっとしっかりしないと」と自分を責めてしまいがちです。 更年期の時期にこういったストレスがかかると症状が悪化してしまいます。 旦那さんや親戚、周りの方達に相談して、理解をしてもらうと気持ちも楽になりますし、手伝ってもらったり頼みごとをしたりしやすくなります。 自分だけで頑張らず、症状が悪化する前に周りの方に相談するようにしましょう。 更年期は一人で抱え込まない 更年期を迎えると、症状は軽いものから重いものまで様々です。 中には一人で乗り越えるには難しい症状もあります。 生活習慣の改善や、日々リラックス出来る時間を設けるだけで症状の緩和が出来ます。 また現在は、更年期障害の治療が病院で保険適用されていますので、病院で相談するのも良いかもしれません。 大切なのは一人で抱え込まず、誰かに相談できる環境作りをし、無理をしない事が一番の症状緩和の近道です。 今一度、自分の環境を見直し、快適な暮らしを取り戻しましょう。

次の

これも更年期のせい?50代からの「手指のしびれ・痛み」の原因と対策【アラフィーのお悩み】

更年期 しびれ

正座をしたわけでもないのに足がしびれる、腕や手の指などもしびれる、なんて事はありませんか? 手足がしびれて、不快だったり、皮膚がモゾモゾしてまるで虫が這っている様な感じになったり。 このしびれは、更年期特有の症状でもあります。 しびれが更年期と関係ある様には思えませんが、エストロゲンの減少により、様々とあらわれてしまう、症状のひとつにしびれがあります。 こんな風に、更年期女性は、なぜしびれやすくなってしまうのでしょうか。 更年期女性に起こりやすい血行不良が原因 更年期は、自律神経のバランスを乱しがちです。 自律神経は、カラダの様々な機能に関わりがあり、調子を崩すと不調も増えてしまいます。 その中の1つに、 血行不良を起こさせてしまう、という事があります。 血流が悪くなると、体内では十分に酸素や栄養、水分が運ばれず、滞ってしまいます。 それにより、末梢神経や末端神経が圧迫されて、しびれを感じてしまうのです。 更年期女性は、カラダ全体的に常に血行不良を越してしまっている事が多いため、一度しびれを感じてからは、しょっちゅうしびれた状態になってしまいます。 そうなってしまえば、常に気になってしまって、仕事や家事、楽しい事などにも集中できませんよね。 肌の乾燥によるしびれ 更年期は、肌の潤いや弾力を守る成分が、激減してしまいます。 そのため、血流が悪くなり、ひどい乾燥肌になり、ちょっとした刺激にも耐えきりなくなってしまったり、過敏に反応したりしてしまいます。 そんな時感じてしまうのが、 手足のしびれとはちょっと違う、皮膚のしびれです。 皮膚のしびれは、カラダの一部分を虫が這っているような違和感があったり、ピリピリと感じたり、チリチリするような感覚になったりもします。 この症状は、いったん治まっても、また、すぐあらわれてしまったり、しつこいことが多く、最初は手の甲がしびれて、治まったと思ったら、今度は背中、などと場所を変えながら、長期間この症状に悩まされてしまう人もいます。 ひどい場合は他の病気が潜んでいる場合も 手足のしびれがでると同時に、感覚も鈍くなってしまう事があります。 