充電の減りが早い。 iPhoneのバッテリーの減りが早い?改善のための6つの方法

iPhone 8の充電の減りが早い!?バッテリーを長持ちさせる方法

充電の減りが早い

バッテリーに異常がある• アプリのバックグラウンド処理が大きい• プッシュ通知を設定している• 位置情報サービスを利用している• インターネット接続を頻繁にしている• Bluetooth機器に接続している• 動画や音楽を再生する 以上のiPhoneの充電の減りが異常に早い原因のうち、2. は通信を行うため、これらの頻度が高いとバッテリーが劣化してしまう恐れがあるのです。 iPhoneの減りが早い時にチェックすべきポイント バッテリー消耗の大きいアプリを使用している iPhoneではさまざまなアプリを利用できますが、バッテリーの消耗が大きいアプリはiPhoneの充電の減りを早めてしまう原因になってしまいます。 バッテリー使用状況の大きいアプリを確認してみてください。 バッテリーの消耗が大きいアプリで不要なものがあれば、アンインストールしましょう。 「バッテリーの状態が悪くなっている」とは、たとえば 「バッテリーの状態が80%」である場合、フル充電をしても「新品のiPhoneの80%程度しか充電ができない状態」になっているということです。 充電の減りが早いと感じたら、一度バッテリーの状態を確認してみましょう。 電池の消耗が大きいiOSバージョンになっている iPhoneのソフトウェアであるiOSの中には、電池消耗の大きいバージョンがあります。 iPhoneの充電の減りが早いと感じたら、現在のiOSバージョンを確認し、電池消耗の大きいバージョンかどうかを確認してみてください。 アプリのバージョンが古い iPhoneにインストールされているアプリのバージョンが古いと、 充電の消耗が早くなってしまう確率が高くなります。 App Storeのアップデート情報を確認し、アプリのアップデートをこまめにするようにしましょう。 対処方法 iPhoneの調子が悪いと感じた場合、まずは自分で行える次のような対処法を試してみてください。 低電力モードにしている間はメール受信やダウンロードなどの機能が制限されるため、注意してください。 使用時以外は電源をオフにする iPhoneを使用する時以外は電源をオフにしておくことで、充電を長持ちさせられます。 外出先などで充電ができない場合、この方法は非常に有力な方法です。 iPhoneをはじめとする 精密機器は、著しく暑すぎる場所や、寒すぎる場所での使用は好ましくありません。 また、暑い場所から寒い場所へ、寒い場所から暑い場所への急な移動も避けてください。 急激な温度変化は故障の原因にもなります。 まとめ 今回は、iPhoneの充電の減りが早い原因と対処法について解説しました。 iPhoneは高性能で便利ですが、消耗品であるため、毎日長時間繰り返し使うことによるバッテリーの劣化は避けることができません。 できるだけバッテリーを長持ちさせて快適にiPhoneを利用できるように、日々工夫してみてくださいね。

