フレッツ光 工事費用。 光回線の工事って何をするの?よくあるトラブルと費用の見極め方

光回線の工事って何をするの?よくあるトラブルと費用の見極め方

フレッツ光 工事費用

* インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。 詳しくはお問い合わせください。 なお、「分割払い」を選択されており、工事費の支払いが残っている方について、お支払期間中に残額を一括でお支払いいただくことは可能です。 工事費加算額について• なお、「フレッツ 光クロス」は、夜間・深夜工事に対応しておりません。 3+1,100円• 詳しくは。 工事費に対して、下表のとおり加算した料金を適用します。 なお、時刻指定工事費は夜間・深夜・年末年始の割増工事費の適用対象外です。 なお、「フレッツ 光クロス」は、時刻指定工事に対応しておりません。 時刻帯 時刻指定工事費 昼間 9:00〜16:00 12,100円 夜間 17:00〜21:00 22,000円 深夜 22:00〜翌8:00 33,000円• なお、対象となる工事は新規申込、移転、品目変更の一部に関わる工事となります。 詳しくは。 オプション料金は下表を適用します。 時刻帯 配線ルート構築工事費 開通工事と同日に工事を実施する場合 15,400円 開通工事と別日に工事を実施する場合 29,700円•

次の

時代遅れ!光回線はフレッツ光を使ってはいけない全理由

フレッツ光 工事費用

フレッツ光からドコモ光へ「転用」する意味を理解しよう フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が「光回線」を利用して提供しているインターネット接続サービスです。 一方、ドコモ光もNTT docomoが「光回線」を利用して提供しているサービスです。 一見すると同じのように聞こえますが違いが結構あります。 そこでまずは、フレッツ光からドコモ光へ「転用する」という意味をインターネット初心者の人にも解りやすく解説してみます。 フレッツ光とドコモ光は同じ「光回線」 フレッツ光とドコモ光は 「光回線」を利用したインターネット接続サービスです。 まずは下記のイラストをご覧ください。 フレッツ光は自社の光回線を利用 NTT東日本・NTT西日本は「自社の光回線」を使ってフレッツ光を提供しています。 ドコモ光はNTT東西の光回線を借りて提供 一方、ドコモ光を提供する NTT docomoは自社で「光回線」を所有していません。 その為、NTT docomoは NTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を借りてドコモ光を提供しています。 転用とは フレッツ光とドコモ光で利用する「光回線」は同じものなので、フレッツ光を契約中ならドコモ光へ 「転用」という手続きをすれば、 フレッツ光で利用していた 「光回線」をドコモ光で再利用できるようになり 工事不要で 契約だけを乗り換える事ができる手続きです。 少し解りづらいので、以下のイラストを使って「転用」を説明します。 転用のイメージ図 フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本と契約しています。 フレッツ光からドコモ光へ「転用」手続きをすると、契約していたNTT東日本・NTT西日本からNTT docomoへ契約が変わります。 しかし、「転用」することでフレッツ光で利用していた光回線を再利用する事ができるので工事不要です。 ドコモ光へお得に転用する方法と転用承諾番号について 上記でご紹介したように、ドコモ光はNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光の「光回線」を利用して提供されています。 その為、フレッツ光を契約中なら「転用」という手続きでドコモ光へ契約だけを乗り換える事が可能です。 そこでここからは、ドコモ光へ転用する為に必要な転用承諾番号の取得方法、そしてお得にドコモ光へ転用する方法をご紹介します。 ドコモ光へ転用する場合に必要な「転用承諾番号」 契約中のフレッツ光からドコモ光へ「転用」で工事不要で契約だけを乗り換えるには、まずNTT東日本・NTT西日本から「転用承諾番号」という番号を発行してもらう必要があります。 