お腹 の ガス を 抜く。 お腹のガス抜きに効果がある3つの簡単な方法

お腹の張りはガスが原因!2種類のガス抜きマッサージですっきり解消

お腹 の ガス を 抜く

ガスが溜まってお腹が痛くなることありませんか? 便秘と同時に起こることが多い「 ガスだまり」。 どなたでも、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。 お腹がガスでパンパンに張る、脂汗が出るほどの腹痛、とまらないオナラ…。 おなかの張り(腹部)で、不快なだけでなく激しい腹痛を伴うこともあります。 ガス腹の痛みといえば「もしかして病気かもしれない」、そんな思いも頭に過ぎるほど。 厄介なのは、この「 ガスだまり腹痛」は仕事中や、授業中、電車の中でも容赦なく起こるものなのです。 ガスが溜まることで、胃が圧迫されて食欲が低下したり、肺が圧迫されて呼吸困難に陥ったりすることもあります。 また、腸閉塞(腸の内容物が通過しなくなる病気)などの原因となってしまうことも。 ガスが溜まってしまう原因はなんでしょうか?対策はあるのでしょうか? 東邦大学医療センター大森病院病院長の瓜田純久先生と、さく病院胃腸内科の相馬渉先生に教えていただきました。 1985年、東邦大学医学部卒業。 関東労災病院消化器科を経て、地元青森県で瓜田医院を開業。 東邦大学医療センター大森病院総合診療・救急医学講座教授、院長補佐、副院長などを経て2018年より現職。 専攻は内科学、総合診療医学、機能性消化器疾患、内視鏡医学、超音波医学、栄養代謝など。 監訳書に『』(マイケル・アップルほか著、産調出版)などがある。 (公式サイト) (CiNii) お腹にガスがたまる原因 ガスの正体は「飲み込んだ空気」 腸の中には、健康な人でも常に200mlくらいのガスが溜まっています。 通常、それらの溜まったガスはゲップやおならとして体外に排出するしかありません。 ガスを体外に排出できない、または異常に多くのガスが腸内で発生すると、 ガス腹となって不快感の原因になります。 溜まったガスの大半は、呼吸や食事の際に口から飲み込んだ空気です。 私たちは、食べたものと同じ量か、それ以上の空気を飲み込んでいます。 腸内の悪玉菌が増えるとおならが臭くなる 他には、 腸内細菌の活動がガス腹の原因になっています。 腸内には、数にして1000兆個以上、総重量にして約1. 5kgになる多種多様な細菌が棲みついています。 腸内細菌が、腸の内容物(消化途中の食べ物)を分解する過程で発生するのがガスなのです。 腸内に悪玉菌が多いと、硫化水素、アンモニアなどの臭い物質が発生します。 つまり、 おならが臭いときは、腸内に悪玉菌がふえていると推測できます。 腸のガスを出し切る方法 「うつ伏せ寝」が効果 ガスの排泄を促すには走るのがいちばんですが、逆立ちしても、前転しても効果があります。 ガス腹に悩む患者さんに、私がいつもお勧めしているのが、1日に1回の「 うつぶせ寝」です。 やり方は簡単で、10分ほど、床の上でうつぶせに寝た姿勢を保つようにすればいいのです。 実は、小腸は複雑に折りたたまれているため、おなかを手でマッサージしても、なかなか刺激ができません。 でも、うつぶせに寝るとおなかが圧迫されて刺激が小腸にまで伝わり、まんべんなくマッサージできるのです。 おなかを圧迫することが目的なので、うつぶせ寝は、やわらかいベッドの上よりも、畳やフローリングの床の上で行いましょう。 そのとき、 おなかの下に枕や、小さいゴムボールを入れて圧迫すると、効果的です。 ゴロゴロ転がってガスを出し切る 10分たったら、そのままゴロゴロと左右にゆっくりと寝転がる動きを、5回ほど行いましょう。 おなかや腰だけを動かすのではなく、 肩も使って全身で左右に転がるのがポイントです。 腸は、おなかの中で複雑に曲がりくねっているのですが、そのなかで曲がっているところ、階段の踊り場のようになっているところに、ガスはたまりやすいのです。 また、 ガスは軽いので、立ち姿勢や座り姿勢ばかりで過ごしていると、なかなか肛門に向かって、下にいきません。 そこで、うつぶせに寝ておなかに体重をかけて圧迫をし、ゴロゴロ寝転がって腸の向きを変えましょう。 すると、たまっているポイントからガスを移動させ、おならとして排出させやすくなるのです。 ガスが抜ければ、ぜん動運動が活発になり、便通も促進されます。 うつぶせゴロゴロのコツ ・ゴロゴロする際には、おなかや腰だけを動かすのではなく、肩も使って全身で左右に転がる ・いつ行ってもいいが、夜寝る前に行うと効果的 ガス溜まりが便秘や下痢も引き起こす 近年、呼気の成分を測ることで体内のガス量を測ることができるようになりました。 以前テレビ番組で行った呼気検査では、 便秘や下痢に悩む人ほど大量のガスが生成されていました。 腸内で発生するガスの量が増えて、過剰に溜まると、お腹が張る不快感や、腹痛の原因になるのです。 さらに、腸内にガスが溜まることで、腸のぜん動運動や消化吸収の働きが妨げられ、便秘や下痢などの便通異常を引き起こすと考えられます。 食物繊維を食べれば便秘は治る? そこで、「うつぶせゴロゴロ」に合わせて、 便秘対策も行いましょう。 気を付けたいのが 食物繊維の摂り方。 生野菜を食べると便通が良くなるのでは?と思いがちです。 胃腸の健康の目安は、しっかり食べて太れることだと考えています。 食物繊維がお通じによいからと、 野菜サラダばかり食べていても便通はよくなりません。 便秘をしている真っ最中は、消化しにくい食物繊維は控えたほうがいいでしょう。 消化しやすい 炭水化物と 水分を、しっかり摂ってほしいと思います。 また、腸の働きをよくするには、 胃を休めるといいのです。 夜寝ている間など、なにも食べない時間帯を1日8時間以上作るとより、便秘に有効です。