例えば、両脚しびれているけれど、片方の脚だけは叩いてもあまり感じない、などの感覚の無さがある場合は、ちょっと心配ですよね。 カラダにしびれがあらわれる病気は、多々あります。 しびれと同時に感覚が鈍る、しゃべりづらいなどという時は、脳腫瘍や脳梗塞の疑いも出てきますので、あまりにしびれがひどい時は、医療機関での検査が必要です。 我慢せずに、おかしいと思った時は、すぐに医師へ相談しましょう。 更年期のしびれの対策 原因がわからず、手足などがしびれてしまうと、なんだか怖いものですよね。 でも、更年期のしびれの原因の多くは、 血行不良と肌の乾燥です。 気を付けてケアをしていけば、しっかり改善できます。 しびれている部分や、その周辺をマッサージして、血行改善をしましょう。 簡単なマッサージ方法を、ご紹介します。 手がしびれているのなら、手のしびれている部分を、ゆっくりさすってあげましょう。 次に、その腕をまっすぐ上へ上げて伸ばします。 手の甲から、手首、腕、二の腕とさすりながら脇の下まで流してみましょう。 手の甲側、手の平側と両サイドおこなってあげると良いですね。 脚なども同じです。 しびれている部分をよくさすり、そこからリンパ節に向かって血液を流すように、押し流してあげましょう。 また、全身をマッサージすることも大切です。 家族やパートナーにマッサージしてもらったり、専門院やサロンでプロにおこなってもらうのも良いですね。 よく温める 血流をよくするためには、マッサージもさることながら、 日頃からカラダを冷やさないことが大切です。 足湯や半身浴をマメにおこなったり、飲み物は温かいものにする様に心がけたりと、気を付けましょう。 カラダが冷えてしまう様な食べ物は避け、野菜を摂る時も、サラダよりもスープや蒸し野菜などにして食べると良いですね。 カラダを温める作用のある根菜を、意識して食事に取り入れたり、血流をよくしてくれる玉ねぎなども良いですね。 朝食を抜いてしまうと、いつまでたっても体温が上がらず、カラダは冷えてしまいます。 朝はしっかりと温かいものを食べて、体温をあげましょう。 ビタミンを摂る 血流を良くするために重要なのは、血管が健康であるという事です。 血管が強く健康であれば、血液をしっかり押し流すことができます。 そんな強くて健康的な血管を作るためには、ビタミンCやEが効果的です。 様々な食材から、ビタミンC、Eを摂取しましょう。 毎日姿勢を正して生活する 姿勢が悪く猫背になってしまうと、背筋が固まりやすくなり、血流も滞ってしまいます。 いくらマッサージなどをしても、常に猫背でいては、その効果は半減してしまいます。 また、猫背で前かがみになる事で、内臓が圧迫され、代謝も下がってしまいます。 血流が悪く、代謝も悪いとなれば、しびれの改善は難しくなってしまいます。 鏡を見て、胸を適度に張り、肩甲骨と肩甲骨の間を縮めて正しい姿勢を保ったら、常にその姿勢をキープできるように心がけましょう。 まとめ しびれがあっては、集中力も無くなってしまいますよね。 更年期特有の血行不良を改善し、しびれを軽減するためにも、日々様々な対策をとって体内の血流を、しっかり流してあげましょう。