光回線の再利用を許可してもらう フレッツ光で利用してる「光回線」をドコモ光でも再利用する為には、 光回線を所有するNTT東日本・NTT西日本に ドコモ光で光回線の再利用を承諾してもらう必要があります。 NTT西日本エリア 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 転用承諾番号 取得先 電話番号 受付時間 NTT東日本 0120-140-202 9時~17時 (年末年始除く) NTT西日本 0120-553-104 9時~17時 (年末年始除く) 出典:、 NTT東日本エリアでフレッツ光を契約している人は「0120-140-202」へ、NTT西日本エリアでフレッツ光を契約している人は「0120-533-104」へ受付時間内へ電話をするとオペレーターが対応してくれます。 オペレーターに「フレッツ光からドコモ光へ転用したい」旨を伝えて「転用承諾番号」を発行してもらってください。 「転用承諾番号」の発行には以下の情報が必要です。 フレッツ光のお客様ID(登録電話番号でも可)• フレッツ光の契約名義人• フレッツ光の契約住所• フレッツ光の支払い方法 「転用承諾番号」の発行前にオペレーターから転用手続きの注意点や確認が行われます。 「転用承諾番号」はオペレーターが口頭で伝えますのでメモを必ず取ってください。 「転用承諾番号」取得後のドコモ光への転用申込方法 NTT東日本・NTT西日本から「転用承諾番号」を取得したら、次にフレッツ光から ドコモ光へ転用する申し込みをします。 ドコモ光への転用申し込みは ドコモ公式サイトやドコモショップなどの店舗でも可能ですが、 あまりお得に転用する事が出来ません。 \転用で15,000円キャッシュバック/ オプション加入不要でもらえる ドコモ光へ転用に必要な初期費用と月額料金 上記ではフレッツ光からドコモ光へ転用する意味、そして転用に必要な転用承諾番号の取得方法などをご紹介しました。 しかし、ドコモ光へ転用を検討中なら費用や月額料金などお金に関わることも気になる点だと思います。 そこでここからは、ドコモ光へ転用する為に必要な初期費用、そしてドコモ光へ転用後の月額料金についてご紹介したいと思います。 転用で月額料金と契約先が変わる 基本的にフレッツ光は「光回線契約」をNTT東日本・NTT西日本と契約し、「プロバイダ契約」は利用しているプロバイダ各社と契約しています。 一方、ドコモ光の場合は「光回線契約」と「プロバイダ契約」は NTT docomoの1社と契約(セット契約)します。 しかし、ドコモ光の場合は月額料金にプロバイダ料が含まれているので「NTT docomo」1ヶ所からのみ請求が来ることになります。 ドコモ光とフレッツ光の月額料金を比較せよ 「フレッツ光からドコモ光へ転用すると月額料金が安くなります!」と勧誘されましたか? ドコモ光の勧誘、まず高い料金払ってるかもしれないみたいな形から入るのが嫌い — すまさ sumasa 上記の方のツイートのように、ドコモ光へフレッツ光から転用の勧誘をしてくる営業マンは「現在の月額料金は高い」「転用すると安くなる」という営業トークがテッパンです。 以下はドコモ光へ転用した場合の月額料金です。 建物タイプ ドコモ光 月額料金 戸建住宅 5,200円 (プロバイダ料込) 集合住宅 4,000円 (プロバイダ料込) 出典: フレッツ光からドコモ光へ転用すると、戸建住宅なら月額5,200円、集合住宅なら月額4,000円の支払いが毎月必要となります。 (インターネット契約のみ) アドバイスフレッツ光からドコモ光へ転用予定の人は「安くなる」という勧誘を信じてはいけません。 現在契約中のフレッツ光の「光回線利用料」と「プロバイダ料」の合計はいくらかを計算してください。 フレッツ光よりの上記のドコモ光の月額料金の方が安いなら転用する価値があります。 ドコモ光へ転用に伴う工事費について ドコモ光へ転用したいけど、転用に伴う工事費用が気になっている人もいるかもしれません。 フレッツ光からの転用の場合、 基本的に工事が必要ないため 工事費用は不要です。 