コロナ アメリカ 死者。 アメリカの死者、10万人を超す 新型コロナウイルス

アメリカの新型コロナ死者数 現在の3倍になると予測

コロナ アメリカ 死者

(写真は資料写真) 専門家らはその理由について、貧困に関連した基礎疾患からくる過度な影響、医療における差別、さらに黒人の多くが自宅以外で仕事をせざるを得ない点を指摘している。 ジェローム・アダムス米公衆衛生局長官は7日、CBSニュースに出演し、「黒人の方が糖尿病、心臓疾患、肺疾患にかかりやすいことはみんな知っている」と語った。 これら慢性疾患は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を引き起こしやすい。 アダムス氏自身も黒人で、さらに高血圧やぜんそくがあり、「米国で貧しく育った黒人が引き継ぐものを私自身が表している」「そして、私やほかの多くの黒人は、COVID-19のリスクが高い」と語った。 シカゴではアフリカ系米国人の全市民に対する割合はわずか3割ほどだが、新型コロナウイルスによる死者の68%はアフリカ系米国人が占めている。 この傾向はノースカロライナ、ルイジアナ、ミシガン、ウィスコンシン州のほか、首都ワシントンでも同様だ。 米公衆衛生協会の理事を務めるジョージス・ベンジャミン医師はAFPの取材に応じ、この問題が社会的な階級とも関連しており、また黒人の多くが感染の可能性が高い環境に身をさらさねばならない仕事に就いていると指摘した。 ベンジャミン氏は黒人に「バス運転手や通勤に公共交通機関を利用する人、また老人ホームで働く人や食料品店で働く人が多い」と述べ、黒人の方が他人と接する機会が多いとの見解を示した。 アフリカ系米国人向けの大学として有名なテネシー州ナッシュビルのメハリー医科大学の総長、ジェームズ・ヒルドレス医師は「住んでいるコミュニティーはどこか、そして保険に入っているかどうかで、診察を受ける機会がずっと少なくなってしまう」と指摘する。 また、バージニア大学医療センターの麻酔専門医であるエボニー・ヒルトン氏によると、黒人が治療を求めても症状を信じてもらえなかったり、適切な治療を受けさせてもらえなかったりすることが多いのは、論文などでも裏付けられているという。 人権団体「法の下の公民権を求める弁護士委員会」は今週、アレックス・アザー厚生長官に書簡を送り、「新型コロナウイルス感染症の検査や疾病負担、治療の結果に関する人種・民族の人口統計学的データを毎日発表する」よう求めた。 同委員会は、米疾病対策センター(CDC)はすでにデータを収集しているが、意図的に公表を控えていると主張している。 一方、罹患(りかん)率の高い心臓疾患やがんとは違い、新型コロナウイルスのアフリカ系やヒスパニック系への感染拡大は最終的にすべての人に影響を及ぼすことを理由に、先のヒルトン氏は、この問題に取り組むことはすべての米国人に利益になると指摘している。 「社会的・経済的地位の低い人々が医療システムからはみ出すと、彼らは検査を受けられず、家に帰されコミュニティーに感染を広める」「感染した人々が食料品店で働くと、食料を求めに来たより高い階層の人々にも感染が広まるだろう」【翻訳編集AFPBBNews】 〔AFP=時事〕.

