プロテイン。 Propoプロテイン

プロテインのメリットと効率的な飲み方とは?

プロテイン

「プロテインはムキムキになりたい人が飲むもの」と思われてはいませんか?たんぱく質を補うプロテインは、筋肉の成長にもダイエットにも使える優れもののサプリメントです。 たんぱく質は人間に必要不可欠な栄養素で、不足すると「体力低下」「肌荒れ」「免疫機能低下」などの不調が現れます。 そのため、ダイエットで食事制限をしていても、欠かさず摂取する必要のある栄養素です。 また、筋肉の成長に必要であるということもダイエットにつながります。 無理な食事制限で筋肉が落ちたダイエットでは、すぐにリバウンドする可能性が高く、筋肉を維持しつつ脂肪を落とすことが理想だからです。 今回は、ダイエットに役立つプロテインの効果や飲み方を紹介していきます。 ダイエット中にプロテインを飲む効果 まずは、ダイエット中にプロテインを飲むことでどのような効果が期待できるのかを解説していきます。 大きく2つの効果が考えられます。 プロテインを飲む効果1. カロリー摂取量を抑えられる 食事の一部をプロテインに置き換えることで、カロリー摂取量を抑えることができます。 プロテインは低カロリー高たんぱくなサプリメントのため、食事でカロリーを控えたことで不足したたんぱく質を補うのに最適です。 カロリーを抑えつつも必要なたんぱく質は摂取できるため、健康的に食事制限ができるでしょう。 他にも、食事前にプロテインを飲むことで、食事量を無理なく抑えることも可能です。 カロリー摂取量を減らしながら必要なたんぱく質を摂取できることが、プロテインのメリットです。 プロテインを飲む効果2. 筋肉を維持してリバウンドを防げる プロテインを飲んで鍛えながら痩せることで、リバウンドを防ぐことができます。 ダイエットでは、脂肪だけでなく筋肉もある程度は落ちてしまいます。 体重が減るならかまわないと思われるかもしれませんが、筋肉が落ちると基礎代謝が低下し、エネルギーの消費が少ない体となってしまいます。 これは太りやすい体と言い換えることができ、せっかくダイエットしてもリバウンドしやすい状態になってしまいます。 つまり、 筋肉を維持しながら脂肪を落としていくのが理想的な痩せ方です。 そのためには筋トレで筋肉をつける必要がありますが、この筋肉の素となるのが「たんぱく質」です。 たんぱく質を意識的に摂取することで筋肉の成長を促進できます。 ただし、たんぱく質をたくさん取ろうとすればその分脂質も多くなりやすく、ダイエットにおいて好ましくありません。 そのためカロリーを抑えつつたんぱく質を摂取できるプロテインが役立つのです。 脂質を抑えつつ、食事で摂取しきれなかったたんぱく質などの栄養素を補えることが、プロテインのメリットです。 筋肉をつけるには体重1kgあたり2gのたんぱく質が必要 人間は一日に少なくとも体重の1000分の1g(体重60kgなら60g)はたんぱく質が必要です。 筋肉をつけるにはその倍は摂取しましょう。 できるだけ食事から摂取するように努め、不足分をプロテインで補うことが大切です。 ダイエット中に効果的なプロテインを飲むタイミング 手軽にたんぱく質を補えるプロテインですが、ただ飲めばいいというわけでもありません。 飲むタイミングも重要となってきます。 ここでは、プロテインの効果的な飲み方を紹介します。 プロテインの効果的な飲み方1. 食事をプロテインに置き換える 「置き換え」というと、一食丸々をプロテインだけにする方法のように思いがちですが、それでは栄養バランスが崩れてしまいます。 体調を崩す恐れがあるだけでなく、たんぱく質の吸収効率も低下するでしょう。 前述した通り、食事の一部をプロテインに置き換えることで、カロリーを抑えつつ不足したたんぱく質を補っていきます。 カロリーが高くなりがちな主菜を減らし、その分減ってしまったたんぱく質を補うようにすると良いでしょう。 バランスの良い食事が基本で、あくまでもプロテインは補助として摂取しましょう。 プロテイン摂取の例• 朝食:パンだけなど軽く済ます場合は、プロテインをプラス。 プロテインによってはたんぱく質だけでなく、ビタミンやミネラルも摂取できます。 昼食・夕食:脂質が多くなりがちな主菜を減らし、プロテインに置き換えましょう。 プロテインの効果的な飲み方2. 筋トレの後に飲む トレーニング後にプロテインを飲んで、筋肉の修復を促しましょう。 筋肉は傷つき修復されることを繰り返して成長していきます。 この修復には筋肉の材料となるたんぱく質が必要です。 