ロード オブ ウォー。 ロード・オブ・ウォーとは

【クリア後レビュー】division2ウォーロードオブニューヨークをクリアしたのでいろいろ書いてみる

ロード オブ ウォー

複数の武器商人への取材を元に作られた、に基づく映画である。 副題は「史上最強の武器商人と呼ばれた男」。 によるレーティングは。 内容の細部がやや異なる小説版も出版されている。 ストーリー [編集 ] 本作は、主人公ユーリ・オルロフが自分の過去を人に語る形で進行する。 ユーリ・オルロフは、からを装ってアメリカに移民してきた4人家族の長男である。 家族と共に ・のブライトン・ビーチBrighton Beachの通称 に住みレストランを開いていた。 しかし、客の入りは悪く、父親は見せかけだったを熱心に信仰するようになり、の母親と信仰を巡って対立していた。 そんな中、ユーリは、メニューの偵察に出かけた向いのレストランでの銃撃戦に遭遇する。 その光景にショックを受けたユーリーは、武器商人の道を歩むことを決意し、相棒に弟のヴィタリーを選ぶ。 の兵器見本市では、関係を持とうとした著名な武器商人シメオン・ワイズから門前払いを受けてしまう。 しかし、ので、以後も関係を持つことになる将校オリバー・サザンを賄賂で抱き込み、米軍が残していった山積みのを売却する。 素質のあったユーリは、それを皮切りにして、弟と2人で世界中でさまざまな相手に銃器を販売する。 しかし、の捜査官ジャック・バレンタインに目を付けられてしまう。 その後、弟は、南米で代金として受け取ったを兄と共に使用したのがきっかけで、になり施設に入所する。 一方、ユーリは、元ミス・アメリカのエヴァと交際し結婚し、息子をもうける。 しかし、彼女の心をつなぎ止めたいがために、派手な生活を送るようになり、破産寸前に追い込まれる。 そんなユーリに転機が訪れる。 が終結し、祖国ウクライナを支配していたが崩壊したのだ。 彼は、早速ウクライナで基地司令官をしている叔父のデミトリー・ヴォルコフの元に向かい、兵器庫にあったや 、ヘリなどを外国に売買する。 バレンタイン捜査官がユーリを取り締まりに来るが、その追及をかわす。 その2日後、ワイズの申し出を断った叔父は、ユーリの目の前で、自分がプレゼントした車に仕掛けられた爆弾で死亡する。 以後、ユーリは、紛争が続くアフリカ諸国を中心に活動する。 そして、のある日商用でのに立ち寄った際、ユーリは、同国の大統領アンドレイ・バプティストから呼び出しを受ける。 大統領は、商魂逞しいユーリを一目で気に入り、以降ユーリはもっぱら彼と取引するようになる。 やがて、彼の資産は膨れ上がり、数年で妻に教えていた嘘の年収を越える。 しかし、ジャック捜査官がエヴァに夫の本当の仕事を伝えると、両親を強盗に銃で殺された過去を持つエヴァは、ユーリに離婚を迫る。 妻を愛していたユーリは、武器取引から手を引く。 しかし、そんな彼の元にバプティスト大統領が現れ、武器の取引を持ちかける。 ユーリは、弟ヴィタリーを無理に連れていくが・・・。 ユーリの掟 [編集 ] ユーリは、武器商人としての4つの掟を定めている。 自分の商品では撃たれないこと。 常に支払いの確保をしておくこと。 自ら銃を持って顧客に加勢しないこと。 戦争をしないこと。 特に、自分自身とは。 キャスト [編集 ] 役名 俳優 日本語吹替 ユーリ・オルロフ ヴィタリー・オルロフ ジャック・バレンタイン エヴァ・フォンテーン・オルロフ アンドレイ・バプティスト Sr. イーモン・ウォーカー アンドレイ・バプティスト Jr. サンミ・ロティビ シメオン・ワイズ デミトリー・ヴォルコフ その他の声の出演://///////// 音楽 [編集 ] アントニオ・ピントのサウンドトラック「Lord of War」は、2005年12月9日にオーディオCDとしてリリースされた。 15曲が含まれており、収録時間は39分。 アコースティックギターの静かな演奏で構成されている。 