外壁塗装 耐用年数 確定申告。 アパートの外壁塗装を経費や控除のコツ【減価償却や耐用年数】

外壁塗装の確定申告ってどうやるの?方法とポイントを解説!

外壁塗装 耐用年数 確定申告

確定申告とは? 会社から給料を得ている場合は、通常は確定申告する必要がありません。 しかし、給与が2,000万円を超えるときや給与以外の収入があるときなどの特定の条件を満たすときは、確定申告をして正しい収入を税務署に報告しなくてはいけません。 また、税金の控除を受けられるときも、確定申告が必要です。 正しく税金を支払うためにも、また、払いすぎた税金を還付してもらうためにも、期限内に正確に確定申告しましょう。 会社員は会社で控除の手続きをしてもらえる 年収が2,000万円を超えるときや給与以外の収入があるとき、山林や不動産・投資などで収入を得たときは、会社員であっても自分で確定申告する必要があります。 しかし、収入の申告ではなく所得税控除の手続きなら、会社の年末調整で実施してもらえることもあります。 年末に生命保険料控除や医療費控除などの各種控除の申請をするときに、保険会社から届いた控除証明書や医療費が分かる明細書などを会社に提出します。 期限内にかならず提出してください。 確定申告すると払いすぎた税金が還付される 毎年2月16日から3月15日は、確定申告の時期です。 開始日や終了日が土日祝日にかかる場合は、それぞれの日が調整されることもあります。 確定申告をすると源泉徴収によって払いすぎた税金が還付されたり、所得控除が認められて払い済みの所得税が還付されたりします。 還付額が決定すると、3月中旬~5月中旬ごろに指定した口座に還付金が振り込まれます。 「少しでも節税したい」という方は、面倒に思わずに確定申告で控除申請しておきましょう。 外壁塗装工事も控除申請の対象になる 外壁塗装工事の費用も、確定申告すれば控除の対象となることがあります。 ただし、外壁塗装工事費用が控除申請の対象になるのは「住宅借入金等特別控除 」の条件を満たすときです。 住宅借入金等特別控除とは、住宅の購入や増改築などの費用を10年以上のローンで支払ったときに適用される制度です。 住宅借入金等特別控除の申請をすると、一定の金額が所得から控除されるため、結果的に所得税の減税効果を得られます。 塗装費用を現金で一括払いしているときには「住宅借入金等特別控除」は適用されませんのでご注意ください。 外壁塗装工事費用を確定申告する状況とは? 外壁塗装工事の費用をローンで支払った場合、特定の条件を満たして確定申告すると、所得税控除の対象となり減税が実現できます。 少しでもお金を節約したいのなら、外壁塗装の機会を活用して 「住宅借入金等特別控除」を利用したいですね。 住宅借入金等特別控除は、新築工事のときだけでなくリフォーム工事にも適用されます。 新築工事に住宅借入金等特別控除制度を活用するときは、外壁塗装はもちろん、住宅そのものの工事や土地購入の費用に対しても控除制度が適用され、減税が実現します。 住宅借入金等特別控除を申請するときに必要な書類 住宅借入金等特別控除が適用されると、確定申告した年だけでなく、最大10年間にわたって控除が適用されます。 2年目以降は提出書類も減り、確定申告せずとも年末調整だけで手続きが完了しますが、1年目は下記のすべての書類を確定申告書類に添付しなくてはなりません。 ローン減税に必要な書類• 住宅借入金等特別控除額の計算明細書• ローンの年末残額等証明書。 2ヶ所以上からローンを借りている場合は、すべてのローン業者からの年末残額等証明書を提出する。 外壁工事にかかる建築確認済証の写し。 もしくは、検査済証の写しか工事証明書。 家屋の登記事項証明書もしくは請負契約書。 増改築した年月日と費用、家屋の床面積などが記載されていること。 外壁塗装工事に補助金や贈与などが適用されているときは、補助金や贈与の事実を証明する書類も提出する。 給与所得者は、給与所得の源泉徴収票 2. 住宅借入金等特別控除が適用される条件 住宅借入金等特別控除が適用されるためには、以下のすべての条件を満たす必要があります。 条件を満たしていることが確認されると、最大10年間もの所得税控除を受けられます。 また、工事金額の半額以上が、納税者の居住用スペースの工事費用に充当されていることも求められます。 勤務先からローンを借りている場合は、年利0. 2%以上であることが必要です。 ただし、知人や親族からローンを借りている場合は、住宅借入金等特別控除は適用されません。 住宅借入金等特別控除が適用されるとどの程度節税できる? 住宅借入金等特別控除が適用されるために満たすべき条件は多く、提出する書類も多いですので、決して簡単には住宅借入金等特別控除制度を利用できません。 しかし、一度、確定申告すると2年目以降は簡単に年末調整で控除申請できますし、最長10年間にもわたって控除が適用されます。 しかも、外壁塗装工事のために借り入れた金額の年末時の残額の1%を、40万円を限度として所得から控除されます。 