ユニゾン デレステ 編成。 【デレステ】レゾナンスの評価と考察

デレステのスコアタ勢の方に質問です、いくつか編成の仕方を教えて欲し...

ユニゾン デレステ 編成

私は偶然引けました! ゲットした経緯なんですが、無料ガチャチケットが6枚あり、 気まぐれでガチャを引いたら三回目で引く事ができました! ユニゾンの効果 効果は以下になります。 という認識で問題ないでしょうね。 その場合であれば、 現段階で属性編成でセンターに配置するのに一番いいセンター効果だと言えます。 続いて、新特技「アンサンブル」について 考察をしていきたいと思います。 キュートアンサンブルの効果 効果は以下になります。 こちらもキュート属性の例です。 どの部分が懐かしい気分になるかと言うと「 特大アップ」の部分です。 2012年ぐらいのソシャゲーでよく見た単語ですよね? ……分かる人だけ分かればいいです。 さて、効果について考察をしてみると、 単純に2つの効果があるという認識で問題ないでしょう。 一つ目が「 他のキュートアイドルのスコアアップ」という部分。 これはフェス限でよくある「 スキルブースト」と同じ効果になります。 更に上昇値はスキルブーストより多い事が分かっています。 ここは何故数字ではなく特大アップという抽象的な文字にしてきたんでしょうか。 検証班が張り切ってしまうじゃないですか。 早速探してきました。 前川みくさんのスキルブーストより弱いです! ……たとえ、スキルブーストよりアンサンブルのほうが強くでも 私は前川みくさんのスキブは外しません! 結論:センター効果は最強効果、特技も最強効果 はい、見出しに書いていますが、 センター効果は属性別の楽曲をプレイするなら 現段階で最強のセンター効果になります。 特技に関しては、 スキブの効果(上昇値もスキブ以上)とコンボボーナス効果上昇(%が未定なので?にしてます) という結構いい効果が2つ合体している特技なので、現段階では最強と言わざる終えないでしょう。 ただ、全タイプ曲などには相性が悪いので、気を付けて編成するようにしましょうね。 推しアイドルの前川みくさんの魅力を調査してみた 年末年始にユニゾンで実装された限定SSRが前川みくさんの4週目のSSRになります。 当然、私は全てGETしている訳ですが、 私の担当アイドルである前川みくさんの魅力について書いていきたいと思います。 実は、私がアイドルマスターシンデレラガールズを知ったのはアニメからなんですね。 そして、2015年に放送されたアニメを見ていた時に 前川みくさんというキャラクターを知った訳です。 根が真面目でアイドルに一生懸命の前川みくさん アニメでは、 ニュージェネレーションズの3人に絡んできたりする、 ライバルキャラ的な存在だった前川みくさん。 初代ユニゾンの乙倉悠貴さんの魅力を調査してみた さて、続いてユニゾンの初アイドルに選ばれた乙倉さんですが、 なんと今回がSSRの4週目になります。 私はなぜか恒常SSR以外の 限定SSRの3枚を持っている という 良く分からない運の持ち主なんですが、 そんな乙倉さんの魅力について書いていきたいと思います。 なんと、中学一年生です 乙倉さんは13歳(中一)にして身長が163cmもある方なんです。 驚きですよね。 その事もあり、 親の薦めでジュニアモデルを務めた経験があり、 大人っぽくしっかりしているというイメージで見られがちですが、 本人はむしろ子供っぽくないかと気にしており、 女の子らしく輝きたくてアイドルを志望するようになったようです。 見た目からして伝わってきますが、 とても活発的な子で話し方も• 「ですねっ」• 「どうぞっ」• 「したいなっ」 とほとんどの語尾が跳ねています。 朝の日課がランニングだそうで、 私もランニングをしていた時期があったので一緒にランニングできたら楽しいでしょうね。 完全に 諸星きらりちゃんですね。 引用: もともと高身長であることにコンプレックスを抱えていたので、 自分は可愛くなれないと思い込んでいた乙倉さん。 しかし、諸星きらりさんのような 身長が高い人も輝けるんだと証明した人を目の当たりにして、 諸星きらりさんのように変わりたいという真っ直ぐな想いが 乙倉さん自身の行動を起こすキッカケとなり、アイドルへの道を踏みだせたんですね。 運動神経抜群だけど…野菜が苦手! 乙倉さんは、バリバリの中学生で部活は陸上部に所属しています。 しかし筋肉も脂肪も身長に追いついていないようで、 体脂肪がほぼ無い状態で痩せすぎな彼女。 趣味はミックスジュース作りで、 生野菜が苦手でそれを補うためか 野菜ジュースを飲んでいることが台詞から分かります。 野菜が苦手と感じてしまうのも、 まだ乙倉さんが幼い中学一年生である証拠なんですね。 その苦手な野菜をジュースにして飲む習慣がいつのまにか 「ミックスジュース作り」という趣味になってしまったようです。 また、プロフィールには載っていませんが、 キーホルダーやフィギュアなど可愛いものを集めるのが 好きだという点も幼さがにじみ出ていますよね。 乙倉悠貴さんのソロ楽曲「追い風Running」 これは私も大好きな曲ですね。 乙倉さんの活発でストレートな可愛らしさがこれでもか! というほど詰め込まれた楽曲になっており、 まさに乙倉さんらしい爽やかな曲と言えまね。