次の

お腹のガスを抜く方法!不快な膨満感を解消しましょう!

お腹 の ガス を 抜く

ぜん動運動のはたらきが低下している• 悪玉菌の数が増えている それぞれについて詳しくみていきましょう。 ガスが溜まる原因1. ぜん動運動のはたらきが低下している 通常、ガスは腸の「ぜん動運動」によって肛門付近まで運ばれ、体外に排出されます。 ぜん動運動とは、腸が便やガスを肛門まで運ぶために伸びたり縮んだりする動作のことです。 この ぜん動運動のはたらきが低下すると、ガスの排出が滞ってしまうため、お腹にガスが溜まってしまいます。 ぜん動運動のはたらきが低下してしまう一因としては「腹筋の衰え」が挙げられるでしょう。 ぜん動運動の主たる動力は、腸のまわりにある平滑筋(へいかつきん)の収縮による刺激です。 したがって、ぜん動運動のはたらきが低下しているときは、平滑筋が衰えてしまっている可能性が高いと考えられます。 平滑筋は、自分の意思ではコントロールできない不随意筋であることから、意識的に鍛えることはできません。 しかし、 お腹まわりの筋肉を鍛えることで、平滑筋を刺激し、結果的にぜん動運動を促進させることができます。 ガスが溜まる原因2. 悪玉菌の数が増えている 健康な人の腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌と呼ばれる3つの腸内細菌が合計約100〜1,000兆匹存在しています。 その割合が善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7となっていれば腸内環境が正常に保たれていますが、腸内細菌のバランスが崩れ、 悪玉菌の数が優勢になってしまうと、腸内で発生するガスの量が増え、腸内環境が乱れてしまいます。 腸内細菌のバランスを正常に保つうえで重要な存在が、もっとも数が多い腸内細菌・日和見菌です。 日和見菌はそのときどきで善玉菌と悪玉菌のうち優勢なほうの味方になる菌です。 正常な状態であれば、日和見菌は善玉菌側につきますが、何かのきっかけで悪玉菌が優勢になってしまうと、日和見菌は悪玉菌の味方となり、腸内環境を乱してしまいます。 悪玉菌が増えてしまう背景には、主に以下2つのことがあると考えられるでしょう。 肉類などたんぱく質の食品を摂りすぎている• ストレスが溜まっている 悪玉菌はたんぱく質を栄養にしているため、たんぱく質を摂りすぎると悪玉菌が増えやすくなってしまいます。 また、ストレス状態にあるときも悪玉菌が増えやすくなる傾向にあります。 お腹に溜まったガスを解消する4つの方法 お腹に溜まったガスを解消するためには腸やそのまわりの筋肉に刺激を与えて、ぜん動運動を促進させ、ガスの排出を促すことが重要です。 以下に「ガスが溜まってお腹がパンパンになっている」というときにおすすめの解消法を4つ列挙しました。 マッサージ、ツボ押し、ストレッチ、ヨガの4種類を紹介しますので、好みのものを選んで実践してみましょう。 「のの字」マッサージ|会社のトイレでも簡単にできる 最初に紹介するのは「のの字」マッサージです。 トイレに入ったときに簡単にできるので覚えておくと便利です。 筋トレのポイント• 継続すること• 正しいフォームでおこなうこと 1つ目は「継続すること」です。 筋トレを1日2日で効果が出る訳ではないので習慣化することが大切です。 2つ目は「正しいフォームでおこなうこと」。 筋トレをするときは回数よりも正しいフォームを維持できたかどうかを重要視してください。 誤ったフォームでやみくもに回数を重ねても、期待する効果は得られない可能性が高いでしょう。 また、 フォームを確認できるように鏡の前で筋トレするのもおすすめです。 