消費税が8%ではないときに外壁塗装工事を実施するなら、20万円を限度として所得から控除されます。 例えば各種控除後の年間所得800万円の人が外壁塗装を含むリフォーム工事に銀行からお金を借り、初年度の年末時点で1,000万円のリフォームローンが残っていたとしましょう。 その年度の住宅借入金等特別控除額は以下の計算式で求められます。 2年目以降はローン残高も減るため還付金も少しずつ減りますが、10年間で完済する予定なら合計約137,500円もの還付を受けられます。 手続きが面倒などと思わず、しっかりと手続きをして、合法的に納税額を減らしましょう。 【30秒】いくら安くなるか確認する(無料) 3. 外壁塗装費用を確定申告する手順 外壁塗装工事が住宅借入金等特別控除の適用範囲となるときは、ぜひ確定申告を実施して控除を受けましょう。 今まで確定申告をしたことがない人にとっては、書類作成は少し面倒に感じるかもしれません。 しかし、オンラインでも書類は作成できますし、事前にe-Taxに登録して電子証明書を取得おくなら書類提出もオンライン上で可能です。 事前に電子証明書を取得していない人にとって、もっとも簡便に確定申告できる方法は、オンラインで確定申告書をダウンロードして郵送で税務署に申請する方法です。 手順を紹介しますので、手軽に節税しましょう。 国税庁のホームページから確定申告書等作成コーナーにアクセスする 国税庁のホームページから、確定申告書等作成コーナーにアクセスします。 確定申告書等作成コーナーは、確定申告期間が近づくと表示されます。 アクセス方法が分からないときは、検索窓に年度数と確定申告のワードを入力して検索してください。 昨年度の確定申告をする場合は、もっとも上に表示されている「〇年分の申告書等の作成」をクリックし、「所得税」を選択してください。 所得形態を選択する 給与を得ている場合は「給与・年金の方」と記されている部分の「作成開始」ボタンをクリックします。 自営業の方など給与所得がない方は、「全ての所得対応」を記されている部分の「作成開始」ボタンをクリックします。 細目を設定する 住宅借入金等特別控除に必要な書類をすべて手元に準備してから「次へ」をクリックします。 次のページで納税者本人の生年月日を入力し、所得形態と所得を受けている事業所の数、年末調整を実施したかなどの質問の答えに該当する部分をチェックします。 すべての質問に回答すると控除申請する細目を選択するページが表示されますので、「住宅借入金等特別控除」を選びます。 住宅借入金等特別控除以外の控除も申請する場合は、2つ以上選択することも可能です。 給与・所得控除を入力する 準備した書類を参考に給与や控除額を入力していきます。 控除額の合計や税金額が最後のページで自動的に計算されて表示されます。 特に問題がないときは内容を保存し、プリンターで印刷しましょう。 税務署に期限内に送付する 事業所得や不動産所得、消費税、贈与税の計算がない場合は、確定申告書の作成はこれで完了です。 管轄の税務署に確定申告期限内に書類を送付しましょう。 なお、普通郵便で送付しても良いですが、不安な場合は直接税務署にもっていくか、配達記録郵便を活用してください。 送付した確定申告書が受理されると、3~5月の間に払いすぎた税金が還付されます。 外壁塗装費用を確定申告する際に注意すべきポイント 外壁塗装工事や建物・屋根の増改築工事で発生した費用を確定申告するときは、次のポイントに注意してください。 注意を怠ると、税金の還付を受けられないこともありますよ。 確定申告期限を守る 1年間の所得控除は、翌年の2月16日~3月15日に確定申告します。 万が一、確定申告し忘れた場合は、5年以内なら確定申告することで税金還付が実施されます。 かならず申告期限を守るようにしてください。 業者から必要書類を受け取っておく 確定申告書と住宅借入金等特別控除額の計算明細書は、国税庁のホームページから作成してダウンロードできます。 しかし、請負契約書などの書類はリフォーム業者から、ローン残額は金融機関から受け取らなくてはいけません。 また、土地・建物の登記事項証明書は法務局から、源泉徴収票は勤務先からそれぞれ受け取っておかなくてはいけません。 確定申告の時期は業者や法務局も混み合いますので、早めに書類を準備しておきましょう。 確定申告をしないのは損! 外壁工事の確定申告は、単純なようでいて、慣れていないと非常に間違いが起こりやすい作業でもあります。 しかも、集める資料も多く、そもそも住宅借入金等特別控除の基準に合っているのか分かりにくいという点も、確定申告手続きが億劫になる1つの原因です。 しかし、住宅借入金等特別控除の手続きの経験豊富な外壁塗装業者に依頼すると、確定申告の手続きをスムーズに進めることができます。 どのような条件なら住宅借入金等特別控除が適用されるかを説明してくれますし、確定申告に必要な書類もスピーディにそろえてくれます。 プロの手を借りて、少しでも簡単に確定申告手続きを進めていきたいものですね。