上記でも簡単にご説明していますが、ドコモ光へ転用しても今までフレッツ光で利用してきた光回線をそのまま利用します。 その為、工事業者が自宅へ来て回線を引き込む工事などは必要なりませんので工事費用もいらないのです。 しかし、フレッツ光からドコモ光へ転用した場合、 工事費が不要となるのは「フレッツ光ネクスト」を利用している人に限ります。 転用でも工事が必要な 回線種類 NTT東日本• フレッツ 光ライト ファミリータイプ• フレッツ 光ライト マンションタイプ• Bフレッツ• フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ• フレッツ光ネクスト プライオ NTT西日本• フレッツ 光ライト ファミリータイプ• フレッツ 光ライト マンションタイプ• Bフレッツ• フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ• フレッツ光プレミアム 上記表のように、現在契約中のフレッツ光が 「Bフレッツ」「フレッツ光プレミアム」「フレッツ光ライト」の場合、ドコモ光へ転用する際には 下記の工事費が別途必要です。 フレッツ光からドコモ光へ 転用した月はそれぞれ日割り計算されて請求が来ます。 転用時の日割り計算のイメージ 例えば、ドコモ光への転用日が「2月15日」だったとします。 転用日が「2月15日」だった場合、「2月1日~14日」までのフレッツ光の月額料金が日割りされてNTT東日本・NTT西日本から請求されます。 また、ドコモ光へ転用された「2月15日」~「2月28日」までのドコモ光の月額料金が日割りされてNTT docomoから請求されます。 ドコモ光へ転用するメリットとデメリット フレッツ光からドコモ光へ転用を検討中の人にとって、フレッツ光のままがいいのか、それともドコモ光へ転用した方がいいのかのメリットとデメリットが解りませんよね。 そこでここからは、ドコモ光へ転用した際に考えられるメリットとデメリットをご紹介します。 ドコモ光へ転用するメリット まずは、フレッツ光からドコモ光へ転用するメリットをご紹介します。 ドコモ光へ転用すると考えられるメリットは以下の3つです。 メリット3選• ドコモのスマホ代が毎月割引になる• 月額料金が安くなる可能性がある• ドコモ光セット割でドコモのスマホ代が毎月割引に NTT docomoの携帯電話やスマホを契約中なら、フレッツ光からドコモ光へ転用すると「ドコモ光セット割」が適用されます。 「ドコモ光セット割」が適用されると毎月最大3,500円が NTT docomoの携帯代・スマホ代が 毎月割引されます。 「ドコモ光セット割」の割引額は、契約中の料金プランによって以下のように違います。 料金プラン ドコモ光セット割 毎月の割引額 5Gギガホ 1,000円割引 ギガホ 1,000円割引 5Gギガライト /ギガライト• ステップ4:~7GB 1,000円割引• ステップ3:~5GB 1,000円割引• ステップ2:~3GB 500円割引• ステップ1:~1GB 割引なし パケットパック ドコモ光セット割 毎月の割引額 ウルトラシェア パック100 3,500円割引 ウルトラシェア パック50 2,900円割引 ウルトラシェア パック30 2,500円割引 ベーシック シェアパック• ステップ4:~30GB 1,800円割引• ステップ3:~15GB 1,800円割引• ステップ2:~10GB 1,200円割引• ステップ1:~5GB 800円割引 ウルトラデータ LLパック 1,600円割引 ウルトラデータ Lパック 1,400円割引 ベーシック パック• ステップ4:~20GB 800円割引• ステップ3:~5GB 800円割引• ステップ2:~3GB 200円割引• ステップ1:~1GB 100円割引 出典: このように、NTT docomoの携帯・スマホを契約中ならフレッツ光からドコモ光へ転用するだけで「ドコモ光セット割」が適用されて、毎月の携帯代・スマホ代が割引されるのは最大のメリットといえるでしょう。 その為、 フレッツ光からドコモ光へ転用すると 月額料金が安くなる可能性があるのでメリットです。 その為、 どこで転用の申し込みをするかが重要です。 