次の

アメリカの死者、10万人を超す 新型コロナウイルス

コロナ アメリカ 死者

アメリカでは、日本時間の26日午前7時の時点で、新型コロナウイルスの感染で亡くなった人が10万人を超えました。 世界全体の死者数のおよそ3割がアメリカに集中しています。 一時は2000人前後だった1日当たりの死者数は、ここ数日は500人前後に減っていますが、ジョンズ・ホプキンス・メディカル・センターのパナギス・ガリアツァトス医師は、NHKの取材に対し「感染は今も収まっていない。 再び増加しても不思議ではない」と述べ、マスクをするなど予防対策をとり続けなければ、死者の増加ペースが再び上昇するおそれがあると指摘しました。 また、アメリカの民間の調査団体によりますと、今月26日の時点で、全米の40州と首都ワシントンの人口10万人当たりの死者数は、白人が22人、アジア系が24人、ヒスパニック系が24人であるのに対し、黒人が54人と、ほかの人種と比べて黒人の死亡率が2倍以上になっています。 この原因についてガリアツァトス医師は、在宅勤務ができない人が多く、感染するリスクが高い人が多いためだとしたうえで「黒人は高血圧や糖尿病などの病気の人も多く、感染した場合に重症化しやすい」と分析しました。 アメリカでは長年、人種の違いによる格差が大きな課題となってきましたが、新型コロナウイルスへの感染をめぐって、改めて人種間の格差が浮き彫りになっています。 アメリカで新型コロナウイルスに感染して死亡した人の内訳を見ますと、黒人の割合が際立って高く、人種間の格差が浮き彫りになっています。 アメリカの民間の調査団体によりますと、今月26日の時点で、全米の40州と首都ワシントンでは、人口10万人当たりの死者は、白人が22人、アジア系が24人、ヒスパニック系が24人であるのに対し、黒人が54人と、ほかの人種と比べて黒人の死亡率が2倍以上になっています。 また、感染がもっとも深刻なニューヨーク市が発表した調査によりますと、人口10万人当たりの死者数は、アジア系が100人、白人が106人なのに対し、黒人は214人、ヒスパニック系は225人と黒人やヒスパニック系の死亡率が白人の2倍に上っています。 また、医療保険に加入していない人の割合も高いと言われ、治療を受けづらいことや、糖尿病や心疾患などの病気の人も比較的多く、重症化しやすいという指摘もあります。 さらに、白人と比べて平均所得が低いことも関係しているとみられています。 黒人のあいだでは、すでに感染した人の割合が高いこともわかりつつあります。 ニューヨーク市で新型コロナウイルスの抗体検査を行ったところ、抗体が検出されたのは、市全体では19. 9%だったのに対し、平均所得の低い人が多く住む地域では27%にのぼりました。 とりわけ住民の9割以上が黒人とヒスパニック系である市北部、ブロンクスのモリサニアでは、43%の人から、市の南部、ブルックリンのブラウンズビルでは41%の人から抗体が検出され、過去に感染していたことがわかったということです。 検査の結果について、ニューヨーク州のクオモ知事は、今月20日の記者会見で「低所得者向けの公営住宅に住む人は、人との距離を取るのが難しい」と述べ、人との距離がとれない狭い場所で生活していることが、感染が広がっている原因だという見方を示しました。 人種の違いによる格差は、アメリカ社会で長年、大きな課題となってきましたが、新型コロナウイルスへの感染をめぐって、人種間の格差が改めて浮き彫りになっています。 人口10万人当たりの死者数では、アメリカは世界で9番目に多く、最も多いのはベルギーとなっています。 ジョンズ・ホプキンス大学によりますと、26日時点の人口10万人当たりのアメリカの死者数は30. 23人で、世界で9番目に多くなっています。 51人などとなっています。 また、日本の10万人当たりの死者数は、アメリカの45分の1にあたる0. 67人、中国の死者数は0. 33人です。 アメリカでここまで死者が増えた要因については、さまざまな指摘がありますが、感染症の専門家は初期の段階で、検査キットに問題が生じるなどして感染の広がりが十分に把握されず、隔離措置などの対策が徹底されなかったことも影響していると分析しています。 さらにアメリカ国内では、トランプ大統領が感染拡大を過小評価してきたことが、感染拡大を招く要因となったという批判も出ています。 ニューヨーク・タイムズなどは、コロンビア大学の公衆衛生の研究者チームによる初期段階の分析結果として、3月中旬に各地で始まった外出などの制限が、もし1週間早く始まっていれば、およそ3万6000人の死亡が防げた可能性があると伝えています。

次の

米の新型コロナ死者、なぜ黒人が多いのか:時事ドットコム

コロナ アメリカ 死者

ジョンズ・ホプキンス大学によると、新型コロナウイルスによる死者は全米で11万3700人を超えている。 ホワイトハウスも言及している有力機関の予測によれば、全米の死者の数は10月1日までに16万9890人に達する可能性がある。 予想される死者の範囲は13万3000人〜29万人と推測している。 1日当たりの死者は6月〜7月にかけて減少し、8月は比較的安定した状態が続くものの、9月には急増に転じると予想している。 ワシントン大学医学校・保健指標評価研究所(IHME)のクリストファー・マレー所長は11日、「もし9月の増加をチェックできなければ、今回のパンデミックが我々の予想通りに肺炎の季節性に従った場合、10月から11月、その後の数カ月にかけて状況が悪化する可能性がある」と述べ、「季節性は、第2波を引き起こす極めて大きな要因になる」と指摘した。 11日のニューヨーク株式市場は新型コロナウイルスの第2波に対する警戒が強まり、3月16日以来の水準に落ち込んだ。 しかしムニューシン米財務長官は11日、CNBCの取材に対し、「経済を再び閉鎖するわけにはいかない」と強調。 「もしも経済を閉鎖すれば、単なる経済的ダメージにとどまらないダメージを引き起こすという教訓を我々は学んだ」と語った。 IHMEのマレー所長は、この秋にかけて予想される第2の閉鎖について、各州が最大かつ困難な判断を迫られると予想している。 外部サイト.

次の