次の

外壁塗装の耐用年数も国税庁が発表しているの?

外壁塗装 耐用年数 確定申告

【目次】 a 外壁塗装も確定申告できる? 外壁塗装は耐用年数が存在しており、経年劣化によって見た目も悪くなってしまうことがあります。 そのため、外壁塗装を実施しますが、決して安い金額ではありません。 そんな時、外壁塗装は確定申告で減税することができるのでしょうか。 今回は、外壁塗装で確定申告することができるのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。 a 住宅借入金等特別控除で申請 外壁塗装を確定申告する場合、「住宅借入金特別控除」で申請する必要があります。 住宅借入金特別控除とは、居住者が住宅ローンなどを利用して、家を増改築したなどの条件において、所得税が控除されるものです。 外壁塗装で外壁を修復した時などに確定申告で申請する際に、住宅借入金特別控除を受けることができるので、忘れずに申請しておきましょう。 断熱塗料や遮熱塗料などの省エネ改修工事を実施した場合は、「住宅特定改修特別税額控除」や「特定増改築等住宅借入金等特別控除」も用意されているので、いずれか1つを選択して控除を受けることができます。 a 住宅借入金等特別控除の適用条件 住宅借入金等特別控除の適用を受ける場合は、以下の要件を満たしている必要があります。 工事費用が100万円を超えること 4. 10年以上にわたり分割返済する方法でローンを組んでいること 5. 床面積については、「登記簿」に表示されている床面積で判断され、販売資料や売買契約書に記載された床面積とは異なります。 面積の算出基準の違いによるものですが、登記簿に記載されている方が、床面積が小さくなってしまうことがほとんどです。 そのため、住宅借入金等特別控除の条件を満たしていない可能性があるので申請する前に確認しておく必要があります。 a 住宅借入金等特別控除の適用を受けるための手続き 外壁塗装による費用を住宅借入金等特別控除の適用を受けるためには、確定申告を行う時に必要な書類があります。 申請を行う前に手続きを行う必要があるので、事前に準備を行っておきましょう。 必要書類が揃っていないと、申請が出来ないので、書類が揃っていることを確認してから確定申告を行ってください。 a 外壁塗装を実施したなら確定申告で減税申請 外壁塗装は、意外と費用もかかることから、住宅借入金等特別控除を受けて減税を行うことが重要です。 給与所得者の方であれば、一度確定申告を行えば、継続的に特別控除を受けることができるので、早めに手続きをすることをおすすめします。 外壁塗装は、経年劣化によって摩耗していくのが特徴です。 張替えや重ね張りを実施して、いつまでも綺麗な外壁を維持するようにしましょう。 外壁塗装を実施した場合は、どれくらいの金額で外壁塗装を行ったのか、明細書を控えておくことが大切です。 確定申告を行えば減税できてお得に申請することができます。 , , ,• 関連記事一覧.