具体的な腹筋運動については「」にて詳しく解説をしておりますのでポイントを踏まえながら挑戦してみましょう。 予防法2. 植物性 乳酸菌を摂取する 腸内で悪玉菌が増えることを防ぐためには、善玉菌の数を優勢に保つ必要があります。 そこで助けになるのが乳酸菌です。 乳酸菌には善玉菌の数を優勢にして、腸内環境を整えるはたらきがあります。 乳酸菌が多く含まれる食品といえば、ヨーグルトやチーズなどの乳製品を思い浮かべる方も多いのはないでしょうか?しかし、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌は胃液によってほとんど死滅してしまいます。 一方で、 生きて腸まで届くのは納豆や味噌、醤油、ぬか漬けなど発酵食品に多く含まれる植物性乳酸菌です。 味噌汁と納豆の組み合わせは、日本の朝の定番食ともいえる存在ですが、腸内環境を整えるためには有効なメニューです。 予防法3. 栄養バランスの整った食事を摂る 上でも説明しましたが、 悪玉菌が増えてしまう原因の1つとして「肉類などたんぱく質を多く含む食品を摂りすぎていること」が挙げられます。 加えて、 悪玉菌がガスを発生させるのは、食物繊維や高たんぱく・高脂肪食品を分解するとき です。 「食物繊維は便秘の解消によい」というイメージから、ガスに悩まされたときも食物繊維を摂ろうと考える方は多いかもしれませんが、ガスが溜まっているときは食物繊維の摂りすぎには注意しましょう。 食物繊維はもちろん、たんぱく質も脂質も人間にとっては必要な栄養素です。 しかし、あくまでも「適度な量」を守ることが大切です。 悪玉菌の数やガスの発生量が過剰に増えることを防ぐためにも、食事の栄養バランスが偏らないように注意してください。 栄養バランスの整った食事の摂り方については、「」をご覧ください。 厚労省と農水省が共同で策定した「食事バランスガイド」を参考に、1日の食事で「何を」「どれだけ」食べればよいのかイラストつきでわかりやすく解説しています。 ガス溜まりの解消と予防には運動と食事の見直しが大切 ここまで紹介してきたように、 お腹に溜まったガスを解消したり、溜まらないように予防したりするためには、「運動をしてお腹の筋肉を動かすこと」と「食事を見直して腸内環境を整えること」が大切です。 三浦於菟『気・血・水」の流れが健康をつくる: 「漢方の原則」で病気知らずに! 』• 瓜田純久『10分のゴロ寝で10年長生きできる! 』• 坂井正宙『図解入門よくわかる便秘と腸の基本としくみ 』• 大竹真一郎『腸内環境を整えるいきいき食事法 著者』 お住まいの地域にあるパーソナルトレーニングジムを探す 「 ブヨブヨのお腹周りをどうにかしたい……」「 毎日のデスクワークが原因の運動不足を解消したい」「 肩こりや腰痛を解消してラクになりたい」などカラダの悩みを抱えているあなたにおすすめしたいのが、トレーナーと1対1でトレーニングを行う「パーソナルトレーニング」です。 パーソナルトレーニングの魅力は• カラダの専門家であるトレーナーから、あなたの悩みや目的、カラダの状態に合ったオーダーメイドのプログラムを提案してもらえる• 1対1で丁寧に指導してもらえる• 食事と運動の両面からサポートしてもらえる など、自己流でのダイエットや筋トレでは得られないものばかり。 とはいえ、すぐに入会を決めなくても大丈夫です。 まずは、 トレーニングの体験や無料カウンセリングに足を運び、「このジム(トレーナー)であれば、ダイエットやカラダ作りを成功させられそう」というジムを探しましょう。 TOREMOでは、 全国のパーソナルトレーニングジムを紹介しています。 下記のリンクより、お住まいの地域を選択してください。