このサントラCDに収録されていない音楽• For What It's Worth 1967• Young Americans 1975• Money That's What I Want 1959• Coyita• Cocaine 1975• La Vie en Rose• A Kiss to Build a Dream On 1935• It's the Most Wonderful Time of the Year 1963• O, Little Town of Bethlehem 1868• Volga's Boatmen's Song• Kill That• U Ready to Die• Glory Box 1995• Fade into You 1993• Mumbai Theme Tune 1997• Diarabi 2000• Hallelujah 1984• Mama Africa• D-Tune 2002• Bobo-Dioulasso• Swan Lake, Op. 20 1877• The Ride of the Valkyries 1870 題名について [編集 ] 作中では、バプティスト大統領がユーリのことを「ロード・オブ・ウォー(Lord of war)」と形容したのに対し、ユーリがそれを「ウォー・ロード(War lord)」であると訂正するシーンがある。 「ウォー・ロード」という言葉には「」や「司令官」という意味があるのに対して、「ロード・オブ・ウォー」という言葉には「戦争の支配者」という意味がある。 いくら戦争指導者といえども、ユーリのような武器・弾薬の供給者がいない限り、戦争することができないということであって、ここにはユーリのような存在こそが戦争を支配しているという思想が込められていると思われる。 本作は、原題と同じ題名で公開されたが、日本では「 lord」(君主・王・支配者・酋長などの意。 訳語として「きょう」と呼ぶこともある。 )という単語にあまり馴染みがないので原題の意味が分かりにくいとされ、複数の候補が挙がっていた(日本語ではLとRの区別がないため、広報担当者も当初は「道路」の意を持つ「road」と勘違いしたほどである)。 一時は、アメリカへの皮肉を込めた「 アメリカン・ビジネス」に決定し、その邦題での広報なども実際に行っていた。 しかし、公開直前になって、監督のアンドリュー・ニコルが異議を唱えた。 ニコルによると、「別にアメリカを批判するための映画ではない」「作品の意図が誤解される」ということである。 実際、この映画の中でユーリが商っている兵器はをはじめ、ほとんど製および製であり、アメリカの兵器はM16、M60などが登場しただけである。 現実世界でも、アメリカ製火器は高価で精密すぎるため、地域紛争が激しく政情不安定な貧しい国々では、メンテナンスの問題から普及していない。 その後、監督と日本サイドとの折衝により、原題での公開と「 史上最強の武器商人といわれた男」という副題をつけることで合意した。 以下に邦題案の代表例を挙げる。 「ビジネス・オブ・アメリカ」• 「アメリカン・ビジネス」• 「アメリカン・ウォー・ビジネス」• 「アメリカン・WAR・ビジネス」• 「武器商人ユーリ・オルロフ」• 「戦場のビジネスマン」 単行本 [編集 ]• 『ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男』( アンドリュー・ニコル著 訳 2005年12月 ISBN 9784812424711) その他 [編集 ]• ニコラス・ケイジの最初の妻との息子が、ウクライナのヘリ整備兵として出演している。 「最大の武器供給者である米英露仏中の5か国は、国連安保理の常任理事国でもある」 脚注 [編集 ]• 2009年12月12日閲覧。 撮影時、使用したものは全て本物だったため、へ映画の撮影であることを事前に通知した。 撮影終了後はに売却される予定だという。 もっとも1と3は作中では破られているが• 2018年4月2日閲覧。 同ブログでは邦題案でのポスターデザイン案なども公開されている。 関連項目 [編集 ]• - 武器取引の代金として登場。 リベリアの大統領とシエラレオネのが主人公との決済に使用。 - 紛争ダイヤモンドについて描いた映画。 中のシエラレオネが舞台なので、革命統一戦線も登場する。 - 本作のの一人の可能性あり(公式ブログより)• - リベリア元大統領であり、本作のバプティスト大統領のモデルとされる。 - アメリカ海兵隊退役中佐、本作のオリバー・サザン大佐のモデルとされる。 外部リンク [編集 ]• -更新終了 閲覧は可能• - (英語)• - (英語).