次の

スマホの充電の減りが早いと感じた時に確認すべき原因と対策

充電の減りが早い

朝にフル充電したのに、午後にはバッテリーがなくなってしまったという経験のある人が少なくないはずです。 そこで本記事では、バッテリーの減りが早いiPhoneの電池消耗を節約するための設定を紹介します。 そして、ここでのバッテリー節約術として取り上げられる設定は利便性を損なったり効果が乏しい方法もあるため、この点はご理解ください。 でも、少し使い方を工夫するだけで、バッテリーが今よりずっと長持ちするはずです。 iPhone・iPadのバッテリーの消耗・減りが早い場合の対策まとめ 8. Wi-Fiを優先する 基本的に、携帯電話のデータ通信より、Wi-Fi接続は消費電力が低いです。 そのため、自宅など安定したWi-Fiが使えるところではWi-Fiを優先して利用してください。 でも、外出時Wi-Fiをオフにすることを忘れないでください。 そうしないと、逆にバッテリーを無駄に消耗します。 Bluetoothをオフにする Bluetoothをオンにした状態だと、iPhoneは必死にペアできるデバイスを探していて、デバイスのメモリを使ってしまって、電池がかなり消耗しています。 なので、その場合には、Bluetoothをオフにしてください。 設定 > Bluetooth > Bluetoothをオフにしてください。 iPhoneバッテリーの消耗が早い時、電池の節約方法 10. AirDropをオフにする 「AirDrop」機能はUSBケーブル、ネットワークはなくても、iPhone同士で連絡先を交換したり、写真やファイルの送受信もできるです。 非常に便利な機能ですが、よくオンにしたら、バッテリーはすごく消費しています。 なので、もし減りが早い電池を節約したい場合、この機能をオフにしてください。 電波の弱い場所では機内モードを活用する iPhone・iPad・iPodは電波の弱い場所においたら、デバイスは電波をみつけるには頑張っていますから、もちろんバッテリーの減りが早くなります。 なので、もしデバイスを地下鉄、地下駐車場などのところに置いたら、バッテリーを長持ちさせるには、機内モードを利用してください。 SiriやSpotlight検索をオフにする Spotlight検索機能は、検索窓に検索したいワードを入力するだけで電話番号やメールアドレス、写真などあらゆるデータを一発でiPhone内から検索することができますが、バックグラウンドなどで処理をおこなっているためバッテリーを消耗します。 なので、もし普段から利用していなければ、設定をオフすることで節約できます。 iPhone・iPadのバッテリーを長持ちさせる 16. バッテリー節約アプリを利用する バッテリーの駆動時間を延ばすには、バッテリー接続アプリを利用してもよいです。 例えば:「バッテリーセーバー」というアプリです。 もちろん、その他のアプリにもあります。 具体的には、App Storeで探してダウンロードしてください。 低電力モードを有効にする iOS 9から、バッテリーを節約できる「低電力モード」機能gは搭載しました。 この機能を有効にすると、iPhoneのパフォーマンスは落ちますが、通話やメール、メッセージ、インターネットアクセスなどの主要機能を最低限維持したまま、バッテリーを長持ちさせます。 設定 > バッテリーと進んで、低電力モードをオンにして、iPhone・iPad・iPodのバッテリー駆動時間を節約してみます。 iPhone・iPadのバッテリーを節約する方法 低電力モードを有効にすると、ディスプレイの明るさを減らし、デバイスのパフォーマンスを最適化するほか、システムのアニメーションを最小限に抑えます。 そして、アプリのバックグラウンド更新を停止し、AirDrop、iCloudの同期などの機能も無効になります。 フェイスダウン検知機能を活用する iPhone 5s以降のiPhoneでは、「フェイスダウン検知(Facedown detection)」機能が搭載され、デバイスが机などに置く際に画面を下向きにしておくだけで、センサーが感知して、通知が来ても画面をオンにしないです。 それで、バッテリーの消耗を抑えています。 なので、バッテリーを長持ちさせるため、この機能を活用してください。 インターネット共有 テザリング をオフにする iPhoneには、iPhoneをモバイルルーター代わりに利用できる「テザリング」機能が搭載されています。 これを利用すると、データ通信量でも、バッテリーでもすごく消費して、減りは早い問題がよく発生しています。 設定 > インターネット共有と進み、インターネット共有をオフにしてください。 iPhone・iPadのバッテリーの消耗・減りが早い場合の対策まとめ 23. 位置情報関連のシステムサービスをオフにする 位置情報サービスを利用したさまざまなシステムサービスも、バッテリーの消耗のひとつの原因になります。 なので、バッテリーを長持ちさせるため、この関連システムサービスをオフにしてください。 ホーム画面から「設定」を起動 > 「プライバシー」をタップ > 「位置情報サービス」をタップ > 項目の一番下の「システムサービス」をタップして、不要なものをオフにしてください。 それで、その分の電池も消費されます。 バッテリー駆動時間を節約するには、これを設定し直したらよいです。 イコライザをオフにする イコライザは音楽を好きな音質に変えて再生できる機能で、数タップしてだけて、高音質の音楽が楽しめますが、オンにするとその分の電池を使います。 なので、iPhone・iPad・iPodのバッテリー駆動時間を節約するため、使用時にのみオンにすると良いと思います。 バックグラウンドの更新をオフにする バックグラウンド更新はアプリを閉じても、そのアプリは起動して、通信もしています。 そして、その際、アプリも最新のコンテンツに更新しようと頑張っていますから、電池とメモリの両方を消費していて、iPhoneの動作が重く 遅く)になっています。 従って、iOS 12にアップデートしてから、iPhoneを解放するため、バックグラウンドの更新をオフにしてください。 Step 1:設定 > 一般 > Appのバックグラウンド更新の順番でタップします。 Step 2:Appのバックグラウンド更新をオフにします。 各アプリもオフにします。 手動でiPhoneをロックする ディスプレイの明るさが一番バッテリーを消耗しますので、自動ロックをオンにすると、利用しない状態でもiPhoneのロックを解除して、バッテリーを無駄に消耗しています。 なので、iPhoneを使わないときにこまめに手動でスリープボタンを押してロック状態にして、電池を長持ちさせてください。 こまめに充電しない iPhoneの電池はリチウムベースの電池のため、つぎたし充電は可能ですが、電池の持ちが悪くなるとされています。 まとめ 以上はiPhone・iPadのバッテリーの消耗・減りが早い場合の29個の対策です。 いかがでしたか?もしバージョンアップしてから、iPhone・iPadのバッテリーの消耗・減りが早くなったら、この記事を参考にしてください。 そして、もしiOS 12にアップデートしてから、様々な不具合があったら、を参考にしてください。 もし新たなバージョンを使い慣れないなら、してください。

次の

iPhone11なのにバッテリーの減りが早い?そんな時は設定が原因かも!