次の

外壁塗装費用は減価償却費、修繕費どちらで計上すべき?耐用年数は?

外壁塗装 耐用年数 確定申告

一般の会社員ではほとんど気にしたことがない確定申告。 しかし、自営業の人や、副業で一定以上の売り上げがある人は確定申告をしないといけません。 この時、事務所や工場(作業場)としての建物を所有していて、外壁塗装をした経費を修繕費、もしくは減価償却費として組み込むことが可能です。 どちらを選ぶかは個々のケースで異なってきますが、節税対策として経費を考えた場合、修繕費か減価償却費かどちらを選ぶ方がお得になるのでしょうか。 外壁塗装の確定申告での扱いについて 確定申告の項目では「修繕費」か「減価償却」のどちらかに充てられる 確定申告で認められる経費として、外壁塗装は修繕費か、減価償却費に組み入れることができます。 とはいえ、申告者の都合や好みによって自由に選べるわけではありません。 条件によって修繕費として計上できるか、減価償却費として計上できるかが決まってきます。 これではどうして修繕費がお得か、減価償却費がお得かを論じる余地はないと思うかもしれません。 しかし、一部の外壁が傷んでいる場合、その部分だけを一部塗り替えるか、必要のない部分も含めて全体を塗り替えるかで、考え方が違ってきます。 そのようなときに、全体を塗り替えて減価償却していくか、一部分だけを塗り替えて修繕費に計上するかを選ぶ意味が価値を持つようになるのです。 経費となるか、減価償却費になるかは、最終的には税務署でどのように判断されるかにもより、税務署と意見が対立した場合、裁判になることもあります。 修繕費としてみなされ計上できるケース 一般に修繕費は、単年度経費として組み込む(計上)ことができ、売り上げから差し引くことができます。 修繕費として認められるには、「原状復帰」が基本になっているということです。 外壁塗装の場合、建物の質を維持するために行う修繕なので、塗る前の状態よりもよくなる、あるいは付帯して何かが付け加えられるということは認められません。 気をつけたいことは、建物の耐用年数が40年で、すでに過ぎている建物に、耐用年数が長いフッ素塗装をしても経費として認められないことがあります。 あくまでも現状維持のための修繕でなくてはなりません。 減価償却としてみなされ計上できるケース 一方で減価償却費は、単年度でなく、法で定められた償却期間において、一定額(ただし、計上できる金額は毎年同じではない)を経費として計上できます。 修繕費と異なる点は、外壁塗装をすることによって、新たな価値を生み出すという点になります。 専門用語としてこのような支出を「資本的支出」といいます。 先ほどの例でいえば、築40年の建物にフッ素の塗料で塗り替えを行い、従来の築年数よりも5年分伸ばすことができたとすると、これは修繕費でなく、資本的支出と見なされ、減価償却の対象になります。 具体的な事例は「経費になるの?外壁塗装工事か固定資産の修繕費となるケース」を参考にしていただきたいと思います。 具体的にどんな場合に修繕費用や原価償却費に振り分けられるの? 一般論ではなくどのような場合に修繕費として計上できるか、減価償却費についても、どのような場合に計上できるか、具体的な事例は「」を参考にしていただきたいと思います。 減価償却とした場合の償却期間はどうなるの? 塗料の耐用年数は償却期間に関係がない 実施予定の外壁塗装、あるいは、すでに行った外壁塗装が減価償却に計上できるとして、その償却期間はどれくらいになるのでしょうか? よく誤解されているのは、「塗料の耐用年数が償却期間に適用される」と勘違いしている場合です。 塗料の耐用年数は効果が保証できなくなる経過年数で、塗り替えの目安となるものです。 耐用年数ごとに塗り替えているからと、毎年減価償却できるわけではありません。 建物の一部とみなされ「法的耐用年数」が定められている 税の考え方としては、外壁は建物の一部であって、塗装だけを切り取って償却期間を設けているわけではないのです。 