出川 ベッドシーン。 出川哲朗

[B!] 出川哲朗とのベットシーンで女優・肘井美佳がジンマシン発症!

出川 ベッドシーン

(C)まいじつ 10月31日にドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第4話が放送された。 主演の新垣結衣が、松田龍平とのベッドシーンに挑戦。 この日の放送で、晶(新垣)の交際相手の京谷(田中圭)が、呉羽(菊地凛子)と一夜をともにしたことが明らかに。 おろおろと釈明する京谷に怒った晶は行きつけの店で恒星(松田)と飲み明かす。 松田龍平、新垣結衣の首元にキス 恒星にキスを迫られた晶は、「こういうとき、キスするの?」とそれまでの勢いを失って童謡。 「(キスをするのは)礼儀」と恒星は答え、晶をゆっくりとベッドに押し倒し、顔を突き合わせた。 それでも晶がキスすることを拒むと、恒星は晶の首回りにキス。 そしてそのまま行為に及ぶかと思ったところで、酒を飲み過ぎていた恒星は突然眠りだしてしまう。 しかしドラマ終盤で、行きつけの店を訪れた京谷は恒星とバッタリ鉢合わせる。 恒星が晶と一夜をともにし、体の関係があったことをわざと匂わせると、京谷は恒星を殴りつけた。 絶大な人気を博したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でもベッドシーンはあったが、新垣の姿が映し出されることは皆無。 比較的コミカルな演出で色気があるものとは言えなかった。 一方、『獣になれない私たち』のベッドシーンは結局未遂の終わったものの、「愛撫」するシーンがあり、一定の「エロさ」はあったと視聴者は感じたよう。 ツイッターでは 《ガッキーのベッドシーンはやばい! エロかわいい》 《裸やキスはないけれどかわいい》 《首もとへのキスまでの流れであれだけエロいのはすごい》 《やりそうでやらないベッドシーンが良すぎる。 あと50回は再生する》 などと大きな反響があった。 清純派で売ってきた新垣だが、どうやら新境地を開拓したようだ。

次の

画像・写真

出川 ベッドシーン

ケーブルテレビやストリーミングサービスが従来のTV放送をしのぐ勢いで拡大したおかげで、登場するキャラクターたちは、これまでにも増して目覚ましく、率直でディテールに富んだ性行為をするようになっています。 予想外で衝撃的な性的シーンと言えば、これまではHBOやショウタイムといったケーブルテレビ局の専売特許でした。 が、最近では他局もこの流れに加わりつつあり、かつてないほど多彩なベッドシーンがドラマ視聴者にもたらされていると言っていいでしょう。 そこで、「ベッドシーン黄金時代」とも言えるこのタイミングで、これまでにテレビ放送された最高のベッドシーンの数々をリストアップしてみました。 このリストで取り上げたシーンは、いずれもさまざまな理由で記憶に残るものです。 シリーズあるいはキャラクターにとっての象徴的なシーンもあれば、背徳的あるいはとにかく官能的という意味で選んだものもラインナップされています。 View Gallery 21 Photos キャリーとブロディのロマンスは、その後もたびたび描かれるため、『HOMELAND』のシーズン3までにはもはや歓迎する気持ちもなくなります。 ですが、初期のエピソードでは、衝撃的なものでした。 2人の別荘への週末旅行でのシーンは記憶に残るもので、性的なカタルシスはあったものの、緊張も入り混じっていました。 強烈な肉体的つながりがあるにもかかわらず、キャリーは元捕虜のブロディが二重スパイであることを確信しており、彼は彼女がこれに気づいているとは思ってもいません。 2人の関係にポジティブな点など一切ないのです。 ですが、彼らの最も痛々しく感動的な瞬間(ベッドシーンの半ばでブロディがキャリーに、『少しだけでもここで暮らしたい』と言うシーンなど)を見ていると、そんなことなど忘れてしまうのでした…。

次の

出川哲朗

出川 ベッドシーン

タレントの出川哲朗(56)が15日、TBS「バナナサンド」(水曜後11・56)にゲスト出演。 「テレビでずっと言いたかったんだけど。 バナナマンはとにかくスゴい。 バナナマンのことを実はスゴい尊敬してまして」と切り出した出川。 その理由について「VTRだけ見ている番組なんて、スタジオ部分はほとんど使われない。 でも、絶対使われないのが分かっていて、この2人、毎回、オープニングから全力で毎回同じことやって、スタジオはすごいウケる。 でも、絶対に使われないのよ、この番組はVTRから始まるから。 オープニングなんか絶対使われないから。 毎回やるの。 でも、絶対に使われないのよ」と番組収録のスタート時の姿勢を絶賛。 「後ろ(後列)のゲストを盛り上げようと必ず一生懸命やるのよ。 たぶん、その流れは絶対に使われないのに…。 使われないのに、ちゃんとやるのよ。 VTRを見ててもVTRにツッコむのよ。 そんなのほとんど使われないのよ」と続けた。 タレントの関根勤(66)もかつて「哲っちゃん、バナナマンは手を抜かないね~」と言ったことがあったといい、出川は「正直、設楽なんて番組なんて流していいのよ。 あんな帯やってメインゲストやってるのに、今も100%の力で全員のゲストに振って、それぞれへんてこりんな空気になってもその人をおいしくして、使われないのよ、そんなの」と力説した。 言うことが面白くないんですかね?」とポツリ。 設楽統(47)も「なんでそんなに使われないんですかね…ほめてくれてるのにどんどんへこんでいく。 全然使われないんだよな…」とボヤキ、笑わせた。 それでも、出川は「この2人は絶対に手を抜かないでずっとやり続けてるから俺は本当にこの2人を見ていて、尊敬に値するなって。 こんな話、言う機会ないから。 (頑張りは)伝わってますよ、ちゃんと」と力を込めた。

次の