充電の減りが早い

[スポンサーリンク] Xperia X Performanceから導入された「2年使っても劣化しにくいバッテリー」。 Xperia X Performance以降の端末で、バッテリーの長寿命化は実現されたのかもしれませんが、そもそものバッテリーの消費電力はこれとは別物。 デフォルトのままではあらゆる機能が動作しているため、その消費スピードは超速です。 以下、Xperia XZ(Android8. 0)を例に、不要な消費電力を抑えるための設定についてまとめました。 細かい項目は異なりますが、Android端末全般についても当てはまる点が多々あります。 そのうえ、デフォルトでいろんなものが動作しているので、輪をかけて電池を食っていきます。 Xperiaのバッテリーの性能も上がってはいるものの、キャパは決まっているので、それならば出ていく消費電力を抑えるまで。 バッテリー消費を抑制する節電アプリなども存在しますが、効果の程度が不明瞭であり、そもそもそのアプリ自体が電池を消耗するので、個人的には推奨しません。 それよりも、面倒でも個々でマメに設定を切り替えるほうが得策だと考えます。 消費電力を抑える基本的な設定として、主には、明るさの調整、バックグラウンドでの各機能の停止、不要なアプリのアンインストールまたは無効化、アカウント同期の停止などがあります。 特に、アンインストールできない不要アプリの「アプリの無効化」、Googleアカウントの「同期項目の停止」は必須の設定です。 以下は、それぞれの電池消費節約方法です。 明るさや彩度を下げすぎると見づらくなりますが、ある程度落としたほうが良いでしょう。 0から搭載された「通知ドット」。 アプリから何らかの通知がある場合、アプリアイコンの右上にドット(点)が表示されるという機能です。 とくに必要としない場合、通知をオフにすることで、わずかでも消費電力を抑えられます。 これらのアプリは常に動作しているものもあるので、無駄な電池消費を抑えるためにもアプリを無効化し、動作を停止させたほうが良いでしょう。 「無効にする」のボタンをタップすると、「このアプリを無効にすると、関連性のある他のアプリが正常に動作しなくなったり、システムが不安定になる場合があります」というアラートが表示されますが、かまわず「アプリを無効にする」をタップします。 アラートが示すような症状はまず出ませんが、万が一そのような症状が出た場合は「有効にする」をタップすれば再び動作させることができます。 参考まで、auのWebサイトには以下の表記があります。 アンインストールできない一部のアプリやサービスを無効化することができます。 無効化したアプリはアプリ画面に表示されず、実行もされなくなりますが、アンインストールはされません。 アプリを無効化した場合、無効化されたアプリと連携している他のアプリが正しく動作しないことがあります。 再度有効化することで正しく動作します。 STAMINAモードをオンにすることで、(電池の消費を抑えるために)各機器の動作と一部の機能を制限することができます。 緊急時に有効な機能なので、STAMINAモードを有効に活用したほうが得策です。 STAMINAモード発動後、通常のパフォーマンスに戻すためには、設定した数値を上回るまで電池残量を回復させる必要があります。 「電池持ちを優先したい」に設定すると、STAMINAモード発動後は、描画速度が遅くなり、アニメーションや画面の明るさも制限され、明らかに電池の消耗を抑えたパフォーマンスとなります。 STAMINAモードは残量がきわめて少ない状態で発動される機能なので、「電池持ちを優先したい」に設定し、積極的に電池の消耗を抑えたほうが良いでしょう。 目先のバッテリーの減りを抑える機能ではありませんが、先々を見据えれば必須の設定であることは間違いありません。 Chromeを使用している場合など、デバイスを隔てても共用できるので便利な設定ですが、不要な同期はチェックを外しておいたほうが良いでしょう。 ふだん使わないのであればgmailのチェックも外してしまって、必要なときだけ手動で同期させるというのも一つの方法だと思います。 知らない間にバックグラウンドで勝手に動作しているアプリは、パケット使用と電池消耗の両面でマイナスです。 アプリ単位で設定しないといけないので少し面倒ですが、電池消耗を抑えるためには必須の設定なので、一度すべてのアプリを見直してみたほうが良いでしょう。 0以前にはなかった「バックグラウンド実行中」というアラート。 Android8. このアラートを非表示にするアプリもありますが、非表示にするだけでは、結局バックグラウンドで動作しているアプリは電池を消耗し続けます。 そのうえ、その非表示にするアプリ自体も電池を消耗するので、二重で電池を消耗していきます。 面倒でもアプリ単位でバックグラウンドアクティビティをオフにしたほうが良いでしょう。 設定メニューの全項目を一度はチェック 上記各項目の設定は必須ですが、これら以外にも一度「設定」の全項目をチェックしてみることをお勧めします。 written by.

次の