次の

超映画批評『ロード・オブ・ウォー 史上最大の武器商人と呼ばれた男』85点(100点満点中)

ロード オブ ウォー

概要 [ ] それぞれ「クラッシャー・フォン・ヘイグ」「ザ・ロード・ウォリアー」のでデビューしていた と が、に地区(主宰の)のレスラー兼ブッカーだったのブッキングでタッグを結成。 にはプロレスラーを引退した が就く。 当初はエラリングが率いていた、、、、ら軍団「 リージョン・オブ・ドゥーム」の一員としてデビューした。 タッグ結成を機に、ヘグストランドは ロード・ウォリアー・ホーク、ロウリネイティスは ロード・ウォリアー・アニマルとリングネームを改め、タッグのチーム名はに公開された映画『』の世界観から ザ・ロード・ウォリアーズと名付けられ、外見のイメージも同映画に登場する荒くれ者を踏襲。 初来日時には「でをしていた」「貧困の時代にはを食べていた」などと宣伝された。 結成当初のコスチュームはサングラスにレザーのベストや制帽を身に付けた暴走族スタイルだったが、後に両者とも顔にペイントを施し、頭髪をアニマルは「」、ホークはそれと対を成すように「逆モヒカン刈り」にした。 これはホークの顔が優しすぎるのをカバーするためだったという。 入場時は巨大な棘の付いたのプロテクターをコスチュームに、サードロープの下から滑り込むようにリングインし、コールも受けずにそのまま暴れ回る試合が多かった。 しかし、ファイトスタイル自体はあまり凶器攻撃などは行わない正統なもので、ヒールのポジションにありながら、次第にファンの支持を獲得。 今までにない、ヒールとを融合させた新しいスタイルの確立に成功する。 試合は常に秒殺勝利であり(彼らの試合時間は(3を180のように)秒単位で実況されていた)、そのインパクトと存在感から圧倒的な人気を獲得するようになった。 1983年にジョージア地区でデビュー後、NWAナショナル・タッグ王座を通算3回獲得。 からはに移籍、当初はジョージア時代と同様にヒールのポジションだったが、人気が高まりベビーフェイスに転向。 その後はを経てのリングにも上がり、日本には、、に来日。 (現:WWE)に参戦した際は、NWAジョージア時代のユニット名であるリージョン・オブ・ドゥームを名乗った(当時、WWFには同じく「ウォリアー」をリングネームとするが大スターとして活躍していたため、がチーム名の変更を要請したという)。 その後のアメリカプロレス界の激変を受け、NWA、AWA、WWFの三大メジャー団体の世界タッグ王座を制覇した史上唯一のタッグチームとなった。 アニマルの途中欠場や解散・再結成の紆余曲折を経て、いずれのリングでも大活躍したがにホークが急死したため、事実上の解散となった。 その後アニマルは、にをパートナーに新生リージョン・オブ・ドゥーム(LOD2005)を結成、を獲得している。 、ホークとアニマルのオリジナル・ロード・ウォリアーズで初代マネージャーのポール・エラリングと共にに迎えられた。 日本での活躍 [ ] 『』にて活躍が知れ渡ったことから 、以前から来日が待望されていた。 、における『激闘! エキサイティング・ウォーズ』にて日本デビュー、とのタッグチームに3分39秒という短時間で勝利し衝撃的なデビューを飾る。 初来日時のギャラは、『』『』『』によれば、マネージャーのと合わせて1週間で3万ドルだったとされる(の移籍は、彼らの厚遇に対する不満によるものともされる)。 以降、「 暴走戦士」「 超怪力暴走族」などの異名でマネージャーのエラリングを伴って全日本プロレスを主戦場とし、、、らを相手に激闘を展開。 「秒殺」といえる程の短時間で勝負を決めたり、勝敗を度外視して暴走し、やりたい放題でリングを後にしたりすることも珍しくなかった(作品『』では、現実以上の怪物的なタッグチームとして描かれた)。 アメリカでのスケジュールが多忙だったため、への出場は実現しなかったものの、全日本プロレスへの来日は3月まで続いた。 7月には新日本プロレスに初参戦。 以降、参戦を経てホークは11月より新日本プロレスを主戦場とし、欠場中だったアニマルに代わりを新パートナーに「 」を結成。 その後、ホーク、パワー、復帰したアニマルの3人で「 トリプル・ウォリアーズ」を名乗った。 5月には全日本プロレスに復帰して、の追悼興行となった大会に出場。 アニマルの実弟を加えての6人タッグマッチにおいて、、、のトリオを破った。 年表 [ ]• 、 ロード・ウォリアーズとしてでデビュー。 1983年6月10日、架空の王座決定トーナメントに優勝したとしてNWAナショナル・タッグ王者となる(同王座は前王者チームのが1983年1月にジョージアを離れて以来、空位となっていた)。 1983年8月30日、主宰のMSWAに参戦。 7月、地元のを本拠地とする主宰のに移籍。 3月、に初来日。 3月9日、にて&が保持するに挑戦。 この試合を機に本格的にに転向。 以降、AWAとNWAを股にかけて活動。 2月14日、NWAフロリダ地区のイベント "Battle of The Belts II" にてとトリオを組み、、、と6人タッグマッチで対戦。 翌月いっぱい欠場を余儀なくされ、3月からの復帰後しばらくは、アイスホッケーのマスクを被って試合に出場していた。 7月、に初参戦。 