次の

更年期の漢方|「手足のしびれ」に役立つ漢方薬とは?

更年期 しびれ

更年期症状の中には、動悸、息切れがあります。 心臓が急にドキドキしたり、息がしづらくなったりとして、少し不安になるものです。 更年期に入ると、なぜ動悸、息切れは起こってしまうのでしょうか。 更年期におこる動悸、息切れの症状 動悸、息切れとは一般的に、激しい運動をしたあとや、階段の上り下りなどをした時、心臓がドキドキしたり、息が苦しくなったりする事です。 ところが、更年期の動悸、 息切れは、激しい運動などしなくても、平常時や寝ている時でも起こってしまうのが特徴です。 家事をしていたら、急に心臓がドキドキとし始めたり、横になっているのに、息が苦しくなってしまったりします。 また、激しい動悸で目が覚めてしまうなんて事もあります。 そんな動悸、息切れが急に始まると、心臓や呼吸に関わることなのでとても心配になってしまうものですよね。 更年期には、この 不安やストレスでも、動悸、息切れは悪化してしまうものなのです。 動悸、息切れの原因 更年期に起こる動悸、息切れの原因は、自律神経のバランスが乱れてしまう事が大きく関わりますが、なぜ更年期に入ると自律神経は乱れてしまうのでしょうか。 エストロゲン分泌量の減少 更年期に入ると、エストロゲンの分泌量が激減するとよく言われますね。 そして、このエストロゲンの減少によって更年期には動悸、息切れなど様々な不調があらわれてしまうのですが、 エストロゲンの分泌と脳の関係が自律神経のバランスに大きく関わります。 エストロゲンは、脳の中にある視床下部という部分からの指令によって、分泌されます。 そしてこの視床下部は、エストロゲンの分泌をする様指令を出すと同時に、自律神経をコントロールする役割も担っています。 視床下部はいくらエストロゲンを分泌するよう指令を出しても、更年期で加齢により衰えた卵巣は指令通りエストロゲンを分泌できません。 すると、視床下部は混乱してしまうのです。 その混乱によって、自律神経のコントロールにも悪影響が出てしまい、更年期にバランスを乱し、動悸、息切れなどがおきる原因になってしまうのです。 自律神経の乱れとストレス 自律神経は、人が健康に生きていくための様々な役割を担っています。 その中には、心臓の働きを正常化させたり、呼吸を整えるなどの働きもあります。 そのため、自律神経が乱れてしまえば、それらの働きにも影響が出て、更年期の動悸、息切れの原因につながってしまうのです。 また、動悸、息切れは、 強いストレスや不安を抱えた時にも起こってしまうものです。 そのため、ストレスや不安を抱えやすい更年期は、自律神経の乱れと同時にこのストレスなどが原因となって、動悸、息切れを起こしやすくなってしまいます。 更年期以外の動悸、息切れは病気のサイン 動悸、息切れはの原因は、更年期が全てではありません。 貧血の症状のひとつでもありますし、もっと 重大な病気の症状のひとつでもあったりもするのです。 心臓病や、甲状腺異常である橋本病、バセドー氏病などでも動悸、息切れはおこります。 更年期症状特有のほてりやのぼせ、多汗などがないのに、動悸、息切れがするという場合は、医療機関での検査を受ける事をおすすめします。 更年期の動悸、息切れの対処法 わけもなく急に心臓がドキドキしたり、息が思うようにできなくなってしまえば、焦ってしまうものです。 でも、焦ったり、不安を抱えれば動悸、息切れは悪化してしまう事があります。 深呼吸をして心を落ち着かせる まず動悸、息切れを鎮めるには、落ち着いてゆっくり深呼吸しましょう。 呼吸をする時は、 吸うよりも吐くほうに意識をしましょう。 息を吸ったら、ゆっくり長く吐きましょう。 動悸、息切れによって焦ってしまえば、自然と呼吸は乱れ、知らず知らずのうちに息を吸ってばかりになってしまいます。 そうなれば、血液中の二酸化炭素が増え、過呼吸になってしまう恐れがあります。 ただでさえ、更年期症状の動悸、息切れでうまく息をできないのに過呼吸になってしまえば、きっと混乱してしまうことでしょう。 息は吸ったら、なるべく長く吐き、 「ふぅ? っ」と吐く時になるべくリラックスしましょう。 腹式呼吸でリラックス 深呼吸をして動悸、息切れが落ち着いてきたら、腹式呼吸に変えてみましょう。 腹式呼吸することで、リラックス効果も得られます。 また、更年期症状の動悸や息切れが起こった時だけでなく、 普段から腹式呼吸を意識しておこなえば、自律神経の乱れの改善にもつながります。 鼻からゆっくり息を吸い、吸う時はお腹はへこませ、口からゆっくりと吐き、吐く時はお腹を膨らましましょう。 ムキになってやるのではなく、リラックスを目的にゆっくりとおこなうと良いですね。 アロマオイルを取り入れる 更年期による動悸、息切れが起きた時に大切なのは、まず心とカラダを落ち着かせることです。 そのために、心身ともに落ち着かせ、リラックス効果のあるアロマオイルを用いるのもおススメです。 例えば… ・イランイランは、爽やかなお花の香りで、 呼吸を深く整える効果があります。 ・カモミールはざわついた精神を沈め、 緊張を解いてくれる効果があります。 ・クラリーゼは、健康的なハーブの香りで 不安を消し、心を落ち着かせてくれます。 この様に、心身共に落ち着かせて気分を変えてくれるアロマオイルを常備しておいて、更年期症状の動悸、息切れが起きた時はコットンなどに1敵垂らして枕元に置いて横になってみましょう。 また、気分のすぐれない日は、浴槽に3滴ほど垂らしてよく混ぜて、入浴してゆっくりしてみましょう。 心身ともにリラックスできて、緊張したカラダや心を柔らかくしてくれるはずです。 まとめ 更年期は、動悸、息切れを始め、なにかと心やカラダに不調が現れ、気分や体調のすぐれない日も多いはずです。 日々の生活の中で、自分を癒す時間を作ることはとても大切なことです。 心やカラダの緊張もほぐれれば、自律神経のバランスもきっと整ってくることでしょう。

次の