筋トレ後は筋肉が傷ついており、まさに栄養素を必要としている状態。 この時にたんぱく質を補給すれば、筋肉をより速く回復させることや、より強くすることが期待できます。 目安としては筋トレ後30分ぐらいが良く、消化吸収の早いプロテインパウダーであれば、この時間を逃すことなくたんぱく質を補給できるでしょう。 ただし、運動直後は消化機能が弱まるため、ある程度時間をおいてからがおすすめです。 プロテインの効果的な飲み方3. 就寝前に飲む 就寝前にたんぱく質を補給して筋肉の材料を整えておけば、筋肉の成長促進が期待できます。 筋肉の成長に必要なものは前述の通り「筋トレ」と「休息」です。 筋肉の修復作業は寝ている間にも活発に行われているため、その際に必要なたんぱく質をあらかじめ補給しておこうというわけです。 ただし、 寝床に入る直前にプロテインを飲んでしまうと、寝ている間に消化することとなるため内臓が休まりません。 筋肉の修復にあてるはずのエネルギーが消化に使われることも考えられます。 そのため、就寝の1~2時間前にプロテインを飲むと良いでしょう。 ダイエット中にプロテインを飲む注意点 ここまでプロテインを飲むことの様々なメリットを紹介してきましたが、ここでは注意点を紹介します。 特に運動経験の浅い方や筋トレ初心者の方に気をつけていただきたいポイントです。 注意点1. プロテインの摂り過ぎ プロテインを過剰に摂取するとカロリーオーバーになる可能性があります。 低カロリーでたんぱく質を多く含むプロテインですが、いくら低カロリーでも 必要以上に摂取すればカロリーオーバーになります。 また、 余ったたんぱく質が脂肪に変わることも考えられます。 プロテインをたくさん飲んだからといって、そのタンパク質全てが吸収されるものでもありません。 記載されている用量を守るようにしましょう。 注意点2. 無理な食事制限 プロテインに頼り切った食事制限は、リバウンドにつながりやすくなります。 「十分な食事を取らずにプロテインだけを飲む」ような、無理な食事制限を行っていてはプロテインを飲んだところで意味がありません。 一時的に体重は落ちるかもしれませんが、無理な食事制限で筋肉が落ちていると考えられるため、 基礎代謝の低下からリバウンドしやすくなっているでしょう。 バランスの良い食事を心がけて、削減した食事の分でたんぱく質が不足するようであれば、プロテインで補うのが理想です。 注意点3. 痩せ薬ではない あくまで栄養素を補うためのサプリメントに過ぎないため、 プロテインを飲んだからといって痩せたり筋肉がついたりするわけではありません。 脂肪の燃焼には有酸素運動が必要で、筋肉をつけるには筋トレが必要です。 どちらにせよ運動は必要となります。 運動をせずにプロテインを摂っていては、余ったたんぱく質が脂肪となってしまうでしょう。 必ず適度な運動をすることが大切です。 ダイエット中におすすめのプロテイン ひと口にプロテインと言っても実はいくつか種類があり、大きく3つに分けられます。 それぞれ特徴があるため、あなたの目的に応じて使い分けると効果的です。 また、たんぱく質以外のミネラルやビタミンなどの栄養素が含まれているものもあります。 自身の食事内容を鑑みて、不足しがちな栄養素を合わせて補給するのも良いでしょう。 種類1. ホエイプロテイン 牛乳が原料のプロテインで、消化吸収が早いのが大きな特徴です。 ホエイプロテインにはアミノ酸が含まれており、筋肉の修復を助ける効果が期待できます。 たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されてから、筋肉の修復に使われるため、たんぱく質とアミノ酸を同時に摂取できるホエイプロテインは筋肉を育てるのにぴったりだと言えます。 消化吸収が早いことからも、トレーニング後に適したプロテインです。 種類2. カゼインプロテイン こちらも同じく牛乳が原料で、消化吸収速度が遅く満腹感が持続する特徴があります。 カゼインはチーズやヨーグルトを固める働きがあり、摂取するとお腹の中で固まるため、ゆっくりと吸収されていきます。 これによって満腹感が持続しやすいため、ダイエット時の間食などに向いています。 また、消化吸収スピードが遅いため、時間をかけてゆっくりと体にタンパク質を補給してくれます。 このことから、 トレーニング休息日の栄養補給や、就寝前のたんぱく質補給にぴったりです。 種類3. ソイプロテイン 大豆が原料のプロテインで、消化吸収速度が遅いことに加え、美容効果も期待できる特徴があります。 