次の

お腹のガス抜きができるツボは?手で押せる4カ所

お腹 の ガス を 抜く

ぜん動運動のはたらきが低下している• 悪玉菌の数が増えている それぞれについて詳しくみていきましょう。 ガスが溜まる原因1. ぜん動運動のはたらきが低下している 通常、ガスは腸の「ぜん動運動」によって肛門付近まで運ばれ、体外に排出されます。 ぜん動運動とは、腸が便やガスを肛門まで運ぶために伸びたり縮んだりする動作のことです。 この ぜん動運動のはたらきが低下すると、ガスの排出が滞ってしまうため、お腹にガスが溜まってしまいます。 ぜん動運動のはたらきが低下してしまう一因としては「腹筋の衰え」が挙げられるでしょう。 ぜん動運動の主たる動力は、腸のまわりにある平滑筋(へいかつきん)の収縮による刺激です。 したがって、ぜん動運動のはたらきが低下しているときは、平滑筋が衰えてしまっている可能性が高いと考えられます。 平滑筋は、自分の意思ではコントロールできない不随意筋であることから、意識的に鍛えることはできません。 しかし、 お腹まわりの筋肉を鍛えることで、平滑筋を刺激し、結果的にぜん動運動を促進させることができます。 ガスが溜まる原因2. 悪玉菌の数が増えている 健康な人の腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌と呼ばれる3つの腸内細菌が合計約100〜1,000兆匹存在しています。 その割合が善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7となっていれば腸内環境が正常に保たれていますが、腸内細菌のバランスが崩れ、 悪玉菌の数が優勢になってしまうと、腸内で発生するガスの量が増え、腸内環境が乱れてしまいます。 腸内細菌のバランスを正常に保つうえで重要な存在が、もっとも数が多い腸内細菌・日和見菌です。 日和見菌はそのときどきで善玉菌と悪玉菌のうち優勢なほうの味方になる菌です。 正常な状態であれば、日和見菌は善玉菌側につきますが、何かのきっかけで悪玉菌が優勢になってしまうと、日和見菌は悪玉菌の味方となり、腸内環境を乱してしまいます。 悪玉菌が増えてしまう背景には、主に以下2つのことがあると考えられるでしょう。 肉類などたんぱく質の食品を摂りすぎている• ストレスが溜まっている 悪玉菌はたんぱく質を栄養にしているため、たんぱく質を摂りすぎると悪玉菌が増えやすくなってしまいます。 また、ストレス状態にあるときも悪玉菌が増えやすくなる傾向にあります。 お腹に溜まったガスを解消する4つの方法 お腹に溜まったガスを解消するためには腸やそのまわりの筋肉に刺激を与えて、ぜん動運動を促進させ、ガスの排出を促すことが重要です。 以下に「ガスが溜まってお腹がパンパンになっている」というときにおすすめの解消法を4つ列挙しました。 マッサージ、ツボ押し、ストレッチ、ヨガの4種類を紹介しますので、好みのものを選んで実践してみましょう。 「のの字」マッサージ|会社のトイレでも簡単にできる 最初に紹介するのは「のの字」マッサージです。 トイレに入ったときに簡単にできるので覚えておくと便利です。 筋トレのポイント• 継続すること• 正しいフォームでおこなうこと 1つ目は「継続すること」です。 筋トレを1日2日で効果が出る訳ではないので習慣化することが大切です。 2つ目は「正しいフォームでおこなうこと」。 筋トレをするときは回数よりも正しいフォームを維持できたかどうかを重要視してください。 誤ったフォームでやみくもに回数を重ねても、期待する効果は得られない可能性が高いでしょう。 また、 フォームを確認できるように鏡の前で筋トレするのもおすすめです。 