電話 の メモリ が いっぱい です。 「メモリがいっぱいです!」70代の母をだました、スマホの迷惑広告にご用心!

「メモリがいっぱいです!」70代の母をだました、スマホの迷惑広告にご用心!

電話 の メモリ が いっぱい です

必要アプリと不要アプリの見極め スマホの容量を気に掛けることはあると思いますが、スマホの内臓メモリを全く気にしたことのない方は少なくないでしょう。 スマホの内臓メモリはRAMとROMに分かれどちらも容量の限界まで使用するような状況であれば、スマホの性能は格段に落ちていきます。 ROMは簡単に言えば本体にどのくらいの容量を溜められるのかというものパーツでありどのスマホにも規定されていますが、こちらはあまり気にしなくても良いでしょう。 それでも使用していないアプリに関しては定期的にアインインストールを行うことをお勧めします。 またAndroidの場合には、インストール先を内蔵メモリからSDカードに変更すれば本体容量の確保を行うことが可能です。 写真や音楽も内蔵メモリを圧迫する アプリの場合と同様に、写真や動画・音楽も多くなることで内蔵メモリを圧迫していきます。 写真や音楽は、アプリと同じように日常的に使用する頻度が高いため、管理せずに使用しているとすぐに内蔵メモリが減少することがあります。 こちらも専用のSDカードなどを用意することで解消できるのでスマホの本体容量はあまりアテにしない方が良いでしょう。 ちなみに、動画や音楽のデータはそこまで小さいものではありません。 高画質であれば、あるほどデータの容量は大きくなりますし、音楽データに関しても形式の問題はありますがいい音質のものはデータ容量が大きくなりがちということも忘れないでください。 キャッシュの消去 ここからはRAM関係のメモリの容量を空かせる方法を紹介して行きます。 RAMは、簡単に言えばパソコンのメモリなどと同じで容量が高ければ高いほど、フリーズしにくくなり、アプリの動作などが警戒になるものです。 その為、RAMの容量が4GBなどとなってくれば殆どの動作に対して苦痛を感じることはないでしょう。 ちなみに、このRAMの容量がいっぱいになるという状況であれば、スマホはフリーズかまともに動かなくなる為、必要なアプリのみをインストールしましょう。 また、使用していないアプリをアンインストールした後でも、キャッシュが残っている場合などは容量がいっぱいになっていることがあります。 キャッシュはウェブサイト等の情報を、一時的に保存しておくデータの事であり、キャッシュの消去をする事で内蔵メモリの性能を十分に使用することが可能となります。 キャッシュとデータの消去時は、事前に何が消えるのかを十分に把握してから削除するようにしましょう。 \ SNSでシェアしよう! / おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの 注目記事を受け取ろう•