ですので、減価償却期間は、建物としての償却期間が適用されます。 具体的には、事務所用に限っていえば木造で24年、鉄筋コンクリートなら50年となります。 そのような理由から、建物の改修を行い、その工事の一環として外壁塗装を行った場合には、改修費用と一括して減価償却費として計上されます。 減価償却と修繕費、どちらで計上するのがお得なの? 一概に「どちらが優位」とは言えない 実施した外壁塗装が減価償却か、修繕費にあたるかは、全く自由に選べるわけではなく、最終的には税務署の判断によります。 自分が減価償却費として計上しても認められない、また、その逆もあるので、まずはどちらになるかの条件を見極めることが第一です。 そのうえで、いくつか工夫をすることによって減価償却に計上される経費を一部修繕費に加える、もしくはその逆も可能になる場合があります。 先述した一部の塗装にするか、全面塗装にするかも1つの事例ですが、修繕費として計上されるべき補修を施工してから、翌年に塗り替えを見送ることにより、翌年の塗り替え分を翌年からの減価償却費に充てることができます。 このようにして、ある程度意図的に減価償却費か、修繕費かを振り分けることはできますが、このことによってどのようなメリットがあるのでしょうか。 それは計上できる金額と売り上げにポイントがあります。 減価償却として計上する方がいい場合とは 減価償却費として計上するとメリットが大きいのは、毎年経費を計上できることです。 修繕費となると単年度で大きな金額を計上して差し引くことはできますが、すでに赤字に近い場合は差し引く意味はありません。 これに対して、減価償却費は毎年一定の額を経費として計上できるので、例えば塗り替えを行った年の翌年に大きく売り上げが伸びた場合にでも、経費の部分が大きくなるので、節税になります。 また、修繕費で一時的に大きな金額を差し引いてしまうと、翌年に売り上げがそれほどなくても所得が多い形となり、安定した経営をしていないと見なされる場合があります。 この問題は銀行などから融資を受ける際に不利に働くことがあります。 減価償却している場合は、所得の増減が緩和されるので、その心配は少なくなります。 ただし、外壁塗装の場合、償却期間よりも短いサイクルで塗り替えを行うことが普通です。 そうすると、資産は見かけ上増えていくのに費用計上できる額が少ないため、税金の支払いも増える場合があります。 自分で判断できない場合は、塗装業者や税理士に相談しよう 修繕費や減価償却費についてはややこしい部分があります。 基本的に、原状復帰を目的に同じ塗料を使って施工した場合は、修繕費として扱われます。 しかし、先ほど説明したような全面塗装をした場合でも、ケースによっては修繕費として認められる場合があります。 また、同じ塗装であっても、建物そのものの耐用年数を増すような場合は修繕費として認められないこともあります。 最終的に税務署で判断されることなので、自分で判断できない場合はあらかじめ塗装業者とよく話し合っておく必要があるでしょう。 申告に当たっての専門的な部分については、税理士や直接税務署で相談をするのもよいでしょう。 まとめ 外壁塗装は家を守るために行うものですが、事務所など事業で使っている場合には、経費として組み込むことができます。 売り上げから差し引くことができるので、節税対策にはなりますが、修繕費として一括に計上できるか、減価償却として毎年申告していくのかは判断が難しい部分もあります。 あらかじめどういった税務処理がよいのかを考え、塗装業者と話し合いをして塗装方法などを決定していきましょう。 節税対策の相談にきちんとのってくれる優良業者を探すには、外壁塗装110番がおすすめです。 独自の審査基準を満たした優良業者のみを扱ったサービスですので、安心して利用できます。 まずは一括見積から業者探しを始めてみてはいかがでしょうか。

次の