津和野 稲荷 神社。 太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)

元乃隅神社【4月~8月末(予定)まで参拝休止】

津和野 稲荷 神社

では、二番目に参拝者が多く訪れる場所を御存知でしょうか?答えは、津和野にある「太皷谷稲成神社」。 その理由や歴史などを含めて、朱色の千本鳥居と木々の緑が映え渡り、津和野の町並みの眺望も楽しめる「太皷谷稲成神社」を御紹介致します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 1773年(安永2年)に津和野藩主の第7代・亀井矩貞(かめい のりさだ、1739年〜1814年)が藩内の平安と住民たちの穏やかな暮らしを祈願し、城山の太皷谷(たいこだに)に京都の伏見稲荷大社を勧請したのが「太皷谷稲成神社」の始まりです。 約300メートルに渡る石段を登れば「太皷谷稲成神社」。 道路も整備され広い駐車場もあるので、車でも参拝出来ます。 山口線・津和野駅から車で約5分、津和野を散策しながら歩いても約30分でアクセス可能な立地。 津和野の景観も楽しみながら、歩みを進めてみて下さい。 こちらには津和野城の蔵番の逸話が残されています。 伏見からお稲荷様が勧請された直後の事。 蔵の鍵を無くしてしまった蔵番は、「7日間以内に見つけよ」と立腹した殿様から厳命を受けます。 懸命に探すのですが、鍵は全く見つかりません。 困り果てた門番は、本来、殿様以外は参ってはならない、お稲荷様に願をかけ内緒で7日間お参りをしたのです。 すると、どうでしょう。 7日目の朝、どこを探しても見つからなかった鍵が自宅の囲炉裏の鍋掛に。 この出来事を包み隠さず殿様に話し、重い処罰を求めた門番は、鍵も見つかり、正直であると、罪を許されました。 また殿様は、願望成就の神威が高いお稲荷様であると深く感動。 秋には紅葉も楽しめ四季を通じて、素晴らしい景観を望めます。 こちらでの祈りは、京都の伏見稲荷大社に通じるとの伝説が残る、神狐守護、良縁成就、夫婦円満などの御神徳がある霊験あらたかな神域です。 心静かにお参りして下さい。 お供え物の油揚げ、ローソクが用意されていますので、お供えをしながらお参りをしてみてはいかがでしょうか。 歴史と伝統のある情緒豊かな津和野の景観も一望出来ます。 また、津和野の「郷土館」では、城の麓の時打櫓(じだやぐら)に備え付けられていた時間を知らせるための太鼓や城の復元模型などもあるので、合わせて訪ねてみてはいかがでしょうか。 下部関連MEMOには近隣観光スポットや宿泊施設の紹介記事へのリンクもありますので、宜しければ、そちらも御確認下さい。

次の

日本五大稲荷の一つ!島根・津和野「太皷谷稲成神社」千本鳥居を抜けて

津和野 稲荷 神社

では、二番目に参拝者が多く訪れる場所を御存知でしょうか?答えは、津和野にある「太皷谷稲成神社」。 その理由や歴史などを含めて、朱色の千本鳥居と木々の緑が映え渡り、津和野の町並みの眺望も楽しめる「太皷谷稲成神社」を御紹介致します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 1773年(安永2年)に津和野藩主の第7代・亀井矩貞(かめい のりさだ、1739年〜1814年)が藩内の平安と住民たちの穏やかな暮らしを祈願し、城山の太皷谷(たいこだに)に京都の伏見稲荷大社を勧請したのが「太皷谷稲成神社」の始まりです。 約300メートルに渡る石段を登れば「太皷谷稲成神社」。 道路も整備され広い駐車場もあるので、車でも参拝出来ます。 山口線・津和野駅から車で約5分、津和野を散策しながら歩いても約30分でアクセス可能な立地。 津和野の景観も楽しみながら、歩みを進めてみて下さい。 こちらには津和野城の蔵番の逸話が残されています。 伏見からお稲荷様が勧請された直後の事。 蔵の鍵を無くしてしまった蔵番は、「7日間以内に見つけよ」と立腹した殿様から厳命を受けます。 懸命に探すのですが、鍵は全く見つかりません。 困り果てた門番は、本来、殿様以外は参ってはならない、お稲荷様に願をかけ内緒で7日間お参りをしたのです。 すると、どうでしょう。 7日目の朝、どこを探しても見つからなかった鍵が自宅の囲炉裏の鍋掛に。 この出来事を包み隠さず殿様に話し、重い処罰を求めた門番は、鍵も見つかり、正直であると、罪を許されました。 また殿様は、願望成就の神威が高いお稲荷様であると深く感動。 秋には紅葉も楽しめ四季を通じて、素晴らしい景観を望めます。 こちらでの祈りは、京都の伏見稲荷大社に通じるとの伝説が残る、神狐守護、良縁成就、夫婦円満などの御神徳がある霊験あらたかな神域です。 心静かにお参りして下さい。 お供え物の油揚げ、ローソクが用意されていますので、お供えをしながらお参りをしてみてはいかがでしょうか。 歴史と伝統のある情緒豊かな津和野の景観も一望出来ます。 また、津和野の「郷土館」では、城の麓の時打櫓(じだやぐら)に備え付けられていた時間を知らせるための太鼓や城の復元模型などもあるので、合わせて訪ねてみてはいかがでしょうか。 下部関連MEMOには近隣観光スポットや宿泊施設の紹介記事へのリンクもありますので、宜しければ、そちらも御確認下さい。