次の

スマホ内蔵メモリが少なくなった場合の対処法について

電話 の メモリ が いっぱい です

関連記事 3.パソコンのメモリ不足が発生する原因とは? では、なぜパソコンのメモリ不足が発生するのでしょうか? この項では、その理由の一例をご紹介します。 3-1.メモリの容量が小さい パソコンのプログラムによっては、メモリをたくさん消費します。 たとえば、グラフィックが美しいゲームや、複雑な製図ができるソフトなどはメモリを消費しやすいでしょう。 ですから、メモリの容量が小さいパソコンにメモリの使用量が多いソフトをインストールすると、メモリ不足になりやすくなります。 3-2.同時にたくさんのプログラムを作動させている パソコンを使っていると、表示されていなくてもたくさんのプログラムが動いていることがあるでしょう。 代表的なものは、ウィルス対策ソフトですね。 このようなソフトがいくつも同時に作動していると、メモリ不足が起きやすくなります。 3-3.周辺機器の影響 パソコンにプリンターをはじめとする周辺機器をつけて使用している方も多いでしょう。 周辺機器もメモリを使用します。 ですから、周辺機器をつけすぎていたり古い周辺機器を新しいパソコンにつないでドライバーが適応していないとメモリが不足している、と判断される場合があるのです。 3-4.空き容量の不足 パソコンにたくさんのファイルを保存して、CドライブやDドライブがいっぱいになってしまっても、メモリが不足しがちになります。 また、パソコンの動作が遅くなっている理由の多くが、空き容量の不足です。 一度自分のパソコンの空き容量をチェックしてみましょう。 関連記事 4.メモリ不足を解消する方法とは? メモリ不足を解消するにはどうすればよいのでしょうか?この項では、その方法をご紹介します。 メモリ不足の警告が出て困るという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 4-1.メモリを増設する パソコンのメモリは増設できるようになっています。 自分でも行えますが、サポートの一環としてメーカーでも行ってくれるのです。 また、家電量販店でも行ってくれるところがあるでしょう。 現在のパソコンが古くてメモリの容量が足りない場合は、実践してみましょう。 4-2.不要なファイルを削除する メーカー品のパソコンを購入すると、あらかじめいろいろなソフトが入っています。 その中には、全く使っていないものもあるのです。 そのようなソフトを削除すれば、メモリは軽くなるでしょう。 ソフトを削除する方法は、ゴミ箱に入れればよいというわけにはいきません。 必ず「ソフトのアンインストール」という方法を行います。 パソコンを買ってから一度も使用したことのないソフトは、思い切って削除していましょう。 4-3.パソコンの機能を調整する パソコンは、見やすいように使いやすいように調整されています。 ですから、パソコンの機能を調節して、メモリを軽くする工夫をしましょう。 特に、Windowsのバージョンが新しいほど、視覚優位な機能がオンになっているのです。 ですから、パフォーマンスを優先にしてあげると、メモリ不足が解消する場合があります。 4-4.デフラグを実行する パソコンは使い続けるうちに、保存してあるファイルが細切れになっていきます。 ですから、「デフラグ」という機能を実行してみましょう。 Windows7以降は、デフラグが定期的に実行できるようにパソコンから設定できます。 ですから、設定が1か月おきになっている方は、1週間おきにしてみてください。 また、Cドライブを開けて「ファイルのクリーンアップ」を実施します。 そうすれば、不要なファイルの記憶が一掃されてメモリ不足が解消されることがあるのです。 4-5.パソコンを買い替える パソコンのソフトは、年々メモリを多く使うようになっています。 また、パソコンのメモリの容量は、新しいものほど大容量になっているでしょう。 10年前のパソコンと最新型のパソコンを比べると、容量が10倍以上のものも少なくありません。 パソコンに詳しい方だと、古いマシンにOSをインストールし直して使う方もいるでしょう。 しかし、パソコンの平均的な寿命は約5年といわれています。 ですから、5年以上使ったパソコンはいくらメモリを増設しても、ソフトを起動するとメモリ不足になる場合も珍しくないのです。 ですから、メモリを増設してもパソコンの機能を調節してもメモリ不足になるという場合は、買い替えを検討してください。 企業のパソコンも同様です。 企業でパソコンを使っている場合、たくさんのパソコンを一度に買い替えるのは難しいケースも多いでしょう。 このような場合は、パソコンをたくさん使う部署から交換していってください。 そうすれば、効率的にパソコンを交換できるでしょう。 パソコンを5年以上使っているという方は、そろそろ買い替えを検討してみてください。 なお、パソコンはほかの家電のようにゴミ捨て場に捨てることはできません。 企業に回収してもらうか、パソコンを無料回収してくれる業者を利用しましょう。 関連記事 5.おわりに いかがでしたか? 今回はパソコンのメモリ不足の原因や解消をする方法をご説明しました。 まとめると• パソコンのメモリ不足とは、作業場の不足である。 タスクマネージャーを起動して、メモリの使用量をチェックしよう。 不要なファイルを削除したりデフラグを行ったりして、パソコンのメモリ不足を解消しよう。 5年以上使ったパソコンは、買い替えを考えよう。 ということです。 現在は、パソコンの代わりにスマホやタブレットパソコンを使用する人も増えてきています。 メモリ不足と聞いてもピンとこない人もいるかもしれません。 しかし、仕事の場では、まだまだ複数のファイルを一度に動かすことも珍しくないでしょう。 「メモリ不足です」という警告に、慌てないように対策法を学んでおいてください。 きっと役に立つはずです。