大豆由来ということもあり、血流改善や肌のハリを保つなどの効果があるイソフラボンが含まれています。 腹持ちがよく、上記のような効果もあることからダイエットをしている女性に人気のプロテインで、食事の置き換えにぴったりです。 ただし、摂取してから吸収されるまでに5~6時間ほどかかってしまうため、筋トレ後に飲むには不向きと言えます。 また、水に溶けにくくだまになりやすいため、先にぬるま湯である程度溶かしてから水を注ぐなど一工夫が必要になってきます。 無理なく長く続けて飲むことを考えると、溶けやすく改良されている商品がおすすめです。 まとめ 今回は、ダイエットにも有効なプロテインを飲む効果を紹介しました。 ここだけは押さえておきたい!ダイエットにおけるプロテインの効果• カロリーを抑えつつたんぱく質を補える• 筋肉の素となるため筋トレと合わせて筋肉の成長につながる• プロテインによって特徴があるため目的に応じて使い分ける たんぱく質を手軽に補給できるプロテインですが、そのメリットはムキムキに筋肉をつけたい人だけに限ったものではありません。 今回紹介したように、ダイエットを考えている方にとっても大きなメリットがあるものです。 ただし、過剰に摂取したり、運動を怠ったりしてはプロテインの恩恵を受けられないばかりか、マイナスに作用することも考えられます。 また、 プロテインは あくまで補助的なもののため、普段の食事管理が大変重要になってきます。 TOREMOでは動画や画像付きのトレーニングに加え、さまざまな食事法についても紹介しています。 理想の体に近づくためのトレーニングと食事を見つけることができるので、ぜひ参考にしてみてください。 お住まいの地域にあるパーソナルトレーニングジムを探す 「 ブヨブヨのお腹周りをどうにかしたい……」「 毎日のデスクワークが原因の運動不足を解消したい」「 肩こりや腰痛を解消してラクになりたい」などカラダの悩みを抱えているあなたにおすすめしたいのが、トレーナーと1対1でトレーニングを行う「パーソナルトレーニング」です。 パーソナルトレーニングの魅力は• カラダの専門家であるトレーナーから、あなたの悩みや目的、カラダの状態に合ったオーダーメイドのプログラムを提案してもらえる• 1対1で丁寧に指導してもらえる• 食事と運動の両面からサポートしてもらえる など、自己流でのダイエットや筋トレでは得られないものばかり。 とはいえ、すぐに入会を決めなくても大丈夫です。 まずは、 トレーニングの体験や無料カウンセリングに足を運び、「このジム(トレーナー)であれば、ダイエットやカラダ作りを成功させられそう」というジムを探しましょう。 TOREMOでは、 全国のパーソナルトレーニングジムを紹介しています。 下記のリンクより、お住まいの地域を選択してください。

次の

初めてでもよくわかる!プロテインの基礎知識と飲み方をやさしく解説

プロテイン

糖質制限ブームなどにともない、たんぱく質が効率よく摂取できるプロテインが注目を集めています。 プロテインは筋肉ムキムキになるものというイメージをいまだに持たれている方も多いかもしれませんが、ダイエットや美容にも効果のあるサプリメント。 「プロテインを摂ってみたいけど選び方がわからない」「いつ、どのくらい飲んだらよいかわからない」といった疑問を持つ、まだプロテインを飲んだことのない方にプロテインの種類や飲み方など基本をお教えします。 プロテインを飲むべき理由とは? プロテインは運動する人が飲むものと思われているかもしれませんが、運動をしない人にも取り入れる価値は大いにあります。 そもそもプロテインとはたんぱく質のこと。 人間の身体を構成する筋肉や骨、歯、皮膚、血管、内蔵、髪の毛など多くの部分がたんぱく質でできており、毎日、代謝に使う新しい原料(たんぱく質)が必要です。 その量は、まったく運動していなくても1日ごとに、脂肪を除いた体重1kgあたり1g。 たとえば、除脂肪体重が60kgであれば1日60gとなり、このたんぱく質量を食事で摂る場合、1個約6. 5gのたんぱく質含有量があるといわれるゆで卵なら9〜10個、納豆なら7〜8パック(1パックあたり約8. 3g)を食べなければなりません。 除脂肪体重がわからない人は、厚生労働省「日本人の食事 摂取基準2015」で推奨されている1日あたりの平均必要量「成人男性50g、成人 女性40g」を目安に摂るようにしましょう。 食品に含まれるたんぱく質量をいくつか見てみると(上の表参照)、1日に必要なたんぱく質量も3食で分ければ簡単に摂れそうですが、栄養バランスを意識していない人やダイエットをしている人は不足しがち。 