その後、 リージョン・オブ・ドゥーム名義でに移籍。 9月、ホークが薬物問題によりWWFを離脱。 アニマルも脊椎を負傷して長期欠場を余儀なくされ、事実上解散状態となる。 1992年11月、新日本プロレスにてホークとによる 結成。 1月、アニマルが復帰。 WCWにてロード・ウォリアーズを再結成。 1996年4月、新日本プロレスに参戦。 2月、WWFに復帰。 やなどのユニットと抗争。 3月29日、 LOD2000(リージョン・オブ・ドゥーム2000)を名乗り『』に登場。 タッグチーム・バトルロイヤルを征する。 1998年5月25日、LOD2000にドロズ()が加入。 以降、ホークの欠場中にアニマルのパートナーを務めるが、ホークの復帰に伴い両者の対立が組まれる。 4月、WWFを離脱。 以降はなどのインディー団体を転戦。 1月、WCWに復帰するが3月にWCWが崩壊しWWFに吸収合併される。 以降はセミリタイアし、インディー団体に単発出場。 12月18日、に登場。 5月12日、WWE『』に最後の登場。 2003年10月19日、ホーク死去。 事実上の解散。 9月1日にアニマルが久々に来日し自主興行に出場。 かつてホークとチームを組んでいたパワー・ウォリアーと「 ヘル・ウォリアーズ」を結成し、で勝利を収めた。 2008年5月11日にメキシコシティでを獲得し、元UWA役員から王座を認定されているが、正式なUWA王座とされず防衛戦もしなかった。 3月、ホークとアニマルおよび初代マネージャーのが入り。 サポートメンバー [ ]• (初代マネージャー)• (LOD2000のマネージャー)• NWAナショナル・タッグ王座:3回• :1回• :1回• :1回• :2回• インディー• i-ジェネレーション・タッグ王座:2回• IPWハードコア・タッグ王座:1回• :1回 入場テーマ [ ]• (アイアン・マン) -• What A Rush 影響下のタッグチーム [ ] その活躍にあやかり、中盤から後半にかけて、ロード・ウォリアーズの影響を受けたのタッグチームが各地で誕生した。 デモリッション・アックス(マスクド・スーパースターとして知られる)とデモリッション・スマッシュ(クラッシャー・クルスチェフ、リポマンなどで知られる)のコンビ。 ウォリアーズとの契約に難航していたWWFがに独自にプロデュースした、WWFオリジナルのタッグユニットである。 後にアックスに替わりデモリッション・クラッシュ()が加入。 当初はとしてWWFに登場したが、のと仲間割れしてからはに転向し、下記のパワーズ・オブ・ペインなどと抗争を展開。 しかしウォリアーズがWWFに移籍してくると、再びフジと結託してし、ウォリアーズのライバルとして抗争を繰り広げた。 もともと実力者同士のギミックチェンジによって誕生したチームだけに、単なるコピー版に止まらない実績を残した。 詳細は「」を参照• パワーズ・オブ・ペイン (出身のコンガ・ザ・バーバリアン)とのコンビ。 元々はNWAでウォリアーズのフェイク版として本家と抗争を展開していた。 上記のデモリッションのライバルとしてWWFに引き抜かれたが、本家ウォリアーズもWWFに移籍してくるとチームを解散してシングルに転向。 バーバリアンはをマネージャーに毛皮のコスチュームをまとった野人ギミックに、ウォーロードはをマネージャーに鎧を身に付けたギミックに変身したが、徐々にフェイドアウト。 アメリカン・スターシップ コヨーテ()とイーグル()のコンビ。 10月にで結成され、のにも出場した。 顔面ペイントは施さず髪型もロングであるなどビジュアル面では従来のタッグチームと変わらなかったものの、リングネームを含めチームコンセプトはウォリアーズの影響下にあった。 とのなどのチームとも対戦したが、大きな活躍を果たすことなく解散。 その後、ホールはAWA、スパイビーはWWFへ転出した。 チーム解散後、ヘルウィッグは主宰のWCWAを経てWWF、ボーデンはUWF残留を経てNWA(WCW)に転戦し、それぞれシングルの世界王座を獲得することになる。 参考文献 [ ]• アニマル・ウォリアー、アンドリュー・ウィリアム・ライト『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』、2011年。 脚注 [ ] []• 、P290-291。 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol. 2』P74-P76(2014年、、)• 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol. 27』P14(2016年、、)• Cagematch. net. 2019年12月2日閲覧。 Cagematch. net. 2019年12月2日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2007年12月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年6月15日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2019年12月11日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年3月31日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2011年6月15日閲覧。 