次の

太鼓谷稲成神社

津和野 稲荷 神社

歴史 [ ] 2年()、7代藩主が、藩の領民安寧のために京都のから勧請を受け、三本松城()のに当たる太皷谷の峰に社を創建したのに始まる。 以降、歴代藩主の崇敬を受け、廃藩後は庶民も参拝できるようになり、中国地方有数の稲荷神社となった。 近年は「日本五大稲荷」を称している(他の4社は伏見稲荷大社・・・)。 (10年)に郷社に列格した。 拝殿、本殿は(昭和44年)に建て直された。 社名 [ ] の城山の一角に位置し、江戸期には時刻を知らせる太鼓が鳴り響いた谷間であったことから太鼓谷と呼ばれる。 「稲成」と表記するのは、願い事が叶うようにとの思いからとされる。 祭事 [ ]• 2月 初午大祭• 3月旧初午 旧初午祭• 5月15日 春季大祭• 11月15日• 11月16日 秋季大祭• 11月23日 新嘗祭 など 文化財 [ ] 島根県指定有形文化財 天球儀、地球儀 - 作 紙本著色日本国地理測量之図、紙本著色東三拾三国沿岸測量之図 - の測量図をが模写したもの 宝物 [ ]• 展示物• 『元武公虎狩之図』(画 朝鮮出兵時在陣中虎狩絵図)• 『贈虎礼状』(礼状 祐筆書)• 『因幡瓦』(亀井氏略紋)• 『山水図』(多胡逸斎画)• 『三代藩主筆掛軸』(題字:愛 人皆炎熱苦我夏日長愛)• 『七代藩主作 御庭焼』(藩主製作 広皿焼物 三点)• 『藩校扁額』(八代藩主揮毫)• 『十一代藩主着用直垂』• 『因州記』(湯舎人著 絵付旅日記 譲伝寺二五〇年法要参列旅程記録)• 『津和野城下絵図 掛軸三幅組』(画)• 『艱民図』(画 陛下献上品副)• 『上杉久輿入道具』(竹雀紋、伯爵五女)• 『亀井修子御食初道具』(亀井氏紋、伯爵長女)• 『神狐像』一対他(第九皇女 妃房子殿下奉納)• 『西周 詩軸』(詩:田畑麦秀畝東西飛棗花開樹保紅野客眠閑 餐渡酥白鷗飛静止強風)• 非展示物• 『桜廼舎文庫』(蔵書、著『』を含む)• 『椋木潜文庫』(志士蔵書、明治期の広範な学術文献及教育文献中心、三十五箱四百拾六部弐千六百四拾八冊)• 『佐伯利麿文庫』(佐伯利麿蔵書)• 『江戸三十三間堂図』(画)• 『吉賀記』(著)(写本:太皷谷稲成神社本、吉賀津和野地域古伝・歴代藩公出自事績等を紀伝体にて収む、装丁は無頁及び崩れ有)• 『西周 散人刀』(西周遺品 鯤を模す木剣、裏面は鯤の伝承を語る荘子の漢詩を翻刻、落款有)• 『西周 接遇御礼書軸』(書:人何須緑蟻 明治十四年五月津和野旅寓)• 『十文字槍』• 『藩邸常備槍』(藩邸常備武具、鞘に亀井家家紋)• 他 脚注 [ ] [].

次の