また逆に、食品によってはカロリーを採りすぎてしまうこともあるので、カロリーを抑えてたんぱく質を補えるプロテインは便利なのです。 たんぱく質が足りないと肌や髪の毛のハリ、ツヤがなくなるほか、筋肉量が減って基礎代謝量が落ち、太りやすくなったり、免疫力や集中力が低下してしまうといった不調を引き起こすおそれもあるので、プロテインを食事と併用して上手に栄養管理しましょう。 ゆで卵のカロリーは1個(60g)約90kcal。 1日に必要なたんぱく質60gをゆで卵で摂る場合9〜10個となるので、カロリーは810〜900kcalになります。 ほかの食品をあわせてたんぱく質量を計算しないと、カロリーオーバーする可能性もあるので注意しましょう。 なお、一般的なパウダータイプのプロテインの場合、同たんぱく質量を摂取してもカロリーは約330kcalで済みます なお、ランニングや筋トレなど運動をしている人は前述のたんぱく質量よりもさらに多く摂取するのが理想的。 まったく運動しない人の1日に摂取すべきたんぱく質量が除脂肪体重1kgあたり1gなのに対し、運動している人は1. 5〜2倍摂るといいといわれています。 「運動+プロテイン」=「ムキムキな体」をイメージされるかもしれませんが、適正カロリーを大きく超えるような食事を続けなければ簡単にはマッチョにはならないので安心してください。 運動したあとの筋肉は細かい傷が入ったような状態になり、その筋肉を回復させるためにたんぱく質は必須。 スレンダーでほどよく筋肉がついた代謝のいいボディを目指すなら、筋肉の原料となるたんぱく質が不足しないようにしましょう。 プロテインの種類を知ろう! プロテインを利用すればたんぱく質が効率よく摂取できることは理解できても、プロテインは「マズくて飲みにくい」という印象があり、懸念している人も多いのではないでしょうか。 しかし、それはもはや過去の話。 昔のプロテインは大豆を原料とした「ソイプロテイン」が大半で、水に溶けにくいため飲みにくく、味やニオイに強いクセがありました。 今でもソイプロテインはありますが、水溶け具合が格段によくなり、飲みやすさは劇的に改善されています。 ただ、近年はさらに水に溶けやすい「ホエイプロテイン」が主流。 牛乳に含まれる「乳清」を原料としたホエイプロテインは味が淡白で飲みやすく、水溶性ビタミンやアミノ酸なども豊富なため人気です。 左がホエイプロテインで、右がソイプロテイン。 粒子の大きさはほぼ変わらず、牛乳や大豆のニオイもしないので、見た目で違いはわからないかも ひと昔前のソイプロテインはシェイクしても粉が残りましたが、近年のものはきれいに溶けます ココアやバニラ、コンソメなどいろいろな味がラインアップされているほか、少量タイプも発売されているので、まずは少量タイプで試して自分にあうものを見つけるのもいい方法です ザバス「ホエイプロテイン100 ココア味」と「ソイプロテイン100 ココア味」で溶け具合や味を確かめてみました。 どちらも水でシェイクしたので薄めのココア味という感じでしたが、飲み終わったあとに若干粉っぽさが口に残ったのはソイプロテインのほう。 ただ、飲みにくいほどではありません。 いっぽう、ホエイプロテインは粉っぽさはないものの、試飲後、口に牛乳っぽいニオイが少し残りました プロテインは水だけでなく、牛乳や豆乳など、ほかの飲料と混ぜてもOK。 ただ、水よりもカロリーは高くなるので注意しましょう。 筆者は、ココア味のプロテインを水とコーヒーでシェイクするのがお気に入り!(カフェモカのような味で、けっこうイケます!) ただし、ホエイプロテインを選ぶ時には少し注意が必要。 製造方法が異なる「コンセントレートタイプ(WPC)」と「アイソレートタイプ(WPI)」という2種類があり、WPCのホエイプロテインには「乳糖」が含まれているのです。 この乳糖は、牛乳を飲んでお腹がグルグルする「乳糖不耐症」の方には適しません。 WPCタイプを選ぶと、牛乳を飲んだ時と同様の症状が出るおそれがあります。 そんな方には乳糖がほとんど含まれないWPIのホエイプロテインを選べばいいのですが、パッケージに製法は記載されていません。 たんぱく質量が75%前後のホエイプロテインはWPCタイプ、85%以上であればWPIタイプと判断してOKです。 なお、WPIタイプの中には「アイソレートタイプ」や「乳糖不使用」とパッケージに書いてあることが多いので、見極めが不安な方は参考にしてください。 