Online World of Wrestling. 2015年3月31日閲覧。 Shichiji• Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 、P165-168。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 、P187-188。 Cagematch. net. 2015年4月10日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 411mania. com. 2011年6月15日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年3月31日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 、P256-259。 Wrestling-Titles. com. 2011年6月15日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 WWE. com. 2011年6月15日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年3月31日閲覧。 、P330-332。 The History of WWE. 2015年3月31日閲覧。 WWE. com. 2011年6月15日閲覧。 Cagematch. net. 2015年4月10日閲覧。 WWE. com. 2011年6月15日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2016年1月5日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2016年1月5日閲覧。 Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。 Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2020年4月11日閲覧。 Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

【Division 2】ウォーロード オブ ニューヨークの違い【拡張パック】

ロード オブ ウォー

概要 [ ] それぞれ「クラッシャー・フォン・ヘイグ」「ザ・ロード・ウォリアー」のでデビューしていた と が、に地区(主宰の)のレスラー兼ブッカーだったのブッキングでタッグを結成。 にはプロレスラーを引退した が就く。 当初はエラリングが率いていた、、、、ら軍団「 リージョン・オブ・ドゥーム」の一員としてデビューした。 タッグ結成を機に、ヘグストランドは ロード・ウォリアー・ホーク、ロウリネイティスは ロード・ウォリアー・アニマルとリングネームを改め、タッグのチーム名はに公開された映画『』の世界観から ザ・ロード・ウォリアーズと名付けられ、外見のイメージも同映画に登場する荒くれ者を踏襲。 初来日時には「でをしていた」「貧困の時代にはを食べていた」などと宣伝された。 結成当初のコスチュームはサングラスにレザーのベストや制帽を身に付けた暴走族スタイルだったが、後に両者とも顔にペイントを施し、頭髪をアニマルは「」、ホークはそれと対を成すように「逆モヒカン刈り」にした。 これはホークの顔が優しすぎるのをカバーするためだったという。 入場時は巨大な棘の付いたのプロテクターをコスチュームに、サードロープの下から滑り込むようにリングインし、コールも受けずにそのまま暴れ回る試合が多かった。 しかし、ファイトスタイル自体はあまり凶器攻撃などは行わない正統なもので、ヒールのポジションにありながら、次第にファンの支持を獲得。 今までにない、ヒールとを融合させた新しいスタイルの確立に成功する。 試合は常に秒殺勝利であり(彼らの試合時間は(3を180のように)秒単位で実況されていた)、そのインパクトと存在感から圧倒的な人気を獲得するようになった。 1983年にジョージア地区でデビュー後、NWAナショナル・タッグ王座を通算3回獲得。 からはに移籍、当初はジョージア時代と同様にヒールのポジションだったが、人気が高まりベビーフェイスに転向。 その後はを経てのリングにも上がり、日本には、、に来日。 (現:WWE)に参戦した際は、NWAジョージア時代のユニット名であるリージョン・オブ・ドゥームを名乗った(当時、WWFには同じく「ウォリアー」をリングネームとするが大スターとして活躍していたため、がチーム名の変更を要請したという)。 その後のアメリカプロレス界の激変を受け、NWA、AWA、WWFの三大メジャー団体の世界タッグ王座を制覇した史上唯一のタッグチームとなった。 