卵焼き 甘い 地域。 卵焼きが甘いのは・・・?関東と関西の食文化の違い

【衝撃!あなはどっちから巻く?】卵焼きの巻き方に地域差があった!?

卵焼き 甘い 地域

トピ主さんが知らないだけなのでしょう。 甘い卵焼きなんて、普通の話です。 卵焼きは、甘いかしょっぱいか、ダシか・・・どれが好き?なんて、よく話題になりますよ。 料理の基礎の本にも、砂糖入りのものも載っています。 食生活は地域や家庭で、大きく違います。 特に地域差は大きいですからね、話を聞くとビックリすることも多々あるものです。 良かったですね、ひとつ体験できて。 味付けの好みは仕方がないですが、自分の無知を棚に上げて、 >こんな「卵焼き」を食べて育った夫が、可哀相に思えました。 ご主人のご実家をバカにしている発言?と感じます。 ユーザーID: 2072303755• 可哀想ねぇ… 本当に驚きました!! 卵焼きに、お塩かお出汁が入っているんですよ。 不味くて食べられませんでした。 妻の実家でのことですが…。 「卵焼き」は、お砂糖入り以外食べたことがないので、こんな「卵焼き」があること自体、信じられません。 こんな「卵焼き」を食べて育った妻が、可哀相に思えました。 ひっくり返してみましたが、いかがでしょう? あまり気分はよくないですよね。 単なる食文化の違いです。 今後も結婚生活を続けたいと考えていらっしゃるのでしたら 配偶者の育った環境を頭から否定するような言動は控えた方がいいと思います。 その上で夫婦二人でこれから作る家庭での「卵焼き」を何味にするのか ご検討されるのがよろしいのでは? ユーザーID: 1006982065.

次の

卵焼きの味付けは、砂糖? 出汁? 全国の多数派は?

卵焼き 甘い 地域

この記事を流し読み• 世間の人はどんな卵焼きが好き? 甘い卵焼き、しょっぱい卵焼きとありますが、あなたはどっちの卵焼きが好きですか? もちろんこれに関しては、終わらない論争のようなものでそれぞれで味の好き嫌いが分かれると思います。 ちなみに、私はどちらかというと甘みが強い卵焼きが好きです。 大学に入学した時、色々な地方からきている友人たちとあーでもないこーでもない卵焼きの話をしたのを今でも覚えています。 でも、世間の人の一般的な味の好みとしては、どちらの味を好む人が多いのでしょうか? 実際あるアンケートにおいて、 しょっぱいのが好きな人33パーセント、甘いのが好きな人22パーセントというような結果も出ています。 ほぼ均衡してはいますが、 若干しょっぱい味付けが好きな人が多いんですね。 確かに、お弁当などに入っている卵焼きはしょっぱい傾向が強いですよね。 地方による違いは? しょっぱいや甘い味付けの違いは家庭によっても違いますが、日本でみると実は地域によって違うんです。 東京を中心とする関東の卵焼きは甘いものが多いです。 これは、そもそも東京の食文化である江戸前寿司にあうものとして甘い味付けの卵焼きが好まれたということがルーツだといわれています。 一方で 関西地方では、醤油や塩で味付けをする卵焼きが基本で、砂糖をいれるということはほとんどないようです。 そして京都では、出汁を使った出汁巻き卵が主流とされています。 ちなみに中間の名古屋あたりでは、しょっぱさと甘みを兼ね備えた中間の味付けの卵焼きのようです。 卵焼きに具を入れて楽しむ 卵焼きの味付けが甘いしょっぱいはありますが、卵焼きに具を入れるという楽しみ方もありますよね。 お弁当の定番でもある卵焼きだからこそ、具をいれることで彩がアップします。 ではどんな具を入れるのがおすすめなのでしょうか? スタンダードな具としては、サクラエビです。 卵をとく時に一緒にサクラエビを混ぜて焼くだけなのでとっても簡単です。 サクラエビの風味も出るので、香ばしい卵焼きの味付けを楽しむことが出来ますし、ピンクがポイントになって可愛いですよ。

次の

【衝撃!あなはどっちから巻く?】卵焼きの巻き方に地域差があった!?

卵焼き 甘い 地域

Contents• 衝撃!卵焼きは奥から手前に巻く!? この間たまたま、テレビで出し 巻き卵を作ろう!といった企画を やっていて 『んんっ?』と思ったことがありました。 その番組内で板前さん?が、卵焼きを奥から手前に巻き込んでいたのです!! と言うのも、私は手前から奥に巻くのが当たり前だと思っていたので かなりの衝撃!!! 今まで私のやっていたことは間違っていたのか!!!なんて・・ そこで、職場の人にも聞いてみることにしました。 少ないメンバーなので聞けたのは2人でしたが 返ってきた回答はばらばら・・・ 1人はテレビ同様、奥から手前派、 もう1人は手前から奥に巻くものの、奥まで行ったら また手前に返してくるやり方でした。 大阪巻きは、フライパンを振って奥から手前に卵焼きを返す、 という作業が恐らくしやすいのでしょうね。 京巻きは、巻いていくときに巻いた卵自身の重さで巻きが しっかりしていて、しまった形の良いだし巻きになるそうです。 ざっくり分けるとこの二つのようで、 一般的に多く知れ渡っている方法は上の、 奥から手前に巻く大阪巻きのようですね。 卵焼き機の形もフチの形少し違うようです。 また、調べたところ同僚と同様に、 手前から奥に巻きそれを、奥からから手前に戻してくるという人も居ました。 さらには、丸いフライパンで巻くよ!という人や、 縦ではなく、横向きに巻くなんて人も・・・ 各家庭、いろんなパターンがあるんですね! さらに、関東、関西では味付けが違う?! 皆さんご存知でしたか? 普段食べているあの卵焼き、どんな味がしかすか? 甘い卵焼き? それともダシやお醤油のしょっぱめの味? 恐らく多くの方が、このどちらかでしょう。 なんと、関西エリアを除いては、ほとんどの地域では、 お砂糖を入れる甘い卵焼きがスタンダードだったのです! ある調べによると 大阪、京都、奈良、兵庫、和歌山といった関西エリアでは ダシを入れてしょっぱめの味付けが主流。 その他地域はお砂糖を入れるのが主流となっていました。 ちなみの、沖縄のみ、塩味にするようです。 知ってしまうと、ついついテレビなんかで 卵焼きのシーンを見るとどう作ってるか、気になってしまいますよね。 地域での文化の違いなんかもなかなか面白いですね。 近々記事にも取り入れてみたいと思います。

次の