ザバス「ホエイプロテイン100」のパッケージには製法のタイプは表記されていませんが、たんぱく質含有量が75%なのでコンセントレートタイプ(WPC)であることがわかります このほか、ホエイプロテインと同じく牛乳を原料とした「カゼインプロテイン」もありますが、乳清以外の成分で作られているので、乳糖でお腹がゆるくなる方には不向きかもしれません。 飲みやすさはホエイプロテインとほぼ同じです。 パウダータイプ以外のプロテインもあり! パウダータイプのプロテインが水に溶けやすくなったとはいえ、まだ抵抗がある方はタブレットやドリンク、ゼリータイプを選ぶのもいいでしょう。 シェイカーを用意したり、飲んだ後に洗う手間がないのが魅力です。 ただし、商品によってたんぱく質の含有量が大きく異なるため、ものによってはたくさんの量を一度に飲む必要があったり、ドリンクタイプの中には味にクセが強い商品があることも。 また、パウダータイプよりもコストが高めなので、日常的にプロテインを飲むならパウダータイプをメインにし、補助的にその他タイプのプロテインを摂るようにしたほうがいいかもしれません。 錠剤に抵抗がなければ、飲みやすさはタブレットタイプがダントツ! しかし、たんぱく質20gを摂るためには50粒以上必要なので、パウダータイプと同じペースで摂取すると割高になります たとえば1日30gのたんぱく質量を、Kentaiのタブレットタイプ「」(5,200円)とパウダータイプ「」(4,600円)で摂取した場合、パウダータイプは34日間で飲みきることとなりますが、タブレットタイプは30g=80粒となるため、11日で終了。 このことから、タブレットタイプは外出先で手軽に飲んだり、1度の摂取量を少量に留めるといった使い方がいいかもしれません いつ飲めば効果的? プロテインがもっとも吸収されやすいのは、運動後30分くらいといわれています。 とはいえ、プロテインは分解・吸収スピードが速いホエイプロテインでも吸収されるまで1〜2時間程度かかるため、体がたんぱく質をもっとも欲する状態となる運動後30分に吸収されるように調整するのはなかなか難しいもの。 本気で取り組んでいる人はトレーニング中にもプロテインを摂ってベストなタイミングを逃さないようにしていますが、一般の方であればそこまでシビアにならなくても大丈夫です。 たんぱく質が吸収されるタイミングが運動中にきても問題ないので(むしろイイ!)、ホエイプロテインなら運動を始める1〜2時間前に飲めばOK。 その他のソイプロテインやカゼインプロテインは吸収されるまでに5〜6時間かかるので、運動を終える時間から逆算して飲むタイミングを決定しましょう。 なお、このように吸収されるタイミングが計りやすいことも、近年、ホエイプロテインの人気が高い理由のひとつです。 運動の種類にあわせて調整したプロテインも発売されているので、用途が決まっている人はこのような商品を選ぶのもいいでしょう。 アミノ酸はプロテインを吸収しやすいように分解したものなので、運動で負荷がかかり傷ついた筋肉の回復に役立ちます。 ただ、アミノ酸はプロテインよりも割高なため、プロテインと同じ量のたんぱく質をアミノ酸で摂るのは現実的ではありません。 たとえば、味の素「アミノバイタル GOLD 30本入り」の価格は約4,000円(2018年1月26日時点の価格. com最安価格)。 ですが、1本に含まれるたんぱく質は4. 7gであるため、毎日20gほど摂取しようとすると1週間でなくなってしまいます。 たんぱく質は少量でも体の疲れを緩和する作用があるので、より早く筋肉に届くアミノ酸を摂取したあと、たんぱく質量を補うためにプロテインを飲むようにするのがいいでしょう。 アミノ酸補給が手軽にできるとして人気が高いのが、味の素「アミノバイタル」。 いくつかの種類がありますが、運動後の体のリカバリーには「アミノバイタル GOLD」が適するそうです では、運動しない人はいつ飲めばいいのでしょうか。 摂取する時間にキマリはありませんが、効率を考えるなら、朝がベスト。 栄養が不足したままで過ごすと筋肉や内蔵などが分解されるおそれもあるので、朝食を食べない、簡単なもので済ませているならプロテインをプラスしてみましょう。 さらに、就寝前にプロテインを飲むとよりよい効果が望めます。 寝ている間は成長ホルモンが分泌され、体が栄養を取り込みやすい状態になるので、たんぱく質を摂っておくと肌や髪、爪にも作用し、美容にも高価あり! もちろん、運動した夜の就寝前にもプロテインを飲むほうが、筋肉の回復に役立ちます。 