アニマルの途中欠場や解散・再結成の紆余曲折を経て、いずれのリングでも大活躍したがにホークが急死したため、事実上の解散となった。 その後アニマルは、にをパートナーに新生リージョン・オブ・ドゥーム(LOD2005)を結成、を獲得している。 、ホークとアニマルのオリジナル・ロード・ウォリアーズで初代マネージャーのポール・エラリングと共にに迎えられた。 日本での活躍 [ ] 『』にて活躍が知れ渡ったことから 、以前から来日が待望されていた。 、における『激闘! エキサイティング・ウォーズ』にて日本デビュー、とのタッグチームに3分39秒という短時間で勝利し衝撃的なデビューを飾る。 初来日時のギャラは、『』『』『』によれば、マネージャーのと合わせて1週間で3万ドルだったとされる(の移籍は、彼らの厚遇に対する不満によるものともされる)。 以降、「 暴走戦士」「 超怪力暴走族」などの異名でマネージャーのエラリングを伴って全日本プロレスを主戦場とし、、、らを相手に激闘を展開。 「秒殺」といえる程の短時間で勝負を決めたり、勝敗を度外視して暴走し、やりたい放題でリングを後にしたりすることも珍しくなかった(作品『』では、現実以上の怪物的なタッグチームとして描かれた)。 アメリカでのスケジュールが多忙だったため、への出場は実現しなかったものの、全日本プロレスへの来日は3月まで続いた。 7月には新日本プロレスに初参戦。 以降、参戦を経てホークは11月より新日本プロレスを主戦場とし、欠場中だったアニマルに代わりを新パートナーに「 」を結成。 その後、ホーク、パワー、復帰したアニマルの3人で「 トリプル・ウォリアーズ」を名乗った。 5月には全日本プロレスに復帰して、の追悼興行となった大会に出場。 アニマルの実弟を加えての6人タッグマッチにおいて、、、のトリオを破った。 年表 [ ]• 、 ロード・ウォリアーズとしてでデビュー。 1983年6月10日、架空の王座決定トーナメントに優勝したとしてNWAナショナル・タッグ王者となる(同王座は前王者チームのが1983年1月にジョージアを離れて以来、空位となっていた)。 1983年8月30日、主宰のMSWAに参戦。 7月、地元のを本拠地とする主宰のに移籍。 3月、に初来日。 3月9日、にて&が保持するに挑戦。 この試合を機に本格的にに転向。 以降、AWAとNWAを股にかけて活動。 2月14日、NWAフロリダ地区のイベント "Battle of The Belts II" にてとトリオを組み、、、と6人タッグマッチで対戦。 翌月いっぱい欠場を余儀なくされ、3月からの復帰後しばらくは、アイスホッケーのマスクを被って試合に出場していた。 7月、に初参戦。 その後、 リージョン・オブ・ドゥーム名義でに移籍。 9月、ホークが薬物問題によりWWFを離脱。 アニマルも脊椎を負傷して長期欠場を余儀なくされ、事実上解散状態となる。 1992年11月、新日本プロレスにてホークとによる 結成。 1月、アニマルが復帰。 WCWにてロード・ウォリアーズを再結成。 1996年4月、新日本プロレスに参戦。 2月、WWFに復帰。 やなどのユニットと抗争。 3月29日、 LOD2000(リージョン・オブ・ドゥーム2000)を名乗り『』に登場。 タッグチーム・バトルロイヤルを征する。 1998年5月25日、LOD2000にドロズ()が加入。 以降、ホークの欠場中にアニマルのパートナーを務めるが、ホークの復帰に伴い両者の対立が組まれる。 4月、WWFを離脱。 以降はなどのインディー団体を転戦。 1月、WCWに復帰するが3月にWCWが崩壊しWWFに吸収合併される。 以降はセミリタイアし、インディー団体に単発出場。 12月18日、に登場。 5月12日、WWE『』に最後の登場。 2003年10月19日、ホーク死去。 事実上の解散。 9月1日にアニマルが久々に来日し自主興行に出場。 かつてホークとチームを組んでいたパワー・ウォリアーと「 ヘル・ウォリアーズ」を結成し、で勝利を収めた。 2008年5月11日にメキシコシティでを獲得し、元UWA役員から王座を認定されているが、正式なUWA王座とされず防衛戦もしなかった。 3月、ホークとアニマルおよび初代マネージャーのが入り。 サポートメンバー [ ]• (初代マネージャー)• (LOD2000のマネージャー)• NWAナショナル・タッグ王座:3回• :1回• :1回• :1回• :2回• インディー• i-ジェネレーション・タッグ王座:2回• IPWハードコア・タッグ王座:1回• :1回 入場テーマ [ ]• (アイアン・マン) -• What A Rush 影響下のタッグチーム [ ] その活躍にあやかり、中盤から後半にかけて、ロード・ウォリアーズの影響を受けたのタッグチームが各地で誕生した。 デモリッション・アックス(マスクド・スーパースターとして知られる)とデモリッション・スマッシュ(クラッシャー・クルスチェフ、リポマンなどで知られる)のコンビ。 ウォリアーズとの契約に難航していたWWFがに独自にプロデュースした、WWFオリジナルのタッグユニットである。 後にアックスに替わりデモリッション・クラッシュ()が加入。 当初はとしてWWFに登場したが、のと仲間割れしてからはに転向し、下記のパワーズ・オブ・ペインなどと抗争を展開。 