次の

【デレステ】トリコロール・シンフォニーの放置編成

ユニゾン デレステ 編成

2020年の目玉スキル トリコロール・シンフォニー スキルからしてスコアの 伸びも気になりますが、 放置編成は? って人多いかなと思います。 やってみましたができました。 検証動画です。 素人なので、 動画の質については勘弁してください。 最後に各メンバーのポテンシャルも載せています。 終了時のライフの残量を見ても、 7秒スキブより使い勝手がいいかもです。 個人的にこの結果は意外でした。 というのも7秒スキブで、 放置編成が難しくなったことから、 今後は放置編成が容易な 秒数はこないと算段していたので。 スキブですが、 単色ではユニゾン トリコではシンフォとでてきましたが、 センター効果が 特技発動率50%上昇もあり、 オワコンにはならないかと。 というのも放置編成で概ねの ライブクリアするときって、 スキブのサポメンとセンター効果が 必須なんですよね。 もちろんサポメンが スキブでなくてもできますが、 特技発動率の関係上 失敗する場合があるので、 確実に成功させたい場合は要注意です。 後、スキブは単色編成でも 放置編成が可能なので。 というか、 希少価値の高いフェス限でしか 登場していないので、 スキブはまだまだ重宝するかと。 ちなみに、9秒のトリコ・シンフォには、 9秒の判定強化を入れておいた方が良いです。 12、15秒では、スコアが下がります。 曲によっては9秒の判定強化のみでも、 クリアとSランク取れそうです。 コンセでも可能でした。 gannzu.

次の

【デレステ】ユニゾンデビュー(ようやく)

