加茂 新潟。 加茂市

観光情報

加茂 新潟

乗り入れ路線 [ ] までは、の列車も乗り入れていた。 西口駅舎は蒲原鉄道時代の駅舎をそのまま使用している。 歴史 [ ]• (30年):が - 一ノ木戸駅(現・)間開通の際に開設。 (明治40年):北越鉄道がされ、(国有鉄道)の駅となる。 (5年):蒲原鉄道線の当駅 - 間が開通し、全線開通。 (昭和49年):営業開始。 (昭和53年):西口の蒲原鉄道駅舎がオープン。 (昭和60年):蒲原鉄道線・当駅 - 間が区間廃止、同社の路線バスに転換。 (昭和62年):により、JR東日本の駅となる。 (17年):東口駅舎の自動改札機が運用を開始。 西口はから。 (平成18年):ICカード「Suica」のサービスを開始。 (平成29年)4月1日:業務委託化に伴い加茂駅長職を廃止、燕三条駅長管理下となる。 駅構造 [ ] 相対式ホーム 2面2線を有する である。 両ホームは地下通路で連絡している。 が管理し、(JNB)が受託する(早朝・夜間は駅員不在)となっている。 が設置されており(東口側3通路・西口側2通路)、全通路で等の交通系iCカードが利用できる。 駅舎は東西双方に設けられている。 元々のエントランスは東口である。 東口駅舎には(営業時間・7:00~19:10・営業休止時間あり)・タッチパネル式・菓子自動販売機・待合室・売店 待合室内 ・化粧室などが設置されている。 待合室の利用可能時間は7:10〜19:40となっており、したがって待合室内の売店・コインロッカーはその時間帯以外は利用できない。 なお、売店は12:00〜15:00の間は休憩となる。 また駅舎にはが入居している。 西口駅舎は元々蒲原鉄道が自社線の加茂駅舎として設置し、国鉄加茂駅西口業務を委託されていたもので、当初は蒲原鉄道線のきっぷ売場窓口と国鉄線用の券売機が設けられていた。 蒲原鉄道線廃止後、窓口は駅舎管理と改札業務を行う委託職員による案内窓口となり、自動改札機の導入による委託廃止により閉鎖された。 西口にはかつて無人駅用のボタン式自動券売機が設置されていたが、 平成31年 より東口と同じタッチパネル式自動券売機に置き換えられた。 ホームとは地下通路で連絡している。 西口駅舎と2番線の間には蒲原鉄道のホーム(島式1面2線)が設けられていたが、現在は撤去され駐輪場となり、2番線にあった連絡通路への出入り口も塞がれている。 ホーム上には発車標を兼ねるお知らせ標と、列車の接近を知らせる列車接近表示器が設置されている。 飲料自動販売機・トイレは1番線 長岡方面ホーム のみに設置されている。 通過線 中線 は、現在は本線と切り離され、架線も撤去されており使用されていない。 のと区別するため、乗車券には「(信)加茂」と表記される。 近年の推移は以下のとおりである。 乗車人員推移 年度 1日平均 乗車人員 出典 2000年(平成12年) 3,633 2001年(平成13年) 3,549 2002年(平成14年) 3,436 2003年(平成15年) 3,408 2004年(平成16年) 3,189 2005年(平成17年) 3,195 2006年(平成18年) 3,125 2007年(平成19年) 3,098 2008年(平成20年) 3,063 2009年(平成21年) 2,956 2010年(平成22年) 2,944 2011年(平成23年) 2,895 2012年(平成24年) 2,883 2013年(平成25年) 2,986 2014年(平成26年) 2,758 2015年(平成27年) 2,823 2016年(平成28年) 2,851 2017年(平成29年) 2,837 2018年(平成30年) 2,774 2019年(令和元年) 2,609 駅周辺 [ ] 周辺のバス路線図(当駅は図の右側)。 市民バスは省略。 東口駅前のロータリーからは、、、加茂市営の3社局による路線が運行されている。 ただし、新潟交通観光バス運行の大半の便は加茂駅には入らず、穀町バス停(東口徒歩約2分)から発着となる。 東口 [ ]• 新潟交通観光バス(一部穀町バス停)• 庄瀬経由 ・営業所• 五反田・六分経由 前• 羽生田経由 ごまどう湯ったり館• 加茂市営市民バス• 加茂市役所• 川西・天神林方面(循環)• 経由 金割鉱泉・高松・上戸倉• 冬鳥越経由 前• 黒水経由 高柳• 五反田経由• 越後交通• 保内経由 前・三条口・地場産センター 西口 [ ]• 加茂市営市民バス• 天神林・川西方面(循環、駅西口急行便)• 東日本旅客鉄道. 2020年7月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年7月16日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