なお、睡眠時間は長いのでホエイプロテインにくわえ、ゆっくり吸収されるソイプロテインやガゼインプロテインを飲むのもいい方法。 ように、吸収時間の異なる2種類のプロテインを混ぜたプロテインを選ぶのもありです。 プロテインに含まれるカロリーは少ないですが、運動をしないので少量のカロリーも気になるという人はダイエット用のプロテインを選ぶのもあり。 ソイプロテインのザバス「ウェイトダウン」は1食分(21g)でたんぱく質は16. 8g摂れるほか、11種類のビタミン、3種類のミネラルを配合しながら、カロリーは79kcalに抑えられています どのくらいの量を飲めばいい? たんぱく質は1度にたくさんの量を摂っても吸収されにくいので、1回10〜20gを目安にし、1日3回程度飲むのが理想的です。 また、プロテインを過度に摂り続けると肝臓に負担がかかるので、適正量を意識するようにしましょう。 パウダータイプで20gのたんぱく質量を摂る場合、液体とシェイクすると約200〜300mlになります(ザバスのプロテインで推奨されている量)。 意外と量があるので、なかには飲みきれない人もいるかもしれません 液体は量的に飲みきれないと心配なら、プロテインバーを食べるのも手です。 森永製菓「ウイダー in バー プロテイン」は1本で10g以上のたんぱく質を摂取可能。 カロリーは少々高め(100〜200kcal)ですが、時間がない時にも役立ちます.

次の

Propoプロテイン

プロテイン

糖質制限ブームなどにともない、たんぱく質が効率よく摂取できるプロテインが注目を集めています。 プロテインは筋肉ムキムキになるものというイメージをいまだに持たれている方も多いかもしれませんが、ダイエットや美容にも効果のあるサプリメント。 「プロテインを摂ってみたいけど選び方がわからない」「いつ、どのくらい飲んだらよいかわからない」といった疑問を持つ、まだプロテインを飲んだことのない方にプロテインの種類や飲み方など基本をお教えします。 プロテインを飲むべき理由とは? プロテインは運動する人が飲むものと思われているかもしれませんが、運動をしない人にも取り入れる価値は大いにあります。 そもそもプロテインとはたんぱく質のこと。 人間の身体を構成する筋肉や骨、歯、皮膚、血管、内蔵、髪の毛など多くの部分がたんぱく質でできており、毎日、代謝に使う新しい原料(たんぱく質)が必要です。 その量は、まったく運動していなくても1日ごとに、脂肪を除いた体重1kgあたり1g。 たとえば、除脂肪体重が60kgであれば1日60gとなり、このたんぱく質量を食事で摂る場合、1個約6. 5gのたんぱく質含有量があるといわれるゆで卵なら9〜10個、納豆なら7〜8パック(1パックあたり約8. 3g)を食べなければなりません。 除脂肪体重がわからない人は、厚生労働省「日本人の食事 摂取基準2015」で推奨されている1日あたりの平均必要量「成人男性50g、成人 女性40g」を目安に摂るようにしましょう。 食品に含まれるたんぱく質量をいくつか見てみると(上の表参照)、1日に必要なたんぱく質量も3食で分ければ簡単に摂れそうですが、栄養バランスを意識していない人やダイエットをしている人は不足しがち。 また逆に、食品によってはカロリーを採りすぎてしまうこともあるので、カロリーを抑えてたんぱく質を補えるプロテインは便利なのです。 たんぱく質が足りないと肌や髪の毛のハリ、ツヤがなくなるほか、筋肉量が減って基礎代謝量が落ち、太りやすくなったり、免疫力や集中力が低下してしまうといった不調を引き起こすおそれもあるので、プロテインを食事と併用して上手に栄養管理しましょう。 ゆで卵のカロリーは1個(60g)約90kcal。 1日に必要なたんぱく質60gをゆで卵で摂る場合9〜10個となるので、カロリーは810〜900kcalになります。 ほかの食品をあわせてたんぱく質量を計算しないと、カロリーオーバーする可能性もあるので注意しましょう。 なお、一般的なパウダータイプのプロテインの場合、同たんぱく質量を摂取してもカロリーは約330kcalで済みます なお、ランニングや筋トレなど運動をしている人は前述のたんぱく質量よりもさらに多く摂取するのが理想的。 まったく運動しない人の1日に摂取すべきたんぱく質量が除脂肪体重1kgあたり1gなのに対し、運動している人は1. 5〜2倍摂るといいといわれています。 「運動+プロテイン」=「ムキムキな体」をイメージされるかもしれませんが、適正カロリーを大きく超えるような食事を続けなければ簡単にはマッチョにはならないので安心してください。 