ユニゾン デレステ 編成

0 はじめに 今回はアイドルマスター・シンデレラガールズ・スターライトステージ(デレステ)のお話。 苦手な方は回れ右を。 また、今回の話は オルタネイトを特技に持つアイドルを使ってみました。 そうしたら、特技強化系の特技(スキルブースト・アンサンブル)を使わない場合に比べてこれだけスコアが増えました。 というお話である。 「こうすれば、ベストスコアが取れます」という話ではない。 そもそも、私は微課金勢であり、SSRアイドルをたくさん持っているわけではない。 その点も注意を。 1 オルタネイトを特技に持つアイドルをゲット 昨日、デレステのガチャを引いたところ、 SSRの川島瑞樹を引いた。 このアイドル、 センター効果はクール・プリンセスであるが、特技がオルタネイトというものらしい。 オルタネイト? それはなんだ。 説明によると、「コンボボーナスを20%ダウン」+「スコアアップ効果を特大アップして適用」とある。 とすれば、 コンボボーナスを失う代償に、スコアボーナスの効果を特大アップさせると考えるのが無理のない考え方のようだ。 コンセントレーション(PERFECTの範囲が狭まる代償に大きいスコアボーナスが得られる)とか オーバーロード(ライフを失う代償にコンボ継続とスコアボーナスが得られる)のような代償型のスキルらしい。 最初、これを見たとき、 私は「このスキル、使えるの?」と思った。 そこで、情報収集を行う。 できれば、具体的な数値が掲載されている方がよい。 そこで、見つけたサイトが次のサイトである。 特技の説明、検証結果は上のサイトを見てほしい。 ただ、 私はこのサイトを見て「使ってみようかな」と思った。 特に、私は クール属性については、スキルブーストやアンサンブルなどアイドルを持っていない。 つまり、 特技強化型の特技能力を持つアイドルを持っていない。 よって、これをうまく組み込めれば、スコアアップが見込める。 というわけで、 親愛度を200まで上げて特訓する。 さらに、 特技レベルを10まで上げた (ポテンシャルはダメージガードの瑞樹を利用していたため、結構高い)。 これで、検証の準備が整う。 2 オルタネイトの検証 そこで、従前の編成とオルタネイトを入れた編成のスコアを比較した。 テストに使った曲は19年11月のアタポンイベントのイベント曲 「SECRET DAYBREAK」である。 まず、従前の私の編成のスコアをリハーサル・デモプレイで試す。 具体的な編成とデモプレイの結果はこちら。 私の従前の編成は次の通りである (センター)塩見周子 ・センター効果はプリンセス、特技は7高フォーカス (2番目)新田美波 ・特技は9中オーバーロード (3番目)北条加蓮 ・特技は13高ライフスパークル (4番目)渋谷凛 ・特技は12高パーフェクトサポート (5番目)橘ありす ・特技は11高ライフ回復 この点、4番目にパーフェクトサポート(渋谷凛)を入れるくらいならスコアボーナス・コンボボーナスを入れた方がいいかもしれない。 しかし、「スコアボーナスのためにフォーカスとオーバーロードが、コンボボーナスのためにフォーカスとライフスパークル+ライフ回復がいる以上、判定強化にした方がフルコンボしやすいだろう」ということでパーフェクトサポートを投入していた。 ちなみに、渋谷凛のところを鷹富士茄子(9高コーディネート)にしたところのスコアは従前よりもちょっと増えるに過ぎない(次の画像参照)。 さて、これが従前のスコアである。 やはり、 スキルブースト・アンサンブルがないのでスコアも冴えない。 では、ここに 瑞樹(6中オルタネイト)をユニットに加える。 入れ替えるのは判定強化の渋谷凛のところである。 それで再びシークレットデイブレイクのデモプレイを行ってみた。 結果は次の通りである。 スコアが126万(従前)から132万(今回)まで上昇した。 結構いい感じである。 少なくても、私の中では「使えそう」という手ごたえを感じた。 3 アンサンブルとオルタネイトの比較 ちなみに、 132万というスコア、私が持っているユニゾン・アンサンブルを用いたパッション編成のベストスコアよりは低い。 例えば、マスターレベル26のパッション曲「お散歩カメラ」において私の持っているパッション編成でデモプレイを行ったところ次のようになった。 私の持つパッション編成は次の通りである。 (センター)佐藤心 ・センター効果はユニゾン、特技は11高アンサンブル (2番目)高森藍子 ・特技は11高フォーカス (3番目)日野茜 ・特技は13高ライフ回復 (4番目)赤城みりあ ・特技は4高スコアボーナス (5番目)喜多見柚 ・特技は9高ライフスパークル この点、 このパッション編成にはユニゾン・アンサンブルが入っているがオーバーロードは入っていない。 にもかかわらず、スコアは137万をマークした。 オーバーロードを投入すればもっと高いスコアになるだろう。 この結果を考慮すると、 アンサンブルが使えるならそっちを使った方がいいのではないかと推測できる。 ただ、 アンサンブルがいないならオルタネイトを使うのも全然ありそうだとの感触を得た。 4 スキルブーストとオルタネイトの比較 では、 スキルブーストを用いた場合と比較したらどうなるだろうか? パッション編成でユニゾン・アンサンブル(佐藤心)を除き、8高スキルブースト(愛梨)を入れ、センターを高森藍子(センター特技・プリンセス)を入れた編成を組んで、「お散歩カメラ」で試してみた。 編成と結果は次の通り。 この場合のスコアは132万。 オルタネイトを使った場合と同程度である。 そう考えると、 オルタネイトはスキルブーストと同程度には使えると言ってもいいのではないかと思う。 ・クール・オルタネイト編成(センター周子・美波・加蓮・ありす・瑞樹) スコア132万 ・パッション・スキルブースト編成 (センター藍子・愛梨・みりあ・柚・茜) スコア132万 ・パッション・アンサンブル編成 (センター藍子・心・みりあ・柚・茜) スコア139万 こう見ると、 「オルタネイトよりもアンサンブルは強い」とはいえる。 しかし、 「アンサンブルがなければオルタネイト」というのはそこそこ的を得ていると考えられる。 特に、 「オルタネイトはスキルブーストには負けてない」とも。 6 オルタネイトのフォローについて なお、 オルタネイトのコンボダウンの効果は他のコンボボーナスの特技が発動されていれば打ち消されるらしい。 つまり、6秒のコンボボーナスのアイドルを投入すれば、オルタネイトのコンボボーナス減の効果は完全に沈黙させることができる。 しかし、 私はユニットの編成にあたりその辺は考慮しなかった。 それは、SSRのアイドルで6秒のコンボボーナスのアイドルはいなかったこと、SRアイドルを投入するとスコアが下がりそうだったからである。 また、 それでもそこそこのスコアアップが可能になったというのもその理由である。 そう考えると、その辺はあまりシビアに考える必要はないのかもしれない(要検証)。 7 まとめ 以上をまとめる。 ・オルタネイトのアイドル(川島瑞樹)をゲットした ・特技強化型の特技(スキルブースト・アンサンブル)がない場合に比較し、オルタネイトを投入することでスコアは増える ・アンサンブルと比較するとオルタネイトは弱い ・スキルブーストと比較するとオルタネイトは負けない 以上、オルタネイトについて色々と試してみた。 何かの参考にしていただければ幸いである。 では、今回はこの辺で。

次の