加茂商工会議所_お買物・ご利用は地元のお店で★地元買物運動推進中★

加茂 新潟

観光情報 加茂市の観光情報や、イベント情報をお知らせします。 日帰り温泉施設。 日本有数の温泉で、効能抜群の複合泉です。 名峰粟ケ岳が最も美しく見える場所にあり、300畳の展望大広間や、加茂料亭組合のおいしい食事も楽しめます(加茂駅から無料のシャトルバスを運行)。 加茂駅から徒歩5分、市街地に隣接する公園です。 春はユキツバキや桜が咲き誇り、夏は池の端で涼を感じ、秋は美しい紅葉など季節ごとに様々な風景で、訪れる方を楽しませてくれます。 入場無料のリス園。 園内には多くのシマリスが、放し飼いにされています。 冬鳥越スキーガーデンバラ園では春から秋にかけて、四季咲大輪系(ハイブリッドティー)、四季咲中輪系(フロリバンダ)、ミニアチュア系、修景用のバラを楽しめます。 冬は、県央地区唯一のスキー場としてウインタースポーツも楽しめます。 美しい花時計や、市指定文化財の県内最古の木造電車「モハ1」(大正12年製造)、半鋼製電動客車「モハ61」(昭和15年製造)、蒲原鉄道唯一の電気機関車「ED1」もあります。 桜の名所、へら鮒釣のメッカとして県内外から大勢の人々が訪れます。 下条川ダムは多様な湿性植物、昆虫、野鳥などの自然に恵まれたダム周辺の生態系の保全と、地域の活性化を図る事を目的として「自然にやさしい環境づくり」をキーワードに、様々な周辺整備が行われました。 アウトドアやレジャー、小・中学生、高校生の遠足や野外学習の場など、幅広く利用されています。 粟ケ岳県民休養地には、登山道、ハイキングコース、キャンプ場などの施設が整備されており、炭焼き体験施設もあります。 また、ビジターセンターをはじめ、ハーブ園、自然観察林の中で1日をゆったりとお楽しみいただけます 加茂山で行う「雪椿まつり」、青海神社の「加茂まつり」、長瀬神社の「上条まつり」、加茂川で行う「越後加茂川夏祭り」など、加茂では多く祭りが行われます。 加茂文化会館で行われるイベントを掲載しています。 市役所商工観光課のページです。 加茂市の人たちと協力して観光スポットや名産、おいしい食べ物を紹介しています。