しかしウォリアーズがWWFに移籍してくると、再びフジと結託してし、ウォリアーズのライバルとして抗争を繰り広げた。 もともと実力者同士のギミックチェンジによって誕生したチームだけに、単なるコピー版に止まらない実績を残した。 詳細は「」を参照• パワーズ・オブ・ペイン (出身のコンガ・ザ・バーバリアン)とのコンビ。 元々はNWAでウォリアーズのフェイク版として本家と抗争を展開していた。 上記のデモリッションのライバルとしてWWFに引き抜かれたが、本家ウォリアーズもWWFに移籍してくるとチームを解散してシングルに転向。 バーバリアンはをマネージャーに毛皮のコスチュームをまとった野人ギミックに、ウォーロードはをマネージャーに鎧を身に付けたギミックに変身したが、徐々にフェイドアウト。 アメリカン・スターシップ コヨーテ()とイーグル()のコンビ。 10月にで結成され、のにも出場した。 顔面ペイントは施さず髪型もロングであるなどビジュアル面では従来のタッグチームと変わらなかったものの、リングネームを含めチームコンセプトはウォリアーズの影響下にあった。 とのなどのチームとも対戦したが、大きな活躍を果たすことなく解散。 その後、ホールはAWA、スパイビーはWWFへ転出した。 チーム解散後、ヘルウィッグは主宰のWCWAを経てWWF、ボーデンはUWF残留を経てNWA(WCW)に転戦し、それぞれシングルの世界王座を獲得することになる。 参考文献 [ ]• アニマル・ウォリアー、アンドリュー・ウィリアム・ライト『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』、2011年。 脚注 [ ] []• 、P290-291。 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol. 2』P74-P76(2014年、、)• 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol. 27』P14(2016年、、)• Cagematch. net. 2019年12月2日閲覧。 Cagematch. net. 2019年12月2日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2007年12月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年6月15日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2019年12月11日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年3月31日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2011年6月15日閲覧。 Online World of Wrestling. 2015年3月31日閲覧。 Shichiji• Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 、P165-168。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 、P187-188。 Cagematch. net. 2015年4月10日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 411mania. com. 2011年6月15日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年3月31日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 、P256-259。 Wrestling-Titles. com. 2011年6月15日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 WWE. com. 2011年6月15日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年3月31日閲覧。 、P330-332。 The History of WWE. 2015年3月31日閲覧。 WWE. com. 2011年6月15日閲覧。 Cagematch. net. 2015年4月10日閲覧。 WWE. com. 2011年6月15日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2016年1月5日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2016年1月5日閲覧。 Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。 Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2020年4月11日閲覧。 Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の