具体的な腹筋運動については「」にて詳しく解説をしておりますのでポイントを踏まえながら挑戦してみましょう。 予防法2. 植物性 乳酸菌を摂取する 腸内で悪玉菌が増えることを防ぐためには、善玉菌の数を優勢に保つ必要があります。 そこで助けになるのが乳酸菌です。 乳酸菌には善玉菌の数を優勢にして、腸内環境を整えるはたらきがあります。 乳酸菌が多く含まれる食品といえば、ヨーグルトやチーズなどの乳製品を思い浮かべる方も多いのはないでしょうか?しかし、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌は胃液によってほとんど死滅してしまいます。 一方で、 生きて腸まで届くのは納豆や味噌、醤油、ぬか漬けなど発酵食品に多く含まれる植物性乳酸菌です。 味噌汁と納豆の組み合わせは、日本の朝の定番食ともいえる存在ですが、腸内環境を整えるためには有効なメニューです。 予防法3. 栄養バランスの整った食事を摂る 上でも説明しましたが、 悪玉菌が増えてしまう原因の1つとして「肉類などたんぱく質を多く含む食品を摂りすぎていること」が挙げられます。 加えて、 悪玉菌がガスを発生させるのは、食物繊維や高たんぱく・高脂肪食品を分解するとき です。 「食物繊維は便秘の解消によい」というイメージから、ガスに悩まされたときも食物繊維を摂ろうと考える方は多いかもしれませんが、ガスが溜まっているときは食物繊維の摂りすぎには注意しましょう。 食物繊維はもちろん、たんぱく質も脂質も人間にとっては必要な栄養素です。 しかし、あくまでも「適度な量」を守ることが大切です。 悪玉菌の数やガスの発生量が過剰に増えることを防ぐためにも、食事の栄養バランスが偏らないように注意してください。 栄養バランスの整った食事の摂り方については、「」をご覧ください。 厚労省と農水省が共同で策定した「食事バランスガイド」を参考に、1日の食事で「何を」「どれだけ」食べればよいのかイラストつきでわかりやすく解説しています。 ガス溜まりの解消と予防には運動と食事の見直しが大切 ここまで紹介してきたように、 お腹に溜まったガスを解消したり、溜まらないように予防したりするためには、「運動をしてお腹の筋肉を動かすこと」と「食事を見直して腸内環境を整えること」が大切です。 三浦於菟『気・血・水」の流れが健康をつくる: 「漢方の原則」で病気知らずに! 』• 瓜田純久『10分のゴロ寝で10年長生きできる! 』• 坂井正宙『図解入門よくわかる便秘と腸の基本としくみ 』• 大竹真一郎『腸内環境を整えるいきいき食事法 著者』 お住まいの地域にあるパーソナルトレーニングジムを探す 「 ブヨブヨのお腹周りをどうにかしたい……」「 毎日のデスクワークが原因の運動不足を解消したい」「 肩こりや腰痛を解消してラクになりたい」などカラダの悩みを抱えているあなたにおすすめしたいのが、トレーナーと1対1でトレーニングを行う「パーソナルトレーニング」です。 パーソナルトレーニングの魅力は• カラダの専門家であるトレーナーから、あなたの悩みや目的、カラダの状態に合ったオーダーメイドのプログラムを提案してもらえる• 1対1で丁寧に指導してもらえる• 食事と運動の両面からサポートしてもらえる など、自己流でのダイエットや筋トレでは得られないものばかり。 とはいえ、すぐに入会を決めなくても大丈夫です。 まずは、 トレーニングの体験や無料カウンセリングに足を運び、「このジム(トレーナー)であれば、ダイエットやカラダ作りを成功させられそう」というジムを探しましょう。 TOREMOでは、 全国のパーソナルトレーニングジムを紹介しています。 下記のリンクより、お住まいの地域を選択してください。

次の