次の

加茂山公園|新潟の観光スポット|【公式】新潟県のおすすめ観光・旅行情報!にいがた観光ナビ

加茂 新潟

乗り入れ路線 [ ] までは、の列車も乗り入れていた。 西口駅舎は蒲原鉄道時代の駅舎をそのまま使用している。 歴史 [ ]• (30年):が - 一ノ木戸駅(現・)間開通の際に開設。 (明治40年):北越鉄道がされ、(国有鉄道)の駅となる。 (5年):蒲原鉄道線の当駅 - 間が開通し、全線開通。 (昭和49年):営業開始。 (昭和53年):西口の蒲原鉄道駅舎がオープン。 (昭和60年):蒲原鉄道線・当駅 - 間が区間廃止、同社の路線バスに転換。 (昭和62年):により、JR東日本の駅となる。 (17年):東口駅舎の自動改札機が運用を開始。 西口はから。 (平成18年):ICカード「Suica」のサービスを開始。 (平成29年)4月1日:業務委託化に伴い加茂駅長職を廃止、燕三条駅長管理下となる。 駅構造 [ ] 相対式ホーム 2面2線を有する である。 両ホームは地下通路で連絡している。 が管理し、(JNB)が受託する(早朝・夜間は駅員不在)となっている。 が設置されており(東口側3通路・西口側2通路)、全通路で等の交通系iCカードが利用できる。 駅舎は東西双方に設けられている。 元々のエントランスは東口である。 東口駅舎には(営業時間・7:00~19:10・営業休止時間あり)・タッチパネル式・菓子自動販売機・待合室・売店 待合室内 ・化粧室などが設置されている。 待合室の利用可能時間は7:10〜19:40となっており、したがって待合室内の売店・コインロッカーはその時間帯以外は利用できない。 なお、売店は12:00〜15:00の間は休憩となる。 また駅舎にはが入居している。 西口駅舎は元々蒲原鉄道が自社線の加茂駅舎として設置し、国鉄加茂駅西口業務を委託されていたもので、当初は蒲原鉄道線のきっぷ売場窓口と国鉄線用の券売機が設けられていた。 蒲原鉄道線廃止後、窓口は駅舎管理と改札業務を行う委託職員による案内窓口となり、自動改札機の導入による委託廃止により閉鎖された。 西口にはかつて無人駅用のボタン式自動券売機が設置されていたが、 平成31年 より東口と同じタッチパネル式自動券売機に置き換えられた。 ホームとは地下通路で連絡している。 西口駅舎と2番線の間には蒲原鉄道のホーム(島式1面2線)が設けられていたが、現在は撤去され駐輪場となり、2番線にあった連絡通路への出入り口も塞がれている。 ホーム上には発車標を兼ねるお知らせ標と、列車の接近を知らせる列車接近表示器が設置されている。 飲料自動販売機・トイレは1番線 長岡方面ホーム のみに設置されている。 通過線 中線 は、現在は本線と切り離され、架線も撤去されており使用されていない。 のと区別するため、乗車券には「(信)加茂」と表記される。 近年の推移は以下のとおりである。 乗車人員推移 年度 1日平均 乗車人員 出典 2000年(平成12年) 3,633 2001年(平成13年) 3,549 2002年(平成14年) 3,436 2003年(平成15年) 3,408 2004年(平成16年) 3,189 2005年(平成17年) 3,195 2006年(平成18年) 3,125 2007年(平成19年) 3,098 2008年(平成20年) 3,063 2009年(平成21年) 2,956 2010年(平成22年) 2,944 2011年(平成23年) 2,895 2012年(平成24年) 2,883 2013年(平成25年) 2,986 2014年(平成26年) 2,758 2015年(平成27年) 2,823 2016年(平成28年) 2,851 2017年(平成29年) 2,837 2018年(平成30年) 2,774 2019年(令和元年) 2,609 駅周辺 [ ] 周辺のバス路線図(当駅は図の右側)。 市民バスは省略。 東口駅前のロータリーからは、、、加茂市営の3社局による路線が運行されている。 ただし、新潟交通観光バス運行の大半の便は加茂駅には入らず、穀町バス停(東口徒歩約2分)から発着となる。 東口 [ ]• 新潟交通観光バス(一部穀町バス停)• 庄瀬経由 ・営業所• 五反田・六分経由 前• 羽生田経由 ごまどう湯ったり館• 加茂市営市民バス• 加茂市役所• 川西・天神林方面(循環)• 経由 金割鉱泉・高松・上戸倉• 冬鳥越経由 前• 黒水経由 高柳• 五反田経由• 越後交通• 保内経由 前・三条口・地場産センター 西口 [ ]• 加茂市営市民バス• 天神林・川西方面(循環、駅西口急行便)• 東日本旅客鉄道. 2020年7月13日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年7月16日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の