運動したあとの筋肉は細かい傷が入ったような状態になり、その筋肉を回復させるためにたんぱく質は必須。 スレンダーでほどよく筋肉がついた代謝のいいボディを目指すなら、筋肉の原料となるたんぱく質が不足しないようにしましょう。 プロテインの種類を知ろう! プロテインを利用すればたんぱく質が効率よく摂取できることは理解できても、プロテインは「マズくて飲みにくい」という印象があり、懸念している人も多いのではないでしょうか。 しかし、それはもはや過去の話。 昔のプロテインは大豆を原料とした「ソイプロテイン」が大半で、水に溶けにくいため飲みにくく、味やニオイに強いクセがありました。 今でもソイプロテインはありますが、水溶け具合が格段によくなり、飲みやすさは劇的に改善されています。 ただ、近年はさらに水に溶けやすい「ホエイプロテイン」が主流。 牛乳に含まれる「乳清」を原料としたホエイプロテインは味が淡白で飲みやすく、水溶性ビタミンやアミノ酸なども豊富なため人気です。 左がホエイプロテインで、右がソイプロテイン。 粒子の大きさはほぼ変わらず、牛乳や大豆のニオイもしないので、見た目で違いはわからないかも ひと昔前のソイプロテインはシェイクしても粉が残りましたが、近年のものはきれいに溶けます ココアやバニラ、コンソメなどいろいろな味がラインアップされているほか、少量タイプも発売されているので、まずは少量タイプで試して自分にあうものを見つけるのもいい方法です ザバス「ホエイプロテイン100 ココア味」と「ソイプロテイン100 ココア味」で溶け具合や味を確かめてみました。 どちらも水でシェイクしたので薄めのココア味という感じでしたが、飲み終わったあとに若干粉っぽさが口に残ったのはソイプロテインのほう。 ただ、飲みにくいほどではありません。 いっぽう、ホエイプロテインは粉っぽさはないものの、試飲後、口に牛乳っぽいニオイが少し残りました プロテインは水だけでなく、牛乳や豆乳など、ほかの飲料と混ぜてもOK。 ただ、水よりもカロリーは高くなるので注意しましょう。 筆者は、ココア味のプロテインを水とコーヒーでシェイクするのがお気に入り!(カフェモカのような味で、けっこうイケます!) ただし、ホエイプロテインを選ぶ時には少し注意が必要。 製造方法が異なる「コンセントレートタイプ(WPC)」と「アイソレートタイプ(WPI)」という2種類があり、WPCのホエイプロテインには「乳糖」が含まれているのです。 この乳糖は、牛乳を飲んでお腹がグルグルする「乳糖不耐症」の方には適しません。 WPCタイプを選ぶと、牛乳を飲んだ時と同様の症状が出るおそれがあります。 そんな方には乳糖がほとんど含まれないWPIのホエイプロテインを選べばいいのですが、パッケージに製法は記載されていません。 たんぱく質量が75%前後のホエイプロテインはWPCタイプ、85%以上であればWPIタイプと判断してOKです。 なお、WPIタイプの中には「アイソレートタイプ」や「乳糖不使用」とパッケージに書いてあることが多いので、見極めが不安な方は参考にしてください。 ザバス「ホエイプロテイン100」のパッケージには製法のタイプは表記されていませんが、たんぱく質含有量が75%なのでコンセントレートタイプ(WPC)であることがわかります このほか、ホエイプロテインと同じく牛乳を原料とした「カゼインプロテイン」もありますが、乳清以外の成分で作られているので、乳糖でお腹がゆるくなる方には不向きかもしれません。 飲みやすさはホエイプロテインとほぼ同じです。 パウダータイプ以外のプロテインもあり! パウダータイプのプロテインが水に溶けやすくなったとはいえ、まだ抵抗がある方はタブレットやドリンク、ゼリータイプを選ぶのもいいでしょう。 シェイカーを用意したり、飲んだ後に洗う手間がないのが魅力です。 ただし、商品によってたんぱく質の含有量が大きく異なるため、ものによってはたくさんの量を一度に飲む必要があったり、ドリンクタイプの中には味にクセが強い商品があることも。 また、パウダータイプよりもコストが高めなので、日常的にプロテインを飲むならパウダータイプをメインにし、補助的にその他タイプのプロテインを摂るようにしたほうがいいかもしれません。 錠剤に抵抗がなければ、飲みやすさはタブレットタイプがダントツ! しかし、たんぱく質20gを摂るためには50粒以上必要なので、パウダータイプと同じペースで摂取すると割高になります たとえば1日30gのたんぱく質量を、Kentaiのタブレットタイプ「」(5,200円)とパウダータイプ「」(4,600円)で摂取した場合、パウダータイプは34日間で飲みきることとなりますが、タブレットタイプは30g=80粒となるため、11日で終了。 