次の

メモリ不足でパソコンが固まった…メモリ不足の原因と解消法

電話 の メモリ が いっぱい です

スマートフォンの快適動作に必要なのがメモリ(RAM) 最初に「メモリ(RAM)」について説明をしていきます。 メモリとは、スマートフォンをスムーズに動作させるための一時的な作業領域を指しています。 この値が大きいほど、そのスマートフォンは高性能・処理速度が速く、たくさんのアプリを起動してもサクサク操作が期待できます。 パソコンの「メモリ」とほぼ同義の言葉ですね。 この「メモリ」のことをアルファベットで「RAM」と表記することもあります。 2017年現在では、メモリが3GBのものが主流・ハイスペックと呼べる機種と言えるでしょう。 2GBのスマートフォンもまだまだ普通に利用可能です。 ですが、1GB以下のスマートフォンは少し厳しいと言えるでしょう。 アプリをたくさん起動していると、メモリ(RAM)の使用量が増えるため、上限に達すると動作が非常に不安定になります。 低メモリのスマートフォンでもサクサク動作を実現させる小ネタですが、使用していないバックグラウンドアプリをこまめに終了させると動作が少し軽くなります。 最近では、動作を軽くするための 「メモリ解放アプリ」も多くリリースされています。 Google Playストア・app storeで好みのものを見つけたら、この機会に導入されてみてはいかがでしょうか。 勘違いしやすい!保存領域をしめす「容量(ストレージ)」 続いてスマホの容量(ストレージ)について。 スマホの容量(ストレージ)は、スマートフォンにデータを詰め込める永続的な記憶領域のことを指します。 メモリ(RAM)が「作業スペースの広さ」に例えられるなら、容量(ストレージ)は「道具を入れる引き出しの広さ」と言うことができるでしょう。 先日発売された「iPhone X」では、「64GB」「256GB」の2種類のうちから選ぶことができます。 スマホの保存領域のことを「容量」や「ストレージ」と主に呼びますが、日本だと「ROM」と呼ばれることが多いようです。 このROMという呼び方は日本固有のもので、外国では「Internal memory」(内蔵メモリ)という呼び方が一般的です。 日本では、 容量のことを「メモリ」「内蔵メモリ」と表記する携帯会社が多いです。 また、データの持ち運びに使う「USBメモリ」は、外部ストレージであってパソコン・スマホのメモリ(RAM)とは異なります。 こういった言葉が発端で容量=メモリと混同してしまっているユーザーが多いように思えます。 容量が少ないスマートフォンにはMicroSDを!! 当たり前の話ですが、容量が小さいほどスマートフォンの価格を抑えられるため、容量が小さいサイズ(32GBなど)のスマートフォンを購入された方もいるのではないでしょうか? ただ、使用を続けていると「もう少し容量があれば…」と感じる場面もあるはず。 そんな時に使えるのが microSDカード。 microSDをスマートフォンに挿入すれば、容量の足にすることができるのです。 microSDカードには16GB~200GB、最近では256GBもの大容量サイズが発売されるなど、多種多様なサイズが揃っています。 お持ちのスマートフォンの容量と相談して、ちょうどいい容量のmicroSDカードを購入・利用してみてはいかがでしょうか。 必要不可欠だけど、スマホの動作を遅くさせてしまう「キャッシュ」 最後に説明するのは「キャッシュ」。 こちらもパソコン用語として耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。 キャッシュを端的に説明すると 「読み込みを早くしてくれるデータ」を指します。 例えば初めて見るWebページにアクセスする際、画像が多く使われていると読み込みに時間がかかってしまいます。 しかし、2回目以降のアクセスでは即座に表示されます。 これは、ブラウザがWebサイトではなく 「キャッシュ」からデータを読み込むことで、通常よりもページを早く表示することができるようになっているためです。 このようなキャッシュの機能は、ブラウザに限らずほとんどのスマホのアプリで使われています。 アプリの動作が遅い時はキャッシュを消してみよう スマホのアプリで必要不可欠なキャッシュですが、大きな欠点が。 それは、 「キャッシュが溜まりすぎるとアプリの動作が遅くなってしまう」という点です。 膨大なキャッシュが溜まると、先ほど取り上げた「容量(ROM)」を圧迫してしまい、その結果アプリの処理を重くしてしまうことに繋がってしまいます。 キャッシュされたデータを削除することで、スマートフォンの空き容量を増やすことができます。 キャッシュは「一時利用のためのデータ」ですので、重要性は低いです。 削除してしまっても問題はないでしょう。

次の