福岡 屋久島 飛行機。 飛行機【福岡→屋久島】行き方比較「直行便」vs「鹿児島経由」

福岡発屋久島行きの格安航空券・飛行機予約

福岡 屋久島 飛行機

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う対応について 新型コロナウイルスの影響に伴い、一部路線の運休・減便・時間変更を実施いたします。 対象便など詳細については、以下をご確認ください。 国内線航空券の変更・払い戻しについては、以下をご確認ください。 実際に運航への影響が見込まれる便、および影響が発生した便に対しては、 当ページ上記の『運航の見通し』トピックスや『発着案内』備考欄に運航状況が記載されますので、ご注意ください。 【発着案内の備考欄について】 新型コロナウイルスの影響による5月2日以降の欠航便は、『発着案内』の備考欄に理由が表示されません。 【欠航証明書の事由欄について】 新型コロナウイルスの影響による5月2日以降の欠航便は、欠航証明書の事由欄が空白で表示されます。 お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。 国内線航空券 操作日当日を含め3日以内に出発する便へ変更はこちら。 パッケージツアー 操作日当日を含め3日以内に出発する便へ変更はこちら。 そのほかの変更・取り消し、詳しい条件は以下をご確認ください。 1 ジャルパック国内ツアー〔JALダイナミックパッケージ・パッケージツアー JMBツアー、ジャルパックなど)〕 2 JAL楽パック 楽天トラベルのサイトにて取り扱い方法をご確認ください。 3 JALじゃらんパック じゃらんnetのサイトにて取り扱い方法をご確認ください。 4 ヤフーパック ヤフーパックのサイトにて取り扱い方法をご確認ください。 5 国内線航空券、上記以外のパッケージツアー お申し込みの旅行会社までお問い合わせください。 団体旅行 お申し込みの旅行会社までお問い合わせください。

次の

飛行機【福岡→屋久島】行き方比較「直行便」vs「鹿児島経由」

福岡 屋久島 飛行機

福岡空港から屋久島空港へ就航している航空会社はJAL(日本航空)1社のみで、1日1便の運行で約1時間で屋久島空港へと到着します。 時間帯は時期によって異なるため、ぜひスカイチケットで詳細をご確認ください。 早い時期に検索すると、格安航空券が簡単にお買い求めいただけます。 さて、スタジオジブリの「もののけ姫」で一躍人気の出た屋久島。 モデルとなったのは白谷雲水渓と呼ばれる渓谷で、樹齢3000年の弥生杉や幹の太い屋久杉、足元を流れる滝から、大自然の息吹を感じることが出来ます。 屋久島空港から向かう際は、バスを乗り継いで行くかレンタカーでの移動がメインです。 そうして長い一日を終え、福岡空港へと帰ってきたあなた。 トレッキングで疲れた体を癒したいと考えているはず。 そんなときは、福岡空港内にあるリラクゼーションサロンやマッサージチェアを使ってみてはいかがでしょうか。 航空会社や提携カード会社の会員の方には、ゆったりとくつろげるラウンジも開放されています。 福岡から屋久島に就航している航空会社は1社です。

次の

¥9,910

福岡 屋久島 飛行機

気になる項目からどうぞ• メリット便利な福岡空港!わずか1時間で屋久島に到着 フライト時間も僅か1時間程度と短く、福岡周辺にお住まいの方なら空港へのアクセスのしやすさなど含めて、短時間で屋久島に到着できます。 極端な話、福岡にお住まいの方なら、• お休みの日に朝起きて• そうだ、屋久島行こう!と盛り上がって• その日の午後には屋久島に到着 なんていう使い方も出来そうです。 新千歳や沖縄からも便利な福岡空港の乗り継ぎ また、福岡空港は鹿児島空港より大きな空港ですので、朝の便で新千歳空港から福岡空港へ飛び、そのまま屋久島行きの便に乗るなんていう荒技もできます。 ちなみに帰りは屋久島から伊丹、伊丹から新千歳空港のルートを使えば少ない便数で北海道からも来ることが出来ます。 デメリット1 1日1便の福岡便がもし欠航したら 1日1便しかない福岡便がもし欠航したら、早めに対処できれば陸路と船で屋久島に来られるかもしれません。 福岡空港から地下鉄と新幹線で鹿児島中央駅まで約2時間、そこからタクシーで鹿児島港の高速船乗り場へ行けば、屋久島行きの最終の船に間に合います。 また、屋久島から出発する日に福岡行きの飛行機が欠航した場合でも、すぐに高速船に乗り換えれば新幹線を使って福岡に帰れます。 船の便も動いているという条件付きですが、いざというときでも慌てないように、予備ルートを確認しておくと良いかもしれませんね。 おすすめのオーセンガイドツアー デメリット2 ネックは座席数の少なさ、高めの料金設定 やはりネックは座席数の少なさ。 使用される機材がプロペラ機ですので、座席数に限りがあり、さらに1日1便ですので、繁忙期などはすぐに売り切れてしまいます。 また、元々の料金設定が高めなので、先得などの早割のチケットを利用できるように早めのご予約がお勧めです。 通常の往復割引料金ですと、大人一人片道24000円前後、往復48,000円前後となります。 ただ、28日前までの予約で使える先得料金ならば、大人一人片道15200円〜の料金設定ですので、往復30,000円程度の交通費が済みます。 福岡近辺の方は早く旅行の日程が決まっていれば、新幹線+船利用(往復35,000円)と同程度の料金で済むでしょう。 まとめ こうしてみると、屋久島への中継空港として意外と使える福岡空港。 特に遠方からの乗り継ぎで上手に使うと、鹿児島空港より利便性が高いのでは無いでしょうか。 チャンスがあれば、福岡空港経由で北海道まで行ってみたいと思います。

次の