このことから、タブレットタイプは外出先で手軽に飲んだり、1度の摂取量を少量に留めるといった使い方がいいかもしれません いつ飲めば効果的? プロテインがもっとも吸収されやすいのは、運動後30分くらいといわれています。 とはいえ、プロテインは分解・吸収スピードが速いホエイプロテインでも吸収されるまで1〜2時間程度かかるため、体がたんぱく質をもっとも欲する状態となる運動後30分に吸収されるように調整するのはなかなか難しいもの。 本気で取り組んでいる人はトレーニング中にもプロテインを摂ってベストなタイミングを逃さないようにしていますが、一般の方であればそこまでシビアにならなくても大丈夫です。 たんぱく質が吸収されるタイミングが運動中にきても問題ないので(むしろイイ!)、ホエイプロテインなら運動を始める1〜2時間前に飲めばOK。 その他のソイプロテインやカゼインプロテインは吸収されるまでに5〜6時間かかるので、運動を終える時間から逆算して飲むタイミングを決定しましょう。 なお、このように吸収されるタイミングが計りやすいことも、近年、ホエイプロテインの人気が高い理由のひとつです。 運動の種類にあわせて調整したプロテインも発売されているので、用途が決まっている人はこのような商品を選ぶのもいいでしょう。 アミノ酸はプロテインを吸収しやすいように分解したものなので、運動で負荷がかかり傷ついた筋肉の回復に役立ちます。 ただ、アミノ酸はプロテインよりも割高なため、プロテインと同じ量のたんぱく質をアミノ酸で摂るのは現実的ではありません。 たとえば、味の素「アミノバイタル GOLD 30本入り」の価格は約4,000円(2018年1月26日時点の価格. com最安価格)。 ですが、1本に含まれるたんぱく質は4. 7gであるため、毎日20gほど摂取しようとすると1週間でなくなってしまいます。 たんぱく質は少量でも体の疲れを緩和する作用があるので、より早く筋肉に届くアミノ酸を摂取したあと、たんぱく質量を補うためにプロテインを飲むようにするのがいいでしょう。 アミノ酸補給が手軽にできるとして人気が高いのが、味の素「アミノバイタル」。 いくつかの種類がありますが、運動後の体のリカバリーには「アミノバイタル GOLD」が適するそうです では、運動しない人はいつ飲めばいいのでしょうか。 摂取する時間にキマリはありませんが、効率を考えるなら、朝がベスト。 栄養が不足したままで過ごすと筋肉や内蔵などが分解されるおそれもあるので、朝食を食べない、簡単なもので済ませているならプロテインをプラスしてみましょう。 さらに、就寝前にプロテインを飲むとよりよい効果が望めます。 寝ている間は成長ホルモンが分泌され、体が栄養を取り込みやすい状態になるので、たんぱく質を摂っておくと肌や髪、爪にも作用し、美容にも高価あり! もちろん、運動した夜の就寝前にもプロテインを飲むほうが、筋肉の回復に役立ちます。 なお、睡眠時間は長いのでホエイプロテインにくわえ、ゆっくり吸収されるソイプロテインやガゼインプロテインを飲むのもいい方法。 ように、吸収時間の異なる2種類のプロテインを混ぜたプロテインを選ぶのもありです。 プロテインに含まれるカロリーは少ないですが、運動をしないので少量のカロリーも気になるという人はダイエット用のプロテインを選ぶのもあり。 ソイプロテインのザバス「ウェイトダウン」は1食分(21g)でたんぱく質は16. 8g摂れるほか、11種類のビタミン、3種類のミネラルを配合しながら、カロリーは79kcalに抑えられています どのくらいの量を飲めばいい? たんぱく質は1度にたくさんの量を摂っても吸収されにくいので、1回10〜20gを目安にし、1日3回程度飲むのが理想的です。 また、プロテインを過度に摂り続けると肝臓に負担がかかるので、適正量を意識するようにしましょう。 パウダータイプで20gのたんぱく質量を摂る場合、液体とシェイクすると約200〜300mlになります(ザバスのプロテインで推奨されている量)。 意外と量があるので、なかには飲みきれない人もいるかもしれません 液体は量的に飲みきれないと心配なら、プロテインバーを食べるのも手です。 森永製菓「ウイダー in バー プロテイン」は1本で10g以上のたんぱく質を摂取可能。 カロリーは少々高め(100〜200kcal)ですが、時間がない時にも役立ちます.

次の