NTTdocomo 公式サイト プロバイダ とくとくBB プロバイダ DTI キャッシュバック なし 5,500円 キャッシュバック 15,000円 キャッシュバック dポイント 20,000pt プレゼント 2,000pt プレゼント 2,000pt プレゼント Wi-Fiルーター 無料レンタル なし 契約期間中 永年無料 契約期間中 永年無料 出典:、 ドコモ光への転用手続きは公式サイトや各社プロバイダでも申し込み可能ですが、 私が様々調査した中では プロバイダ「DTI」のシークレットページが お得に転用可能のようです。 デメリット2選• プロバイダの解約金やドコモ光の契約手数料が必要• フレッツ光のポイントが失効する• また、インターネットに接続する「プロバイダ」はフレッツ光で利用中の「プロバイダ契約」しています。 ドコモ光は光回線契約とプロバイダ契約はセット フレッツ光から ドコモ光へ転用すると 「光回線契約」と「プロバイダ契約」はセット契約となり 契約は1つにまとめられます。 その為、 フレッツ光で利用してきた(契約していた)プロバイダは転用により自動解約となりますので、プロバイダの契約状況により 解約金の支払いが必要な場合があります。 ドコモ光へ転用する前に、フレッツ光で契約中のプロバイダに転用により解約金の支払いは必要か不要かを問い合わせてみてください。 また、ドコモ光へ転用する場合は ドコモ光へ 「契約事務手数料」を初回のみ支払います。 契約事務手数料 3,000円 税抜 出典: この契約事務手数料はドコモ光だけが請求しているものではありません。 ソフトバンク光やビッグローブ光などへ転用する際も契約事務手数料に支払いが必要です。 皆さんも携帯電話やスマホの契約の際にも契約事務手数料は支払っています。 このフレッツ光の契約者が無料で会員になれるクラブでは、 フレッツ光の利用状況などに応じてポイントがもらえます。 フレッツ光 無料会員クラブ• NTT東日本 フレッツ光メンバーズクラブ• NTT西日本 CLUB NTT-West 転用後 ドコモ光へ転用後は 貯まったポイントは失効 ドコモ光へ転用すると フレッツ光の無料会員クラブで貯まったポイントは失効してしまい使えなくなります。 必ず 転用する前にポイントを利用して何かの商品と交換しておきましょう。 工事内容 工事費 屋内配線工事 ありの場合• 一括払い 19,800円• 一括払い 8,360円• 少し解りづらいので以下のイラストをご覧ください。 工事費残債は一括払い 例えば、フレッツ光を契約してから【12ヶ月目】にドコモ光へ転用したとします。 すると、分割払いの回数は残り「18回」残っている事になります(残債)。 月々の工事費分割は「550円」と残りの回数「18回」をかけると9,900円をドコモ光へ転用時に一括で支払う必要があります。 ドコモ光へ転用する前に、フレッツ光の工事費の分割が残っているかも事前に確認しておくことをおすすめします。 まとめ この記事では、ドコモ光へフレッツ光から転用を考えている人向けに、「転用」とはどんな手続きの事なのか、転用手続きに必要な転用承諾番号の取得方法、、お得に転用申込が可能なプロバイダ、そして転用に必要な費用やメリット・デメリットをまとめてご紹介してみました。 フレッツ光からドコモ光へ転用する為に必要な「転用承諾番号」はNTT東日本エリアの場合「0120-140-202」へ、NTT西日本エリアの場合「0120-553-104」へ受付時間内(9時~17時)へ電話をすると取得可能です。 ドコモ光への転用申込を受け付けている窓口によってキャッシュバックが貰えてお得に転用可能です。 プロバイダ「DTI」ので転用契約をするともれなく15,000円キャッシュバックされるのでおすすめです。 ドコモ光へ転用すると月額料金が変わります。 現在契約中のフレッツ光の月額料金と比較して、ドコモ光の方が安くなるのであればメリットがあるでしょう。 また、ドコモユーザーがドコモ光を契約すると適用となる「ドコモ光セット割」も最大のメリットです。 「ドコモ光セット割」が適用になればドコモの携帯代・スマホ代が毎月割引されるので、多くのドコモユーザーがドコモ光へ転用している現状があります。

次の

フレッツ光の工事の流れと工事費!工事に関するQ&A

フレッツ光 工事費用

フレッツ光の工事内容• フレッツ光の工事内容を3ステップでまとめてみました。 正常に工事が行われる場合は、工事当日にすべての工事が完了します。 また、工事の所要時間は約1時間程度です。 戸建ての工事内容 それでは、戸建の工事内容を1つ1つ順番に解説していきます。 工事はすべて工事担当者が行いますが、工事の流れは確認してみてくださいね! ステップ1:光ケーブルの室内引き込み工事 まず、光ケーブルを室内にストレスなく引き込むために、外壁に金具を取り付けるのが主流となっています。 そして、光ケーブルは一般的に電話用の配管に通して、室内に引き込みます。 室内に引き込まれたケーブル線は光コンセントに接続され、電柱にあるケーブルと繋がります。 以上が、光ケーブルの室内引き込み工事の流れになります。 電話用の配管に空きがない場合があります。 このような場合は、エアコンのダクトを利用します。 配管やエアコンダクトも利用できない場合は、外壁に1cm程度の穴を開けて室内にケーブルを引き込みます。 ステップ2:光コンセントとモデムの接続工事 室内に引き込んだ光ケーブルは、光コンセントを経由して、モデム 回線終端装置・ホームゲートウェイ WiFiルーター と接続します。 接続工事のあとは、工事担当者が接続試験を行ないます。 ステップ3:モデムと通信機器の接続工事 モデム 回線終端装置・ホームゲートウェイ WiFiルーター とパソコンなどの通信機器を有線ケーブルで接続します。 パソコンに接続されたことを確認してから、フレッツ光のセットアップをして開通完了となります。 マンションの工事内容 続いて、マンションの工事内容を順番に解説していきます。 ご自身が実際にする作業はステップ3からになります。 ステップ1:光ケーブルの室内引き込み工事 マンションの共用スペース MDF室 に一旦、光ケーブルの引き込み作業を行ないます。 ただ、築年数が経過しているマンションにはMDF室がない場合があります。 その場合は各部屋に直接ケーブルを引き込むことになります。 ステップ2:光コンセントとモデム ホームゲートウェイ の接続工事 まず、室内の壁に光コンセントを設置します。 室内に引き込んだケーブルは、光コンセントを経由して、モデム 回線終端装置・ホームゲートウェイ WiFiルーター に接続します。 モデムに接続したあとは、工事担当者が接続試験を行ないます。 ステップ3:モデム ホームゲートウェイ と通信機器の接続工事 モデム 回線終端装置・ホームゲートウェイ WiFiルーター とパソコンなどの通信機器を有線ケーブルで接続します。 パソコンとモデムの接続を確認してから、フレッツ光のセットアップをして開通完了となります。 フレッツ光の工事前に準備しておくべき3つのこと! 最低限用意するものはパソコンです。 ルーター、回線終端装置、イーサネットケーブルはNTTからレンタルできます。 住居設備によって回線終端装置などが変わるためです。 モデム ホームゲートウェイ の設置場所 モデム ホームゲートウェイ は光コンセントとパソコン中間地点に置くようにしましょう。 電源タップの設置場所 電源タップはパソコン・モデムの配線がグチャグチャにならないように設置して、配線管理をするとスッキリ収まります。 パソコンの設置場所 パソコンの設置場所は作業をする大切な場所になります。 パソコンとモデム ホームゲートウェイ は一般的に有線ケーブルで繋がります。 できるだけ、お互いの距離は近い方がいいでしょう。 フレッツ光の工事費用について! フレッツ光の工事費用を確認してみましょう! フレッツ光の初期費用として契約料と工事費があります。 初期費用は分割払いも用意されています。 工事費加算額について 上記以外に別途かかる費用はありません。 フレッツ光開通後に、フレッツテレビを視聴することができます。 タイプ別のフレッツ光の工事期間について解説! フレッツ光のタイプは住居の設備状況で変わってきます。 既に住んでいる場合はしかたありませんが、入居予定の候補がある場合は、あらかじめ フレッツ光のタイプを確認することをおすすめします。 新規お申し込み時の工事期間 初めてフレッツ光を使う場合の工事期間は1週間~10日 繁忙期などは2週間~1ヶ月程度 になります。 ただ、新規申し込みの場合でも、既に部屋までフレッツ光のケーブルが引かれている場合は、工事期間は短くなります。 タイプ変更時の工事期間 フレッツ光のタイプは住居の設備状況で判断されることは「タイプ別のフレッツ光の工事期間について解説!」の冒頭でお伝えしました。 つまり、 タイプが変更することは大規模修繕などがない限り、あまりないと捉えた方が無難です。 費用は2000円です。 転居時の工事期間 引越しなどで転居したときに、引き続き転居先でフレッツ光を利用する場合の工事内容と期間についてお伝えします。 工事内容は転居先の設備状況によって決まってきます。 例えば、前入居者がフレッツ光を利用していて、設備をそのまま状態で引越しした場合は、工事期間は短く、工事費用も抑えられます。 逆に、引っ越しと同時にフレッツ光の設備一式を取り外した場合は改めて工事をする必要があります。 賃貸人 貸主 の意向としては、設備一式取り外す傾向が強いようです。 まとめ:フレッツ光の工事内容 まとめ:フレッツ光の工事内容について• フレッツ光の工事期間は、およそ1週間~1ヶ月程度!• フレッツ光の工事の所要時間は、およそ1時間程度!• フレッツ光のタイプは住居の設備状況で決まる!• フレッツ光の申し込み時期は、人が移動しやすい時期は避ける!• 引越後すぐに使えるように、計画を経てましょう。 フレッツ光の回線工事は、契約者の立会いが原則必要です。 回線工事 立会い日 を、平日にすることで工事期間はぐっと短くなります。 フレッツ光のタイプは住居の設備状況で判断されます。 転居などで入居先の候補が決まっている場合などは、フレッツ光のタイプをあらかじめ確認しておくとよいでしょう。 フレッツ光の申し込み時期は、春先などの引っ越しシーズンや人が移動しやすい時期に、フレッツ光の申し込みをしてしまうと、工事が遅くなり、開通までに大幅な時間が掛かってしまうことが予想されます。 できるだけ、引っ越しシーズンなどは避けるようにしましょう。 また、引っ越しなど転居先でもフレッツ光を利用する場合は、引っ越し後すぐに使えるように、計画を経てるようにしましょう。

次の